今週はPOG2015−2016のシーズンの人気馬達をチラチラっとチラ見していますが、今日はその4日目です。
じゃあ、早速やっていきましょう。
 

アドヴェントス(アドマイヤサンデーの2013) 堀厩舎
(父ジャングルポケット アドマイヤサンデー

トールポピー、アヴェンチュラ、フサイチホウオーの全妹。
 
この配合は活躍馬よく出してるし、姉がGI勝ってるんで牝馬だとさらにいいのかも?
馬体は姉より小さいみたいですが、いい走りをしてるそうです。
 
デビューは、新潟の後半〜秋の前半ぐらいの予定らしいんでもうちょっと先ですね〜。
 

タニノアーバンシー(ウオッカの2013) 角居厩舎
(父シーザスターズ ウオッカ

ボラーレケースバイケース(2頭ともに未勝利)の全妹なんで、この妹もあまり・・・って思われるのも無理ないですが、何といっても母があのウオッカ
いつ大物が出てきてもおかしくないし、ロマンはたっぷりですね〜。
 
500kgを超える大型馬ですが、どんな活躍してくれるのかな〜。
ダイワスカーレットの娘ダイワウィズミーと一緒に走る機会があったら、名勝負を繰り広げたライバル同士の娘が激突ってことでテンション上がる人多いんじゃないでしょうか。
 
もう入厩してて、ゲート試験も合格して、坂路にも入ったりしてるみたいなんで、大型馬やけど意外とデビューは早かったりするのかな?
 

アゼリの2013 松永幹厩舎
(父ディープインパクト アゼリ
 
アゼリはアメリカでブリーダーズCディスタフなどGI11勝。牝馬史上3頭目のアメリカ年度代表馬に選ばれた歴史的名牝だそうです。
 
ディープインパクトのGI7勝と合わせるとGI18勝というすごくGI勝ってる両親の子供だけあって、セレクトセールで2億4000万円で落札されました。
超高額馬なんでかなり期待されてると思いますが、値段に見合った大活躍をしてくれるのか注目です。
 
ちなみに、1歳下にも2億5000万円で落札された全弟がいるんで、この馬の活躍次第で来年のPOGで全弟を指名する人数もかなり変わってきそうですね。
 
秋に入厩らしいのでデビューはもうちょっと先かな。
 

☆おまけ☆
エピファネイアが左前脚の繋靱帯炎で宝塚記念を回避するそうでかなり残念です。
どの程度のケガなのかわからないですけど、復帰までどれぐらいかかるのかな〜?
秋のGI戦線には間に合うといいんですが・・・。
 

☆お知らせ☆
・みんなで達成WIN5企画
・やすの競馬総合病院 POG2015−2016大会
ともに参加者は誰でも大歓迎です。
 
ルールなど詳細は、右側メニュー欄の上部のリンクからどうぞ。