昨日、東京都立産業技術研究センター城東支所と隣接した、かつしかテクノプラザを会場に「デザインスタジオ・ものづくりスタジオ開設式典」が開催され出席させていただきました。以前からTASKプロジェクトや葛飾産業フェア等で城東支所にはお邪魔させていただいていますが、この度、ものづくりスタジオを新規に開設されて新しい機械設備を導入された見学会と記念講演会が行なわれました。

 見学会では最新のインクジェット式三次元造形装置、高出力レーザー加工機、万能試験機、デジタルマイクロスコープといった高価な設備が時間貸しかも安価で使用できる様になっています。もちろん使いこなすのも難しい機械ではありますが、専門の職員の方々がサポートしてくれての使用になるので、使い方一つで凄い武器になると思いました。

 その後の記念講演は、東京大学大学院経済学研究科またものづくり経営研究センター特任研究員でもある。吉川良三教授のお話しをお聞きする事ができました。テーマ「今世界で何が起きているか〜日本のものづくり産業への警鐘と提言〜」についてのご講演で氏が韓国のサムスン役員で経験されてきた事で日本と韓国のものづくりに対する考え方の違い等を分かりやすくご説明いただきました。

 内容的にはショッキングなものもありましたが「我意を得たり」と思える点も多々あり、日頃から考え進んでいる方向は間違いないと感じたりと、1時間のご講演はあっという間に終了しました。その後、懇親会もあり足立ブランド認定企業=FC足立のメンバーはもちろんの事、TASKプロジェクトでご一緒させていただいている台東区、荒川区、墨田区、葛飾区の企業の方々と久しぶりに談笑ができ、有意義な開設式典でした。

 image