久しぶりです。ここのところ仕事関係で忙しくしてました。

高校野球の地区大会も始まり、夏休みが近づいてきましたね。

チーム内に、お子さんが今年から高校球児という方がいまして、仕事の合間にネットで応援してました。

自分の子供は卓球部なので、球児を持つ親御さんがうらやましいです(^^;)

我が新チームも球児たちの頑張りを励みに頑張ろうと思いますが、まだメンバーも道具も足りないといった状況の中、少しずつ活動をしています。

これまで、ユニフォームを始め、ヘルメット、練習球、レガースなどを用意してきましたが、まだまだ揃えなければいけない道具があります。

その中で、この度、バットを新調しました。

ソフトボールでよく使われるバットといえば

ルイスビルスラッガー「カタリスト供
ウィルソン「ディマリニ・フェニックス」
ミズノ「AX4」、「エックス」

あたりが有名ですね。他にもゼットの「ブラックキャノン」やアシックスの「ネクスチューブ」なども良いみたいですが、今回はミズノの「ビヨンドマックス ギガキング供廚鮃愼しました。

magaking_2


ソフトボール用のビヨンドが発売されて、ずっと買おうか迷っていたのですが、ついに買ってしまいました。

「カタリスト Ti」と迷ったのですが、軟式野球ではお馴染みのビヨンドがソフトでも力を発揮するのかを試したくなって、こちらにしました。

購入したのは、85cm/710gのミドルバランスです。

材質はFRPとウレタンの複合タイプで、取説を読むとミートの瞬間にバット側がへこむことでボールの変形を抑えつつ、バットの復元力をもって遠くまで飛ばす構造になっているそうです。

なので、バット表面が柔らかく変形しやすいので保管に気を付けなきゃいけないようです。付属のケースは表面が固く、つぶれにくくなっています。

magaking_1


それから、ウレタン部分の表面はバンプ構造(エンボス加工)になっています。たぶん、ボールを捉えやすくするためだと思います。

magaking_3


実際に振ってみると、710gの割には軽く感じ振り抜きやすいですが、スラッガータイプの人には物足りなさがあるかもしれません。

でも、スイートスポットが広いそうなので、打ち損じが減りそうな感じです。

まずは練習試合で使ってみて、どんな飛び方をするのか確認してみます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。