2018年08月25日

諏訪神社および周辺紀行

 かつて蓼科に別荘を持っていた旧友の藤田君、カメラマンの廣澤さんと2泊3日で、諏訪周辺を歴史探索した。
 自分はここ2年ほど、諏訪祭政体とミシャグジに関する文献をあさり、いまも渉猟中であるゆえに案内役を務めた。
たいへん充実した旅をすることができ、二人に感謝するしだいだ。

・ 第1日目 8月20日(月)
午前10時にJR南武線谷保駅北口に集合、廣澤さんの運転で中央高速へ。
諏訪大社上社前宮→上社本宮(宝物殿も見学)。
本宮にて「鹿食免」を購入、諏訪学に興味をもつ長男への土産とする。
駅前ホテルに投宿後、片倉館→居酒屋にて馬刺、鹿刺。

 前宮本殿の前で、ボランティア・ガイドさんと立ち話。本殿はかつて精進屋とよばれ穂屋であった、それが糸萱に移築されてある、とのこと。そういえば、人間社の文庫でそんな話を読んだことがあるような。明日の訪問先にくわえる。

・ 第2日目 8月21日(火)
尖石縄文考古館→糸萱の折橋子之社→下社奥宮(八島湿原)→下社春宮→秋宮。
片倉館(藤田君が大いに気に入った)で汗を流した後、今日も二軒目の居酒屋で鯨飲。

 糸萱集落に入っても標識はなく、集落の案内板で神社のあることを確認、そこであろうと見当をつけて参詣する。
 折橋子之社は糸萱の氏神社といった風格で、立派な御柱も建っていたが、移築の案内板もなく、穂屋でもなかったので、これは精進屋を移築したものではないとそのときは思い、去ることにした。
 帰宅した後、『古代諏訪とミシャグジ祭政体の研究』(人間社文庫)を開いて確認したところ、昭和7年に前宮精進屋の古材を集落(財産区、か)が買い取り、折橋子之社を建替えたものであると書かれている。精進屋の正確な再現であったかどうかについてはふれられていない。
 そのとき、前宮本殿の建造には伊勢神宮の古材が使われたということであるから、遷宮後の古い木材は、神社のあるネットワークによって再利用されるらしい。
 それにしても、ここでも諏訪神社と伊勢神宮との関係の深さが思量される。
 6年を経た古御柱は、郷社、氏神社などで再利用されるという。おそらく、大きな「講」から小さな「講」へと下っていき、それが信仰の基盤ともなっているのだ。

 この日のハイライトは下社奥宮であった。八島湿原の東南の端に晴れ晴れとした薄野が広大に広がり、その中心に奥宮はあった。ここにいくつもの穂屋が組まれ、大勢の人々によって狩猟祭祀が営まれたと想像するだけで、興奮が満ちてくる。

・ 第3日目 8月22日(水)
下社秋宮宝物殿→菅野温泉→神長官守矢資料館→井戸尻考古館→谷保駅前にて解散。

 宝物殿は上下社の共通券を買ったのでこの日行ったが、展示は上社のほうが上。薙鎌やサナギ鐸などの実物がみられる。

 秋宮の参道筋にある菅野温泉で朝風呂をあびる。入浴230円。牛乳110円。駐車代無料。上諏訪と違い、下諏訪には財産区がもつ共浴温泉場がたくさんある。この町の温泉場の雰囲気は、他所では味わえぬものをもっていると思う。落ち着いたシャビーとでもいうか、自分は好きである。

 守矢資料館のこの日の展示は、文書関係は幕末以降のものばかりで、精彩を欠いた。ガイドさんも、藤森照信はじめての建築設計作品と、建造物のことばかりに言及していた。ただし、館の奥にある御頭御左口神総社は必見。

 井戸尻考古館は尖石に比べ訪れる人が少なく、その割に展示は見劣りしない。ゆったりとした雰囲気で鑑賞できる。ここでも縄文中期の出土品に圧倒されるが、なかでも人面香炉型土器は圧巻であった。
 資料館に続く道のほとりに、二体の双体道祖神を脇に置き、奥に石棒、手前におそそ岩を配した一角が設けられてあったが、これは出土を再現したものか、それとも一種のインスタレーションであるのか、聞きもらしてしまった。次回の楽しみに取っておくとしよう。


yas_terui at 15:31│ 身辺雑記