ヤッスングダグダレビュー

ゆるーく映画などの感想を書いていくブログ。よかったらどうぞ。

どうも!ヤッスンです。
『トイ・ストーリー4』の感想です。

子どもの頃繰り返し観たピクサー映画といえば
『ファインディング・ニモ』のほうで、ものすごい思い入れがあるとかそういうレベルではありません。
それでもオモチャで遊ぶのが大好きな子どもだったのでこのシリーズは大好きだったし、3作目は劇場でオイオイ泣いて完璧な幕引きだと思いました。

そんな完璧な3作目に続編が出てしまう、正直世界中のファンはもちろん、制作陣だってその難しさは分かっていたはず。
正直怖さのほうが大きかったですが、それでもピクサーならやってくれるという希望も大きかったです。

ただ近年のディズニー・ピクサーが描きがちなもの、それが「ありのままの自分で自由に生きること」。
その考え自体はとても素敵なことなんですが、仮にそれをトイ・ストーリーでやるとしたら、それは相当に上手い語り方でないと難しいぞと。
予告編からはその路線が色濃く見え、オモチャである意味や役割に全力だったウッディたちが、そんな選択をしてしまうのか?かなり怖い気持ちと期待で映画館に向かいました。



結果、個人的には満足度こそ高いものの、「あ…あれえ…?」という印象でした。
良いところから言いましょう。
過去作を想起させる構成の中、その一歩先のテーマや価値観へ踏み込んだ作品になっており、ピクサーの物語力に感激でした。
映像技術といった視覚的な面から、そういう生き方への価値観など、あらゆるものが現代版としてアップデートされており、今この作品が世に出たという意味はとても大きなものだったと思います。
さらにフォーキーや、ギャビーギャビーといった新キャラクターの立場や造形もとても良かったです。
思わず号泣してしまった場面もかなり多く、ラストへ向けての決着そのものはとても尊いものでした。
「子どもがオモチャを選ぶ」の先にある「オモチャが生き方を選ぶ」へと繋ぐ物語で、危惧していた過去作への否定が強いような構成にはなっていなかったのでそこは本当に良かったです。

ただ、細かい部分やその「ラスト」への運び方への不満が大きく「それで良いのか…!?」という気持ちでいっぱいでした。
結果、「すっと認めるべき」と思っている自分と「こんなやり方で認めるのはどうなんだ」という自分が拮抗するグチャグチャな思いが同居しております。


ということで、この記事を書いてるのは鑑賞直後。
観てすぐのこの気持ちを残しておくために、
ここから先は鑑賞済みの方向けにネタバレ全開で感想を書いておきます。





まずは良かったところ。
先にも書きましたが、現代版アップデートの意味合いと、新キャラの魅力がとても良かった。
冒頭のシーンや、フォーキーの登場といった描写は、かなり過去作を意識したものになっています。
そこに「リアルな雨」といった当時は難しかった映像技術での表現が加わっており、序盤からグッとさせられました。
さらに「過去作とは微妙に訴えが違う」が追加されており、過去作と「」になっている印象も受けました。

ゴミとして生まれたと言い張り、そっちの生き方をしたいフォーキー。1作目のバズも自分をオモチャだと信じていなかったものの、持ち主の子どもにとっては大切なオモチャであり友達。
ウッディはフォーキーを何とかボニーのもとへ留まらせようと奮起しますが、これがバズのときと少し変わっていることが面白いですね。「選ばれないオモチャ」になってしまったウッディですが、
持ち主のために自分の役割を全うしようとする姿は健在だなと(劇中では忠誠心と言っていました)。

しかしボニー1番のお気に入りである彼をなんとか連れ戻そうと躍起になり、暴走までしてしまうウッディ。
ほかの仲間の気持ちをを蔑ろにしてしまう描写も印象的ですが、一時的に拾ってくれていた女の子からは何の躊躇いもなく逃げていくあたり、やはり「持ち主はいるけど気持ちは迷子」というのが彼の状態だったでしょう。

そこにかつての恋仲であったボーとの再会を経験し、もっと広い世界を知ることになります。
単に誰かの持ち主であることが必ずオモチャの幸せとは限らない、自由にたくましく生きるボーを見てその世界を知るという展開は、単にファンサービスでボーを再登場させる以上に大きな意味がありました。これがよくある「これがみんなの新常識!」みたいな展開ではなく、あくまで「誰かのオモチャになりたい」という立場のオモチャもたくさんいるという塩梅も良かったですね。
様々な考えや価値観がある多様性を良しとする現代ならではの描き分けだったと思います。

ボーの反対側の立場で大きな存在だったのがギャビーギャビー。
誰かに選んでもらいたくて、ウッディのパーツを欲するがために、敵役のような登場でした。
彼女はウッディと同時期に作られたにも関わらず、彼とは正反対の生き方をしてきました。
作品自体が過去作の対になっている印象でしたが、このギャビーギャビーはウッディの「対」ともいえそうです。
誰にも遊んでもらえないままアンティークショップでリーダーポジションになり、誰かに選んでもらえるその日を夢見てきたのです。アンディという黄金期を経験し、いまもオモチャのリーダーを張るウッディとは対照的な生き方だといえるでしょう。
もしくは、まだ「オモチャとしての人生すら開始できていない」存在ともいえます。
オモチャとして誰かに遊んでもらう幸せを一切知らないまま苦しんでいた彼女ですが、過去シリーズのような退場をしなかったのが本当に良かったですね。

「迷子」の女の子を見つけ、ガビーはその子の手助けをしようと女の子の前に現れます。
ここもボニーのために無茶をしたりするウッディと重なる行動ではないでしょうか。
子どもの幸せを第一に思い、必要な一歩を助けたり、友達になること。
ガビーと女の子、二人の迷子が互いを見つけ、一歩を踏み出すことができたあのシーンは、たぶん本作で一番涙が出た場面です。

こうした経験を経て、ウッディがフォーキーを送り届けたのち、オモチャとして別の役割へと足を踏み出す、3作かけて描き、一度区切りのついた物語のその一歩先の着地になりました。人は変わる、オモチャも変わる、変化の時代にこのシリーズの続編をこういったラストに運んだことは、やはり現代ならではの価値観で出来たことです。さらにこの変化を押し付けるものではなく、ウッディの選択の結果とする運びも良かった。





でも自分はやはりそれをすっと歓迎できなかったのが本音で。
ただもちろん、私自身、選ばれないオモチャとなったウッディがその道を歩む行為は、彼が幸せなら賞賛すべきという思いがあります。

ただ、なら、もっとうまくやりません!?!?
というのが正直なところで。

オモチャとして誰かに拾われるギャビーを見て、何かを感じたように見えたウッディ。
個人的にその描写で「誰かに寄り添う尊さ」を再認識したもんだと思ったので、
最終的にオモチャあっせん業みたいな人生を選んだ場面で
そ、そっちーーーー!?!??マジでーーー!?と。
確かに、ついにギャビーが、アンディにとってのウッディのような存在になれた、人生をスタートできた(かもしれない)タイミングで、では自分のその後の選択は?となる流れは分かります。

今回の物語をざっくりまとめると
「ゴミとして生きたいフォーキーを言いくるめて役割を押し付け、自分は自分の道を歩む」
って話になると思うんです。

正直このお話を「多様性」のような言葉で褒めたたえて良いのかという思いが強いのです。
今回ウッディは、選ばれなくなりオモチャとしてのアイデンティティに疑問ができ、そのタイミングで好きな人から別の考えを教わりすぐにそっちの道に行きます。

これって人間だったらすごく危険な行為だと思うんですよね。
その時の感情や状況に合わせてポンと人生の重大な決断をして良いのか?と

さらに彼はオモチャのリーダーポジという立場もあっさり手放すことに。
確かにボニー家でもあまりリーダーとして動けていませんでしたが、
それって自分勝手すぎませんかね!?と。

本当に多様性や自由の尊さを描くなら、フォーキーはゴミで良いし、ウッディはボニーを見守ってて良いのでは?と思ってしまい。

あと旧知の仲間も!!ちょっとは止めてやれちょっとは!!!!!
今回ほとんど活躍がなかったこともやや不満でしたが、それよりも全く心配がったり止めようという気配がないことにも違和感を感じました。


…と難癖のような理由を書きましたが、やはり単に
正式に『トイ・ストーリー』の続編としてこういった着地をすること自体に
観ていて苦しいものがあるな、というのが本音で。

ただ、この選択を「違うのでは」と言い切れないのが事実。
『シュガーラッシュ:オンライン』も似たような着地をする作品ですが、それと大きく違うのが「ウッディは既に選ばれなくなっている」こと。遊んでもらえず押し入れで埃を被る彼が新しい選択をすることは、誰も批判できないじゃないかと。

さらに要約すると
「ウッディの選択を尊重し賞賛したい自分と、本当にそれで良いのかと批判的な自分が渦巻く」というのが本作の作品の根本になります。

先にも書きましたがこれは鑑賞直後にグルグル回る感情を書きなぐった内容なので、今後ゆっくり噛みしめながら考え直したいなとも思いますが、「こういう感想」を持てたこと自体はしっかり大切にしていきたいなとも思います。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット