2013年10月13日

ロバの耳

ふつふつとわきあがるものは暴れ馬のよう。
大股であるくみたいに、
仕事はずいずいすすむけれど、
いろんなものをなぎ倒しているみたい。
結局だれだって、じぶんだって
一番自分がかわいくて、自分に余裕のあるときだけ
ひとにやさしくできるもの。
そうわかっていたはずなのに、期待していたんだろう。
がっかりして、腹がたって、自分勝手だ、とふつふつと
かなしみがわきあがる。
それを許せないのは自分が子供だからだろう。
これが正しい、怒りや悲しみなのか、も、よくわからない。
そんなことで悲しみなんて、怒るなんて、くだらない、そういうものなのかもしれない。
どうでもいいや、と笑って、はいはい、と流してゆけるのならそれがよかった。

yarko at 16:50|Permalinkclip!

2013年09月16日

はかり

ことばもこころも、
大事にしないとすりへるものだと
最近になって気が付いた。
大学を卒業してから、苛々したり怒ることが多くなった。
まわりもそうなんだから自分だっていいだろう、ときっとどこかでおもっているのだ。
怒ることで何かを正当化している。
そしてわきおこる妙な快感のようなものは、ひとを傷つけている、ということからきているのかもしれなくて、
それに慣れてしまったら、こわい。
ながされてはいけない。
でもがまんして笑い続けるのが正しいともおもわない。
いつだってそのあたりをうろうろしつづけている。

yarko at 15:01|Permalinkclip!

2013年09月15日

春風

かぜがびゅうびゅう、ふいている。
もっと吹いてこころ、あらわれたい。
疲れているのにねむれない。
明日は誰にも会わなくてもいい。
楽だって、ほっとしているのに、どこかつまらなくもおもえるようになったのは、
いぜんとは違うところ。
この暗いもやもやが流されてしまったら、
もっとまわりをだいじにしたい。

yarko at 23:45|Permalinkclip!

深呼吸

もうだいじょうぶ、と思っていても、やっぱりひつようだ。
ありのままをいえるところ。
相手の反応を待たなくていいところ。
だれもきいていなくてもいい。
でもどこか自分だけじゃない誰かとつながれそうなところ。
でもつながりたくない。
つながったらめんどうくさい。
ちゃんと大切になんてできない。
そんな矛盾で支離滅裂な私でも、ゆるされるところ。
ほんとうはもっと甘やかされたい。
本当はもっと愛されたい。
もうこの世にはいないひとのかげばかりを追っている。

yarko at 23:41|Permalinkclip!

2012年12月12日

あなた

だれかにあいたい、とおもう。
けど、だれの顔も浮かばない夜。

yarko at 01:13|Permalinkclip!