協議離婚相談 女性行政書士矢野快子事務所のブログ 岡崎市/安城市/西尾市/豊田市

愛知県岡崎市の女性行政書士、矢野快子(やのやすこ)のブログです。

協議離婚相談 女性行政書士矢野快子事務所のブログ 岡崎市/安城市/西尾市/豊田市 イメージ画像

更新情報

児童扶養手当について詳しく調べた記事を書いてから随分と時間が経ち、色々と法改正がありましたので、最新情報をまとめなおしました。それにしても、行政のホームページの分かりにくい事。そもそも、分かり易さよりも、正確性を追い求めて作成されていますから仕方ありませ

以前、矢野事務所へ子連れ離婚の相談に来られた方には離婚サポート絵本をプレゼントしておりました。「とても良い本だったのでもう1冊購入し、父親の家と母親の家に1冊ずつ置きました。」と、言われた方もありました。この本を読むと、子ども達もココちゃんのように、新し
『子どもの気持ちを考えた離婚協議の進め方』の画像

離婚業務に取り組みたい(取り組み始めた)けれど、どのように取り組めばよいのか、何に注意をしなければならないのか分からないとお困りの、熱意ある新人女性行政書士の方へ。10年近く離婚業務に取り組んできた当職が、1対1で徹底的に実務の疑問にお答えします!当事務
『【新人女性行政書士限定】行政書士が扱う離婚業務の実務ノウハウ教えます』の画像

おかげさまで、平成14年11月15日に行政書士登録をしてから15年目を迎えることができました。これも、矢野事務所を必要としてくださったお客様をはじめ、多くの温かい仲間・友人、家族のおかげです。あらためて、心より感謝申し上げます。確か10周年の際にも、この
『本日、行政書士登録15周年を迎えました!』の画像

尊厳死宣言というものがあります。これは、回復の見込みがない病にかかり、死期が迫った時には、もういたずらに命を引き延ばすだけの治療はしないでほしい、という意思表示をしておくものです。先日、この尊厳死宣言をなさった80代のまだまだお元気な女性とお話をしており
『私も安楽死でお願いします!?』の画像

ある方とお話をしていましたら、「離婚の時に、調停で養育費を決めても、払ってもらえなくなったらそれで終わり。結局無駄なんでしょ?だから、それよりも公正証書にしておく方が良いって聞きました。」という、とんでもない都市伝説というか、デマ(!?)を耳にして仰天し
『調停で養育費を決めても無駄なんでしょ?という都市伝説に接して』の画像

多くの方が疑問に感じている士業者の違い。 おそらく、開業してから最も多く受けた質問といえば、 「行政書士と司法書士はどう違うの?」 でしょう。 最初の頃こそ、 「司法書士は登記の専門家。 行政書士は登記申請の代理権はありません。」 などと、直球で回答してお

ブログを再開するにあたり、心機一転。デザインを変更しました。ちょっと地味かな…!?PC版のトップページの写真はコスモスです。ついでに事務所のホームページの写真も同じのに変更しました。実は、行政書士のバッチはコスモスをデザインしたものなんです。コスモスの語源
『コスモスの花ことば〜真に美しい人は謙虚さを忘れない〜』の画像

こんにちは。2年以上放置状態になってしまっていたこのブログ。なかなか書く時間がとれなかったり、目的を見失ったり、立ち位置が分からなくなったりで、更新できずにいた事が心の片隅でずっと気になっていました。ところが、先日、とある方から「ひょんな事でこのブログを

先日、ある女性がお話されるのをじーーっと聞いておりましたところ、途中から彼女の呼吸音というか息継ぎ音がとっても気になり始めてしまいました。鈴声でとても綺麗な声の持ち主なのですが、ほとんど途切れなく一気に話をし、次の瞬間に口から「はーーっ」っと音が出るほど

認知症のお話ではありません。電話勧誘対応法のお話です。ものすごく集中して仕事をしてるときに、予期せぬ一方的な勧誘電話がかかってくると面食らいます。中には、営業の勉強になるからと、基本的にノリノリで話を聞くようにしてるよ♪というツワモノを知っていますが、私

今回は、珍しく風俗営業許可申請のお話でしょうか・・・?いえ、そうではありませんなんと、キャバレー風・パチンコ風・カジノ風・・・これ全てデーサービスなのです。デイサービスというのは、自宅にこもりきりの高齢者の孤立感の解消や心身機能の維持、家族の介護の負担軽

本日は4月1日。エイプリール・フールですね。お客様の会社から、茶目っ気たっぷりの「なーんちゃって」ハガキをいただき、「ふふふ」と楽しませていただきました。こちらの会社様は、以前ブログにもご紹介させていただきましたが、このエイプリール・フールのジョークハガ

久しぶりの更新です!毎日毎日色々なことがありすぎて、ネタをチョイスしてる間に何ヶ月も経過してしまいましたさて、『死ぬときに後悔すること25』という本を読みました。書いたのは、1000人を越える末期患者を看取った緩和医療専門のお医者さまです。ほとんどの人は

日本シリーズ、残念ながらタイガースは負けてしまいましたね。 それでも、29年ぶりの日本一か!?と我が家は大盛り上がりで、随分楽しませて頂きました。 結果的に最終戦となってしまったゲームは、夫の職場仲間のタイガースファン約二名と共に我が家でおでんをつつきなが

 今年もまた100キロ歩け歩け大会にサポーターとして参加してきました。今年は快晴でほぼ風もなく、絶好の100キロ完歩日和でしたが、 ちょっと暑すぎたかな。参加された1300人の皆様&サポーター&スタッフの皆様、お疲れ様でした!個人的にはこのイベントに、平成
『100キロウォークサポート』の画像

↑このページのトップヘ