『月刊 努力させてるのにどうなってるのかしら?』 トレーナー向けブログ

高尚かつ多角的なブログを目指したいが、お笑いになっちゃうかな?

裏ブログ始まったので、お知らせブログになっちゃうかも。

11月11日と12月2日に魚住サロンが追加開催の決定が決まりました。

11月は『スタンフォード式疲れない体の要諦』として、今売れている本の「スタンフォード式疲れない体」を魚住先生はどう読んで、どう解釈し、どう使うかをテーマにして行います。



頭にいい人って、書いてある内容をそのまま読むのではなく、行間も読むわけ。魚住先生はこの辺がすごいよね。

この辺はインテリジェンスの人たちを思い出す。インテリジェンスの人たちって言うのはTVや映画なんかではスパイのように潜入して情報を引き出すみたいにかっこいい存在なんだけど、実際は表に出ている一般的な情報を積み重ねていって、答えを出して行くんだよね。書いてあることをそのまま鵜呑みにするのではなく、今までの知識と今知った情報を組み立ていって答えを出す。

昔、紹介した。堀栄三なんかはこれ。


アメリカの缶詰会社と医薬品会社の株が上がりはじめたので『そろそろ攻めてくる』と確信し、上陸日や上陸地点、戦力をほぼ当てていて、アメリカ軍は「スパイがいたのでは?」と本気で思っていたらしい。

今はエビデンス流行で、みんな基本的なことは分かっているはずなのに、思ったほど結果が出ないのはこのあたりにあるのではと思っている。

司会進行は早稲田一の切れ者の中村好男先生

興味があったらどうぞ。「スタンフォード式疲れない体」読んでおいてね。12月の分の告知分はそのうちアップします。

日時:2018年11月11日(日) 14:00〜18:00
会場:早稲田大学26号館1102教室(大熊記念タワー11F)
講師:魚住廣信先生(HSSR主催
対象:トレーナー、健康や運動の指導者
参加費:10,000円【WWN正会員は5,000円】当日入会も可能です。
定員:30名
申し込み:こちらの申込みをクリックして連絡してください。
申込期限:2018年11月4日(日)
※終了後に懇親会あり。(有料3000円)
主催:wasedaウェルネスネットワーク


たまには表のブログで。。。

5月から眼鏡をすることにした。老眼じゃなくて近視。今までは見えていたふりをしていたんだけど、駅や電車の掲示板が見えなくて、おまけにクラブではスタッフなのか会員の人なのか区別つかなくなったので、眼鏡を作ることにした。

眼鏡をかけると遠くまでよく見えて快適なのでが、年齢的にも、老眼の年なんで、眼鏡をかけると今度は近くが見にくくなる。要するに、眼鏡をかけると老眼になっちゃうわけ。

そんな話はさておき、マーケティングについて、書いてみようかなと。

SNSとかみてると、お客さんがみているかもしれないのに釣りだの餌だの、書き込んでる人がいたり、業界向けのコンサルタントの人は「売れるには技術は関係ありません。むしろ邪魔です。」と言う人がほとんど。

「技術は関係ない」と言いながらコンサルタントの人は「売るための技術」を教えているという、面白いことが起こっているわけだけど、よくよく聞いてみると「技術」の定義が分かっていないみたい。

まぁ、100円のコーラを1000円で売る考え方だからね。日本人というのは1000円でものを売るとしたら1200円とか1500円分の価値をつけて1000円と値段をつける傾向のある人種だから、欧米から入ってきたマーケティング的な考え方に違和感を持つのもしょうがないよね。

「技術」は関係ないと言う人の「技術」ってスキルつまり「技能」のことなんだよね。こう考えると、コンサルタントの人が言っていることに整合性があるわけ。

スキルつまり「技能」とは

技術+人柄

なわけ。

同じ事を習ったとしても、テストの点数が違うように人それぞれで、出力が違うじゃん。同じ技術を習っても人によって違うわけ。だって、俺がバット振るのと、イチローがバット振るのでは雲泥の差でしょ。よく考えれば分かるけど、ただの木の棒を振るだけだよ。

「技能」の問題点はこだわりになっちゃうわけ。これが大問題。こだわりを持ったラーメン屋なんか面倒くさそうで入りたくないでしょ。昔のブログで書いたけど、「ある技術を学びたくて、講習会に参加、そしたら大変、講師までついてきちゃいました。」って事、よくあるでしょ?

この辺は「技術」と「技能」の混同なわけ。「技術」を学ぶ講習会で人間性まで語られちゃったら、うっとうしくてしょうがないでしょ。シンプルですぐに出来る技術を学びたいだけなのに。

お金を払って講習会に参加した人が講師の心のセラピーをしている感じになっちゃうのよ。これではお客さんが集まらないのも分かるでしょう。これは、パーソナルトレーニングセッションでも同じ。

そういうことで、コンサルタントの人がいう「売れるには技術は関係ありません。むしろ邪魔です。」と言う意見はあってると思うよ。

早くも今年最後の魚住サロンです。今回も「問題発見技法Ⅲ」とて実施されます。問題発見技法としても最後の予定で、来年はまた違うテーマになると思います。

内容:
・第一部:問題発見技法
	踵の痛みを訴える方を対象に問題の所在と解決法の探索を行います。
	クライアントの本当の問題をどのように見出すか?
	クライアントへのアプローチと“見立て”への到達手法を共有します。
・第二部:「巷のトレーニングのウソ・本当~爽快法という考え方」
	「トレーニング」とは何なのか?
	なぜ私たちは辛苦に耐えて“鍛え”なければならないのか?
	もはや常識ともいえる「トレーニング」という考え方に一石を投じ、
	クライアントの問題解決を図る本来の考え方を探ります。

日時:2018年9月2日(日) 14:00〜18:00
会場:早稲田大学26号館1102教室(大熊記念タワー11F)
講師:魚住廣信先生(HSSR主催
対象:トレーナー、健康や運動の指導者
参加費:10,000円【WWN正会員は5,000円】当日入会も可能です。
定員:30名
申し込み:こちらの申込みをクリックして連絡してください。
申込期限:2018年8月31日(金)
※終了後に懇親会あり。(有料3000円)
主催:wasedaウェルネスネットワーク

(ちなみにこの申し込みサイトをスマホで見る場合は「デスクトップ用のサイトを表示」でみないと見づらいです。)

全然関係ないけど、マインドフルネスはやってますな。

↑このページのトップヘ