☆デイリー杯2歳Sの感想☆
12.1-10.5-11.3-11.8-12.2-12.2-11.4-11.7
(レースの上がり3F35.3)

1着ホウライアキコ
2着アトム
3着ピークトラム
 
ホウライアキコが前傾ラップの中を好位から抜け出し、アトムの追撃もしのぎ切るという文句のつけようがない競馬で勝ちましたね〜。
しかも、1.33.2のレコードのおまけつき。
 
1200mで連勝してたもんやから、現時点ですでにスプリンターなのかな〜?とか思ってたけど、マイルも普通にこなすどころか予想以上のパフォーマンスを見せてくれました。
これで阪神JFの有力候補になったと思うけど、本番でどんな競馬するか楽しみですね。
 
アトムに関しては、前傾ラップからの持久力勝負っていう流れになったのも運がなかったかな〜と思うけど、それでもクビ差の2着なんで悲観する必要は全然ないかな。
ディープ産駒なんで、できれば緩い流れからの瞬発力勝負になってほしかったでしょうね。
 
3着以下の馬に関しては、2着から3馬身離されてるのもあって特に言うことがないかな〜。

馬券結果
宣言通り、馬連7−12を買ったけどハズレました。
ホウライアキコに勝たれたら素直に完敗を認めざるを得ないです。
 

☆ペルセウスSの感想☆
12.4-11.1-11.7-12.1-11.8-11.6-11.7
(レースの上がり3F35.1)

1着ゴールスキー
2着キズマ
3着ガンジス
 
こんな馬場でこのメンバーなら、もう高確率で前が止まらない〜〜っていう前残り決着やわ〜。
キズマから先行勢に流していったらOKっぽいな〜とか思ってたら、ゴールスキーがすごい勢いで伸びてきましたね〜。
現時点で1400mどうなんかな〜とか思ったけど、全く問題なかったです。
 
キズマガンジスなんかは、前めで立ち回る器用さがあるのはいいけど、能力的にバランスがいいというか、どれも中の上って感じでややパンチ不足というか、器用貧乏の善戦型ってキャラですね〜。

馬券結果
宣言通り、馬連5−6・9・13を買ってから、追加で馬連5−16、ワイド5−9・13を買い足しました。
これだけ買えばまず当たるやろうとか思ってたけど、ゴールスキーを軽視しちゃって完敗でした。
 

☆信越Sの感想☆
12.1-10.6-11.2-11.5-11.9-11.8-11.9
(レースの上がり3F35.6)

1着インプレスウィナー
2着オセアニアボス
3着テイエムオオタカ
 
勝ち馬から14着までが0.5差の範囲内なんで、さすがハンデ戦っていう大接戦でしたけど、テイエムオオタカがやったか!!ってところに、外からインプレスウィナー、オセアニアボスの2頭が強襲!!
 
インプレスウィナーなんかは外に出すまでにロスなんかもあったけど、追い出されたらすごい伸びでしたね〜。

1番人気で0.2差6着のゴットフリートは1400m適性がどうかわからないけど、能力的にこんなもんなのかも?って感じがしなくもないです。

馬券結果
宣言通り、モグモグパクパクの単勝買おうかなと思ったけど、勝浦の単勝とかないかもな〜って思って、ワイド13−1・3に変更しました。
0.2差7着だったんで単勝でもワイドでも結果は同じでしたね。
 

☆京都大賞典の感想☆
12.9-11.6-11.6-12.7-12.6-12.4-11.7-11.4-11.1-11.6-11.3-12.0
(レースの上がり3F34.9)

1着ヒットザターゲット
2着アンコイルド
3着トーセンラー
 
あれ??ぼくの住んでる地域だけ京都大賞典が放映されず、なんかローカル重賞みたいなレースが放映されたんですけど・・・。
って、言いたくなるぐらいわけのわからない京都大賞典でした。
 
ゴールドシップが無理してでも前めの位置取りにいった時点で、「あ〜。これでもう勝ったわ〜。この位置を確保できれば負けるようなメンバーちゃうしな〜」とか思ったんですけど、勝負所の手応えが・・・あれ??あれ??って感じで結局伸びず0.3差の6着でフィニッシュ・・・。
 
休み明けで58kgで0.3差ならまあまあ・・・ってならないならない!!
負けた相手がこれですからね〜。
これはJCに向けてかなり不安になるレースを見ちゃった感じです。
パワー・スタミナ・持久力が持ち味の馬なんで、今日みたいな超高速馬場は向いてないけど、JCも高速馬場になる可能性が十分あるだけに軽快さが要求されたら今回同様に馬群に沈んじゃうかもしれません。
ゴールドシップ陣営は今からでもJCに向けて雨乞いの準備した方がいいかもですね。

馬券結果
宣言通り、馬連12−3・4・7と馬単7−12を買いましたけど、ゴールドシップが6着って時点でどうにもならないです。
 
ゴールドシップが前めで競馬した場合はそれより後ろでじっくり溜めてる馬が狙い目とは言ったけど、まさかヒットザターゲットアンコイルドがメンバー中上位の上がり3Fを叩き出して1・2着するなんて全く想像すらしなかったです。
 
いまだに信じられないぐらい驚きの結末でした。
みなさんの住んでる地域でもヒットザターゲットアンコイルドが1・2着でしたか??と1人ずつ聞いて回りたいぐらいです。
 

☆毎日王冠の感想☆
13.0-11.0-11.5-12.7-12.6-12.6-11.1-10.9-11.3
(レースの上がり3F33.3)

こっちはわかりやすいぐらいのSペースからの瞬発力勝負でしたけど、なんであのペースで縦長になってるんや??って言いたくなるレースでした。
 
こんなレースの上がり3Fが33.3っていう極端な競馬になったら、そりゃ先行勢だって簡単には止まってくれませんよね〜。
瞬発力勝負に対応できて、ある程度の位置で競馬できないとかなり辛いレースだったと思います。

1着エイシンフラッシュ
この馬は持久力勝負でもそれなりにはやれますけど、1番の長所は瞬発力勝負での強さですからね〜。
直線長いコースで緩い流れから極端に上がりが速くなる競馬はピッタリ!!
まあ、それはみんなわかってると思うんですけど、ここ数年が上位人気だと凡走しやすく、人気下げたらたまにくるっていう買い時がすごく難しい馬やし、香港以来で58kgっていうのもあったんで、能力を認めつつも怖くて手が出なかったって人が多かったかもしれませんね。
 
2着ジャスタウェイ
どうせ出遅れて後方からやろ?とか思ってたけど、スタートも問題なく、勝負所ではエイシンフラッシュと近い位置にいたんで、それが好走の1番の要因やったかな〜。
1600〜2000mぐらいの距離で瞬発力勝負向きなんである程度の位置で流れに乗れればこれぐらいやれて全然おかしくない馬ですもんね。

3着クラレント
2・3番手かな〜と思ってたら、逃げる形になったけど、このペースで逃げさせてもらったのはおいしかったですよね〜。
ここでしっかり勝ち切れてたらGIも見え隠れするのかもですけど、GI級の馬相手には少し分が悪かったかな?

5着ダークシャドウ
う〜〜ん・・・。明らかに衰えてるとまでは言わないけど、緩やかに衰えてる感じで、現状ではGIとかやと掲示板が精一杯って感じの馬なのかも?
 
6着ショウナンマイティ
この馬は溜めていい脚で伸びてくるけど、先行勢も楽してる瞬発力勝負じゃなくて、先行勢が泣くような持久力勝負で持ち味発揮するタイプなんで、直線長いコースはよくてもここまで展開が落ち着くとよくないんで、直線短くても持久力勝負になりやすい小回りコースの方が強いんですよね。
 
7着コディーノ
出遅れて後方からの競馬も展開的に辛かったし、+18kgなんで陣営的にも調整みたいな感じやったんかな〜?
今回だけでは何とも言えないけど、次である程度結果出せないと、今年の3歳世代は相当弱い世代って言われちゃいますね。
 
馬券結果
宣言通りに、馬連1・7・9のBOXを買ったんですけど、コディーノ+18kgがどうしても怖かったんで、本命のクラレントからBOXに入れてない馬の中から1頭選んでワイドを買い足すことにしました。
 
ショウナンマイティ、エイシンフラッシュ、ジャスタウェイのどれにするかで迷って・・・。
 
まずは、買ってもオッズ安いし、脚質的にも買いたくないショウナンマイティを消しました。
 
エイシンフラッシュ、ジャスタウェイの2択やったけど、これどっちもぼくがよく印つけてる馬なんで両方買おうかな〜とか思ったけど、出遅れる可能性あるジャスタウェイを消して、エイシンフラッシュを優先して、ワイド6−7を買い足しました。
 
結果的に、そのワイドが当たって12.4倍がGETできました。
 

☆複勝ころがし企画(日曜日の結果報告)☆
毎日王冠 クラレント・・・3着
 
おいしい流れで競馬させてもらったおかげでなんとか3着になれました。
 
投資1000Pが2700Pになりました。
 

☆おまけ☆
さあ、今夜は凱旋門賞ですよ〜〜〜〜〜〜〜〜。
オルフェーヴルキズナダービー馬2頭がどんなパフォーマンスを本番で見せてくれるかすごく楽しみです!!
 
できれば、1・2フィニッシュを期待したいけど、どっちかだけでも勝ってくれれば、その瞬間に絶頂に達してしまいそうです。