2018年08月25日

諏訪神社および周辺紀行

 かつて蓼科に別荘を持っていた旧友の藤田君、カメラマンの廣澤さんと2泊3日で、諏訪周辺を歴史探索した。
 自分はここ2年ほど、諏訪祭政体とミシャグジに関する文献をあさり、いまも渉猟中であるゆえに案内役を務めた。
たいへん充実した旅をすることができ、二人に感謝するしだいだ。

・ 第1日目 8月20日(月)
午前10時にJR南武線谷保駅北口に集合、廣澤さんの運転で中央高速へ。
諏訪大社上社前宮→上社本宮(宝物殿も見学)。
本宮にて「鹿食免」を購入、諏訪学に興味をもつ長男への土産とする。
駅前ホテルに投宿後、片倉館→居酒屋にて馬刺、鹿刺。

 前宮本殿の前で、ボランティア・ガイドさんと立ち話。本殿はかつて精進屋とよばれ穂屋であった、それが糸萱に移築されてある、とのこと。そういえば、人間社の文庫でそんな話を読んだことがあるような。明日の訪問先にくわえる。

・ 第2日目 8月21日(火)
尖石縄文考古館→糸萱の折橋子之社→下社奥宮(八島湿原)→下社春宮→秋宮。
片倉館(藤田君が大いに気に入った)で汗を流した後、今日も二軒目の居酒屋で鯨飲。

 糸萱集落に入っても標識はなく、集落の案内板で神社のあることを確認、そこであろうと見当をつけて参詣する。
 折橋子之社は糸萱の氏神社といった風格で、立派な御柱も建っていたが、移築の案内板もなく、穂屋でもなかったので、これは精進屋を移築したものではないとそのときは思い、去ることにした。
 帰宅した後、『古代諏訪とミシャグジ祭政体の研究』(人間社文庫)を開いて確認したところ、昭和7年に前宮精進屋の古材を集落(財産区、か)が買い取り、折橋子之社を建替えたものであると書かれている。精進屋の正確な再現であったかどうかについてはふれられていない。
 そのとき、前宮本殿の建造には伊勢神宮の古材が使われたということであるから、遷宮後の古い木材は、神社のあるネットワークによって再利用されるらしい。
 それにしても、ここでも諏訪神社と伊勢神宮との関係の深さが思量される。
 6年を経た古御柱は、郷社、氏神社などで再利用されるという。おそらく、大きな「講」から小さな「講」へと下っていき、それが信仰の基盤ともなっているのだ。

 この日のハイライトは下社奥宮であった。八島湿原の東南の端に晴れ晴れとした薄野が広大に広がり、その中心に奥宮はあった。ここにいくつもの穂屋が組まれ、大勢の人々によって狩猟祭祀が営まれたと想像するだけで、興奮が満ちてくる。

・ 第3日目 8月22日(水)
下社秋宮宝物殿→菅野温泉→神長官守矢資料館→井戸尻考古館→谷保駅前にて解散。

 宝物殿は上下社の共通券を買ったのでこの日行ったが、展示は上社のほうが上。薙鎌やサナギ鐸などの実物がみられる。

 秋宮の参道筋にある菅野温泉で朝風呂をあびる。入浴230円。牛乳110円。駐車代無料。上諏訪と違い、下諏訪には財産区がもつ共浴温泉場がたくさんある。この町の温泉場の雰囲気は、他所では味わえぬものをもっていると思う。落ち着いたシャビーとでもいうか、自分は好きである。

 守矢資料館のこの日の展示は、文書関係は幕末以降のものばかりで、精彩を欠いた。ガイドさんも、藤森照信はじめての建築設計作品と、建造物のことばかりに言及していた。ただし、館の奥にある御頭御左口神総社は必見。

 井戸尻考古館は尖石に比べ訪れる人が少なく、その割に展示は見劣りしない。ゆったりとした雰囲気で鑑賞できる。ここでも縄文中期の出土品に圧倒されるが、なかでも人面香炉型土器は圧巻であった。
 資料館に続く道のほとりに、二体の双体道祖神を脇に置き、奥に石棒、手前におそそ岩を配した一角が設けられてあったが、これは出土を再現したものか、それとも一種のインスタレーションであるのか、聞きもらしてしまった。次回の楽しみに取っておくとしよう。


yas_terui at 15:31|Permalink 身辺雑記 

2018年03月31日

さよなら、栲さん、首くくり栲象さん

古澤栲(本名・守。別名・首くくり栲象)さんが、築地の聖路加病院でしずかに息を引き取られた。

2018年3月31日、桜花の舞い散る午後2時近く、肺がんであった。

葬儀については未定だが、善意の関係者たちにより検討されています。


さよなら、栲さん、首くくり栲象さん。


yas_terui at 18:14|Permalink 身辺雑記 

2016年09月27日

金売り吉次、のこと

 更新がとどこおっておりました。
 このところ、気分よろしくない風がやたら吹くので、やや萎え気味ではありましたが、怠けながらも、なんとか日々をやりすごしております。
 身体のほうはいたって元気なのも不思議ですが、かつてのような<山>は、もうやれないでしょう。
 膝と心の臓が、ついていけそうにありません。
 瑞墻や金峰の峰峰から奥秩の父主脈をとおって長沢背稜の末端へいたる縦走路に<交易>の幻を見たのも、なんだか懐かしいようなこのごろです。
 そこで<山の雑学ノート>の最後のストックから。
 「岳人」2013年10月号に載ったものです。

          *
 

 多摩川水系大常木谷を溯行していたときのことだった。水底の砂地にキラキラと光るものがある。砂金だ! と思った。
 対岸には武田信玄の「隠し金山」だった黒川鶏冠山がある。これでオレも金売り吉次になれるかも……。
 下山して土地の古老に聞いてみた。
 「黄銅鉱ずら。この辺の谷ならいくらでも採れるっぺ」ということであった。
 それで吉次になることは諦めてしまったが、後年、柳田國男の「炭焼き小五郎が事」を読むと、古老の言い回しは何と、小五郎の黄金伝説と不即不離のレトリックではないか。
 もう一度谷に入って確かめてみようか。でも、もう遅いか。

 金売り吉次とは、『平治物語』『義経記』や能曲「烏帽子折」などに出てくる源義経を助けた伝説の人物。奥州から金を運んで京の都で商いし、義経の奥州行の道案内をした。
 だから当然、裏街道・山の道を知り尽くしている。
 だいいち、金に限らず鉱物探査は古から山ヤ、中でもとりわけ沢ヤの得意技で、義経の周辺には、七つ道具を持って五条橋の上で出合った弁慶といい、金属系山ヤの人脈が付きまとっているのも不思議だ。

 吉次の伝説には先行する炭焼長者伝説があって、その典型が豊後大分に残っているという。男は名を小五郎といい幼名を藤太といった。
 男の許に観世音のお告げによって貴族の娘が押しかけ女房にやってくる。その名には必ず玉の字がつく。
 この夫婦の子どもの名が吉次なのである。

 小五郎が嫁から砂金をもらって都へ買物に行く途中水鳥を見つけ、それに黄金を投げつける。
 この行為を見咎めた者に小五郎は言う。
 「あんな小石が宝になれば
 わしが炭焼く谷々に
 およそ小笊に山ほど御座る」

 冶金するには炭火が必要だ。炭焼きあっての黄金伝説なのだ。
 そして、この伝説伝播者のコードネームこそが、小五郎の息子「金売り吉次」だったのではあるまいか。

 能の「烏帽子折」は義経が吉次の案内によって奥州(黄金の産地!)に下る話が主脈だが、曲中挿話にはこの炭焼長者伝説がそのまま組み込まれている。
 但し能曲では、観世音の申し子は嫁ではなく姫になっていて、この玉世姫がお忍びで牛飼いになっていた用命天皇(聖徳太子の父)に懸想される。
 能の新しい編曲においては、金属系と農耕系が複雑に絡み合っていいるように読める。

 柳田國男は、炭焼き小五郎の伝説が南は宮古島から北は津軽の岩木山麓まで分布していることに、ヤポネシアの原型を見ようとした。
 つまり、山岳系の伝説のうえに海流系の「稲作」伝説が載って日本および日本人が形成されたのだ、と。


yas_terui at 18:53|Permalink 山の雑学ノート