現在、指導者資格取得に向けて勉強中ですが、自分の理解したことの一部を、ここでメモとして書き込んでいこうと思います。

2base-rrules-1


今日はその1回目。

ソフトボールの大きな特徴の1つが、1塁ベースに置かれた「ダブルベース」です。野球と違って2枚分のベースの領域にホームベース側から向かって左半分が白色、右半分がオレンジ色になっています。

狭いフィールドで安全にプレイをするために、1塁ベースに限って設けられています。基本的に白色が野手、オレンジ色が打者走者が踏みます。

このダブルベースがあることによって、野球とは違う独自のルールが存在します。状況によってベースの踏み方に注意が必要となります。

まず、基本的な踏み方ですが、打者がフェア領域にボールを打ったり振り逃げによって1塁へ走っていく時、1塁にボールが送球されるプレイでは、打者走者はオレンジ色、野手は白色を踏みます。
フォースアウトにならなかった時、打者走者はオレンジベースを踏んだ後、白色ベースを踏みます。オレンジベースに帰塁すると、タッチアウトされてしまいます。
2base-rrules-2


ちなみに、1塁手がボールをキャッチしたのと打者走者が塁に触れたのが同時の場合は「セーフ」と判断されます(タッチプレイの場合も同じ判断になります)。

それから、打者走者が1塁へ走っていく場合、野球と同じように塁間の真ん中から1塁にかけて引かれている「スリーフットレーン」内を走ります。
2base-rrules-3


ただし、野手が1塁側ファウル領域でプレイをしている場合は、白ベースを踏んでも良いことになっています。
2base-rrules-4


また、野手がエラーするなどして1塁に送球されたボールがそれて、打者走者が次の塁へ進めるようなケースでは、走者は1塁に帰塁せずに、そのまま2塁へ進むことができます。
2base-rrules-5


長打を打って野手が1塁でプレイしないようなケースでは、打者走者はどの色のベースを踏んでもOKとなっています。また、その時スリーフットレーンの外側を膨らんで走塁してもかまいません。
2base-rrules-6


このように、1塁ベースにまつわるルールはいくつかのケースを思い浮かべながら覚えておく必要がありますね。

ルールの話は地味ですが、知っていたおかげでアピールしてアウトを1つ取れたりしますので、1つ1つ頑張ってしっかりと覚えたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。