すべての山に情熱を!!

840R(♂)とぷすぷすさん(♀)の超初心者百名山登山ネタを中心に、大好きな自転車、ゴルフ、ドリカムネタを展開してます。どうぞよろしくー♪

相変わらず更新が遅いぷすぷすです。

すっかり寒くなりましたね。
初冬の燕岳レポです。

***************************
2017年11月4日(土)〜5日(日)

07:30 中房登山口
10:20 合戦小屋
11:40 燕山荘
 (燕山荘泊
07:30 
燕山荘
07:55 岳山頂
08:30 燕山荘
 (休憩)
09:20
 燕山荘
10:00 合戦小屋

11:30 中房登山口
***************************

3連休でしたが、さすがに11月とあって、駐車場も問題なく停められました。


IMGP6993
ここで登山届を提出して、いざ出発!


IMGP6994
北アルプス三大急登とも言われる合戦尾根、どうか厳しくありませんように・・・。


IMGP6995
と思っていましたが、今年は結構コンスタントに登っているためか、全く疲れない。


IMGP7000
しかも、目印となるベンチが約50分おきにあるため、励みになります。
そして何より、登山道の整備状態が素晴らしい!!
こんなに歩きやすい北アルプスってあるんですね!!


この第二ベンチを過ぎてから、後ろから来た方に、
「ストックの下部分、落としてましたよ」と言われました。
確かに、ぷすぷすのストックを見ると、片方の下半分がない!!
「登山道の横に立てかけておきました」とのこと。
「ありがとうございます」と言いながら、さすがに山なので、
帰りに見つけられるか不安。。。
一気に、どよーん、とした気持ちに。。。

落し物王子の840Rに「そこを落として気づかないなんてあり得ない」
と言われる始末。。

でも、とにかく前に進むしかないので、気を取り直して再出発。


IMGP7004
あっという間に(といっても普通に3時間くらいかかっている(笑))、合戦小屋に到着。
ここでようやく雪がありました。
雨も少し降ってきたので、レインコートやジャケットなど、冬装備に変身します。


IMGP7005
そしてこれ!合戦小屋で食べたおしるこ!!
最高に美味しかったです〜。
小屋の方に「美味しかったです!」と言うと、
すっごく嬉しそうな顔で「ありがとうございます」と言われました。
「美味しい」って、幸せな言葉ですよね。


IMGP7008
尾根に出ました。


IMGP7013
天気が悪くて、全く何も見えません。


IMGP7019
何にも見えないですが、無事に燕山荘に到着〜。


この燕山荘は大人気の山小屋で、シーズン中は大変なことになっているそうですが、
11月は穴場だそうです。(冬山装備が必要になりますが)
この日も2人用の個室でした!
すっごくお掃除が行き届いていて、スタッフの方も驚くほど親切で、
食事も美味しくて、トイレもきれいで、何だこの山小屋はーーー!!!
山小屋の概念を覆す山小屋でした。


IMGP7047
グッズも山ほどありますよ♪

あまりにも個室の居心地がよくて、お昼を食べてから、しばし仮眠しました。。


その2へ続く〜
DSC09293

ぷすぷすです。

最近、プライベートが多忙なかなか更新できない(笑)
久々に予定がない週末と思ったら、豪雨で本当に一歩も出たくない天気。
しかも840Rはまた仕事ー。
今日はのんびりゆっくりしよう〜♪

唐松岳〜五竜岳縦走(その3)です。(その1はこちら、その2はこちら


IMGP6837
五竜岳を目指しながら、これまで歩いてきたルートを振り返る。
こうして見ると、唐松岳ってそんなに高くないんだなぁ。
でも、2時間ちょっとで、人の足って
こんなに歩けるんですね。
たとえ鈍足でも。


IMGP6840
また岩場が多くなってきます。
登りは怖くなくても、下りが怖いなぁ。


IMGP6841
だいぶペースが落ちてきました。。
やっぱり岩場は二人とも苦手です。。


IMGP6849
五竜山荘もだいぶ遠ざかりました。また後で戻りますけど(笑)
もうすぐ山頂です!


IMGP6891
じゃーん!百名山64座目登頂です!!
夏の東北遠征は、ほとんど雨だったから、青空でとっても嬉しい!!


IMGP6879
嬉しい!!


IMGP6884
鹿島槍方面。
こちらからあちらに行くには、技術が足りない。。
槍ヶ岳も見えました!


IMGP6886
ガスが徐々に出てきました。
晴れてるうちに登頂できてよかった。


IMGP6892
山頂の景色を満喫し、先が長いので早々と下山です。
下山は特に事故が多いので慎重に!!


IMGP6897
登りはすいすい歩けたところも、下山になるとまごまご。


IMGP6898
五竜山荘が見えてきました。


IMGP6900
840Rがしっかり食べたい、ということで、チャーハンを注文。
とっても美味しかったです♪♪

トイレから帰ってきた840Rが、ポーチをごそごそして怪しい雰囲気。
ぷすぷす「どうしたの??」
840R「メガネがない・・・」
ぷすぷす「ポーチ開いてたの??」
840R「開いてた・・・。落としたみたい・・・。」

ちーーーーーん。

840Rは、本当に落し物が多いのですが、エリア毎に何を落とすかが決まっています。
(と、ぷすぷすは思っています)

<過去の実績>
 ・白馬岳でサングラスを落とす。
 ・1回目の唐松岳でもサングラスを落とす。←なくしてはいないが、落として壊す。
 ・今回メガネを落とす。

今回持ってきたサングラスはお値段が高いので、絶対に落としちゃだめだよ、
って何度も言ったのですが、サングラスの代わりにメガネを落としました。
嘘みたいな本当の話。


ぷすぷす「ポーチは開けたら閉めないと!!」
840R「開けた記憶がないんだよ・・・」


あきれて言葉が見つからないので出発します。


IMGP6905
下山は遠見尾根コース。


IMGP6906
ほんの少しの登りがキツイ。


IMGP6911
本格的にガスが出てきました。
結構鎖もあって、思った以上にしんどいルート。


IMGP6912
雷鳥さんの看板がかわいい。
岩場のスタートとエンドにこの看板があります。


IMGP6915
遠見尾根は長い。とにかく長い・・・。
かなりアップダウンがあるのもしんどい・・・。
沼で長めの休憩。


IMGP6920
後半はかなりよたよた。
「足が疲れたー。」しか言ってなかった気がします。


IMGP6923
猫じゃらしっぽいものを見ると、とらきちを思い出す。


IMGP6925
結局、今年もあんまり紅葉見れなかったな。
雨が多すぎて山にも行けないなぁ。


IMGP6926
ようやくアルプス平駅に到着。
やれやれ。

美味しいソフトクリームを食べて、テレキャビンに乗ると、
貸切でした。

テレキャビンを降りると、タクシーが2台いたので、
乗れますかと聞くと、1台は予約のタクシーでしたが、
1台はフリーだったようで、どうぞと言ってくれました。
ラッキー。

ゴンドラリフトの駐車場まで2000円ちょっとでした。
(←正確な値段忘れました(笑))

あぁ、しんどかったけど、五竜岳はとっても素敵な山でした。


次はどこの山に行けるかな〜♪
DSC09293

ぷすぷすです。

唐松岳〜五竜岳縦走(その2)です。(その1はこちら


IMGP6777
2日目は長丁場のため、日の出とともに出発します。
場所を譲ってくださった皆さん、本当にありがとうございました!!
ぺこり。


IMGP6780
鈍足かつ体力なしなので、唐松岳登頂はあっさり諦めます(笑)
1回登ったことあるし、今回の本命は五竜岳、と自分達に言い聞かせながら、
振り返らずに進みます。


IMGP6787
久々のテント泊だったので、日の出を見るのも久しぶり。
美しいなぁ。


IMGP6799
「ここから1時間は、くれぐれも慎重に!!」
と二人で声を掛け合いながら、牛首へ。


IMGP6803
鎖場が連続しています。
危険な場所は、二人で何度も声を掛け合いながら歩きます。
同じ鎖を同時につかまないように。
「ちょっと待っててー」
「焦らずにー」
「ゆっくりー」
などなど、声かけ運動、大事です。


IMGP6805
今回目指す五竜岳がずっと先に見えます。
かっこいい!!


IMGP6807
追い越しできない場所が多いため、渋滞します。
歩くのが早い人は、誰よりも早く出発した方がいいでしょうね。
本当は1日目に五竜山荘まで行きたかったのですが、午後にここを歩くとなると、
五竜から唐松へむかう人もいると思うので、大変なことになりそうな?


IMGP6816
しかも、昨日はお天気が悪くて展望がなかったので、
この道をこの青空のもと歩けて最高!!


IMGP6818
ようやく鞍部が見えてきました。

ぷすぷす「鞍部が見えたよ!!」
840R「う〜ん、確かに。カニのはさみに見えるね!!」
ぷすぷす「・・・??」

しーーーーーん。

ギャグ??

と思ったけど、ギャグではありませんでした。。


IMGP6824
鞍部を過ぎると、五竜山荘まで穏やかな道になります。
840Rは高山が苦手なのでゆっくりゆっくり。


IMGP6829
五竜山荘に到着!
ここもテン場が狭いので、競争率高そう。


IMGP6833
五竜岳までコースタイム1時間。
頑張るぞー。



その3に続く〜
DSC09293

ぷすぷすです。

久々の北アルプス!
久々のテント泊!!

唐松岳〜五竜岳縦走(その1)です。

---------------------------
2017年9月23日(土)
11:25 八方池山荘
13:35 丸山ケルン
14:20 唐松岳頂上山荘



2017年9月24日(日)
 5:50  唐松岳頂上山荘
 6:50  鞍部
 7:50  五竜山荘
 9:10  五竜岳
 9:30  下山開始
10:20 五竜山荘
14:45  アルプス平駅
---------------------------

金曜日の夜、早めに出発する予定が、840Rの帰宅が23時半過ぎ・・・。
仮眠を取って、朝3時過ぎに出発。
交替で運転しながらも、結局、車中でまた仮眠。
八方アルペンラインの駐車場に到着したのが10時半頃。

本当は1日目に五竜山荘まで行きたかったけど無理だなー、
と思いながら、のろのろと出発準備。


IMGP6677
840Rが受付で、「荷物が重そうなので計量してください」と言われます。
確か15キロを超えたら追加料金とのこと。

840Rチェック → 8kg

受付の方「見た目より随分軽いんですね(笑)」
ぷすぷす「私も計ったほうがいいかな」
840R「僕より重いってことは絶対ないから大丈夫だよ」
ぷすぷす「一応・・・」

ぷすぷすチェック → 9kg

840R「水、持とうか・・・。」
ぷすぷす「とりあえず大丈夫・・・。」

まさか、テント班の840Rより、食料班のぷすぷすの方が重いとは。。


IMGP6685
リフトを3つ乗り継いで、ガッスガスの中、いざ出発!!
そう言えば、前回来たときもガスってたなぁ。


IMGP6696
八方池あたりで少し視界がひらけて、きれいな紅葉が見えました。


IMGP6699
やっぱり八方池は大人気ですね。


IMGP6705
紅葉って本当に美しい。日本に生まれて良かった。
去年は紅葉をほとんど見れなかったけど、今年はどうかなー。


IMGP6713
暑くも寒くもない、最高の気候。


IMGP6720
ただ、二人とも睡眠不足で、体に重力しか感じない。


IMGP6729
山頂に近づくにつれ、ガスがこくなっていきます。


IMGP6733
ようやく山荘に到着。
ぷすぷすは受付、840Rはテン場の場所取りに急ぎます。

ここのテン場は、かなり斜面にあるのは知っていたのですが、
それにしても全く場所が空いていない!!

困っていると、とっても親切なご夫婦が声をかけて下さりました。
「うちのテントと隣のテントをもう少しずらせば、張れると思いますよ。」
隣のテントの方にお願いすると、快く移動してくれました。

2組のとっても親切なご夫婦、本当に本当にありがとうございました。
山が好きな人は、みんな優しい(涙)
皆様のご好意のおかげで、平らな場所でゆっくり休めました。


IMGP6744
840Rが「雷鳥(だったらいいな)」と言って見せてくれた写真。
イワヒバリさんです。イワヒバリさんに失礼です。

テントをはったら、睡眠不足のせいで、2時間くらい眠ってしまいました。
ご飯を食べてから、水を買いに山荘へ登ります。


IMGP6759
水を買って、トイレに行って、さぁテン場に戻ろう、としたちょうどその時。
剱岳が目の前に!
剱岳の上に三日月!!
明日はきっと素晴らしいお天気になるでしょう。


IMGP6765
夜のテン場を見るのは好きです。
この日は全く寒くなくて、テント日和でした。


IMGP6770
譲っていただいた一等地に立つ我が家。
ゆっくり鋭気を養って、翌日の山行に備えます。


やっぱりテントはいいなぁ〜♪
その2に続く〜
DSC09293

このページのトップヘ