これまでに学んだ練習法などについて自分なりに整理したものを書きためていこうと思います。

わがチームはピッチャーを中心に守りを強みにしたいと思っています。2人とも速球投手なので、内野ゴロや外野手前のフライが多くなると思います。容易に飛ばせないと判断されると、セフティーやスラップなどの小技を使ったり走り回られると思うので、内野守備を重点的に鍛えたいと考えています。

今回は、守備の基礎練習としてセカンドとショートの守備の練習法を載せます。

ゴロ捕球から各塁に素早い動作で正確に投球ができるようにするには、あえて崩れた体勢からの送球を練習するとよいと思います。例えば普段からわしづかみでボールを投げる練習をしておくと、どんな握りでも気にせず投球できるのではないかな。

この練習は、セカンドゴロを様々な投げ方でさばくものです。4人1組でできるので、複数のグループを作って並行してやれば効率よく練習できますね。

セカンド守備者は2塁守備位置で1セット6打球を受けた後、2塁ベース→1塁ベース→ノッカーの順でローテーションします。
1_exe


次は、ショートの守備位置での基礎練習方法です。これも4人1組です。ショート2人、1塁とノッカーで2人に分かれ、ショート2人が一通り受け終わったら、1塁&ノッカーと交代します。

時折、1塁送球をショートバウンドや高くそれるように投げてあげれば、1塁手の捕球練習にもなります。
2_exe


余裕があれば、ショートから2塁&3塁への送球練習もやっておくとよいと思います。
3_exe


4人程度の少人数でやれば、1人あたりの練習回数も増え上達が早いのではないかと思います。

とりあえず、今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。