すべての山に情熱を!!

840R(♂)とぷすぷすさん(♀)の超初心者百名山登山ネタを中心に、大好きな自転車、ゴルフ、ドリカムネタを展開してます。どうぞよろしくー♪

840Rです。
速報に続き、840Rがレポートします。

3連休前まで超多忙で、はたして休めるのか??
と言う状況だったのですが、なんとか回避して山に行ってきましたよ。

直前までぷすぷすさんと、あーだこーだ言い、行く場所を探し続けました。
とは言うのも、

1.道が混まないところ
2.涼しいところ
3.行ったことがないところ
4.虫がいなさそうなところ
5.テント泊できそうなところ
6.空いていそうなところ
7.すっきりしそうなところ
8.景色がきれい
と言う非常に多くの条件がお互いにありまして全く決まらず。。

結局のところ、いくつか妥協したのですが。。

候補としては、

木曽駒ケ岳
→2.4.5.6.7.8
鳥海山
→1.2.3.5.6.7.8
会津駒ケ岳
→1.2.3.6.7.8

条件から選択すると鳥海山なのですが、
470kmという距離が若干、体力が落ちている840Rを弱気にさせてしまい、
結果的に「会津駒ケ岳になりました」

ということで本題に入ります。


今回のルートは、東北道那須ICを降りて、400号線、121号線、352号線を通って、
「道の駅 尾瀬桧枝岐」を通り過ぎた所にある登山口を目指します。
那須ICから下道が約90kmと距離があったことから、敬遠していたのですが、
非常に走りやすい道で、知っていればもっと早くに達成できた山でした。


aidu


工程
  • スタート05:10
  • 2時間36分
  • 駒の小屋07:46 - 07:56 (10分)
  • 22分
  • 駒ヶ岳山頂08:18 - 08:31 (13分)
  • 35分
  • 中門岳09:06 - 09:20 (14分)
  • 51分
  • 駒の小屋10:11 - 10:11 (0分)
  • 2時間20分
  • 登山口12:31 - 12:31 (0分)
  • 3分
  • ゴール12:34


  • 活動時間活動時間7時間4分
  • 活動距離活動距離13.77km
  • 高低差高低差1,087m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,221m / 1,228m
  • 消費カロリーカロリー2755kcal





IMGP8775
いよいよ出発です。




IMGP8780
さっそく登り始めたらお花が。。。イワオトギリが咲いてました。


IMGP8781
稜線に出るまでは、樹林帯を登っていきます。



IMGP8782
途中で中門岳の山々が見えました。


IMGP8786
コバイケイソウ。


IMGP8789
いよいよ、小屋手前の稜線地帯へ



IMGP8791

振り返ると歩いてきた木道と樹林帯。


IMGP8794
ほんとにきれいな青空で解放感あります。


IMGP8795
小屋が見えました。きれいな緑一面の景色とあいまって、一気に疲れが吹っ飛びます。


IMGP8813
小屋に到着し、ぷすぷすさんは、恒例のバッジを購入。



IMGP8816
池塘きれいです。
苗場山もありましたが、大きさ、天気が良いこともあり、こっちの方が綺麗な印象です。


IMGP8820
池塘の周りに咲いていた花。これも、何だろう??


IMGP8821
小屋をあとにして、駒ヶ岳頂上を目指します。



IMGP8822
うーん。このはなもわからない。。。



IMGP8823
チングルマー!!!これは知っている。
久々の登場です。と言うのも、夏山にあまり登らなくって、で会う機会が。
今まであったのも、両神山、大雪山縦走位かも。
そのくらい夏山に登っておらず。。


IMGP8834
頂上でぽちっとです。
後ろの燧ケ岳のねこ耳ポーズにもなりました。
左手に戻ると小屋方面、右手を進むと中門岳です。



IMGP8838
イワカガミ。風が吹いててせっかくの写真がぶれてしまっています。



IMGP8841
中門岳に行く途中、残雪がありました。この暑い中でも残っているのですね。



IMGP8846
滑らないように慎重に。。


IMGP8849
ほんとにきれい。
平坦で木道がある。北海道縦走を思い出します。




IMGP8852
大量のチングルマ



IMGP8853
そしてチングルマの抜け殻。



IMGP8855
と、夏の花を楽しみながら歩いていたら、あっという間に中門岳。



IMGP8860
少し奥の方まで池塘を眺めたりと。


IMGP8868
振り返ると、遠くにねこ耳山が。


IMGP8869
大きな池塘を通り過ぎ。下山します。


IMGP8863
モンシロチョウ??




IMGP8872
帰り道は、登りがあっという間だったのに本当に長く感じて。



IMGP8873
苦しみながら下山。
国道までの距離が全然減らず。。気温も上がってきて。苦しかった。。。


IMGP8881
ヒョウモンチョウ。
奇跡的にぷすぷすさんの足にくっつきました。
準絶滅危惧種みたいですね。



IMGP8883
ということで、きれいな空、たくさんのお花、蝶に出会えた登山でした。


久々のブログ記載で、感覚が。。。
だいぶまじめな記述になってしまい、皆様申し訳ありません。
br_decobanner_20091213002339
以上です。

840Rです。
お久しぶりです。

久しぶりすぎて、
840Rがブログ主と知らない人が多いかも。。


3連休、直前まで行く場所を悩みましたが、
ぷすぷすさんと、登ったことのない山に
行こうということになり、行ってきました。

IMG_20180715_133952_719
雲ひとつない快晴で。

IMG_20180715_133952_714
素敵な池塘も。

IMGP8794
開放的な雰囲気のなか、

まったりと楽しんできました。。

やっぱり山は良いですね!!
DSC09293

ぷすぷすです。

GW残りの開聞岳レポ、今頃更新です。。

******************************
2018年5月5日(土)

10:20 二合目登山口
10:45 四合目
11:20 七合目
12:00 開聞岳山頂
12:45 下山開始
14:10 二合目登山口
******************************

この日も快晴!
レンタカーを借りて、開聞岳登山へ。
車って楽だな〜♪


IMGP8618
広い駐車場に車を停めて、登山口を目指します。


IMGP8621
二合目登山口。

840Rのザックが破れてしまい、背負えなくなったので、
840Rがぷすぷすのザックを背負うことに。
おかげでぷすぷすは身軽になり、我々にはありえないスピードで登頂してしまいました。


IMGP8626
新緑が気持ちいいですが、気温が高くて暑かったです。


IMGP8630
少し登ると、ザ・鹿児島な景色。


IMGP8638
登山道が徐々に狭くなり、すれ違いできない場所も多く、結構渋滞しました。


IMGP8641
山から見る海っていいですね。


IMGP8642
こんな梯子もあります。


IMGP8646
あっという間に登頂〜〜〜
人がたくさんいすぎてびっくり。


IMGP8649
開聞岳は左下ですよ♪


IMGP8654
頂上は360度の眺め!!
右が硫黄島、左が竹島、だと思います。。


IMGP8655
(おそらく)硫黄島アップ。


IMGP8665
でーん!!
840Rが大きすぎて景色よりも840Rに目がいってしまう。。


IMGP8676
このくらいがちょうどいいですね。
景色がよくて、しばらくゆっくりしたい頂上ですが、人が多すぎて早々下山します。
この後のスケジュールもハードだし・・・。


IMGP8692
青い空と海。ぽっかり浮かぶ島。


IMGP8696
下山は登り以上にすたこらさっさ。


IMGP8698
駐車場から見た開門岳。立派な山容。


屋久島のタクシーの運転手さんに「開聞岳は登るより見る方がいい」
と言われましたが、登っても素敵な山でした。


三連休はどこに行こうかな〜♪
DSC09293

ぷすぷすです。

屋久島縦走その4です。(その1はこちら、その2はこちら、その3はこちら

******************************
2018年5月4日(金)屋久島縦走2日目

04:30 高塚小屋出発
05:40 ウィルソン株
06:10 大株歩道入口
07:15 楠川分れ
08:25 太鼓岩
10:40 白谷雲水峡入口
******************************

予定通り、3時半に起床して、テントを片付け、4時半に出発です。
夜は思ったより寒くて、フリースだけでなく、ダウンも持ってくれば
よかったな、と思ったくらいでした。

この時間に出発する人は誰もいませんでしたが、
昨日のガイドさんとそのお客さんが、朝食を食べていました。

ガイドさん「早いですね〜、いいと思いますよ〜♪」

こんなガイドさんなら、一緒に歩いたらとっても楽しいんだろうなー、
と思いつつ、真っ暗な中を歩きます。

昨日二人占めした縄文杉を通り過ぎ、夫婦杉、大王杉と、
一応、見落とさずに目視できました(笑)
写真は真っ暗でいまいちなので、アップなし。

ウィルソン株に到着した頃、明るくなってきました。
840Rが「写真撮って」というので、パシャリ。


IMGP8505
840R「コウズが・・・」
ぷすぷす「コウズ?こうず?こーず?」

構図でした・・・。


IMGP8514
再チャレンジ。これもイマイチらしいけど、諦められて終了。


IMGP8501
インスタ栄えするウィルソン株の構図。(撮影:もちろん840R)


IMGP8515
翁杉。
大株歩道入口に到着するまで、さすがに誰ともすれ違いませんでした。
大株歩道入口と縄文杉の間は、道幅が狭いので、ピーク時の渋滞はすごそうです。


IMGP8521
トロッコ道のはじまりです。
ここから、驚くほどの登山客とすれ違います。
何百人いたのだろうか・・・。
840Rと、「早く出発して本当に良かった」と、何十回も言い合いました。


IMGP8531
本当に水がきれいだなぁ。


IMGP8542
楠川分岐を予定通り白谷雲水峡方面に曲がり、かなり時間に余裕があったので、
太鼓岩にも立ち寄りました。


IMGP8550
素晴らしい晴天。
この岩、手でたたくと、太鼓のように反響音がします。


IMGP8554
サクラツツジがきれいでした。


IMGP8556
苔むす森です。
前に来た時は、もっと苔がつやつやしていた気がします。
季節的なものもあるのかな?


IMGP8560
着生がすごい。


IMGP8566
くぐり杉。


IMGP8570
やっぱり、前に来たときより苔が少ないような??


IMGP8587
楽しみにしていたヤクシカさんとは会えず残念。
でも、思いがけず晴天に恵まれた2日間、とっても気持ちの良い縦走ができました。

まだ登山をしていない頃、大冒険のつもりで行った縄文杉登山から10年以上経過。
その時はとっても疲れた記憶がありましたが、今回、二人とも全く疲れておらず、
今回のコースなら、日帰りでも縦走できそうな感じでした。

登山は、年齢だけではなく、経験もかなり重要な要素。
色々なバランスを見極めながら、これからも自分達の登山を楽しんでいきたいです。


屋久島縦走は終了ですが、翌日もう一座登ったので、
そのレポに続きます〜
DSC09293

ぷすぷすです。

屋久島縦走その3です。(その1はこちら、その2はこちら

強風にあおられながら、宮之浦岳をあとにします。


IMGP8447
雲が流れたあとに見えたのは永田岳。
山頂で一緒になった登山者の方たちは、永田岳を目指すようで
「永田岳、行かれます??」と声をかけて下さいましたが、
黒味岳と同じ理由で丁重に辞退(笑)


IMGP8448
それにしても風が強い。(写真で伝わらないけど・・・)


IMGP8450
風って、体力奪われますよね。。


IMGP8453
平石岩屋。ズームすぎて全然全体像が分からないです、840Rさん。。。


IMGP8456
雲が広がってきてしまいました。


IMGP8458
予想より早く新高塚小屋に到着。
11時過ぎだったので、さすがにテン場もまだまだ余裕あり。1張だけでした。


IMGP8459
小屋の中もガラガラでした。結構広い。

当初の予定では新高塚小屋でテン泊予定でしたが、まだまだ時間と体力に余裕が
あったので、次の高塚小屋を目指すことにします。
高塚小屋の方がテン場が狭そうなのでやや心配ですが、この時間ならまだ大丈夫
だろうと予想。


IMGP8462
屋久島の杉には、多くの植物が着生しています。
湿度が高い屋久島ならではの現象だそうです。
植物の生命力を感じます。


IMGP8476
無事に高塚小屋に到着〜。
この写真は後から撮影したもので、ぷすぷす達が到着した12時半頃には、
テントは1張も張られていませんでした。

どの土地も選びたい放題でしたが、基本的にどこも風が強い!!

IMGP8486
こんな小高い素敵な土地もありましたが、とにかく風が強くて・・・。


IMGP8485
最終的には少し風を凌げたこの土地を選択。
ずーっと体に風を受けているので寒くなってきて、シュラフに入っていたら、
そのまま寝てしまいました(笑)
まぁ、特に景色も見れなくて暇なので寝るしかない。

高塚小屋の素敵なところは、歩いて10分で縄文杉へ行ける事です。
水場も縄文杉まで行かないとないので、お昼寝から目覚めたらお散歩へ。


縄文杉へむかう途中、全く風を受けない素敵なテン場を発見!!
がーん!!!
そこにテントを張っていた方はガイドさんで、お客さんを連れてテン泊しているとのこと。
あまり知られていないテン場だそうです。
縦走する人は淀川登山口から登る人が多いと思うので、このテン場は気づかないですね〜。
気温が全く違って暖かい!!羨ましいなぁ〜。

とっても親切なガイドさんで、
 ●明日5月4日は、毎年GWでも一番混雑する日で、1200人が縄文杉登山に来るという
 情報が入っていること(ガイドさんの予想では、1200人は来ないと思うけど800人
 くらいは来るかな、と言っていました)
 ●大株歩道入口から縄文杉までの間が特に混むので、大株歩道入口には遅くとも8時まで
 には到着した方がいいこと
 ●携帯の電波は一切通じないと思っていたのですが「このテン場は電波通じますからね〜」
と教えてくれました。

ガイドさん、本当にありがとうございました!!



IMGP8464
久々に対面した縄文杉は、すごく遠い存在になっていました(笑)


屋久島053
ちなみに、一昔前の写真。二人が若いのはさておき、、、
縄文杉、もっと近かったなー(笑)



IMGP8472
縄文杉の周りには豪華なデッキが作られていて、横からも眺めることができます。


IMGP8466
縄文杉の向かいにあった杉。すごい・・・。


IMGP8469
水場は、縄文杉を通り過ぎて少し下った左手側にあります。
白いパイプが出ています。
これもガイドさんに教えていただきました!


テン場への帰り道、てくてく歩きながら840Rに相談。

実は、翌日の高速船が13時半安房発しか予約が取れず、下山は荒川登山口にしてタクシー
を予約していたのですが、ぷすぷすはできれば白谷雲水峡に下山したいと思っていました。

白谷雲水峡の方が少しCTが長くなるのと、下山口から安房までの移動距離が長いので、
仕方なく荒川登山口への下山を予定していたのですが、この日に高塚小屋まで来れたこと
と、携帯の電波が通じてタクシー会社に変更連絡ができることで、再度840Rに交渉。

時間に余裕がある方がいいけどなぁ、と荒川登山口への下山を勧める840Rでしたが、
最終的にはいつも通り、「まかせるー」と言ってもらってタクシー会社に白谷雲水峡への
変更連絡。
安全策で、翌日は3時半起き、4時半出発を目指します。


その4につづく〜
DSC09293

このページのトップヘ