ごきげんな人は10年長生きできる(文春新書)坪田一男
gokigennahitoha10nenn nagaiki
     「ポジティブ心理学」では幸福と健康の関係を科学的に検証している。
       例えば幸福感のある人は不幸せ感を持っている人よりも心血管疾患リスクが
     低く、長生きできる。
     最新の心理学の結論と、4,000年の歴史のヨーガの考え方とがぴったり一致!

     幸せつくりのメカニズムは①感謝  ②貢献・奉仕 だそうです。
  毎日感謝を3つ、書き留めていけば、2か月で「幸福感」が必ずアップ!
     このところヨーガクラスの最後のプログラムの「テーマ瞑想」の
    テーマは
  ①感謝 ②奉仕・貢献 ③良い人間関係  です。
                    やってみましょう!


今を輝いて生きるために「死」を視野に・・・

「自分の死を考える集い」

           

                    主宰:中村仁一 特養「同和園」診療所所長


2017年8月のテーマ・・「延命」は苦しめるために生かすこと

              「できることは最大限しなくてはいけない。」
              「見殺しにはできないので、できる限りの手を尽くす」
              このような考え方により「延命」へと傾きがちになります。
              しかし、ここにはそれが本当に本人のためかどうかの
              視点が欠落しています。
              今月は、その対策も含めて、「延命」について考えてみま    
              しょう。


 講  師・・・・中村仁一

 中村先生の本音のお話と参加者の自由な質疑と応答の2時間半。

 日  時・・・2017年8月19日(土)
        しんらん交流会館 東本願寺北側

                   2時~4時半 

        毎月第3土曜日に開催され、場所は毎月変わります

 JR京都駅から地下鉄烏五条駅下車⑧番出口西へ3分
 JR京都駅中央改札口より北へ徒歩12分

 
 参 加 費・・・・1,000円 (予約不要)

 問 合 せ・・・・村西(☎075-594-6680) 1回出席すると毎月上記の案内はがき
                            が届きます。

daioujyou  nakakurajinniti



sarosatou甲田光雄著


おいしいスイーツ、ケーキ、クッキー、飴、和菓子・・・

でも・・・

おいしくても体に負担になり、病気を引

き起こすかもしれないとしたら・・・

一昔前は「白砂糖」は「ハレの食べ物」でした
(ー_ー)!!

今は値段も安く、たくさん簡単に食べれる・・・

一度この白砂糖問題について考えてみても悪くないかも・・・・


 


 

↑このページのトップヘ