yas-ap diary

福田康紀建築計画diary

カテゴリ: 28 内灘町の家

何だか続きますがhomify掲載のご案内。2つあります。
昨年完成の宮永市町の家 
https://www.homify.jp/ideabooks/3037601/家族6人が暮らす大らかな住まい05021

2012年に完成の内灘町の家 
https://www.homify.jp/ideabooks/3037752/ハイサイドライトからの光が満ちあふれる平屋建ての住宅
05022
ぜひどうぞ!

前回の更新から早1ヶ月が経ってしまいました...。
もっと頻繁にアップしなくては、、と思いつつ...。

さて、11月に入り、すっかり冬の北陸の天候になり、寒いわ荒れるわで、なかなか天候に恵まれない日々が続きましたが、
今週はようやく晴れ間があり、夏に完成した泉本町と内灘の写真撮影に伺ってきました。

「内灘町の家」
201211251
快晴です。少し雲があれば、なお良かったのですが、贅沢は言ってられません
201211252
同日に夕景も撮影

「泉本町の家3」
201211253
リビング
201211254
子供室もいい雰囲気

これから写真を整理して、今年中にはホームページにアップします!!

内灘町T邸内見会、おかげさまでたくさんの方にお越しいただき無事終了しました。
本当にありがとうございます。
両日とも日中は真夏に戻ったかのように暑かったですが、夜には少し涼しくなりライトアップされた庭の木々と
吹き抜けから漏れる明かりの夕景も、昼とは全く違った表情で楽しんでいただけたかと思います。
クライアントTさん、ご来場くださった方々に感謝です。今後ともよろしくお願いします!
120916

内灘町の家 今週末、金・土で内見会を行います。
金曜は夜8時まで!! 模型写真はworksで→http://www.yas-ap.com/w-tana.html
1209101
外観
1209102
内見会までには植栽工事が完了します
1209103
タタミのリビングスペース
1209104
ロフトより

内灘町T邸オープンハウス
「大きな屋根の平屋建ての住まい」
家族構成:夫婦+子供2人
構造規模:木造平屋建て+ロフト
敷地面積:160.52坪
延べ床面積:34.16坪(建築基準法上)
総施工面積:45.32坪(ロフト、吹抜、テラス含み)
工事費:2430万円(税込)(空調、植栽工事別)

設計監理:福田康紀建築計画
施工   :道場建設株式会社

日時:2012年
9月14日(金)14:00〜20:00
   15日(土)14:00〜19:00


※注意事項(お願い)
1、お車は路上駐車となります。近隣の方のご迷惑にならないよう配慮願います。
2、内見会は基本的に自由見学となります。説明、ご質問の際はお気軽にお声をおかけください。 

ご連絡・お問い合わせ先(福田康紀建築計画 福田)
電話 :076-261-3219
メール:fukuda@yas-ap.com

場所:河北郡内灘町西荒屋

皆さまのご来場、楽しみにお待ちしております。
お気軽に参加ください。

※オープンハウス両日ともご都合が悪い方、今週平日にご案内できます。お気軽にご連絡ください。

「内灘町の家」ようやくロフトへ上がるハシゴが設置され、屋根に上れるようになりました。
1208101
屋根からは斜め方向に少し離れた丘の緑が見えます。
1208102
写真では分かりづらいかもしれませんが、緩い勾配のついた屋根面は結構広いです。
実施設計時はここに、月見台となるウッドデッキがありましたが、予算の関係で将来工事に。
さすがに金属板なので、この季節の昼間、素足ではとても熱くて無理...。スリッパ持って上がりました。
夜は涼しくて気持ちよさそう...。

現場進捗状況です。
1207271
「内灘町の家」大工工事も終盤。外壁工事が進んでいます。
(前回とあまり変化ないですが...裏側から施工中)

1207272
「S-Office」同じく外壁の左官工事中。内部もボード張りが進んでおり、完成に向け急ピッチです。

どちらの現場も、暑い中本当にご苦労様です。
あと少しの間頑張ってください!

「内灘町の家」毎週木曜に現場で定例打ち合わせを行っています。
1207011
アルミサッシ取り付け完了。
1207012
個室スペース。ロフトのハイサイドライトから光が差し込み、空がよく見えます。
1207013
リビング・水廻りスペースと個室スペースの間に、廊下のような空間が通っています。
上部は吹き抜けになっており、個室のロフトからこの空間をまたぐようにして屋根に出るという構成。

ここまで大工工事が結構早いペースで進んでいます。
外壁の色など、早く決めなくてはいけないことがたくさん...。
クライアントとの打ち合わせを密にしなくては...。

同日、内灘でも建て方完了しました!
201206101
大きな屋根が張り出すため、構造上、屋根垂木はかなり細かいピッチで入れています。
完成すると見えなくなるのがもったいないくらいきれいに並んでます。
201206102
建物を横から見たところ。裏側の屋根は8寸の急勾配で光を取り込みます。
201206103
全景はまだ砂山が残っていて見えてませんが、横に長い平屋の水平ラインがわかります。

やっぱり大工さんたちが協力して組み上げる木造の建て方は見ていても楽しい!そして嬉しい!

「S-Office」「内灘町の家」基礎配筋の検査を行いました。
201205151
↑「内灘町の家」敷地が道路より約50センチ高いため、基礎部分と駐車スペースの漉き取った砂が大量に盛られています。
この砂を利用し、庭に築山を設ける予定でしたが、想像以上の量です。
全て使うと、とんでもなく大きな山ができるので一部は搬出になりそうです...。

201205152
↑「S-Office」こちらの現場は鉄骨造のため、大きな地中梁があり深いです。

どちらも骨組みが建ちあがるのは1ヶ月後ぐらい。楽しみ...。

先日、内灘町の家地鎮祭を行いました。
計画時の予定では、昨年末に着工予定でしたが、調整区域内での建築申請に時間が掛かり
そのうち雪が積もってしまったため、ここまでずれ込んでしまいました。
何はともあれようやく着工です。これから暖かくなる季節、工事にはベストシーズンでしょうか。
20120411
160坪の広大な敷地。地鎮祭のテントが小さく見えます。

先日の泉本町の家3に続き「西荒屋の家」もプランが確定しました
結局、計画案Eをベースにいくつかの変更案を検討し、全体で9案目で納得できるプランができました。
こちらもこれより実施設計に入ります。
↓ イメージパース
201107272
外観はスタディ模型からほとんど変わっていません
201107271
各個室のロフトスペースから屋根に出るというコンセプトもそのまま
201107273
生活スタイルをいろいろと考えた結果、リビングは一段上がったタタミの間となりました
201107274
LDKと一体の廊下的空間は吹き抜けており換気塔の役割を果たします

大きな屋根の平屋建ての住まい、これから細部をつめていき年内には着工の予定です。


クリックおねがいします banner_13

一級建築士事務所 福田康紀建築計画

引き続きproject28の平屋案。
D案の計画中、床面積と同じだけの大きな屋根を活用できないかと考えたのがE案です。
LDKと個室をホールを挟んで、南北に分けています。
各個室にはロフトスペースを設け、そこから南の光を取り込み、直接、屋根へ出られるようにしました。
大きな屋根は要望にあった布団干し場として最適な場所となり、工夫次第ではいろいろな使い方が
想定されます。
↓1/100スタディ模型
201103101

201103103

201103102

計画案Fへとつづく...

クリックおねがいします→ banner_13

project28 4つ目のプラン、D案です。
敷地に対して最も素直な配置計画となっており、間口はちょうど10間(約18m)です。
1枚の片流れ屋根の下、LDKと個室が庭に面して並び、大きくせり出した軒下空間は、
それぞれの半屋外テラスとして雨の日でも有効に活用できます。
↓1/100スタディ模型
201103091

201103092

201103093

計画案Eへつづく...

クリックお願いします→ banner_13

project28 西荒屋の家カテゴリ追加しました。
現在基本設計中です。

計画地は内灘町西荒屋の住宅街にあり、敷地面積は160坪!
クライアントの家族構成は、20代の若い夫婦と小さな子供が1人。
将来の子供の数は未知数ですが、敷地に関しては大家族となっても対応できる十分な広さがあり、
また、法的にも近隣環境から見てもかなり自由なプランニングが可能です。

というわけで、第1回目の基本プランは2階建て2案と平屋案1つを提案させていただきました。
201102191
半屋外のデッキを取り込んだ平屋案イメージ

201102193
コンパクトな箱型の2階建て案イメージ

プレゼンの結果、敷地を有効に活用できる平屋案で進むことになりました。
既に、より具体的な要望を盛り込んだ3パターンの平屋案を提案済みで、現在クライアントと打合せ中です。

こちらも後日お知らせしていきたいと思います。

1日1回クリックお願いします!→ banner_13

このページのトップヘ