ライター安宿緑のブログ/기자 안숙록의 불로그

ライター安宿緑(やす やどろく)。 2000年から現在までの北朝鮮一般市民との交流記録と、最近の仕事や諸々を書いています。 ご連絡はyasgreen21(アットマーク)gmail.comまでお気軽に。





⭐️更新履歴⭐️
【最新情報】
●12月9日(土)、高円寺パンディットで「アラブで最も有名な日本人」鷹鳥屋明さんとのコラボイベントを開催します!

●訪問者(UU)数35万人突破しました。ありがとうございます!(2017.11.1)

●BSスカパー!「BAZOOKA!」に出演しました。(2017.9.24)
●ニコ生「ニポポのニコ論壇時評」に出演しました(2017.9.21〜9.28)
●ネイキッドロフト「緊急開催!もっと知りたい“偉大なる北朝鮮”の裏側inニポロック」に出演しました。(2017.6.12)
●ネイキッドロフト「ゲンバシュギ!! 第10回〜韓国VS北朝鮮のゲンバ!!」に出演しました。(2017.6.8)
●訪問者(UU)数25万人突破しました。ありがとうございます!(2015.2.1)
●BSスカパー!「ダラケ!」シーズン5第一回に出演しました。(2015.1)

●「日刊サイゾー」様で連載開始しました。
「根無し草ライター・安宿緑の『平壌でムーンウォーク』」http://wk.tk/BRCEko
どうぞよろしくお願いいたします。

●65万PV突破&総訪問者数20万人突破しました。(2014.7.12)

●プロフィールを掲載しました。記事一覧の最初に設置してあります(2014.6.12)

●1月30日放送のテレビ東京「解禁!暴露ナイト」に出演しました。番組公式ページから出演時の動画が若干見られます【言うの遅せーよ】(2014.2.3)

●開設70日時点で、30万PV突破&総訪問者数10万人突破しました。御礼申し上げます。2013.11.23

●ロケットニュース様に紹介されました!(http://rocketnews24.com/2013/09/21/371170/
2013.9.21

●初めての方はhttp://blog.livedoor.jp/yasgreen/archives/15501.htmlをお読み下さい。

ブログカテゴリ

お仕事のご依頼はyasgreen21(アット)gmail.comまで
文書や映像を速攻で韓日・朝日翻訳します。
着手から納品まで業界最速(原稿にもよりますが400文字程度なら15分以内)
ほか、リサーチや通常の取材執筆も請負中

安宿緑プロフィール
安宿緑って誰やねん? 怪しいなぁ……


雑記、仕事など
実は安宿緑は北朝鮮関係だけをやっているわけではありません。単に経歴上、特殊な人脈や情報網を持っているだけです。そこで、ブログを分離しました。本業のことや日々の出来事などを気が向いた時に書きます。

北朝鮮/DPRK (NORTH KOREA)
旧ブログ「ライター安宿緑の北朝鮮ブログ」アーカイブです。愉快な北朝鮮の人々との交流や、それにまつわる雑多な出来事を記録。更新停止というわけではないので、興味がある方はちょくちょくチェックしてみてください。


著書
このような著書を出させて頂いてます。
普段の仕事は朝鮮関係の比率低いんですけどね……
本を編集するのも書くのもすごく大変!なのですが、もし次に何か出させていただくとすれば、コリア系じゃないほうが良いなぁなんて思っております。。。(もちろんコリア系でも歓迎)


書かなければならないこと。


 私の本業では普段、朝鮮半島系を扱う比率は非常に少ないです。
(来年はいきなり4割程度に増える見込みですが……)
 活動家でもなく、一介の外国人労働者です。

 しかしこのようなブログを立ち上げ、流れで本も出し「著者」となってしまっている以上、つど何らかの意見表明をしなければならないのかもしれません。

 最近、北朝鮮関連の仕事を少し行っているのですが、ある脱北者の方に「北朝鮮や総連がどうであれ、自分の人生を生きなさい」と言われました。
 おっしゃる通りなのですが、私を定義するのにもう少し言葉が必要であると思ったのと、これからやや大きめの仕事が控えているので、ケジメの一つとしてここで整理することにしました。

 昨今の日本のメディアやSNSでは在日外国人問題やヘイト対策について多く取り上げられ、非常にありがたく思っています。が、まだ十把一絡げに語られがちな部分が残っていると思います。
 
 それは「◯◯について積極的に批判しなければ、それは◯◯に与しているのと同じだ」とする考え方に基づく風潮です。

 まず、私は朝鮮総連や北朝鮮について支持できる部分もあれば、全く同意できない部分もあります。
 総連勤務時はまず社風が自分と合わないのはもちろん、東アジア共通の女性差別的な慣習に辟易していましたし、閉鎖的で、爪に火を灯すような原始的作業を延々とさせられ(北朝鮮でいえば「農場戦闘」みたいな)給料も朝鮮ウォンレート換算じゃないのかと思わされるほど低かったです。
 テクニカルスキルも教えてくれる人がいないので、自己流で努力するしかありませんでした。
 
(追記)
 もちろん、良い事もたくさんありました。居住国と祖国のイデオロギー対立に挟まれることでメタ的視点が身につきましたし、報道部門として全国津々浦々を回ることで多くの良い出会いがありました。同胞だけでなく仕事で出会う日本人や他の国籍の人からも多くの学びを得られました。
 このように書くと忖度ではないかと思われそうですが実際にそうだったので。
 報道されているような「裏側」は私は関知していませんでした。


 しかし、トラウマはそれなりにありますが被害者感情はありません。辞めようとすれば辞められたのに、そうできなかったのは自分の責任ですからね。人間として尊敬する上司や先生もたくさんいますし、何人かは今も在職中です。本国の方も、脱北された方も同様です。
 恨みがあるとすれば女性差別と、集団と個性が合わない人を排除しがちな風潮があった点でしょうか。朝鮮学校の段階ですでにそうだから仕方ないのですが。
 この点についてはどの国も同じですが、マジョリティの中のマイノリティということでその強度が通常の比ではありませんでした。

 話を戻しますと、自分と総連及び北朝鮮の関係は言うなれば、親と子でしょうか。
 苦言を呈した親に対し、子が「お母さん(お父さん)、もうそんな時代じゃないよ」と返すような、ありふれた光景と似ています。
 生き方が合わず疎遠になったり、絶縁することはあるでしょう、しかし親は永久に自分の血と骨であることには変わりありません。どんなに合わない親でも、親は親なのです。
 加害を受けていればまた違うと思いますが、これが現時点でのスタンスです。
 また本物の親子関係同様にずっと恨んでいる同胞もいるわけですが、自分はそこに関与しません。総連以外の人でも、自分と少しでも意見の違う同胞がいたらそれまでの怨恨を乗せて否定してくる在日コリアンを見かけます。しかし国籍が同じでも人生はすべて違うので、トラウマは自分自身で解消すべきだと思います。突き放しているわけではなく、面と向かって傾聴する機会があれば是非話を伺いたいと思ってはいます。

「そんな家族、捨てちゃえばいいのに」「離婚すればいいじゃん」「そんな会社やめちゃいなよ」……言うのは簡単ですが、全て一筋縄ではいかない事柄です。
 自分も、そのような人がいたら安易に口を挟むことはやめようと思いますし、互いの人生を尊重できる人が増えると良いなと思います。

 また、内情について語れることは山ほどあり、YouTubeでも開設して面白おかしく話すことも可能ではありますが、その予定は現在ありません。
 理由は主に二つで、「購読者数を伸ばすには、事実を誇張し極端な論調で話す必要がある」「四方八方からそれぞれ変なのが群がってくる」といったものです。
あと単純に、動画編集が面倒くさいです。編集しなくていいならやるかもしれません。
そもそも「ユーチューブde真実」界隈にはついていけません。

 ただ、有象無象のユーチューバーによって不確実な情報が広まるくらいなら、「元・本物の中の人」として物申す機会は来るかもしれません。それは外野の好奇心を満たすためではなく、同じ葛藤の中で生きている元職員や、同胞のためです。