温暖化の影響なのか海水温が高く、今年の若布は収量が少なくあっという間に若布が
売り切れて、お客様に迷惑をかけてしまった。

 若布に代わるものとして、2〜3月に間引きされる養殖真昆布を湯通し塩蔵した物をお
客様に提供し、結構好評を博している。

 けれど、初めてのお客様には、若布の様な知名度がないので説明しても中々使い方を
理解してもらうのは難しい。

 今回、画像の貼り付けが出来た嬉しさで、画像付き説明文をアップしよう!ヤッホー!

<若採り生真昆布の戻し方>

CIMG1282
250g入りです。









CIMG1286
大き目のお皿に全量入れたところ。





CIMG1291
2回程水洗いして、
大き目のボールで塩抜き30分間
昆布臭さが消えて料理し易くなります。








CIMG1297
全量、塩抜きした姿。
2〜2.5倍位に膨らみます。




 こんな感じで〜す。
 普段はいっぺんに全量しませんから、必要な分だけ取り分けて使って下さい。
 ただし、2〜2.5倍になる事をお忘れなく!

 冷凍しておくと6カ月、冷蔵で2カ月保存できます。
 冷凍していても、水洗いするとすぐ戻ります。

 お味噌汁、煮物、魚・野菜の炊き合わせ、結び昆布、炒め物に、
 また、サッと熱湯をかけ、冷たい水で冷やすと、サラダ、酢の物に使えます。

 わたしは、熱湯をかけ、冷たい水で冷やした生真昆布を、ポン酢醤油で食べるのが好き!
 モリモリ、山盛り食べれます。