オプティマ用ホイール その4とその5

ebayなどでポチったブツが続々と届いた。全てオプティマに使うホイールだけど、ホイールばっかいくつポチったんだろ?^^;

KIMG0441
HPIのスーパーナイトロ用のメッシュホイール(57x35mm)と、京商の旧型レーザーなど用のメッシュホイール前後(イエローの方)だ。

前者は現行モデルであるWR8のOPで設定されているんで、今も売ってるところでは売っている。以前紹介したホイールとサイズ的には同じモノで、デザイン違いだと思われる。

KIMG0444

KIMG0445
京商のはこんなホイールが存在したことを知らなかったが、初代レーザーやインファーノ10というエンジンバギー用のホイールだったそうな。
KIMG0446
KIMG0447

2.2インチで前後で幅が違い、オフセット的には現行モデル用とは異なり、オプティマに適応すると思われる。

これでコブラ用ホイールも含めて9台分確保したんで、もうホイールを買わなくても間に合いそうw

オプティマ用ホイールその3

先週ebayでポチったホイールが届いた。

KIMG0440
HPI製スーパースターホイール 2.2インチ(57x35mm)

これって90年代にオフロード用2.2インチホイールとしてデビュー。この頃すでに味気ないディッシュホイールばかりになりつつあった中、スタイリッシュなデザインで登場したホイールだ。

これが後にスーパーナイトロに流用され、現在はWR8 ケン・ブロック・フォードフィエスタのOPとして設定されていて、今も販売されている(国内にはほとんど流通されていないっぽいが)

実は、このホイールのデザインがオートモデルを離れてHPIに合流した粉川氏だから、これを復刻オプティマに流用するのはメーカーこそ違えど、ある意味正しいのかも知れない。

それにしても、このホイールの白がなかなか見つからず、たいがい黒かクロームしか出てこないんだよね。まあ、最近バギーのホイールを黒ばっか使っているからいいか^^;

本物と競演

昨日届いたホイールだけど、今日は仕事が休みだったので、ファントムに実際にホイールを取り付けてみた。

KIMG0432
その前に本物と並べて見比べてみる。

ありゃ、こうして見るとちょっと違うかな。外側のリムの部分までテーパーがついてて、ファントム用ホイールというよりはAYKのRX2000用ホイールっぽい。まあ、穴の数が違うけどね。

KIMG0434
フロント↑

KIMG0433
リア↑

むしろ、このデザインの方がホイールが割れにくいかも。スポンジタイヤの場合、フェンスなどに接触させるとタイヤのショルダーが欠損するか、ホイールの端が割れるかなので、こうして端までテーパー形状になってる方がホイール破損は防げるかな。

KIMG0436
KIMG0438
シャシーに取り付けた画。オフセットの問題は全くないね。ちょっとセンターの取り付け穴が大きいけど、HEXハブだからセンターがズレることはないかな。実際に手で回した限りでは芯ブレは起きてないので、ホイールとして問題なく使用できる精度だね。

KIMG0435
鑑賞タイムw1/12レーシングってホイールだけ付けても画になるな~。

清水の舞台から飛び降りた(爆)

先日書いた、3DプリンターでRCカー用パーツを製作してくれる業者を見つけた件。ファントム用ホイールを作ってもらうか悩んだのだが、探しても当時モノが見つからずにいる現状では、作れるなら作ってしまえ~!と発注してしまった。

そして1週間も経たないのに、本日それが届いた。

KIMG0429
どっからどう見てもファントム用ホイールだよ、これ。

オリジナルと違うのは若干表面がガサガサしているのと、ナットと接触する面にKYOSHOのロゴが無いくらい。それと、ちょっとだけ肉厚かなという程度の違い。

まだシャシーに取り付けてみてないけど、大丈夫じゃないかと思う。

ナイロン樹脂製でダイロンなどで染色もできるようだが、あえて白いままがそれっぽくていいかなと。

これで4860円なんだが、高いと思うか安いと思うかはそれぞれの判断に任せる。オイラ的には前にも書いたが、当時モノが手に入らない以上はオリジナルの10倍の価格でも高すぎないと思う。だからと言ってこれを10セットも買えるかと言えば、う~ん…だけどね。

さて、これを走行用とするか盆栽用とするかは、まだ決めていない。カワダのホイールがまだ買えればこれは盆栽用にすることになりそうだけど、さてどうすっぺ???

3Dプリンターでパーツ製作!?

デジタル関連に大変疎いオッサン、やんま。です^^;

とりあえずパソコンは持っていて、ネット徘徊やこれを書いたり、動画サイトで昔の特撮やアニメを見ることが出来る程度の知識しか持ち合わせていないオイラにすりゃ、3Dプリンターという単語を聞いたことがある程度。

その3DプリンターでRCカーのパーツを作ってしまう人は、ホンとに異次元な世界からやってきた人並みに思えてしまう。

本題に入るが、何気にネット徘徊してたらその3Dプリンターでホイールを製作販売してくれる業者(個人?)を発見。いくつかのメニューの中に「旧プラズマ、ファントム用ホイール」というのがある。
素材、色まで選べて、1台分で約5000円弱。これを高いと思うか安いと思うかはそれぞれの価値観があると思うけど、オイラ的にはギリギリの線で適価だと思う。

暇な時にヤフオクやebayで当時モノを探してもなかなか見つからず、見つかってもトンでもない値段設定に手も足も出ないとかで、PC画面を指をくわえて見てるだけになってしまうのならば、新規に作ってもらうのもアリかなと。

ただ、まだそれをポチるだけの決断力が出てこない。

これから数日悩んでみるか。。。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
ギャラリー
  • オプティマ用ホイール その4とその5
  • オプティマ用ホイール その4とその5
  • オプティマ用ホイール その4とその5
  • オプティマ用ホイール その4とその5
  • オプティマ用ホイール その4とその5
  • オプティマ用ホイールその3
  • 本物と競演
  • 本物と競演
  • 本物と競演
Amazonライブリンク