ライター安宿緑のブログ/기자 안숙록의 불로그

ライター安宿緑(やす やどろく)。 2000年から現在までの北朝鮮一般市民との交流記録と、最近の仕事や諸々を書いています。 ご連絡はyasgreen21(アットマーク)gmail.comまでお気軽に。





⭐️更新履歴⭐️
【最新情報】
●12月9日(土)、高円寺パンディットで「アラブで最も有名な日本人」鷹鳥屋明さんとのコラボイベントを開催します!

●訪問者(UU)数35万人突破しました。ありがとうございます!(2017.11.1)

●BSスカパー!「BAZOOKA!」に出演しました。(2017.9.24)
●ニコ生「ニポポのニコ論壇時評」に出演しました(2017.9.21〜9.28)
●ネイキッドロフト「緊急開催!もっと知りたい“偉大なる北朝鮮”の裏側inニポロック」に出演しました。(2017.6.12)
●ネイキッドロフト「ゲンバシュギ!! 第10回〜韓国VS北朝鮮のゲンバ!!」に出演しました。(2017.6.8)
●訪問者(UU)数25万人突破しました。ありがとうございます!(2015.2.1)
●BSスカパー!「ダラケ!」シーズン5第一回に出演しました。(2015.1)

●「日刊サイゾー」様で連載開始しました。
「根無し草ライター・安宿緑の『平壌でムーンウォーク』」http://wk.tk/BRCEko
どうぞよろしくお願いいたします。

●65万PV突破&総訪問者数20万人突破しました。(2014.7.12)

●プロフィールを掲載しました。記事一覧の最初に設置してあります(2014.6.12)

●1月30日放送のテレビ東京「解禁!暴露ナイト」に出演しました。番組公式ページから出演時の動画が若干見られます【言うの遅せーよ】(2014.2.3)

●開設70日時点で、30万PV突破&総訪問者数10万人突破しました。御礼申し上げます。2013.11.23

●ロケットニュース様に紹介されました!(http://rocketnews24.com/2013/09/21/371170/
2013.9.21

●初めての方はhttp://blog.livedoor.jp/yasgreen/archives/15501.htmlをお読み下さい。

ブログカテゴリ

お仕事のご依頼はyasgreen21(アット)gmail.comまで
文書や映像を速攻で韓日・朝日翻訳します。
着手から納品まで業界最速(原稿にもよりますが400文字程度なら15分以内)
ほか、リサーチや通常の取材執筆も請負中

安宿緑プロフィール
安宿緑って誰やねん? 怪しいなぁ……


雑記、仕事など
実は安宿緑は北朝鮮関係だけをやっているわけではありません。単に経歴上、特殊な人脈や情報網を持っているだけです。そこで、ブログを分離しました。本業のことや日々の出来事などを気が向いた時に書きます。

北朝鮮/DPRK (NORTH KOREA)
旧ブログ「ライター安宿緑の北朝鮮ブログ」アーカイブです。愉快な北朝鮮の人々との交流や、それにまつわる雑多な出来事を記録。更新停止というわけではないので、興味がある方はちょくちょくチェックしてみてください。


著書
このような著書を出させて頂いてます。
普段の仕事は朝鮮関係の比率低いんですけどね……
本を編集するのも書くのもすごく大変!なのですが、もし次に何か出させていただくとすれば、コリア系じゃないほうが良いなぁなんて思っております。。。(もちろんコリア系でも歓迎)


講談社Frau「精神疾患フルコース」な日韓女性2人が徹底対談【番外編②】

スクリーンショット 2022-05-06 4.13.18


 講談社「Frau」にて、ライター瀧本容子さんと韓国の作家リ・ダンさんの対談を行わせて頂きました。

  自殺未遂をして私たちが気づいたこと〜「精神疾患フルコース」な日韓女性2人が徹底対談【前編】

 
精神疾患患者こそ「つながり」が必要〜「精神疾患フルコース」な日韓女性2人が徹底対談【後編】

 瀧本さんとリさんはそれぞれ「アイアム精神疾患フルコース」、「정신병의 나라에서 왔습나다(精神病の国から来ました)」を上梓されており、ともに精神疾患サバイバーです。

 6時間にも及ぶ対談の中ではかなりスレスレの内容も飛び交い、「Frau」では掲載できなかった部分も多いのですが、こちらで公開します(許諾済み)。
 Frauの本編と併せてご高覧ください。どうぞよろしくお願いします。

瀧本容子
1974年、大阪生まれのカラダ張りまくり系実践ライター。20歳から大阪を拠点に一般情報誌の編プロや出版社勤務を経た後、フリーのライター・編集者に。27歳で東京に拠点を移し、サブカルチャー誌を主戦場に、潜入取材記事や体験ルポを積極的に寄稿。自身の経験を活かした精神病・精神薬・メンヘラネタから、文房具・教科書校正までマルチに手がける。著書に「アイアム精神疾患フルコース(彩図社)』

リ・ダン
2009年、イラストレーターとして活動開始。2015年冬からツイッターでうつ病をはじめとする精神疾患について発信を始め、 2016年5月に「女性精病ラー(精神疾患患者をを自嘲的に表現する言葉)自助会」を主宰。 2019年1月から6月までの精神疾患と関連文化を綴った「週刊リダン」をオンラインで発行。レズビアンであることも公表。

  ――(①より続く)薬物治療のほかに、カウンセリングや精神療法を受けたことはありますか?

瀧本: 10年間治療を受けていた精神科医との面談時間がつねに5〜10分くらいで、他に特別なセラピーを受けたことはありません。別のところで、パニック障害が治るという薔薇の香りがするサプリを売りつけられそうになったことはありますね(笑)。

――瀧本さんは幼少時のトラウマから複雑性PTSDの診断を受けたということですが、それに対する精神療法は受けたことがありますか?

瀧本:それも、特にないのです。というのも、精神科医が父のことを聞いてきたとき、あまりにも嫌な記憶なので固まって喋れなくなってしまったんです。すると、その帰り道で錯乱して、万引きをしてしまって……逮捕されて警察で写真を撮るときにピースしたりと、完全におかしくなってしまった。
きっと、精神療法を受けられる状態になかったのだと思います。

ただ一つ、すごく救われたのは、同じ経験のある漫画家さんが「お前のせいで、私の人生は1ミリも変わったりしないのだ」と描いているのを見たときです。そうだ、誰かのせいで影響を受ける必要はないんだって思えたんですよね。

リ:私も、あるフレーズや言葉に反応して身体症状が出ます。家族や金銭に関わる事柄です。脈が早くなり、パニックになります。それでもPTSDの診断は受けませんでした。

なぜなら、PTSDは一ヶ月以上その症状が続いた場合に診断されますが、私にその症状を一ヶ月も耐えることは無理だと判断したからです。早く安定するため安定剤を目一杯処方してもらい、家族と離れました。それでも、典型的な回避、パニック、昏睡、精神沈滞などの症状は出ましたが。

――PTSDは慎重に取り扱うべき症状だからこそ、適切な治療者やタイミングを見つけるのが難しいですね。

リ:私はカウンセリングを3回受けましたが、カウンセラーが私の思考飛躍についていけませんでした。また、LGBTカウンセリングを受けた事もありますが、「まるで小説を読むように相談する」と言われたことがあります。同性愛に理解がなかったり、私が女性と恋愛することについて拒否感を示したりします。

――カウンセラーのマイノリティへの理解度が低い場合も、治療関係を結ぶのが難しくなりますね。

リ:韓国にもLGBTフレンドリーの病院リストというものがあり、かなり助けになります。トランスジェンダーの診断、同性愛コミュニティにおける葛藤に詳しく理解のある治療者がいます。そうでない場合、こちらのセクシャリティや人間関係を受容できないと言われ、相談が難しいことがあります。

瀧本:私が通っていた依存症の専門病院も看護師がゲイで、LGBT室というものがありました。

――リさんは同性愛者であることで受ける抑圧が、自身の症状にどのように影響しましたか?

リ:私が通っていた大学は自由で個人主義的な雰囲気があり、私の性的志向と精神状態についてとやかく言う人がいなかった事はラッキーでした。

しかし同性愛者として、そして精神疾患としてのアイデンティティを共存させることは非常に負担で、それで閉鎖病棟に入院するまでいってしまった。当時は21歳で、同時多発的に起きたアイデンティティの混乱を受け止められるような年齢でもなかった。しかし、今となってはこれらを30代以上で経験するよりはマシだったと思います。

社会的な抑圧ももちろんあります。
韓国は正常性から逸脱するにあたっての法的、資本的な障壁が高く、異性愛をしないことは社会に対する挑戦も同然です。LGBTの自殺率も高く、私の周囲でも昨年だけで6人が自死しました。さらにLGBTには家族からの支援がないことも多くさらに葛藤や物理的苦痛があります。彼らは自害的人間関係を結んで自らを苦しめたり孤立や不安感を強めます。この感覚が、精神的健康を悪化させ社会的弱者に追い込まれていきます。

これらの解決のためには法的整備が重要です。現在、韓国では差別禁止法(説明)の制定のために努力していますが、これが実現すれば今よりはよくなると思います。法を通じて、社会的弱者が社会の一員になれるという可能性を見せなければなりません。東京では同性パートナーシップ制度ができたと聞き、連帯感をおぼえています。

ちなみに、先の大統領選ではLGBT政策を公約に組み込んだ人は一人もいませんでした。

――ご自身で行っている健康習慣や、セルフセラピーはありますか?

瀧本:私の場合は運動と、“光合成”(日光を浴びること)をよくします。散歩とか始めてみたのですが、結局続かなくて。後は、やりたいことをやる。私の場合、膵臓癌が再発したら5年生存率が10%と言われています。だったら我慢して生きるより、やりたいことをやって、人生を楽しむことを始めよう。それが私にとってのセルフセラピーだと言えますね。

リ:発作が起きたら自己同一性、自己連続性を持つ事が難しく、気分の良し悪しにかかわらず自我が破片化します。その代わり、自身に対し大小の規則を設けることにしました。まず大きな10箇条があり、その下に小さな細かい規則があります。たとえばお酒に関しては、①嬉しいことがあった時だけ飲む ②絶対に相手よりも多く飲まない ③家族とは飲まない などです。それらの修正を繰り返しながら、自己管理しています。

――お二人のパートナーも、生活をサポートしてくれているとのことですが、どのような支援を受けていますか?

リ:パートナーは私の考えが正しいか、そうでないかを最も近くで一次的に確認してくれる存在です。同じ精神疾患者ですが、お互いに性格が違うので私の思考に対するフィードバックをくれます。私も相手に対して、彼女の考えが思考障害や妄想ではないことを確認してあげもするし、判断や公的な発言が適切であるかどうかを見てあげるようにしています。パートナーとの対話を通じて、私が常識的な発言をできる人間であるという自信をもらっています。

瀧本:パートナーは病院の付き添い、電車の付き添い、抑うつ症状がひどい日は一切外出できないのでスーパーの買い出しや家事手伝いをしてくれたりします。そして予期不安、幻覚や恐怖が出てきたときにはやみくもに心配するよりも、私を笑わせて楽にしてくれようとしてくれるのがありがたいですね。幻聴が来たら「違うよ、それは◯◯の音だよ」とも言ってくれたり。

本にも書いたのですが、私が浴槽で自殺未遂をした時に飛んできて、彼がお湯に手をつけて放った第一声が「適温じゃん!」だった。突っ込むところ、そこなの?っていう(笑)。もう、苦しんでいるのが馬鹿馬鹿しくなってしまう。「ユーモアは人を救う」ということを身を持って教えてくれる存在ですね。

(了)


続きを読む