まつもとソフトボール日記

高校時野球で果たせなかった夢をソフトボールにぶつけて再び走り出す

2019年07月

ソフトボールチームを作った新人監督の日々を綴っています。

久しぶりの晴天下の練習

 今年立ち上げたソフトボールクラブですが、現在、来年の本格始動に向けて3月から少しずつメンバー集めをしているところです。

 1年後に向けて20〜30代の若いチームと40代〜の壮年チームを作り、いずれは全国大会で活躍できることを目標に徐々に活動していこうと思っていたのですが、ここ1〜2週間で一気に6人の方に入っていただきました。本当にありがたいです。

 先日の日曜は、これまでの練習で一番メンバーが集まり、充実した運動が出来ました。しばらく室内練習場での自主練が続いていたので、久しぶりに青空の下での練習は気持ちがいいですね。

 この日は若い子たちも何人か参加してくれたので、彼らにつられてついつい全力を出してしまい、最後はバテバテになってしまいました・・・。

renshu20190728


 チームにはいろいろな方が入ってくれています。山口や大阪、横浜など県外から松本・安曇野に来られた方もいますし、会社員、郵便局員、社長、学生と職種も様々、年齢も10代から50代までと幅広いです。これからどんなチームに育っていくのか楽しみです。

 今回新たに入られた方の中には、ソフトボールを学生時代からずっと経験されてきた方がいます。しかもピッチャーとして全国大会の舞台で活躍していたということを聞いて、ビックリです。こんな田舎の小さなチームにとっては事件と言っても良い出来事でした。さらには、ご近所さんだということが分かって更に驚きです。

 それから、ネットからの応募者の1人が小学校の同級生の弟さんだったことや、中々メンバーが集まらない時期に数年ぶりの教え子からの連絡がきっかけでチームに入ってもらえたことなど、今回のチーム立ち上げには不思議な”縁”を感じることがありました。

 いろいろな所から集まってきた勇士(?)たちとともに、全国大会出場を目指しスキルアップしていきたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

梅雨空のナイター試合

この梅雨の時期は、練習や試合が予定通りに進まず調整が難しいです。

試合の予定日は天気予報サイトでチェックしながら、起床時や昼休みに身体をほぐしているのですが、ボールを握った練習を定期的にしていないと、特にピッチングでは感覚が狂ってしまうんですよね。

先週は、6月に雨で流れた試合もあって、金曜と日曜に立て続けに試合がありました。ここのところ仕事などで試合に顔を出せずにいましたが、日曜はホントに久しぶりで先発しました。

対戦相手は、現在リーグでトップを走っているチームでした。チームメイトに聞いたら、「うちのチームは1ゲーム差で2位に付けているところから、今日は負けられないよ」と、プレッシャーをかけられる中での投球でした。

game-1


「よっしゃ!」と、気合いを入れて投げ始めたのですが、最初は狙ったコースに制球できず「あれ?何か違う・・・」という感じで、完全に試合感覚を忘れてしまっていました。

とにかく、ベストな時のフォームを思い出しながら恐る恐る投げてました。

それでも、この日は球速は出ていたので、外野の頭を越える打球はなくて良かったです。

調子が出てくるまでは、丁寧にベースの両端を低めに狙ってゴロを打たせるように投げましたが、相手はガンガン振ってくるチームで、調子が上がるまではひたすら耐える投球でした。

そして、やっと3回に入った頃から感覚を思い出せてきて、コースや緩急を使った投球ができるようになりました。

速い球を見せながら緩い球でゴロを打たせたり、中速の球で厳しいコースを狙って追い込んだ後、やや甘めの高めのコースに速い球を投げてフライを打たせたり、といった投げ方を色々試すことができて良かったです。おかげさまで試合も勝利し、リーグトップに並ぶことができました。

やっぱり、試合だと普段の自主トレなどと違ってリアルな練習ができて良いですね。新チームでも早く試合ができるように準備を進めないと・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

バットの新調

久しぶりです。ここのところ仕事関係で忙しくしてました。

高校野球の地区大会も始まり、夏休みが近づいてきましたね。

チーム内に、お子さんが今年から高校球児という方がいまして、仕事の合間にネットで応援してました。

自分の子供は卓球部なので、球児を持つ親御さんがうらやましいです(^^;)

我が新チームも球児たちの頑張りを励みに頑張ろうと思いますが、まだメンバーも道具も足りないといった状況の中、少しずつ活動をしています。

これまで、ユニフォームを始め、ヘルメット、練習球、レガースなどを用意してきましたが、まだまだ揃えなければいけない道具があります。

その中で、この度、バットを新調しました。

ソフトボールでよく使われるバットといえば

ルイスビルスラッガー「カタリスト供
ウィルソン「ディマリニ・フェニックス」
ミズノ「AX4」、「エックス」

あたりが有名ですね。他にもゼットの「ブラックキャノン」やアシックスの「ネクスチューブ」なども良いみたいですが、今回はミズノの「ビヨンドマックス ギガキング供廚鮃愼しました。

magaking_2


ソフトボール用のビヨンドが発売されて、ずっと買おうか迷っていたのですが、ついに買ってしまいました。

「カタリスト Ti」と迷ったのですが、軟式野球ではお馴染みのビヨンドがソフトでも力を発揮するのかを試したくなって、こちらにしました。

購入したのは、85cm/710gのミドルバランスです。

材質はFRPとウレタンの複合タイプで、取説を読むとミートの瞬間にバット側がへこむことでボールの変形を抑えつつ、バットの復元力をもって遠くまで飛ばす構造になっているそうです。

なので、バット表面が柔らかく変形しやすいので保管に気を付けなきゃいけないようです。付属のケースは表面が固く、つぶれにくくなっています。

magaking_1


それから、ウレタン部分の表面はバンプ構造(エンボス加工)になっています。たぶん、ボールを捉えやすくするためだと思います。

magaking_3


実際に振ってみると、710gの割には軽く感じ振り抜きやすいですが、スラッガータイプの人には物足りなさがあるかもしれません。

でも、スイートスポットが広いそうなので、打ち損じが減りそうな感じです。

まずは練習試合で使ってみて、どんな飛び方をするのか確認してみます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
プロフィール

さっしかんとく

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
最新コメント
メッセージ

記事やチームに関するご質問はこちらからどうぞ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ