それでは、4月22日(土曜日)に行われるレースの過去5年の1着馬の傾向を調べていきましょう。
 

☆福島牝馬Sの過去5年の1着馬の傾向☆
時計:1分46秒台前半の決着に対応できる方が無難かな。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:中団よりも前で競馬できる方がよさそう。
人気:1着馬5頭中、1番人気馬が2頭。3・5・15番人気馬が1頭ずつ。
斤量:1着馬5頭中、54kgの馬が5頭。
 

☆オアシスSの過去5年の1着馬の傾向☆
時計:1分35秒台の決着に対応できる方がよさそう。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:中団よりも前で競馬できる方がよさそう。
人気:1着馬5頭中、3番人気馬が2頭。1・5・7番人気馬が1頭ずつ。
斤量:1着馬5頭中、58kgの馬が2頭。55・56・57圓稜呂1頭ずつ。
 

時計:1分20秒台前半の決着に対応できる方がよさそう。
展開:どちらかいえば持久力勝負になりやすい。
脚質:中団よりも後ろで競馬できる方がよさそう。
人気:1着馬5頭中、1番人気馬が2頭。2・3・7番人気馬が1頭ずつ。
斤量:1着馬5頭中、56kgの馬が4頭。57圓稜呂1頭。
 

☆おまけ☆
東京スプリントは、宣言通り、馬単 10−2の1点だけを買って、ネットのライブ中継を見てたんですが、。
 
10番のキタサンサジンが逃げ切ろうとするところを、2番のブライトラインが猛追してきたんで、
ブライトラインやめて〜〜〜。
馬単の裏は買ってないから、やめて〜〜〜。
と、直線からゴールまではかなりドキドキしながら見てました。
 
ゴール前は接戦でしたが、アタマ差で10番のキタサンサジンが逃げ切って1着!!!
2着ブライトラインでバッチリ馬単1点勝負で当たりました!!!
 
昨日ぼくが見た時点での前日オッズの馬単10−2は8.5倍だったんで、当日はもっと下がって5〜6倍ぐらいしかつかないかな〜と覚悟してたんですが、8.1倍でほとんど下がってなかったんで、これで8倍つくのかよ〜と個人的には十分おいしい馬券GETできました。
 
3000Pが24300Pに増えました。
 
これで今年の地方交流重賞は5勝4敗
回収率も217%で地方競馬には本当にお世話になってます。
JRAの成績がひどいんで、JRAの方をそろそろなんとかしなきゃいけませんね〜。