まつもとソフトボール日記

高校時野球で果たせなかった夢をソフトボールにぶつけて再び走り出す

ピッチング技術

ソフトボールチームを作った新人監督の日々を綴っています。

フォーム改造は難しい・・・

ひさしぶりです。

まだまだ暑い9月ですが、来年に向けてピッチングフォーム改造を始めました。

これまでずっと投げてきたフォームを見直して、思い切って大幅な修正をすることにしたのです。

学生時代からずっとピッチャーをやられてきた方がチームに入ってきました。いろいろとアドバイスを頂きながら、球速アップを目指そうと練習をしています。

自分の最大の課題は、肘が背中側に入りすぎてしまうため、ボールを前方向に押し出す力を加えられない点です。

そのため、リリースの瞬間、つじつまを合わせるように手先で横から回すようにボールを軌道に乗せるようなぎこちないフォームになってしまっています。

長年染みついたフォームがなかなか抜けずに修正点を意識していても、上手く直りません。

先日のナイター試合で、2番手で投げる機会があり、フォームを修正した投げ方を試してみたのですが、違和感がありすぎて四球を出してしまい、結局いつものフォームで投げてしまいました。

その違和感を恐れずにもっと投げ込んで、意識しなくてもスムーズに腕が回せるようになりたいと思うのですが・・・。

日曜の練習の際、ピッチャーとして入会してくださった“師匠”(勝手に師匠だと思っているのですが)の方にアドバイスをもらいながら動画を撮ってもらいました。上が師匠のフォーム、下が自分のフォームです。

映像を見てみると自分のイメージとものごく開きがあることがわかります。

まず、蹴り出しの方向が捕手の方向ではなく三塁方向になってしまっています。この時点でその後のフォームに大きな影響を与えていると思われます。

form-1



ブラッシングも大きく違いますね。自分の場合は手首が体から離れてしまっています。肘が背中側に入りすぎて、しかもブラッシングの一が上の方になってしまっているからだと思います。これでは安定したボールが投げられません。手首側の前腕部も体に擦るようにリリースする必要があります。

form-2


そして、左足の膝です。自分の場合は、完全に曲がってしまい壁が作れておらずに力が逃げてしまっています。

form-3


着地位置が三塁側に寄りすぎているために、最後は上半身を左にひねるようにして強引にボールの方向を修正(こねて)していますね。

また、最後の体の傾きが違います。師匠の場合は三塁方向に傾いていていますが、これはボールに力が伝わっているからだと思います。体の軸もずっと同じ角度を保っています。
一方、自分は一塁方向に体が逃げてしまい、力がボールに伝わっていません。しかも、軸がぶれているのが解ります。

こうしてフォームを比較して見ると、非常に無駄な動作が多いフォームであることが改めて解ります。

なかなか抜けないクセだと思いますが、これから毎日シャドウなどをやって来春までに理想のフォームで投げられるようにしたいと思います。とりあえず、今シーズンの試合がまだ残っていますので、そこでも修正点を意識した投球をしてみます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

雨の日の自主トレ

昨日と今日は梅雨の中休みで良い天気が続いていますが。この時期の練習は予定が立てにくくていけません。今度の日曜日は練習予定日なのですが、明日からの2日間は雨になりそうです。先週も練習が出来なかったので午前中だけでも雨が降らないでいてほしいです。

雨の日や冬場の練習になにをやるか?今後、チームが本格的に動き始めたら色々と考えなくてはいけないですね。

今日は、外で練習が出来ない時に自分がこれまでやってきたことを紹介したいと思います。

ピッチングを本格的に始めた頃からやっているのは、冬場の下半身強化です。40歳過ぎると年々筋肉量が減ってくると言われていますが、太ももの筋肉量を増やそうとスクワットを始めました。

最初は両足を肩幅に開いて立ち、腕を前方に伸ばして膝がつま先よりも前に出ないように意識しながらゆっくりと20回繰り返すところから始めました。

これが結構きついんですよね。ゆっくりと屈伸するのがかなりキます。1分ほどインターバルをおいて3セットを2日おきにやりました。ネット動画などを参考にした自己流なので、これで良いか正直わかりません。

これをひと冬やってから、次の年からは片足スクワットをやり始めました。書斎にしている部屋の一部が畳敷きの小上がりになっていて、その上に片足で立ち、もう片方の足を小上がりから床に垂らした状態で屈伸します。ちょっと幅のある階段でもいいかもしれません。

恥ずかしながら、最初はこれが3回しかできませんでした。もう、筋肉がプルプルしてしまって心臓もバクバクで。やった後は何日かひどい筋肉痛に見舞われました。

squat


それでも、これをふた冬やった頃から、できる回数が増えてきて、太もも周りもたくましくなってきました。

今は、12〜16回X3セットを3〜4日おきにやっています。なぜか左足の方が強くなって18回前後、右は12回前後ぐらいしかできません。アンバランスになってしまってよいのだろうか?

一度ちゃんとしたトレーナーに見てもらった方が良いかもしれませんね。

あとは、スポンジボールを使った壁当てです。要はシャドーピッチングなのですが、何も持たずにやるよりは、的に向かってコントロールも確かめながらやっています。壁でも良いですがサッシの窓に向かって投げれば、自分のフォームを確かめつつ投げられるので、よくやってます。

スポンジボールにもいくつかサイズがあるのですが、野球ボールサイズの柔らかいものを使って投げています。

ソフトボールと同じサイズのものだと結構いい値段がします。自分は堅めのものを持っていますが、窓に当てると割ってしまうくらい衝撃があるので、外の壁で投げています。

ほかにも良さそうな練習方法があったら、どなたか教えてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ピッチング技術の試行錯誤

これまでピッチングを何年も続けていく中で、様々な試行錯誤をしてきました。

最初は、ブラッシング(肘に近い前腕部の内側を腰の横よりやや手前に当てる動作)の感覚を掴むのに3年もかかってしまいました。最近は、海外ではブラッシングをしないのが最先端の技術という話を聞いたことがありますが、自分自身がこれまで練習してきた中では、ブラッシングして投げる方法が良い気がします。

ブラッシングする際の当てる位置や強さなど、色々試している中で、この1年間でやっと安定してきたかな、と思えるレベルまで来ました。調子が悪くなった時は、必ずブラッシングの位置や強さを確かめるようにしています。

次に、とても大事にしているのは下半身の使い方です。最近はこれを一番重要視して力強くかつ安定したフォームを試行錯誤しながら練習を重ねています。

特に、体重移動と着地した時のブラッシングのタイミングの取り方を気にしてます。

このタイミングがピタッと合うと、コントロール良く力強い球が投げられますね。

ブラッシングの瞬間のフォームの形は、実力のあるどの選手を見ても同じ形をしているので、この理想の形が安定してできるようにするために、けり出しから腕の振り方、体重移動と着地の手順を逆算して考えています。

pitch-form


ブラッシングの後の動きは、選手によって様々な感じがします。

二刀流で有名な平林金属の松田光選手は腰を回しますが、高知パシフィックウェーブの高橋速水選手や大阪桃次郎の岡建斗選手は、腰を回さずに平行移動させてます。

どちらが良いのかは分かりませんが、ブラッシングの瞬間に下半身がしっかりと固定されて、そこに力強く腕を当てて手首が鋭く返るようなフォームを、いつも安定してできれば、もっと良い球が投げられるのではないかと考えています。

年齢のせいか、頭の中ではいろいろと考えてやっているのですが、体に覚えこませるのに時間がかかります。まぁ、気長にやるしかありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ピッチャー用グローブ

ピッチングをやり始めてから、最初に掲げた目標が試合で初勝利することでした。試合で勝つことができたら、グローブをオーダーしようと決めていたのですが、その夢が実現できたのは、ピッチングをはじめてから3年近くもかかってしまいました。

最初は四死球の連続で

満塁→ホームラン→大量失点→交代→しばらく登板なし

という、とてもヒドイものでした。それでも登板させてくれた当時の監督さんにはとても感謝しています。

まさか、40歳過ぎて本気で悔しがったり情けなくなったりしながら頑張ることを経験するなんて予想もしていなかったんですが、高校時代の若かりし気持ちを味わえた気がしてなんとも言えない充実感のようなものを感じたりしたものです。

やっぱり改めて思うのは、地味な作業ですが「続ける」ということと、楽しみながら「工夫する」ということは大事だな、ということですかね。

ちょっと話がそれましたが、そんなわけでグローブをオーダーで作ったわけです。ソフト専用のグローブは、野球のものと比べてポケットが深いです。ボールが大きいので当たり前かもしれませんが、ほんの1~2cm程度の差かもしれませんが、実際にはめてみた感覚だと「デカイ」という印象を受けます。

写真は、いずれもピッチャー用ですが、右が硬式用、左がオーダーしたソフト用です。やや大きめサイズで注文したのですが、結構大きさの差を感じます。

grove-2

grove-1


ちなみに、自分の場合は試合でテンションを上げるために赤系色のグローブを好んで使っています。

オーダーで作ったものは、大きい割に軽い作りなので、試合では特に違和感なく使えています。グローブサイズのおかげでピッチャー強襲のライナー性のゴロをキャッチあるいは当て止めして助かったことが何度かあり、体の反応の悪さをカバーできているのかな、と思います。

今度また目標を決めて叶うことができたら、グローブを作ろうかな?それともバットを新調しようかな? などと考えています。

とりあえず大会で優勝投手になることを目標に(ちょっとデカく出すぎ?)頑張ろうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ピッチングとスパイク

基本的に、ピッチング練習の時はスパイクを履くことが多いです。

ピッチングを始めた頃は、普通のスニーカーかトレーニングシューズを履いて練習していましたが、ツーステップ(またはジャンピングスロー)で投げるようになってからは、スパイクを履くようになりました。

試合では、ピッチャーが投げるエリアであるピッチングサークル内がスパイクで引っ掻かれて砂場のように柔らかくなってしまいます。

自分の場合、スバイクを履かないと着地したときに、しっかりと踏ん張ることができず、コントロールが悪くなるのです。

練習の時も、なるべく試合に近い状況を作ってやるようにしています。

私は結構な幅広甲高なので、既製のものだとピッタリと合うスパイクが限られてしまい、新調する時は探すのに苦労するんですよね。

メーカーの中では、ゼツト製品が比較的合うものがあります。

あと、クールノットという結ばない紐を使っています。これ、以外としっかり固定してくれるので気に入ってます。今までに試合中に緩くなったりほどけたりしたことがないです。

spike


写真を見ていただくと分かると思いますが、P革は着けずに白色の靴底補習材を塗っています。

P革だと隙間に砂が入り込みますし、穴が開いたら交換に手間がかかるので、このように上塗りしています。

それから、トレーニングシューズのようなマジック式のスパイクは少年用のものだと思っていたのですが、大人用もあるんですね。最近ネットで大人用の製品もあることを知りました。

マジック式は脱いだり履いたりが楽なので、しっかりと固定するなら、これも良さそうですね。機会があれば、試してみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ピッチングの練習場所

普段、近所にあるグランドで壁当て練習をすることが多いのですが、1つだけ難点があります。

それはボールが変形してしまうことです。

手元まで跳ね返ってくれるので、効率よく投げられますが、ある程度の回数を投げていくと、変形してくるのです。

当たった時の音が変わり始めると、そろそろダメだな、と判断して新しいものと交換なのですが、これまで10個以上はオシャカにしてしまいました。

そこで、自宅の庭に網を張って練習スペースを作りました。

pitch-1


家内に直訴(?)して家庭菜園だった場所を移動し、土を均してのべ2週間ぐらいかけて作りました。

畑にしていた場所のせいか、すぐに草が生えてきてしまうので、見た目ちょっと恥ずかしいですが・・・

pitch-2


庭の中だと、体感的に距離が遠く感じますが、それがかえって試合の時にホームベースが近く感じるので、試合がある時は、グランドに行く前に必ずここで投げています。

たまに、フィールドフォース製の的を置いてストラックアウトもやったりしています。

strikeout


少年用なので、ストライクゾーンがやや低いですが、昨年からルールが変わってゾーンが低くなったので、今は丁度いい感じで使えています。

ただ、的に当たった時に音が出るので、隣のお宅を気にしながら使っているんですよね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ソフトのボール

今日は、チーム練習以外の自主練習についてちょっと書いてみます。

普段多くやるのはピッチング練習です。普段は近所のグランドで壁当てですが、土日は子供の野球やサッカーのチームが使うので、朝早く出かけて1時間ほど汗を流します。

近所とはいっても車で5分弱の場所なので、最近は自宅の庭に投手板とホームベースをはめ込んで、張ったネットに向かって投げ込むことが多くなりました。

ネットだと、ボールが跳ね返ってこないので、いちいち取りに行くのが面倒なのですが、その分走り込みのトレーニングにもなるし、一球を大事に投げる癖がついたと思います。

3号ゴムボールを投げる他に、革ボールや300g弱のトレーニングボール、スポンジボールなど重さを変えて、指先の感覚を敏感にする練習をしています。

革のボールとゴムのボールでも指先のかけ方の違いがあるので、指先の感覚を覚えるのに、とても良いと思っています。特に、革のボールのは指先のかけ方を意識していないとコントロールが難しいですね。

pic-201906045








ゴムのボールでも、メーカーによって表面の感じが違うのが分かってきます。自分の場合はナイガイというメーカーのゴムボールが引っかかり易くて好きです。

これをやると、自然と下半身を使った投げ方に変わってきますので、お勧めです。力の入れ方の感覚がつかめてくるので、球速アップにもつながるのではないかと思ってやってます。

本格的な暑い時期になる前に、しっかりと投げ込みをしておきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ソフトボールのピッチング練習

ピッチャーをやろうと始めたのはよかったのですが、これがなかなか難しいのです。

後で知りましたが、ソフトボールで一番難しいのがピッチングだそうです。
下手投げなので、上手投げよりは筋力を必要としないし、すぐに慣れるだろうと考えていました。

しかし、コントロールするのが想像以上に難しいのです。

近所にあるグランドに壁当てが出来る場所があるので、仕事の帰りや休日の朝などに寄って投げ込みを始めました。
壁にはストライクゾーン枠が描かれているので、ピッチング練習に最適です。

まずは、その的をめがけて投げる練習から始めました。
pic-20190530
プロフィール

さっしかんとく

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
最新コメント
メッセージ

記事やチームに関するご質問はこちらからどうぞ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ