今日は秋空の下で練習試合。10月に予定していた試合が雨で流れたので、久しぶりの試合でした。
対戦していただいたのは、おそらく県内No1と言ってもよい超強豪のチームです。今年5月の全日本一般男子大会で3回戦進出、9月の新日本スポーツ連盟東日本大会でベスト4という実力を持つ若いチームです。

お互い参加できたメンバーが少ない状態でしたが、午前中に2試合をさせていただきました。

shiai-20191104


我がチームは、直前に師匠とキャプテンが腰を痛めてしまったため、先日入ったばかりの方にお願いしました。調整不足のスタートだったこともあり、立ち上がりに大量失点。守備もエラーの連続で練習不足が浮き彫りに・・・。

相手チームはピッチャーが豊富で、ヒットは出るものの単発で打線がつながらず1得点に終わってしまいました。

2試合目に師匠に投げてもらいましたが、やはり腰痛の影響で途中降板。球が速いとみるとスラップや盗塁などを仕掛け、攻略法を熟知しているなぁと思わず関心してしまいました。

score-1104


試合結果は、どちらも大差で負けましたが、今回は全国クラスのレベルやゲームでの戦い方を直接目にすることで、これからの我がチームが目指すところをイメージすることができました。まずは、基礎をしっかりとして土台を作り、そこから少しずつ積み重ねて強いチームになるように育てていきたいです。

メンバーたちがとう感じてくれたか気になるところですが、次の日曜日に今年最後の試合があるので、再度自己点検をして来年に向けたプランを作っていこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。