まつもとソフトボール日記

高校時野球で果たせなかった夢をソフトボールにぶつけて再び走り出す

ソフトボールチームを作った新人監督の日々を綴っています。

今シーズン最後の練習でした

15日は、今シーズン最後のグラウンド練習でした。
朝、グラウンドに着いてみると視界10mぐらいの濃霧で周りが見えない状態でした。まだ寒かったので、入念にアップをして練習を始めました。しばらくすると霧が消え、きれいに晴れてきました。

この日は、チームのメンバーからバット&ヘルメットスタンドを寄付していただきました。ひと足早いクリスマスプレゼント! ということで、大切に使わせていただこうと思います。ありがとうございます。

pic_20201115_1


キャッチボールと内野ノックの後、やや人数が足りませんでしたが最後の練習ということで紅白戦ぽいことをやりました。しばらくやっていると、この日練習に参加してくれていたOさんが、同じグラウンドの反対側の面で練習していたチームと面識があるので、ゲームの相手をお願いしてみようかと提案をいただきました。

pic_20201115_2


確認してみると、Oさんが以前所属していた革ボールチームのオール信州さんでした。20代の選手ばかりの県内強豪チームじゃないですか!大丈夫だろうかと思いつつも、我がチームの実力を測る良い機会と捉え、挑戦してみました。

pic_20201115_3


自チームが守るときはそれぞれが使っている革またはゴムのボールにして対戦しました。相手チームは若い選手ばかりでブンブンバットを振ってきます。ピッチャーはメインで投げているというエースが相手でした。

pic_20201115_4


一方、こちらは攻撃するときは革ボールを打つことになるのですが、革対応バットは1本しかありません。この1本を使いまわして頑張っていましたが、ヒットが出ても連打にならずになかなか得点に結びつきませんでした。

守備は、ピッチャーを中心に守れていました。送球エラーがあったりしましたが、大崩れすることなく練習通りの動きが見られました。

pic_20201115_5


特にピッチャーのKくんのライズが効果的でした。それと、ボールが甘いところに行かなければ抑えられることも再確認できました。

pic_20201115_6


ゲームは0-2で負けましたが、練習の成果が随所に見られて良かったです。攻撃では粘り強さ、守備では基本動作がもっと必要だと感じたので、これからの課題として冬場に各自トレーニングに励んでもらいたいと思いました。

最後に良い練習ができました。チームのみんな、今シーズンお疲れ様でした。世間はいろいろと騒がしかったけど、おかげで1年間活動を続けることができました。感謝!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

久しぶりに気持ちよく練習できました

久しぶりの書き込みです。日曜日は朝から秋晴れで、気持ちのいい陽気でした。この2週間ほど忙しくしていて身体を動かせない日が続いていたので楽しみにしていました。

この日集まったメンバーは8人と少なかったので、基礎練習をしました。キャッチボールの後、内野ノックを入念にやりました。緩い打球へのチャージと左右への速い球への対応を中心に反復練習をしました。自分はずっとノックをしてましたが相変わらず上達せず(泣)。正確にノックを打てないと良い練習になりませんからね。オフの間、自宅のネットで練習しないといけないです。

その後、テーバッティングをしました。なまった身体をほぐそうと、外野に回ってボールを追いかけましたが、後半はバテぎみ。やっぱりこの年齢になると、日ごろから少しずつでも身体を動かしておかないと、すぐに動けなくなっちゃいますね。反省・・・

pic_20201108_1


pic_20201108_2


後半は、基礎の動きを時間をかけて行いました。ゴロへの入り方について、内野の場合と外野の場合をレクチャーしてみんなにやってもらいました。まじめにやると太ももにきます。キツカッタ。

ピッチャーの方は、KくんがNくんにレクチャーしながら基礎練習をしてました。若手陣にもう1人投げれる人が出来ると心強いな。これからが楽しみです。 

自分のピッチングはというと、今はひたすらフォーム修正です。毎朝、仕事前にスポンジボールを壁に投げながらフォームを覚えさせている最中。最近やっと違和感なくスムーズな腕の振りができるようになった気がします。腕の力みをなくして下半身主導で腕を落とす感覚がハッキリわかるようになりました。あともう少し続けて、身体に覚えこませたいと思います。

話は変わって、先週の日曜にM’s PRIDEという安曇野市のチームと練習試合がありました。自分はその日は仕事で不在でしたが、みんなが頑張ってくれて逆転勝ちしたそうです。

pic_20201108_3


でも、無死満塁のチャンスにクリーンナップが3連続アウトになってしまったという話を聞いてしまったので、嬉しさ半分かな。試合は課題を見つけることも1つの目的だと思うので、これからの練習に生かしてもらえたらと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

アウターを作りました

10月も半ばを過ぎました。今朝、温度計を見ると9度。このまま秋を通り越して冬になるんじゃないかと思ってしまいます。

我が家は昨日ついにコタツを出しました。子供たちは大喜びです。でも、うちではコタツの中にもぐってはいけないルールがあります。一度もぐってしまうと、そのまま寝入って起きてこないことになるからです。ついつい動くのが億劫になってしまいますもんね。この冬はコタツの誘惑に負けず体を動かすぞ。

ということで、先日、これからの季節には必須アイテムのアウターをチーム用に試作しようと思い立って、市販のハーフジップジャンパーを購入して近所の刺繍屋さんに縫い付けをお願いしていたのですが、今日やっと出来上がりました。

左胸にチームのロゴ、左肩にロゴマーク、右肩にナンバーを入れてもらいました。

pic_20201017_1


全部で1万円ぐらいでできるかと思ったのですが、1000円ほどオーバーしてしまいました。

でも現物を見たら、すごくかっこよく仕上がってました!家族からも高評価をもらいました。強そうに見えるかな?

ジャンパーは袖が脱着できるものにしたので、夏の時期以外に使うことが多くなりそうです。普段着としても使えるようなデザインにしたので、チームのみんなにもこれを着てもらい、さりげなく宣伝してもらえるといいな。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

課題を再確認できた試合でした

日曜日は、穂高の青年ソフトボールのチームと練習試合を行いました。

この日も前日が雨でグラウンド状態が心配でした。午後からの試合でしたが、多くのメンバーが早い時間に来て整備をしてくれました。いつも自主的に動いてくれてありがたいです。そのおかげか試合開始前には日差しが出てきました。整備が早く済んだので、しっかりとアップもできました。

今回も1試合目を7回まで行い、2試合目は残り時間を使ってエキシビジョン的に戦わせていただきました。試合前のミーティングで、練習でやったことを積極的に試し課題を見つけてもらうことを指示してスタートしました。

対戦チームは久しぶりの試合ということで、4回までうちのチームが点を重ねていきました。今回はノーサインにして、各自が試したいことをやってもらいましたが、攻撃では繋ぐことを意識したスイングや選球、スキを突いた走塁などが見受けられました。しかし、終盤はライナー性の当たりを捕られてしまうこともありましたが淡白になってしまったと思います。

守備面では外野の練習不足が出てしまったかな。特にポジショニングについては練習していませんでしたので、それが浮き彫りになったと思います。
打順や打席位置、投球パターンや打球方向の傾向を踏まえた適切な守備位置の変え方を練習して、あと一歩の打球やポテンヒット性の打球に対応できるようにしていきたいと思いました。

試合後半は相手ピッチャーが徐々に調子を上げてきて連打ができなくなりました。好投手に対する攻撃の仕方も考えていく必要がありますね。それにしても、相手チームのピッチャーはほんと1人でよく投げていました。お疲れ様でした。

pic_20201011_1


うちの投手陣は、Iさん、Kくんと繋いで6回まで2点に抑えました。Iさんは前回の試合で左手首に打球を受けていたので心配でしたが、問題なく投げられていて安心しました。

pic_20201011_2


Kくんには試しでDPで入ってもらいましたが、打席でお尻の下あたりに死球を受けてしまいヒヤッとしました。ピッチャーにDPで入ってもらうとこんなケースもあるんだと学びました。Kくんはそれでも速いボールで三振を取ってくれて安定してました。

pic_20201011_3


最終回は自分が投げましたが、練習通りに投げられず反省点が沢山出てしまいました。

pic_20201011_4


Kくんに撮ってもらった動画で確認すると、悪いフォームがそのまま出てしまっていました。
ボールに力が乗らず、強く投げようと思わず手に力みが出てコントロールを乱し、結果カウントを取ろうと置きに行った力のない球をホームランという最悪のパターンになってしまいました(涙)

・始動前の2秒停止忘れ
・踏み出し足のインステップしすぎと右肩の入りすぎ
・腕の力みが残っていて下半身主導で腕を振れていない
・踏み出し足の着地時の右手の位置がトップに残っていない
・着地時にしっかりとブレーキがかからず身体が流れている

pic_20201011_5


1コマずつ見てみると、改めて修正すべき点がよく分かりました。体に染みついたクセは中々消えないですね。おそろしい・・・(汗)
準備不足というのもあったかもしれません。アップをしっかりとやって力みを抜いた状態で臨まないといけないですね。

試合は9−3で2勝目を挙げることができましたが、チームみなそれぞれ課題を確認できたのではないでしょうか。これからそれぞれの課題に挑戦して来年の大会でその成果を出せるように、互いに腕を磨いてもらえればと思います。

pic_20201011_6


自分も、この冬にもういちどおさらいをしてフォーム修正と下半身強化を続けようと思います。


最後までお読みいただきありがとうございます。

基礎があっての技術向上だと実感

今週も午前中にチーム練習をしました。だいぶ涼しくなって身体を動かしやすい季節になりましたね。

グラウンドの半面を少年サッカーチームが使っていたので、内野中心にノックをしました。「守備練習その2」で考えた4対4に分かれてノック&ランでの守備練習もやってみたのですが、守備側はエラーが続出。ランナーが気になってスムーズに動けていませんでした。逆にいうと効果的な練習だと感じます。

ノック側は打ってセーフになったらランナーとして残る形でやりましたが、意外とハードな運動ですね。

その後、ペッパーとロングティーをしました。メンバーが練習用バットを新調したということで使っていました。使っている様子を見ていたら、打撃音がよく響く割にあまり飛距離が出ていません。高価格帯のバットに替えて打っているところと比較してみていると、飛び方にだいぶ差がありました。やはり高いバットはそれなりの性能がある、ということでしょうか。

pic_20201004_1


pic_20201004_2


フリー打撃も行いましたが、実は先週の練習試合でキャッチャーやショートを守る守備の要のメンバーが怪我をしてお休み。今日の練習でキャッチャーをどうしようかと思っていたところ、ちょうど見学に来ていた方がキャッチャー経験があるとのことで、急遽キャッチャーをしてもらいました。

彼はピッチャーIさんの実業団時代のチームメイトで、これまでに天才だと思ったうちの1人だということ。県内の強豪チームで活動していたが肩の故障で辞めたということです。それでも、キャッチャーの位置から座ったまま投げたボールが2塁ベースまで届いていました。

pic_20201004_3


ショートも守ってもらいましたが、久しぶりに体を動かしたとは思えないほど我々とは異次元の動きをしていました。動きに無駄がなくスムーズです。Iさんが天才と言っていたことが一目で分かりました。

彼のような動きができるには基礎から段階的に練習していかなくてはいけない、と思い出して、最後は皆でランニングスローの基礎練習を行いました。講習会などで教わってはいましたが、実際に動けるようになるには反復練習しかないですね。いつか試合でかっこよく決めたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

守備練習その2

守備練習メニューについてのメモ書きその2です。

内野守備はスピードが命ですが、ふつうのノックではスピード感が養われにくいと思い、こんな形のノックを考えてみました。

3_2_内野ノックとラン


8人を4人ずつのグループに分け、守備側と攻撃側(ノック役)につきます。
ノック側は、1人ずつ順番に内野の好きな場所へゴロノックして1塁へ走ります。守備側は1塁でのフォースアウトを狙います。

セーフになった場合、走者を1塁に残してバントで送るなどアレンジもできますね。さらにコーチもつけて盗塁指示を出せば、より実践的な練習になると思います。

先日の試合でも、難しい打球を上手く捕球しても送球のタイミングが遅くなったり、ランナーを気にして捕球への集中ができずにイージーゴロをエラーなどが見られました。より実践的なシチュエーションを作って練習すると試合でも慌てずに動けるようになるんじゃないかな。

その練習をより効果的に行うためには、基礎練習として緩い打球やバントに対して素早く前進してノーステップで送球する動作の質を上げることも大事だと思います。特にサードとファーストのゴロ処理練習は重要だな、と思ってます。地味ですが、次のような練習もやっておきたいです。
常にゲッツーを狙うことを意識して動けるようになれば、単発でアウトを狙う動きは安定してくるんじゃないかと思います。

ランナー1塁での3塁バント処理(ゲッツー狙い)
6_exe


ランナー1塁での1塁バント処理(ゲッツー狙い)
7_exe



ランナー1・2塁での3塁線バント処理(ゲッツー狙い)
10_exe


ランナー1・2塁での1塁線バント処理(ゲッツー狙い)
11_exe


今回のメモはここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

チームの成長を実感

27日は「山梨ポピンズ」という一般男子チームとの練習試合がありました。

前日の夜中まで雨が降っていたので中止になりそうだなと思いつつ、朝早くメンバーにグラウンドへ確認に行ってもらいました。LINEの写真を見ると内外野とも水たまりが残っている状態。

メンバーたちのやりたいオーラを強く感じながら悩んだのですが、天気は曇りの予報でしたので決行することにしました。そして慌てて車に道具を詰め込み現地へ。前日に車に積んでおけばよかったナ・・・

グラウンドに着くと、すでにメンバーたちが水抜き作業中でした。今回使えたグラウンドは普段利用者が少ない所で、雨でぬかるんだ上に草が生え放題の荒れた状態。泥にまみれながら作業をしてくれた皆に感謝です。後で、前日に草取りに来てくれたメンバーがいたことを知り、ホントに試合を楽しみにしてくれていたんだと思いました。決行してよかったぁ。

pic_20200927_1


おかげで、10時の試合開始に何とか間に合わせることができました。感謝です!

ポピンズの方々には朝早く山梨から来ていただき、9時にはほぼメンバーが揃っていました。
ピッチャーをやっているIさんの大学時代の先輩が監督として率いる10代〜20代の若いチームです。試合前に監督さんにあいさつをし、7回までの試合と3回までのエキシビジョン試合をさせていただくことになりました。

1試合目は、ガチ対決です。我がチームが先攻で始まりました。制球が定まっていないピッチャーから四球と単打で塁を埋め、犠牲フライで1点を先しました。

ポピンズの選手たちはガタイのよい子たちが目立ち、いかにも打ちそう。狭い河川敷グラウンドなので、油断すると打球が川まで飛んでいきそうな雰囲気でした。

pic_20200927_2


わがチームはIさんが先発。1回に2点を取られましたが、まずまずの立ち上がりでした。
しかし2回、ピッチャー強襲のライナーを受け損ねて左手首付近を強打してしまい調子が上がらず一挙6点を取られてしまいました。急いで若手のKくんに準備を指示しました。

考えていたプランと違う状況になると、いろいろ悩みますね。そのような事が起こることは当然だという考えを持って戦況に合わせた判断ができるようになることが必要だと学びました。

pic_20200927_3

pic_20200927_4


それでも、こちらも3回から打線がつながってきました。先週練習したランナーを置いての右方向への流し打ちも成功し、4点、3点と重ねていきました。

そして予定より早めにマウンドをK君にバトンタッチ。最後まで0で抑えてくれました。低く抜ける球があったものの力のあるライズがよく効いていたと思います。終盤はエラーで走者を出しても三振で切り取ってくれました!

pic_20200927_5


そして、8対8で迎えた7回表に追加した1点を守り抜いて念願の初勝利を挙げることができました!

pic_20200927_7


2試合目は、メンバーを大きく変えて自由に動いてもらいました。それぞれができたこと、できなかったことを確認し、今後の課題にしてもらえればと思います。

pic_20200927_6


最後の回は自分もマウンドに上がりました。まだフォームの改善中のため力が入った球が投げられませんでしたが、久しぶりの試合を楽しめました。

次の試合ではもっと上手く投げるぞ!まだまだ成長できると信じて練習を重ねていこうと思いを新たにしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

練習試合に向けた練習

27日に練習試合をすることになり、日曜日はそれに向けた練習をしました。
今年初めての試合です。勝ち負けというよりも練習の成果と各自の課題を見つけるための試合にできればと思っています。

ノックの後、試合を想定したバッティングの練習をしました。

pic_20200920_1


オーダーを考えなくてはいけないので、メンバー個々のバッティング状態を確認しました。

今日は見学者が1名来てくれました。豊科の壮年ナイターソフトで活動されている方で、ピッチングを磨きたいとのことです。途中から練習にも参加していただきましたが、アップも十分ではない状態にも関わらずバッティングで鋭い当たりを連発してました!

バッティング練習では、試合で使うことが出てくるであろう走者1塁での犠打も練習をしました。ちゃんとしたバント練習は初めてでしたが、皆しっかりとできていたと思います。
バントと右中間狙いの押し込むバッティングを状況に応じて使い分けられると、試合で活かせるかな、と思います。

pic_20200920_2


最後に、軽くノックをした後、希望者に3塁線の強打守備練習を行いました。そしたら、みんな志願してきてビックリです。自分も負けじとバットを振るいました。やっぱり試合前はみんな気合が入るんですね。今シーズンも終盤に入りますが、残りの日程に出来るだけ練習試合を入れていければと改めて感じました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

守備練習その1

これまでに学んだ練習法などについて自分なりに整理したものを書きためていこうと思います。

わがチームはピッチャーを中心に守りを強みにしたいと思っています。2人とも速球投手なので、内野ゴロや外野手前のフライが多くなると思います。容易に飛ばせないと判断されると、セフティーやスラップなどの小技を使ったり走り回られると思うので、内野守備を重点的に鍛えたいと考えています。

今回は、守備の基礎練習としてセカンドとショートの守備の練習法を載せます。

ゴロ捕球から各塁に素早い動作で正確に投球ができるようにするには、あえて崩れた体勢からの送球を練習するとよいと思います。例えば普段からわしづかみでボールを投げる練習をしておくと、どんな握りでも気にせず投球できるのではないかな。

この練習は、セカンドゴロを様々な投げ方でさばくものです。4人1組でできるので、複数のグループを作って並行してやれば効率よく練習できますね。

セカンド守備者は2塁守備位置で1セット6打球を受けた後、2塁ベース→1塁ベース→ノッカーの順でローテーションします。
1_exe


次は、ショートの守備位置での基礎練習方法です。これも4人1組です。ショート2人、1塁とノッカーで2人に分かれ、ショート2人が一通り受け終わったら、1塁&ノッカーと交代します。

時折、1塁送球をショートバウンドや高くそれるように投げてあげれば、1塁手の捕球練習にもなります。
2_exe


余裕があれば、ショートから2塁&3塁への送球練習もやっておくとよいと思います。
3_exe


4人程度の少人数でやれば、1人あたりの練習回数も増え上達が早いのではないかと思います。

とりあえず、今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

まだまだ暑いですが練習してます!

2週間ぶりの更新です。ここのところ記事を書く余裕がなくて・・・

まだ暑い日が続いてますが、毎週日曜の練習は欠かさず頑張っています。先週は日陰が全くないグラウンドでホントにバテましたが、昨日はまだ少し頑張れた気がします。メンバーたちも精力的に励んでいるので感謝です。

pic_20200906_1


これは先週の様子です
pic_20200830_1


守備については、少しずつフォーメーションを増やしたいと頑張っています。
様々なケースを頭に入れてに各ポジションが素早く動けるように練習していければと考えているところです。これまで整理してきたものをこのブログにもアップしてメンバーたちにも見てもらおうと思っています。

昨日は10人以上集まったので、ノックの後、打撃練習を多めにやりました。自分は、先日新調した重めのバットにまだ慣れず良い当たりがなかったですが、みんなイイ当たりをしていて感心しました。

pic_20200906_2


バッティングもそうですがピッチングもまだまだ試行錯誤でやってます。全体練習の後にピッチャーの子に視てもらったところ、無駄な動作が減ってきて改善されているようなので、教えてもらったことを忘れないうちに自分のフォームにしていきたいと思います。

今月末には練習試合をやる予定なので、それに向けて調整していこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。
プロフィール

さっしかんとく

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
最新コメント
メッセージ

記事やチームに関するご質問はこちらからどうぞ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ