2016年09月27日

金売り吉次、のこと

 更新がとどこおっておりました。
 このところ、気分よろしくない風がやたら吹くので、やや萎え気味ではありましたが、怠けながらも、なんとか日々をやりすごしております。
 身体のほうはいたって元気なのも不思議ですが、かつてのような<山>は、もうやれないでしょう。
 膝と心の臓が、ついていけそうにありません。
 瑞墻や金峰の峰峰から奥秩の父主脈をとおって長沢背稜の末端へいたる縦走路に<交易>の幻を見たのも、なんだか懐かしいようなこのごろです。
 そこで<山の雑学ノート>の最後のストックから。
 「岳人」2013年10月号に載ったものです。

          *
 

 多摩川水系大常木谷を溯行していたときのことだった。水底の砂地にキラキラと光るものがある。砂金だ! と思った。
 対岸には武田信玄の「隠し金山」だった黒川鶏冠山がある。これでオレも金売り吉次になれるかも……。
 下山して土地の古老に聞いてみた。
 「黄銅鉱ずら。この辺の谷ならいくらでも採れるっぺ」ということであった。
 それで吉次になることは諦めてしまったが、後年、柳田國男の「炭焼き小五郎が事」を読むと、古老の言い回しは何と、小五郎の黄金伝説と不即不離のレトリックではないか。
 もう一度谷に入って確かめてみようか。でも、もう遅いか。

 金売り吉次とは、『平治物語』『義経記』や能曲「烏帽子折」などに出てくる源義経を助けた伝説の人物。奥州から金を運んで京の都で商いし、義経の奥州行の道案内をした。
 だから当然、裏街道・山の道を知り尽くしている。
 だいいち、金に限らず鉱物探査は古から山ヤ、中でもとりわけ沢ヤの得意技で、義経の周辺には、七つ道具を持って五条橋の上で出合った弁慶といい、金属系山ヤの人脈が付きまとっているのも不思議だ。

 吉次の伝説には先行する炭焼長者伝説があって、その典型が豊後大分に残っているという。男は名を小五郎といい幼名を藤太といった。
 男の許に観世音のお告げによって貴族の娘が押しかけ女房にやってくる。その名には必ず玉の字がつく。
 この夫婦の子どもの名が吉次なのである。

 小五郎が嫁から砂金をもらって都へ買物に行く途中水鳥を見つけ、それに黄金を投げつける。
 この行為を見咎めた者に小五郎は言う。
 「あんな小石が宝になれば
 わしが炭焼く谷々に
 およそ小笊に山ほど御座る」

 冶金するには炭火が必要だ。炭焼きあっての黄金伝説なのだ。
 そして、この伝説伝播者のコードネームこそが、小五郎の息子「金売り吉次」だったのではあるまいか。

 能の「烏帽子折」は義経が吉次の案内によって奥州(黄金の産地!)に下る話が主脈だが、曲中挿話にはこの炭焼長者伝説がそのまま組み込まれている。
 但し能曲では、観世音の申し子は嫁ではなく姫になっていて、この玉世姫がお忍びで牛飼いになっていた用命天皇(聖徳太子の父)に懸想される。
 能の新しい編曲においては、金属系と農耕系が複雑に絡み合っていいるように読める。

 柳田國男は、炭焼き小五郎の伝説が南は宮古島から北は津軽の岩木山麓まで分布していることに、ヤポネシアの原型を見ようとした。
 つまり、山岳系の伝説のうえに海流系の「稲作」伝説が載って日本および日本人が形成されたのだ、と。


yas_terui at 18:53│ 山の雑学ノート