☆JBCクラシックの予想の下準備☆
1番人気ケイティブレイブ(2.8倍)
地方交流GIで2勝してる実績あるし、休み明けの日本テレビ盃1着で順調にきてるし、先行力を活かしやすそうな京都も合ってそうですが・・・。
JRA勢の頭数が少ない地方交流の重賞やGIでは勝ってるんですけど、JRAの重賞以上では勝ててないし、JRAのGIでは(0.0.0.3)で全て着外なんですよね〜。
今回みたいにJRA勢が大半のメンバーだと出走馬のレベルもレースのレベルも地方交流GIより上がるし、先行しても簡単には主導権握らせてもらえないんで勝ててないのかな?
1900mもこなせてるけど、少し長い感じもするんで展開次第ではスタミナ心配かも。
 
2番人気サンライズソア(3.1倍)
同じ京都ダ1900mの平安S1着、シリウスS3着からの休み明け2走目、引き続きルメール騎乗などはいいんですけど・・・。
GI級のメンバー相手に先行する正攻法の競馬でどれだけ通用するかがわからないんですよね〜。
 
3番人気オメガパフューム(4.2倍)
シリウスS1着で順調にきてるし、休み明け2走目で上昇の余地あるし、3歳なんで斤量の恩恵もありますね〜。
GI級のメンバーとの力関係が不明ですけど、同じ3歳世代のルヴァンスレーヴが南部杯でGI馬のゴールドドリームを負かしてたし、展開の恩恵もありえるメンバー構成なんで色々と恵まれれば、JDDでルヴァンスレーヴの0.3差2着がある3歳世代トップクラスの1頭なんで一発あるかも?
 
4番人気アポロケンタッキー(9.0倍)
日本テレビ盃2着からの休み明け2走目でいい感じやし、スタミナと持久力が持ち味なんで距離の不安もないし、デムーロみたいな追える騎手とのコンビは合ってそうですけど・・・。
このメンバーで好位のいいポジション取れるか怪しいとこあるし、4・5歳の頃より衰えてる感じもするんで、上位争いできるかどうかってとこなのかな?
 
5番人気ノンコノユメ(9.4倍)
休み明けの南部杯が馬体重−11kgで1.4差の4着でしたけど、そこからどれだけ上澄みあるのかな〜?
距離もベストよりは少し長そうやし、不器用な追い込み馬なんで器用さのいる京都はマイナスだと思うんで、展開向いてどこまでってとこかな〜?
 
6番人気テイエムジンソク(14.2倍)
帝王賞が1.4差6着、休み明けの日本テレビ盃が1.0差4着・・・。
逃げ・先行脚質でごまかしが効きにくいから、前走からあまり変わってなければ大敗もありそう。
去年の12月はチャンピオンズCで0.0差2着だった馬なんで休み明け2走目の上昇度次第では復活の可能性があってもいいのかな?
 
7番人気サウンドトゥルー(21.9倍)
8歳やし、不器用な追い込み馬なんで、器用さのいる京都でJRA馬が多いメンバー構成だと、後方から外回るコースロスもけっこうありそうやし、展開向いてどこまで詰めてこれるかってとこかな〜?
 
8番人気センチュリオン(27.5倍)
中山ダ1800mに相性いいんでタフな競馬に強い馬なのはいいですね〜。
白山大賞典1.1差2着からの休み明け2走目ですけど、GI級の馬達が相手なんで前走からかなり上澄みないと厳しいかも?
 
9番人気クリソライト(31.5倍)
8歳やし、去年のコリアC以来の1年2ヶ月ぶりなんで、さすがに厳しそう。
 
10番人気オールブラッシュ(90.0倍)
南部杯1.5差5着からの休み明け2走目ですけど、過去の地方交流GIとか見てると、このメンバー相手に上位争いまではちょっと厳しいのかな〜?
 
11番人気カツゲキキトキト(178.9倍)
前走の白山大賞典が1.4差3着やし、過去の地方交流重賞とか見てると、これだけJRA馬が多いと上位争いは厳しそう。
 
12番人気アスカノロマン(192.3倍)
7歳やし、OP特別でも凡走するぐらい衰えてるんで厳しいかな〜。
 
13番人気テーオーエナジー(204.8倍)
前走からの距離延長、休み明け2走目、藤岡弟から岩田へ乗り替わり、伸びしろいっぱいの3歳馬、斤量の恩恵など好材料は多いんですけど、ここで上位争いできるだけの能力あるのかな〜?
ちょっと相手が強いかな〜って気はするけど・・・。
 
14番人気シュテルングランツ(257.0倍)
大井で連勝中とはいえ、さすがに相手が強すぎるかな〜。
 
15番人気マイネルバサラ(441.7倍)
凡走続きやし、このメンバー相手だと厳しいかな〜。
 
16番人気タガノゴールド(1009.5倍)
園田で連勝中とはいえ、さすがに相手が強すぎるかな〜。


おまけ☆
パソコンを立ち上げると、ヴィィィィィーーーーンと卑猥な音を出すようになってしまいました(笑)

空調ファンがありそうな辺りを上から軽く叩くと少しだけ静かになるんですけど、そろそろ限界なのかもしれませんね。