ライター安宿緑のブログ/기자 안숙록의 불로그

ライター安宿緑(やす やどろく)。 2000年から現在までの北朝鮮一般市民との交流記録と、最近の仕事や諸々を書いています。 ご連絡はyasgreen21(アットマーク)gmail.comまでお気軽に。





⭐️更新履歴⭐️
【最新情報】
●12月9日(土)、高円寺パンディットで「アラブで最も有名な日本人」鷹鳥屋明さんとのコラボイベントを開催します!

●訪問者(UU)数35万人突破しました。ありがとうございます!(2017.11.1)

●BSスカパー!「BAZOOKA!」に出演しました。(2017.9.24)
●ニコ生「ニポポのニコ論壇時評」に出演しました(2017.9.21〜9.28)
●ネイキッドロフト「緊急開催!もっと知りたい“偉大なる北朝鮮”の裏側inニポロック」に出演しました。(2017.6.12)
●ネイキッドロフト「ゲンバシュギ!! 第10回〜韓国VS北朝鮮のゲンバ!!」に出演しました。(2017.6.8)
●訪問者(UU)数25万人突破しました。ありがとうございます!(2015.2.1)
●BSスカパー!「ダラケ!」シーズン5第一回に出演しました。(2015.1)

●「日刊サイゾー」様で連載開始しました。
「根無し草ライター・安宿緑の『平壌でムーンウォーク』」http://wk.tk/BRCEko
どうぞよろしくお願いいたします。

●65万PV突破&総訪問者数20万人突破しました。(2014.7.12)

●プロフィールを掲載しました。記事一覧の最初に設置してあります(2014.6.12)

●1月30日放送のテレビ東京「解禁!暴露ナイト」に出演しました。番組公式ページから出演時の動画が若干見られます【言うの遅せーよ】(2014.2.3)

●開設70日時点で、30万PV突破&総訪問者数10万人突破しました。御礼申し上げます。2013.11.23

●ロケットニュース様に紹介されました!(http://rocketnews24.com/2013/09/21/371170/
2013.9.21

●初めての方はhttp://blog.livedoor.jp/yasgreen/archives/15501.htmlをお読み下さい。

ブログカテゴリ


安宿緑プロフィール
安宿緑って誰やねん? 怪しいなぁ……


雑記、仕事など
実は安宿緑は北朝鮮関係だけをやっているわけではありません。単に経歴上、特殊な人脈や情報網を持っているだけです。そこで、ブログを分離しました。本業のことや日々の出来事などを気が向いた時に書きます。

北朝鮮/DPRK (NORTH KOREA)
旧ブログ「ライター安宿緑の北朝鮮ブログ」アーカイブです。愉快な北朝鮮の人々との交流や、それにまつわる雑多な出来事を記録。更新停止というわけではないので、興味がある方はちょくちょくチェックしてみてください。


著書
このような著書を出させて頂いてます。
普段の仕事は朝鮮関係の比率低いんですけどね……
本を編集するのも書くのもすごく大変!なのですが、もし次に何か出させていただくとすれば、コリア系じゃないほうが良いなぁなんて思っております。。。(もちろんコリア系でも歓迎)


火病の真実 화병의 진실<1>【韓国心理学】

hysteric_okoru_woman
   
火病は読んで字のごとく……な病ではない
 
 「火病(ファビョン)」は嫌韓ネタでよく「ファビョーン」などという擬声語や「ファビョる」と動詞活用されて差別的に用いられる言葉です。 


  2ちゃんねる全盛期のネトウヨが多用していて、彼らが高齢化してきたせいなのか一時期ほどはあまり見かけなくなりましたが、それでも何かと目にします。 

 そこで、火病の原義について正しい知識を広めるのが韓国心理学会員としての責務であると思い、学術研究に基づいた火病の真実シリーズを記すことに致しました。
 

 ていうか、ネトウヨのデマのためにどうしてこんな面倒くせえことしなきゃなんねえんだ? いい加減にしろよゴミカス。と言いたいですが、整理してて自分が楽しいので今回は書きま〜す。   

 まず、火病はネトウヨと字面のせいで「急に怒り出して暴れる病」のようなイメージが蔓延していますが、韓国のヤクザ映画の見過ぎじゃないですか? あれは韓国人じゃなくて「ヤクザ」でしょう。  

 で、結局火病とは何かというと以下の2点です。 

 ①精神疾患ではなく身体表現性障害の一種である
   ②フェミニズムと密接に関連した病である



①精神疾患ではなく身体表現性障害の一種である

 火病は「鬱火病」とも呼ばれ、DSM−4では文化依存系疾患の一つと定義されています。 火病の存在は朝鮮王朝実録でも記録されていますが、本格的に研究が始まったのは1977年からのことです。 

 まだ解明されていない部分も少なくありませんが、これまでの研究で明らかになっているのは、主に悔しさや憤怒の感情を発散できず内に押し込めた結果、原因が特定できないまま表れる身体疾患、つまり身体表現性障害・転換性障害の一種であるということです。 
 また心身一如を是とする東洋医学(韓医学)の観点でも、心因性の症状である肝気鬱結が火病の基本的モデルであるとしています。 
 主な身体症状としては胸が詰まる、えづく、顔や体が火照る、消化不良、呼吸の乱れ、頻脈、全身の疼痛など。
 精神症状としては憤怒、憂鬱、不安、不眠、パニックなどが表れるが、それらを強く抑制することが特徴です。 

 つまり、決して「キレて暴れ出す」病気ではないわけです。 



②フェミニズムと密接に関連した病である

 実は火病は男性よりも女性に多いです。

 男性を対象とした研究が相対的に少ないですが、多くの先行研究では統計的に女性の比率が多いということで一致しています。

 また、女性の犠牲と譲歩を美徳とする儒教的文化、家父長的文化の中で自己を抑制した結果、火病にかかりやすいということが、数々の先行研究で結論づけられています。
 それらはもうここには書ききれないほど膨大にあるので、比較的近年の研究だけいくつか抜粋します。  

 火病の発生機序を調べた研究(이윤희,이종환,2015.)では全国の20代から60代の既婚女性700名のうち、火病患者100名とその他600人の生活ストレスの程度を比較しました。

 結果、夫の不倫やDV、嫁姑問題、自身や家族の疾病、子供の問題が火病の要因となりうることが明らかになりました。  

 これだけだとやや説得力が乏しいですが、さらに240名(うち19名は無効として除外)の成人女性を対象にした研究結果を示します(김은하,백혜영,2018.)。  

 ここでは女性差別の経験が火病発症にどう影響するのか、そして自尊感情が差別経験と火病の間にどう作用するのかを調べました。 

 そして性的差別経験、自尊感情、自尊感情の安定性と火病を階層的回帰分析した結果、次のような結果が出ました。

【第一段階】
・自尊感情が低いと火病が発生しやすい

【第二段階】
・性的差別の経験が火病の原因となりうることが示唆
・自尊感情が安定していると火病が起こりにくいことが示唆

【第三段階】
・自尊感情が安定しているほど、性的差別経験が火病発症に影響を及ぼさなくなる  

 また、自尊感情が高くても安定性がない場合は火病になりやすいということもわかりました。

 いずれにしろ女性差別が火病に繋がるという結論には変わりありませんでした。  

 つまり韓国・朝鮮人の「国民性」や「気質」と結びつけるには基本的な文脈がまったく異なるのです。

 以上、ネトウヨや低俗週刊誌は二度と「火病」を間違った用法で使わないことをお勧め致します。でも、バカだから仕方ないか……。  

 ちなみに日本の文化依存症候群として代表的なのは対人恐怖症ですね。 すでに「TKS(Taijin kyofusho symptoms)」として「TSUNAMI」とか「KAROUSHI」と同じ扱いになっているのはよく知られていることだと思います。

 まだまだ火病ネタは続きますので次回また。






実録・北の三叉路
安宿 緑
双葉社
2015-12-09