セカンドライフをやってみて、Webの次になる可能性を感じた。
まだ、日本語化も十分ではない状態だが、何でも出来そうで、何かが出来そうな雰囲気がある。
セカンドライフのページ