ぼくたちの成長日記?

クリック募金にご協力を( ̄ー ̄)

ブログ引っ越しました・・・

みなさんこんばんわm(_ _)m

今回の地震で被災されたみなさまのご無事を心よりご祈念申し上げますm(_ _)m


私事でございますが、この度アメーバブログに引っ越すことになりましたm(_ _)m


今後とも今まで以上のご愛顧をよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

アドレスはコチラです → ぼくたちの成長日記

若年性脱毛症の前立腺がんリスクは2倍、仏研究




【2月19日 AFP】20歳よりも前に髪が薄くなり始める若年性の男性型脱毛症の人は、そうでない人に比べ、中年以降に前立腺がんを発症する確率が2倍高いとする論文が、今週の英医学誌「Annals of Oncology(腫瘍学年報)」に発表された。

 これまでの研究では、男性型脱毛症、前立腺がんとも男性ホルモンのアンドロゲンが強くかかわっていると指摘されてきたが、若年性脱毛症と前立腺がんの関係性は不明瞭なままだった。

 この関係性を明らかにするため、パリ(Paris)のジョルジュ・ポンピドー欧州病院(Georges Pompidou European Hospital)の研究チームは、前立腺がんを発症したことがある338人を含む669人の男性に対し、20歳、30歳、40歳の時の髪の毛の生え具合について聞き取り調査を行った。

 髪が減り始めたのは30歳または40歳以降というグループでは、前立腺がんを発症したことがある対照群と比較して、前立腺がんの発症リスクに変化はなかった。だが、20歳の時点ではげ始めていたというグループでは、発症リスクは2倍だった。

 研究者は、今回の結果についてさらに検証する必要があるとしながらも、前立腺がん検査において、若はげは有益な指標になりうると指摘している。

 現在、前立腺がんの早期発見法として最も一般的なのはPSA検査だが、リスクの少ない腫瘍(しゅよう)と悪性腫瘍の区別ができず、さらに抗原レベルには個人差があるという欠点がある。また前立腺炎をがんと誤認する危険性もあるという。(c)AFP/Veronique Martinache


踏んだり蹴ったりですな・・・

しかし、早期発見の可能性も上がるという事か・・・


人気ブログランキング


yasuo_okawaをフォローしましょう

携帯電話の電磁波がアルツハイマー病に効果?米研究





【1月7日 AFP】(写真追加)長年、脳腫瘍の原因になるのではと疑われてきた携帯電話だが、アルツハイマー病の治療に重要な役割を果たす可能性が明らかになった。米サウスフロリダ大学(University of South Florida)の研究チームが6日、専門誌「Journal of Alzheimer's Disease」で発表した。

 研究チームによると、米国の携帯電話と同程度の電磁波を1日2回それぞれ1時間ずつ照射した96匹のマウスで、驚くべき結果が出た。長期間にわたって携帯電話の電磁波を照射した場合、高齢のマウスでβアミロイドの蓄積が解消し、記憶力が向上したのだという。βアミロイドとは、アルツハイマー患者の脳内に蓄積し、特徴的なプラークを生成するタンパク小片。

 記憶障害の兆候が全く出ていない若いマウスは、数か月の照射によってアルツハイマー病の予防効果があった。また、アルツハイマー病の遺伝的素因をもたない普通のマウスの記憶力は、電磁波の照射後には向上したという。

 研究チームによると、電磁波の照射から効果が見られるまで、マウスの場合は数か月かかったが、これは人間でいうところの数年にあたるのだという。

 研究チームの1人は、「われわれは人間が携帯電話を使う時の電磁波と等しい電磁波パラメーターを選び、人間の記憶実験と非常に近い条件でマウス実験を行ったので、実験結果は人間に非常に関連性があると信じている」と語った。

 一方、アルツハイマー病協会(Alzheimer's Association)のウイリアム・ティース(William Thies)氏は、この研究について「非常に予備的なもの」だとし、携帯電話を過剰に使うなどして自ら治療しようと試みないよう警告した。(c)AFP


ホントなんかなぁ???


人気ブログランキング


yasuo_okawaをフォローしましょう

適度な運動で海馬の容積が増加、米研究




【2月1日 AFP】55歳以上の人が適度な運動を1年間続けたところ、記憶の形成を担う脳の海馬の容積が増え、空間記憶が改善されたとする論文が、31日の米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に発表された。

 米ピッツバーグ大(University of Pittsburgh)などの研究チームは、認知症がなく座りがちの生活を送る55〜80歳の男女120人を集め、「ウォーキング(有酸素運動)を1日40分、週3日行う」、「ストレッチングのみを行う」のいずれかのグループに無作為に分けた。

 すると、有酸素運動をしたグループでは海馬の容積が左側は2.12%、右側は1.97%増加した。ストレッチングをしたグループでは逆に、左側が1.40%、右側が1.43%減少した。

 論文を執筆した同大のカーク・エリクソン(Kirk Erickson)教授(心理学)は、「加齢に伴う海馬の萎縮は必然的なものだが、適度な運動を1年間続けるだけで海馬のサイズを大きくすることは可能だ。脳はこの段階でもまだ変わることができる」と話している。(c)AFP


人気ブログランキング


yasuo_okawaをフォローしましょう

さて問題です(=⌒ー⌒=)

ボクの専門分野から出題です(=⌒ー⌒=)

酒に酔い、暴行を受け、顔面陥没の大怪我を負った市川海老蔵さん((((゜д゜;))))

彼が医療保険に加入していた場合、このケースで保障されている入院給付金と手術給付金は受けられるでしょうか?

簡単かな(^^;)?



人気ブログランキング


yasuo_okawaをフォローしましょう

ひさびさの・・・

異業種交流会参加('-^*)ok

いろんな人脈が新たに生まれ、刺激を受けました(=⌒ー⌒=)

中には2年ぶりや3年ぶりにお会いした、別の交流会でいっしょだった方も・・・(^^;)

今回は幹事の1人としての参加(またかよ)なので、どういう方向に持って行くか、どういう人に参加してもらうか等、みなさんと話し合いをしました(=⌒ー⌒=)

キーワードは「スモールビジネスに特化する」('-^*)ok

どうなっていくのか、密かにニヤニヤしてます(=⌒ー⌒=)



人気ブログランキング


yasuo_okawaをフォローしましょう

がんの転移・再発を「タンパク質」で予測、精度が高く安全




【2月3日 AFP】腫瘍(しゅよう)に含まれる特定のタンパク質の量を調べることで、がんの転移や再発の可能性を高い精度で予測する方法を発見したとの論文が、1日の医学誌「Clinical Investigation(臨床試験)」に発表された。

 現在の進行度(ステージ)分類より正確な診断ができ、広範囲への応用が実現すれば、転移を防ぐための積極的な治療をいつ実施するかの見極めにも役立てられそうだという。

 米国立衛生研究所(US National Institutes of Health)と香港大(University of Hong Kong)の研究者らは、通常インシュリンなどのホルモン処理に関与するタンパク質「カルボキシペプチダーゼ E(CPE)」の新たな変異体「CPE-delta N」を発見。これが、さまざまながんにおける転移性腫瘍細胞に多く含まれていることを見出した。該当するがんは、肝臓がん、乳がん、大腸がん、副腎がん、頸部がん、脳腫瘍など幅広い。

 現在、がんの進行度は、ステージ1(早期がん)、ステージ2(軽い進行がん)、ステージ3(かなり進んだ進行がん)、ステージ4(末期がん)に分類されている。研究チームは、ステージ1〜4の肝臓がん患者99人を8年間追跡調査。腫瘍細胞と周囲の組織を摘出し、タンパク質の生産を助けるリボ核酸(RNA)を測定することでCPE delta-Nの量を調べた。

 その結果、腫瘍に含まれるCPE delta-N RNA量が、周囲の細胞に含まれる量の2倍以上だった人では、2年以内に再発または転移する確率が極めて高かった。逆に2倍以下の人では、再発の確率はがくりと下がった。

 また、がんの転移・再発予測については90%以上の確率で的中し、再発しないとの予測でも76%が的中した。ステージ2の患者で、腫瘍摘出後に転移の可能性はなく治療の必要はないとされた人に再発が予測されたケースもいくつかあったという。(c)AFP


なるほど・・・

早く実用化してほしいものです^^


人気ブログランキング


yasuo_okawaをフォローしましょう

がん細胞の増殖促す「悪玉遺伝子」を発見、末期がん治療に期待 〜 イギリス




【1月26日 AFP】がん細胞の増殖を促す「悪玉遺伝子」を発見したとする論文が24日、英ネイチャー・パブリッシング・グループ(Nature Publishing Group)発行の医学誌「Oncogene(がん遺伝子)」に発表された。この遺伝子を封じ込める薬が開発されれば、末期がんであっても進行を止めることができると期待されている。

 この遺伝子「WWP2」は、特定の酵素に働きかけ、がん細胞の増殖を防ぐ天然阻害物質を攻撃させる。

 英イーストアングリア大(University of East Anglia)の研究チームは、WWP2を不活性化すると天然阻害物質の量が増え、がん細胞が再生されなくなることを発見した。

 がん細胞に侵入してWWP2を封じ込める薬が開発されれば、原発腫瘍に対する従来の治療や手術を転移リスクがない状態で行うことができると、研究チームは期待を寄せている。(c)AFP


人気ブログランキング


yasuo_okawaをフォローしましょう

スペイン、失業率20.33%に 先進国で最悪水準!!




【1月29日 AFP】スペイン統計局(INE)は28日、同国の2010年末の失業率が、13年ぶりの高水準となる20.33%にまで悪化したと発表した。先進国で最悪の水準だ。

 INEによると、2010年の第4四半期に新たに失業した人数は12万1900人。失業者数は全体で469万7000人となった。

 スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ(Jose Luis Rodriguez Zapatero)首相は、失業率を19.4%に抑える目標を立てていた。(c)AFP/Katell Abiven


すげぇな、コレ・・・

なんで暴動が起こらないんだろう???

日本だったらと思うと、ぞっとします・・・


人気ブログランキング


yasuo_okawaをフォローしましょう

気をつけよう((((゜д゜;))))

先日営業で行った病院の事務長のひとこと。


「人間60歳を過ぎると、多くの人が大病を経験する」


「あなたの仕事はそういうときの準備をお手伝いすることだね」と・・・


あしたもがんばろうφ(._.)



人気ブログランキング


yasuo_okawaをフォローしましょう
ランキング


敏感肌や乾燥肌、アトピーでお悩みならホクエイの洗剤・除菌剤





写真素材 PIXTA
写真素材買います(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)☆
健康診断
がん検診☆

1日1クリック♪



By TwitterIcon.com








ページランク



PING送信プラス by SEO対策






おすすめ☆
My Yahoo!に追加






Skype Me
カウンター
QRコード
QRコード
訪問者数

プレスブログ



CM2

























livedoor プロフィール
Recent Comments
  • ライブドアブログ