☆安田記念の過去5年の1着馬の傾向☆
過去5年の1着馬
2016年:1着ロゴタイプ(良)
2015年:1着モーリス(良)
2014年:1着ジャスタウェイ(不良)
2013年:1着ロードカナロア(良)
2012年:1着ストロングリターン(良)
1600mや1800m付近が得意そうな馬が多いです。
 
過去5年の1着馬の前走と着順
2016年:ダービー卿CT 2着(良)
2015年:ダービー卿CT 1着(良)
2014年:ドバイDF 1着(良)
2013年:高松宮記念 1着(良)
2012年:京王杯SC 4着(良)
3年連続で1600m以上の重賞かGIで連対してる馬が勝ってますね。
 
過去5年の勝ち時計
2016年:1.33.0(良)
2015年:1.32.0(良)
2014年:1.36.8(不良)
2013年:1.31.5(良)
2012年:1.31.3(良)
1分31秒台後半の決着になっても対応できる軽快さがあるとよさそう。
 
過去5年のレースの上がり3F
2016年:33.9(良)
2015年:34.7(良)
2014年:37.7(不良)
2013年:34.5(良)
2012年:35.0(良)
瞬発力が問われやすいです。
 
過去5年の1着馬の道中の位置取り
2016年:(1→1)(12頭立て・良)
2015年:(3→3)(17頭立て・良)
2014年:(9→11)(17頭立て・不良)
2013年:(8→8)(18頭立て・良)
2012年:(13→12)(18頭立て・良)
レースの上がり3Fが34秒台になりやすいのもあってか、中団ぐらいまでで競馬できる馬がよさそう。
 
過去5年の1着馬の上がり3F
2016年:33.9(良)
2015年:34.5(良)
2014年:37.1(不良)
2013年:33.3(良)
2012年:33.8(良)
好位〜中団付近で競馬ができて、瞬発力勝負になっても対応できる馬がよさそう。
 
過去5年の1着馬の血統
2016年:父ローエングリン(良)
2015年:父スクリーンヒーロー(良)
2014年:父ハーツクライ(不良)
2013年:父キングカメハメハ(良)
2012年:父シンボリクリスエス(良)
意外とディープインパクト産駒が勝ってないんですね〜。
2頭以上1着馬出してる種牡馬いないんで、あまり血統は気にしなくていいのかも。
 
過去5年の1着馬の年齢
2016年:6歳(良)
2015年:4歳(良)
2014年:5歳(不良)
2013年:5歳(良)
2012年:6歳(良)
5・6歳を中心に、4〜6歳が勝ってるんで、7歳以上の馬はよくないのかも。
 
過去5年の1着馬の性別
牝馬:0頭
牡馬:5頭
牝馬は8頭出走して(0.0.0.8)なんで厳しそう。
 
過去5年の1着馬の枠順
2016年:5枠(良)
2015年:3枠(良)
2014年:5枠(不良)
2013年:5枠(良)
2012年:2枠(良)
真ん中が1番よさそうですけど、外過ぎなければいいのかな?
 
過去5年の1着馬の単勝人気
2016年:8番人気(良)
2015年:1番人気(良)
2014年:1番人気(不良)
2013年:1番人気(良)
2012年:2番人気(良)
1番人気馬が3勝してるし、去年以外は上位人気馬が勝ってますね。
 
安田記念の過去5年の1着馬の傾向のまとめ
実績:1600mや1800m付近が得意そうな馬が多い。
前走:1着馬5頭中、ダービー卿CTが2頭。ドバイDF・高松宮記念・京王杯SCが1頭ずつ。
時計:1分31秒台後半の決着に対応できる方がよさそう。
展開:瞬発力勝負になりやすい。
脚質:中団よりも前で競馬できる方がよさそう。
血統:2頭以上1着馬出した種牡馬はなし。
年齢:1着馬5頭中、5・6歳が2頭ずつ。4歳が1頭。
性別:1着馬5頭中、牡馬が5頭。牝馬が0頭。
枠順:1着馬5頭中、5枠が3頭。2・3枠が1頭ずつ。
人気:1着馬5頭中、1番人気馬が3頭。2・8番人気馬が1頭ずつ。
こんなところかな。
 

☆おまけ☆
今週から、いよいよ2歳新馬戦が始まりますね〜。

まだ、2017−2018シーズンのPOG馬は1頭も指名してないんですけど、新馬戦ってすごくワクワクします。