職人経営者を目指します。

日々のもの作りを通じて楽しかった事、嬉しかった事、辛かった事、寂しかった事、気がついた事etc.書き連ねています。

 来年5月18日(土)19日(日)の2日間、東京ビッグサイトを会場に開催予定の「デザインフェスタvol.49」の出展当選者発表が昨日あり、今回は残念ながら落選になってしまいました。

 繰り上げ抽選が来月8日にあるので、このまま待つしかありません。繰り上げ抽選で落選するとキャンセル待ちという形になりますが、最近出展希望の方が多いのでなかなか厳しいところだと思います。

 数年前に一度落選した事はありますが、このところの抽選は連続して当選して出展できていただけに残念です。デザインフェスタは弊社の耳かきを特別価格で販売し弊社のPRをする重要な展示会の一つになっているだけに、何とか出展できる様に祈るしかありません。

 昨夜から今夜にかけて双子座流星群の流れ星が肉眼で観れるピークという事で、先ほどまで夜空を眺めていました。夕方から予報にない雨が降っていたので曇り空になってしまうかと心配でしたが、深夜になって晴れ渡る空になりました。天体マニアという訳ではありませんが、寒空に夜空を見上げるのも乙なものです。

 午前1時過ぎから1時間ほど眺めていましたが、3つほど流れ星を観る事ができました。本当に一瞬ですので願い事を叶える時間などありませんが、そんな流れ星を観るとあらためて宇宙の中の一つの星で生かされているんだとあらためて感じました。

 

 昨日夕方から、あだち異業種交流会未来クラブの忘年会があり出席しました。忘年会と5月の定時総会のみ出席していただける会員も参加されて大いに盛り上がりました。冒頭、丸山会長からいただいたご挨拶で、先日出演させていただいたショップチャンネルの事をご紹介いただきましたが、売上金額が誤情報でしたので訂正から始まる発表をさせていただきました。ショップチャンネルでは販売予想数より少々販売数は少なかったものの、次回4月の放送に採用いただける事になったのが嬉しいとお話しさせていただきました。

 そんな挨拶から始まった忘年会でしたが、また新入会員が増える事や皆さんから景気のいいお話しを色々と聞く事ができ、いい意味で今年を締め括れた忘年会でした。
 

 先日のショップチャンネルで耳かきをデビューさせていただき、多くの視聴者からご注文をいただきました。本当に有難う御座いました。テレビショッピングでの販売は今回が初めてになりますが、今までの民放のテレビ番組等で耳かきのご紹介をいただき、その度にご注文をいただく事はありました。

 過去、最高だったのが関西ローカル放送局MBS放送の「ちちんぷいぷい」でご紹介いただいた時には放送内で弊社の電話番号もご紹介いただいたので、電話でのご注文が殺到し電話自体が故障するという事態が発生しました。弊社のホームページ自体もサーバーが3回ほどダウンするという事態が発生しました。放送後1週間は業務の電話が受けられなかったくらい連日の電話をいただきました。

 その影響だと思いますが、生協での販売やネットでの販売まで派生して販売数、売上とも一気に伸びました。正直なところ半年近く影響があったと思います。それだけテレビの影響は大きいのだと感じました。

 今回は「ちちんぷいぷい」でご紹介いただいた時と同じくらいの売上をたった60分ほどで達成させていただきましたが、会社に電話をいただく事もなくホームページの閲覧者数が一気に伸びる事もありませんでした。「ちちんぷいぷい」でご紹介いただいた当時とは比べものにならないくらい、嘘のような静寂さを過ごしています。

 

 先週金曜日、16時から今年度の「あだち新製品開発講座」の製品発表会と終了式があり出席しました。4月から月に2回、8ヶ月間という長期の連続講座で開催されてきた講座ですが、10社の方々から講座で開発された製品が発表されました。一つ一つに開発に対してご苦労が感じられる製品の発表でした。

 講師講評として「本日の終了式がゴールでなく、開発された製品をこれから商品にしていく事が重要なので更に頑張っていただければ」とお話しさせていただきました。

 私自身、9年前の講座を受講させていただき、その年のTASKものづくり大賞で開発した「耳かき」が前年の「奨励賞」に続けて「大賞」を受賞してからは、店舗販売、ネット販売等々、様々な媒体で販売が決まり現在に至っています。

 折しもこの発表会の翌日にはテレビショッピング「ショップチャンネル」でデビューするまでなった事を発表させていただきました。この製品の中から同じ様な商品が生まれる事を期待しています。
 

 昨日、父の七回忌が行われました。風の様に父が亡くなって丸六年が経ちました。当時、亡くなった事よりも周りの方々を驚かせてしまった方がショックが大きかったという感じでしたが、年を経てやっと亡くなった事を実感できる様になってきました。

 昨日の七回忌法要には親戚が久しぶりに揃って顔を合わせましたが、最近めっきり会う事の無くなった甥っ子姪っ子にも会えてそれぞれの成長を感じる事ができました。そんな姿を見られない父が残念と思いました。いや、草葉の陰から見ているのかな。

 昨日、18時からショップチャンネルに弊社の耳かきがデビューさせていただきました。耳かきをご購入していただけた多くの方々に感謝致します。本当に有難う御座いました。


 昨日は放送時間2時間前に会場入りして、ベンダーさんとの最終打ち合わせ放送1時間前にキャストの方との打ち合わせを行い、進行や紹介の大まかなスケジュールを決めて本番に臨みました。それ以外は全てアドリブになります。

 事前に収録していただたBロールという映像では、耳かきのアップ映像や弊社現場内の様子、街頭インタビューまた、耳かき製造にあたってアドバイザー耳かき亭の保延さんインタビューの様子以外は全て生放送で行いました。

 60分という時間の中でBロールの時間が20分程度あったと思うので、40分程はキャストの方とのやり取りで耳かきの紹介を行いました。耳かきを紹介しながら頭の中では今まで耳かきを製造販売してきて色々な貴重な体験が走馬燈の様に蘇えり、今こうしてテレビショッピングでもご紹介させていただける耳かきになったんだという気持ちで感無量でした。

 途中何度もキャストさんから「ただいまご注文のお電話が込み合っております。有難う御座います」のお話しに「本当に有難う御座います」と声が詰まりました。

 終了してしまえばあっという間の60分間でしたが、この半年間ベンダーさんまたショップチャンネルの担当バイヤーさんの方々とのやり取りの中で、商品を販売していく工程の大変さと喜びの両方を感じられたショップチャンネルデビューでした。

 

 本日12月8日(土)午後6時よりCS55チャンネル「ショップチャンネル」にて、弊社の「医療器具屋さんが作った耳かき」がデビューします。生放送1時間の番組です。私自身がゲストとして、キャストの方と耳かきのご紹介をさせていただきます。タイトルの「心おどる、瞬間を。」はショップチャンネルのカンパニータグラインです。

 今回、ショップチャンネルのバイヤーの方に弊社の耳かきに目をつけていただき、半年前の6月から出演に向けて準備を進めてきました。現状でも店舗販売の他、生協さん向けやネット販売も行ってはいるものの、テレビショッピングでの販売は初めてになります。

 過去、テレビ番組で耳かきをご紹介いただき予想を超えて売れた事もありますが、今回は販売する目的でのテレビ出演になります。それだけに正直なところ、準備段階でも今までに無かった苦労もありましたが自分にとって貴重な体験ができたと思います。耳かきを販売するのが一番の目的になりますが、それ以上に弊社「三祐医科工業株式会社」を今まで以上に多くの方々に知っていただける大きなチャンスと捉え「心おどる、瞬間を。」強く感じている朝です!

 昨日、取引先のメッキ屋さんに仕上がった製品を受け取りに行きました。受入れ場に車を停めて担当の方に製品を用意している時に、先日来た時に無かったイーゼルスタンドがあり何か貼ってありました。年末年始の業務のお知らせをオシャレに掲示していました。

 今までもこの時期、この掲示はありましたが入口の窓のこれ見よがしに貼ってあるだけでした。その時は全く感じもしませんでしたが、イーゼルスタンドにオシャレに貼るだけでもこんなに違うんだと感じました。それと共にスタンドの棚部分に黄色のA4の紙が束になって置いてありました。何が書いてあるのか見てみると「楽しいめっき」と書かれ、4コママンガでメッキの基礎技術入門が書かれていました。

 思わず「へぇ〜」となってしまいました。メッキについて全く知らない方に説明するのに使用するなら分かりますが、その場所は取引先業者しか使用しない受入れ場ですし、皆このくらいの事は知っていると思うメッキの技術の事が書いてあるのかと思えば、結構専門的な事をマンガで分かり易く説明されている用紙でした。思わずいただいてきました。

 こちらのメッキ屋さんは数年前に代替わりされましたが、社長の奥様が現場をどんどん改良されていて、スタッフ自体も数年前から若い女性スタッフが増えてきました。目に見えて改善されているのが分かります。ここ数年とにかく忙しいイメージしかないメッキ屋さんです。

 いただいた基礎技術入門を拝見し、同じメッキ業でもここまで変化できるのかと思ったのと共に変化していくからこそお客さんに支持される企業になっているのだと感じました。見習わなくてはと思いながら帰路につきました。

 昨日、取引先である材料屋さんの営業担当の方にご来社いただきました。材料屋さんですので、注文した材料の配達をしてくれたという訳ではありません。正直なところ、こちらの材料屋さんには素材の事でお問い合わせをさせていただいた事は何度もありますが、材料を購入した事は一度もありません。

 なぜそれでも取引があるというと材料屋さんだけに納入先が多数あり、その先々で加工の相談される事も多く、そういった話をいただいた時に加工屋さんも多く取引しているのでお客さんに代わって技術の営業マンとしても動かれているのです。

 昨日もこちらが注文を受けていた製品の引取りと共に新しいレーザーマーキングができる様になったという事で、マーキングのサンプル品と詳細の資料を持参してくれました。レーザーマーキングは外注しているものもありますが、ご紹介いただいた技術は初めて見るものでしたので今後客先からお問い合わせや引き合いがあればご相談できる内容のものでした。

 幅広く営業されていると言ってしまえばそれだけですが、商売の進め方としては非常に参考になる会社さんでもあります。

↑このページのトップヘ