ブログネタ
競馬@全般 に参加中!
春のGIシーズンでめっちゃ盛り上がってるところやったけど、嫌なニュースが飛び込んできてしまいました・・・。
 
☆ダイワスカーレット春は全休☆
6日の大阪杯(GII)を快勝したダイワスカーレット(牝4、栗東・松田国英厩舎)が、脚部不安のため春シーズンを全休することがわかった。20日に生産者の社台ファーム・吉田照哉氏が明らかにしたもの。
同馬は昨年、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯とGIを3勝し、JRA最優秀3歳牝馬のタイトルを獲得。今年初戦の大阪杯後、5月18日のヴィクトリアマイル(GI)に向け調整が進められていた。近日中に宮城県の山元トレセンに放牧され、精密検査を行う予定。
(netkeiba.com)
 
どの程度の脚部不安かわからんけど、軽い症状やったらいいねんけどな〜。
精密検査して屈腱炎やったらどうしよう・・・。とか、ついつい心配になってしまいます。
 
結果論になってしまうけど、やっぱりエリザベス女王杯の後でゆっくりさせてあげたらよかったな〜。
おいおい!有馬記念出るんかよ!!って思った人は、おれだけじゃなくけっこう多かったと思うもん。
古馬でも天皇賞秋ジャパンカップ有馬記念のローテーションはけっこうキツイと思うのに、3歳の牝馬に秋華賞エリザベス女王杯有馬記念のローテーションは酷やもんな〜。
有馬記念の後もフェブラリーSを使ってドバイ遠征プランとかあってなかなかゆっくりさせてもらえへんかったし・・・。
 
とにかく、個人的にかなり好きな馬なのでゆっくりと休んでまた復活してほしいです。
 
 
☆キャプテントゥーレ骨折☆
20日の皐月賞(GI)を制したキャプテントゥーレ(牡3、栗東・森秀行厩舎)が、左第3手根骨々折を発症したことが、22日にJRAから発表された。全治9か月と診断され、年内の出走は絶望的となった。
同馬は、父アグネスタキオン、母が01年阪神牝馬S(GII)を勝ち、02年モーリスドゲスト賞(仏G1)2着のエアトゥーレ(その父トニービン)。祖母が94年ムーランドロンシャン賞(仏G1)を勝ったスキーパラダイスという血統。
昨年7月のデビューから2戦目で初勝利。デイリー杯2歳S(GII)で重賞初制覇を飾ると、その後も重賞戦線で活躍し、7番人気で臨んだ皐月賞では果敢な逃げを打って快勝。6月1日に行われる日本ダービー(GI)での2冠制覇が期待されていた。通算成績7戦3勝(重賞2勝)。
【森調教師のコメント】
「がんばって勝ってくれたのに、こんなことになって残念です。今後、山元トレセンで休養させて、来年明けのAJC杯あたりで復帰できればと思っています」
(netkeiba.com)
 
極限の仕上げで頑張った代償なのかどうかはわからんけど、皐月賞馬の長期戦線離脱は残念やな〜。
成長期の骨折は相当痛いけど、ゆっくり治してまた復活してほしいです。
 
 
☆おまけ☆
松下奈緒ってきれいやな〜。