2016年09月27日

金売り吉次、のこと

 更新がとどこおっておりました。
 このところ、気分よろしくない風がやたら吹くので、やや萎え気味ではありましたが、怠けながらも、なんとか日々をやりすごしております。
 身体のほうはいたって元気なのも不思議ですが、かつてのような<山>は、もうやれないでしょう。
 膝と心の臓が、ついていけそうにありません。
 瑞墻や金峰の峰峰から奥秩の父主脈をとおって長沢背稜の末端へいたる縦走路に<交易>の幻を見たのも、なんだか懐かしいようなこのごろです。
 そこで<山の雑学ノート>の最後のストックから。
 「岳人」2013年10月号に載ったものです。

          *
 

 多摩川水系大常木谷を溯行していたときのことだった。水底の砂地にキラキラと光るものがある。砂金だ! と思った。
 対岸には武田信玄の「隠し金山」だった黒川鶏冠山がある。これでオレも金売り吉次になれるかも……。
 下山して土地の古老に聞いてみた。
 「黄銅鉱ずら。この辺の谷ならいくらでも採れるっぺ」ということであった。
 それで吉次になることは諦めてしまったが、後年、柳田國男の「炭焼き小五郎が事」を読むと、古老の言い回しは何と、小五郎の黄金伝説と不即不離のレトリックではないか。
 もう一度谷に入って確かめてみようか。でも、もう遅いか。

 金売り吉次とは、『平治物語』『義経記』や能曲「烏帽子折」などに出てくる源義経を助けた伝説の人物。奥州から金を運んで京の都で商いし、義経の奥州行の道案内をした。
 だから当然、裏街道・山の道を知り尽くしている。
 だいいち、金に限らず鉱物探査は古から山ヤ、中でもとりわけ沢ヤの得意技で、義経の周辺には、七つ道具を持って五条橋の上で出合った弁慶といい、金属系山ヤの人脈が付きまとっているのも不思議だ。

 吉次の伝説には先行する炭焼長者伝説があって、その典型が豊後大分に残っているという。男は名を小五郎といい幼名を藤太といった。
 男の許に観世音のお告げによって貴族の娘が押しかけ女房にやってくる。その名には必ず玉の字がつく。
 この夫婦の子どもの名が吉次なのである。

 小五郎が嫁から砂金をもらって都へ買物に行く途中水鳥を見つけ、それに黄金を投げつける。
 この行為を見咎めた者に小五郎は言う。
 「あんな小石が宝になれば
 わしが炭焼く谷々に
 およそ小笊に山ほど御座る」

 冶金するには炭火が必要だ。炭焼きあっての黄金伝説なのだ。
 そして、この伝説伝播者のコードネームこそが、小五郎の息子「金売り吉次」だったのではあるまいか。

 能の「烏帽子折」は義経が吉次の案内によって奥州(黄金の産地!)に下る話が主脈だが、曲中挿話にはこの炭焼長者伝説がそのまま組み込まれている。
 但し能曲では、観世音の申し子は嫁ではなく姫になっていて、この玉世姫がお忍びで牛飼いになっていた用命天皇(聖徳太子の父)に懸想される。
 能の新しい編曲においては、金属系と農耕系が複雑に絡み合っていいるように読める。

 柳田國男は、炭焼き小五郎の伝説が南は宮古島から北は津軽の岩木山麓まで分布していることに、ヤポネシアの原型を見ようとした。
 つまり、山岳系の伝説のうえに海流系の「稲作」伝説が載って日本および日本人が形成されたのだ、と。


yas_terui at 18:53|Permalink山の雑学ノート 

2016年04月28日

森栄の隠し子の名は「信ちゃん」?


森栄(小田原枕芸者時代の源氏名は「君代」)は、戦後、小津安二郎と再会し、昭和24年ころ、築地に待合「森」を開いたが、昭和30年前後に店を閉じている。
その後、富士銀行の調査部長だった紅林茂夫と結婚し、「紅林栄」となった。
入籍した時期ははっきりとはわからないが、すくなくとも昭和30年代後半には、紅林と同棲していたのではないかと思われる。
というのは、昭和36年には、彼女の終の棲家となる多摩丘陵の先端、生田に土地を買っているからだ。

こんなことがわかるのは、森栄が「紅林さかえ」名で、<うらじろ草子>という随筆集を3冊、上梓しているからだ。

2014年2月10日付のこのブログで、わたしは「森栄年譜の試み」を書いている。
そのときのテキストは2冊であったが、その後、齋藤秀昭氏が講談社文芸文庫『泡/裸木』の解説で「3冊ある」と書いておられることからもう1冊を探していたところ、ある奇特なお方が全篇をコピーしてくださった(感謝あるのみ)。
ただ、先の年譜に訂正加筆が必要な箇所はみられなかったので、そのままにしてある。

この3冊のテキストのうち、小津安二郎との関係を示唆する箇所は1箇所しかない。
川崎長太郎の作品については、いっさい触れられていない。
そして、父親のこと、子どものことについてもまた。
ただし、孫については何回も書かれている。

年譜には書かなかったけれども、わたしは、この「孫」は紅林茂夫の連れ子の子どもだろうと、勝手に解釈していた。
しかし、どうもちがうようである。森栄の実子の子、と考えたほうがよいようだ。
すくなくとも、川崎長太郎の作品を読んでいくと、そうなる。

川崎長太郎はいくつもの活断層を抱えているような作家で、その断層帯の名は、高名な「抹香町もの」のほか、同業作家もの、親類縁者もの、小田原での男女交流もの、軍隊徴用もの、だるま食堂もの、晩年の歳の離れた妻もの、などなどに分けられようが、「君代もの」も、もちろんそのうちの重要なひとつに数えられる。
この活断層のある帯は、何かのきっかけで活性化してひとつの作品として結実し、活動を休み、また時を経て再び活性化する。
川崎の短篇集(単行本)はそのつど、この断層帯を横断して集められ、編まれるので、わたしはすべての「君代もの」に目を通したという自信はないが、君代がててなし子を生んだ女として現れるのは、前回のブログ【補記】に書いたように、「捨猫」(昭25.1)が初めで、ごくあっさりと書かれてある。
その前の君代ものと思われる「恋の果」(昭22.6)に、確かその記述はなかったと記憶している。

昭和27年に書かれた「宮町通り」にははっきりと書かれている。
この作品は時制が入り組んでいて、地の文が昭和27年の視点に立っており、そこから戦前、戦後は昭和22年と24年における君栄(君代)との交流が振り返られている。

川崎長太郎の私小説では、ある事柄(川崎にとっての事件)が生起した特定の時間は、同じ事柄を扱った他の作品でも、正確に守られている。
川崎文学のひとつの特徴でもある。時間や事件について(金銭についても)、たいへんに律儀な人なのだ。
川崎自身は小説の中で、そんな自分をよく「小心者」と、卑下したように書いているけれど。

この作品によっても君代が子を生んだのは昭和9年と判断できるのだが、築地「森」開業を聞いた1年余の後、昭和25年秋口に川崎長太郎は「森」に足を運び、その所在を確かめている。
しかし、自らのおとないを告げることなく、路傍にまぎれた。
わたしの推測では、この探訪の前に川崎は小田原で、君代の消息に関して君代の旧知の仲間たちに取材して、彼女が子持ちであることの確信を得たのではないか。

私製の森栄年譜でも、「森」の開業は昭和24年とした。
開業当時、森栄の子は、横浜に住む栄の養母(森姓)の元に預けられ育っていたはずである。ところが、この養母が昭和26年に身罷ってしまう。
行き先をなくした森栄の子は、その後、築地に引き取られて、実母の栄と暮らし始めたのではないか。
森栄の実母「大内だい」が昭和27年から築地の「森」に同居し始めたことからも、そのように推察されるのである。

小津安二郎と森栄は、小津の従軍中も郵便でのやり取りを欠かしていないが、その後の再会がいつだったか、公開された日記がないのではっきりとわからない。
田中眞澄編纂『全日記 小津安二郎』に掲載された戦後は、昭和24年が最初の記述で、25年のものと同じく、その量はごく少ない。
小津は日記帳(手帖)を複数冊つかっていたが、公開されてあるものはメインのものではなく、記述の少ないサブの手帖であったろう。
その中の2月22日に「篠笛会」とあり、小津は欠席と記しているが、いまのところ、これが戦後の森栄に関する最初の記述である。

ところで昭和27年だが、この年は小津安二郎の生活史の中でも大きな出来事があった年だ。
シンガポールから帰還した後、母が居る野田の家、茅ヶ崎館、撮影所前の「月ヶ瀬」、築地の「森」などを転々とし、その日の塒を変えていた小津が北鎌倉に家を買い、母あさゑと二人暮らしすることを決めたのだ。

この不動産情報も、森栄からもたらされた可能性が高い。
3月10日に登記。小津は茅ヶ崎館にて野田高梧とともに「お茶漬の味」を執筆中で、気を集中させていたこともあろうが(脱稿は4月1日)、登記を森栄にやってもらっている。
小津の周囲では「いづれあの二人は一緒になる」ともみられていた。
森栄はどんな気持ちで登記の書類を小津の許に運んだことだろう。

引越しは5月2日にしているが、その間の3月25日の日記に気になる記述がある。
「築地から信ちゃんくる 秋紀堂の茶の友 栗まんじゅうもらふ 五万円渡す 津島の手数料也」というのである。
「津島」は別のところに「差配」と出てくるから、不動産屋だろう。5万円の貨幣価値は現在の35万円ほどにあたる。
小津はこの金を、築地からやって来た「信ちゃん」に預けている。
ちゃん付けだから、小津とは親しい仲と推察される。「築地」とは、ここでは森栄をさしていると読める。
わたしは、この「信ちゃん」が森栄の息子だと考えている。歳はこの時、もうぢき18歳になる青年であったろう。

森栄がどのように考えていたかは措くとしても、野田高梧との脚本執筆とその後の撮影で家を空けることの多い小津安二郎に、母あさゑと森栄母子が共に北鎌倉で暮らすことなど、端から、到底考えられないことであったろう。
小津は、森栄母子との暮らしを選ばず、母との二人暮らしを選択したのである。


yas_terui at 12:19|Permalink小津安二郎の周辺 | 書物

2016年04月15日

川崎長太郎の<後期・君代もの>

今年に入ってから、以前より気がかりであった川崎長太郎、最晩年の短篇集『夕映え』(昭58、河出書房新社)を取り寄せ読んでみた。
この本の編集を担当したのは、まだ河出に在籍していた詩人の平出隆さんだったと思う。装丁も美しく、気合が入っている。

中に気になる一篇「ゆきずり」があった。『新潮』昭和56年9月号が初出である。
例によって川崎自身と思われる「小川」と小田原芸者とのやり取り。時代は昭和9〜10年にかけて。ここでの源氏名は「光代」となっているが、川崎作品の読者であれば、明らかにモデルは森栄(源氏名・君代)と知れる。ただし、この作品に映画監督の大津(モデルは小津安二郎)は登場しない。

気になったと書いたのは、この光代が男の子を産んだ設定になっていることだった。
川崎年譜の記述に当てはめてみると、出産は昭和9年のことになる。
森栄が小津と知り合う、その前の年だ。
しかし、作中の「小川」はそのことを知らない、という風に描かれている。

それからしばらく経って、講談社文芸文庫の短篇集『泡/裸木』にある齋藤秀昭氏の解説を再読すると、「君栄の視点から描かれた「淡雪」三部作」とあるのに気がついた。
さっそく、単行本『淡雪』(昭55、新潮社)を取り寄せ、読了。その三部作とは、
・ 「淡雪」(昭54、5『文藝』初出)
・ 「月夜」(同12、『すばる』)
・ 「浮雲」(55年1月、『新潮』)

このうち「淡雪」に大津監督の名は出てこないものの、続いての「月夜」「浮雲」にははっきりと小津とわかるように出てくる。
また、ここで驚いたのだが、一人称小説の語り手である枕芸者(君代とか君栄とかの名は出てこない)は、三作すべてで自分と同じ境遇の「ててなし子」(男の子)を生んだことになっている。
しかし、小川も大津監督も、巧妙に、そのことを知らないように描かれている。
ここは、川崎長太郎の技巧のすぐれて巧妙なところだろう。
(ただし、大津監督は母親と二人で鎌倉に住んでいることになっている。時代から言えば、このころの小津の住まいは高輪であって、ここは川崎の検証不足? と読める)。

「浮雲」を読んでいて、妙な感覚に襲われた。
女の語り手と小川が交わす会話に、既読の感があったのだ。
なんだったろうと書棚を訪ねてパラパラやってみると、すぐに突き当たった。
前述の文庫『泡/裸木』に収められた最後の一篇「宮町通り」(昭27.10『小説新潮』初出)である。

「宮町通り」では、戦前から知りあいの小川と君栄のいきさつが第三者の筆で小川の胸のうちを描写しつつ述べられるが、その二人が戦後(昭和22年、と想定される)東海道線の車内で偶然顔を合わせる。
その時の会話の文章が、ほぼそっくりそのまま「浮雲」に出てくるのだ。
ただし、「宮町通り」では小川の心理を、「浮雲」では君栄の胸中を、それぞれ描写している。

はじめ、これは原稿の二重売りではないか、と疑ったくらいだが、おそらくそうではない。
川崎長太郎はこの二作で、「裏見の滝」を構成する実験に挑んだのだ、と思えてならない。
裏見の滝とは、滝の落ち口がハングして、落水帯の裏側をも人が通れる、そういう形状をもつ滝のことなのであるが、この二作を連続して読めば、会話が滝の落水のごとく、言葉がザアザアと流れ落ちるさまを読むことになるだろう。
その水の流れ落ちるさまを、表からは小川が、裏からは君栄が、それぞれに眺めつつ感慨にふけっているわけだ。
ここには川崎長太郎の文学的実験がある。「浮雲」を書いたとき川崎長太郎は77歳。
川崎長太郎おそるべし、と、あらためて唸らされてしまう。

ちょっと話の方向をたがえてしまった。本題に戻ろう。
文庫『泡/裸木』は、小津と、小津に惚れた君代との関係に嫉妬を募らせる私小説作家の心情を吐露した短篇を集めて編まれた書物だが、川崎の戦前の代表作「裸木」(昭14.3『文学者』初出)までの九篇が戦前に発表されたもの、その次に「宮町通り」が置かれ、こちらが巻末という構成になっている。
この二つの作品の間には、敗戦を挟んで13年のときが経っている。
そして、「裸木」の君栄は妊娠しておらず、君栄が新橋芸者になるために上京する小田原駅での歓送の人並みの中に幼児はいるが、彼は君栄の子ではなく、君栄の継母の実子と作者には認識されている。
しかし、末尾に置かれた「宮町通り」では、二人の会話に君栄の子どものことは出てこないものの、作者には、君栄はててなし子を生んだ、と認識されている。
つまり、この13年の間に、川崎長太郎は森栄がててなし子を生んだ事実を知ったことになるわけだが、それは果たしていつの事か、また小津安二郎は?

このなぞに関しては、また続編をこのブログに書くことになると思うが、現在想定されているのは、昭和24年のことだ。
これ以降の、森栄をモデルにした川崎作品を、わたしは<後期・君代もの>と呼びたいと考えているわけである。


・【補記】その後、「捨猫」(昭25.1『風雪』初出)を再読したが、この作品が「淡雪」と「月夜」の滝の表側(原作)となっていることがわかった。
「捨猫」には、君香(君代)は恋仲のようになった地主の一人息子との間に男の子をもうけたが、未亡人となってから十年近く地主の家の屋台骨を背負ってきた母親に告げたとしても、その母親は、「そんな稼業の女の生むものなんか、と頭から真にうけはしなかったであろう」という記述がある。(4月17日記)



yas_terui at 13:23|Permalink小津安二郎の周辺 | 書物