2016年07月24日

迷い道くねくねー

160724_1412591曲だけいつ聴いても満足なのがあるけど
それ以外はもう、全部録り直しだーって思う時もあれば
よく出来てるって思える時もあって
どうすりゃいいのか、混乱しています


今日久しぶり炎天下、1時間ジョギングしました
走りながら考えた
ジョギングをトレーニングだと思って走ると苦しくなるけど
ストレス解消だと思うと、ちょっと楽しく感じながら走れる
ってことは、何だって全てストレス解消だと思って向き合ったらいいんじゃないのか

まぁ時々そう「人生は暇つぶし」的な、達観してる風な事言うアーティストがいるけど、たいがい言う程面白くない
やっぱ落ち着いちゃダメだ
と思うけどやっぱ、いい加減もう落ち着きたい


31日(日)ヴィマーナ歌会
19:40〜ふーたんず
20:00〜つっちー
20:20〜斉藤
20:40〜池谷
21:00〜スギタヒロキ
21:20〜James
21:40〜石田チビオヤジ
22:00〜さっちも
22:20〜杉山二郎
22:40〜安兵衛
23:00〜Free Byrd

  
Posted by yasube3yasube at 22:09Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月21日

他の芸能と比較して、音楽だけがどうも成熟しない

と、感じてるのは僕だけではないと思います

それはそうと、今夜9曲目に到達して
しかしまた録り直す曲も見つけた
しかしそれほどガッカリしてません
大きくブレてはいないので

ひとつまた発見したのは
自分の歌に入り込むってのは、感情に振り回されてる恥ずかしい姿で
でもそれが逆に美しく見える時もあるんだけど
基本的には、観客は置いてきぼりにされてる
という捉え方をしてきたので、避けてきましたが
少し変わってきました
あえて歌に入り込み、それでも自分でコントロールできる気がします
自己陶酔と正気の両立を、キープしながら歌う
そうすれば観客を置いてきぼりにせず、エネルギーの満ちた歌をしっかりと伝える事も可能な気がします  
Posted by yasube3yasube at 00:07Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月17日

僕は今まで、三宅洋平という方を知りませんでした

ユーチューブを色々見てたら知りました、選挙後でした
こんな骨のある若者がいるんですね
この人に投票したかったです

世の中を弱い者の為に変えようとすれば必ず、権力、勢力に立ち向かわなければならない
そんな戦っている人の顔は、本気さが伝わってきます

三宅洋平さんは、いかにも古い体質の人達に叩かれそうな外見と手法です
山本太郎さんや湯川れい子さんも応援に来てました
とても分かりやすく庶民の知らない政治の裏側を教えてくれてます

僕もいい大人なので、感情だけで動かされるのではなく、冷静に人の話を判断しなきゃいけませんが
本当の事を言ってるのなら、言葉は自然と入って来ますし
胡散臭さがどっかにあったら、言葉は入って来ませんので
純粋に心で判断するほうがかえって間違いがないとも言えます

こないだテレビであるジャーナリストが
「政治家は、口に出す言葉と腹の中は違うもんだ」と言って
石田純一は向いてないと説明してました
でも僕はそうゆう政治家にはうんざりなので
もう少し正直にものを言える人も政治家になって欲しいです

福島の原発が爆発して以降、世の中は色んな事を知り、考えてきたと思います
マスコミは信用出来ないし、政治家は腹で何かをたくらんでる
だから本当のところは自分で見つけるしかない
だから本当のところを教えてくれる人の存在はありがたいと思います
だから本当のところを教えてくれる人に投票したいです

やっぱり、権力に逆らえる人はカッコよく見えるけど
権力にへつらっていなきゃ生きられない人がいるのも事実
それはどうしようもない
でも命を優先するのは仕方がないけど、贅沢を優先するのは許せない
「絶対安心」と嘘ついて原発をあっちこっちの田舎に建てちゃうような権力には、逆らうのが当たり前
地震大国に原発を建てるからには、安心できるはずがない
安心できないから大都市には作らなかった
これほど明らかに矛盾した安全神話に対して、何も言えない社会になったら終わりです
大人しくヨウ素剤を受け取るバカにはなりたくない

清志郎が「政治に無関心ではダメだよ」って、歌を通して楽しく教えてくれるけど
それもロック音楽が果たさなきゃいけない役目のひとつだと、僕も考えます
そしてロック音楽として大事なポイントは「楽しく」ってこと  
Posted by yasube3yasube at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月12日

ごもリンピック

考えてみるとちょうど4年前も、山ごもりをしてました

「このままじゃダメだ、しっかり実力をつけよう」と、41歳にして出直しを決意した時でした
とは言え、器用な音楽は無理なので
基本中の基本「歌を伝える」という1点を、ひたすら追求する事にしました
基本という観点から、僕の敬愛する三沢光晴のエルボーに例えました
それが”エルボー理論”です
三沢のエルボーの説明をすると、凄く長くなるのでやめますが
誰でも出来る基本的な技で、場合によっては強大な相手を倒せるという理論です

エルボー理論以降、安兵衛を認めてくれる人も増えましたし、自信もつきました
なので、録音するのがこんなに長引くとは思ってもいなかったです
4年経ったら、更新の時期なのかな

7月になって録音の感じが良くなってきて
とりあえずだけど、さっき6曲目のOKテイクに至りました
ペースが上がってきました
この調子でいきたいところです  
Posted by yasube3yasube at 22:15Comments(12)TrackBack(0)

2016年07月10日

インターネットで流行ってる音楽

ユーチューブとかインターネットで、音楽を色々見ていると
とても才能のある若者の存在を知る事がよくあります
第一印象は確かに凄くて
だからかもしれないけど
それ以降こっちの期待値を超えてくることは、ほとんどありません
詞の世界観、曲作り、ワンパターンと言っていいくらいに幅がない

先進的なバンドもいくつか知りました

僕が偏屈なだけかもしれないけど
特にバンドサウンドは、どれも小手先のものに見えてしまいます
新しさを感じないわけではないけど
心を熱くさせるものが全く欠けている
形だけ整えた空っぽのサウンドに聴こえます

それと、なんなんだろうって思うのは
いかにもパソコンで一人ひっそり聴く歌
命に光と闇があるなら、闇の方をかなり深く掘り下げて
血なまぐさいグロテスクな映像を、お洒落な感じに作り上げたり
「死にたい」とか繰り返したり、人間の狂気とか表現してるんだろうけど
結局それを、かっこいい、センスがいいって思われたいんだろうなぁ、なんてうがって見てしまいます

少なくとも音楽は
何かと恵まれた条件がそろわなきゃ、続けられるはずがありません

気持ちはわかる部分もあります、僕にも
だけど「死にたい」とか歌うのは、僕は大嫌いです
そもそも死にたい気持ちのままで、歌を発信できるはずがない
インターネットで音楽を発信してる、それは気持ちにも状況にも余裕がなきゃ出来ません
楽器を持ってる、楽器を奏でられる、パソコンを持ってる、パソコンを使える、使用料を払える、音楽に費やす時間と金がある、気持ちを吐き出せる体力がある、家族が無事である、、

恵まれた上に成り立ってるという自覚があるからこそ、自虐な歌になってしまうことは僕にもあります
でもあまりにそればかりなのは、嘘だと思います
感謝の気持ちがそうさせないはずです
自分が恵まれてる事への感謝の気持ちが
自虐になってばかりではダメだと、己を奮い立たせるはずです
気持ち悪い映像で暗い歌ばかりやってる人を見ると、腹が立ってきます
そんなに自分が可愛いかって言いたくなります

自分の弱さをアピールしてる歌って多いですね、インターネットの世界
あるいは全く意味のない歌で遊んでいるか
凄く深刻か、凄く軽薄、それが見せかけであっても、しょせんインターネットの世界だからって事で割り切れるのかな
でも実際ライブで盛り上がってる映像もあります
客も客で、全員が同じ動きをしていて、気持ち悪い
型にはまるのが好きなんだなぁ、安心するのかなぁ
正直ちょっと面白いっていえば面白いのもあるんだけど、なんだか僕は気に入りません
基本的に若者のナルシシズムが嫌いです

僕はインターネットで流行ってる音楽が好きになれません
たまに見ちゃうんだけど、必ず気分が悪くなります
エロ動画見るほうがよっぽどいい  
Posted by yasube3yasube at 22:13Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月06日

ごも充

充実した山ごもり
録音の進み具合は、今なんとなくトンネルを抜け出た感があります
といってもなかなか進まないけど
エルボー理論に別れを告げて出発し、さまよい続けて半年あまり
またエルボー理論に戻ってきました
ひとつひとつの発見が道しるべとなって、繋がりました
ひとまわり成長したエルボーを、これからぶち込んでいきたい
もう迷わんぞ
しばらくは
たぶん

今月は31日(日)、弟子のさっちものおかげで
また神武通りの七夕祭りで歌わせてもらえます
夜はヴィマーナ月イチ歌会

それと浜松のヤラフェスに初参加します、10月9日
参加費の2千円も払ったし
わざわざ浜松まで行き、30分のライブ、娯楽です

静岡のストフェスにも応募したけど
こっちはまた落とされるんじゃないかな
安兵衛は気に入らねえって人がけっこういるだろうな

静岡の衆はライブ出来る場所がたくさんあってええなあ  
Posted by yasube3yasube at 22:33Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月02日

山ごもりんぐ

160702_230357半年も経って、録音が1曲も終わらなくて
さっき仮で1曲OKとしたところだけど

発見ノートには、日々ちょっとずつ書き足されていきます
もう録音が上手くいかなくても、そのたびに何か心得を発見したなら
それで良しとしよう、そんな境地になってきました

一昨日の夜にまた大きな発見をして、
昨夜、今までにない新しい感覚をつかんだ気がするんです
そうなると今までやってきたライブや録音、全てがNGに思えてしまうんです

いつまでこんな繰り返しが続くのかわかりませんが
禅の修行みたいなもんだってことにして
そうすりゃゴールの見えない山ごもりんぐでも納得です  
Posted by yasube3yasube at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月28日

一応54曲目”やさしい世界”

歌詞を間違えた

”春の風あまねく”ジローさんとの初共演
いい感じです
ジローさんの繊細な歌声と合いそうな気がしていました
ちょっと緊張して下手こいたけど、楽しかった

僕はまた山ごもり生活に戻りました
あいかわらず進みません
進まないけど必ず発見があります  
Posted by yasube3yasube at 22:27Comments(6)TrackBack(0)

2016年06月27日

声がかっさかさで

金籐かずさんの前座で歌わせていただいたけど、ホント申し訳なかったです

僕は配達中に窓をしめて、車の中で思いっきり声を張り上げる
って事をたまにします
ライブの前日にそれをしたら、ちょっとやり過ぎたみたいです  
Posted by yasube3yasube at 22:57Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月20日

山ごもらー

その道のプロフェッショナルになろうとか
そもそもそんな考え方が要らないもんじゃなかろうかと
ふとそんな気がして
ロング&ワインディングロードも、人の目から見ればそうだろうけど
遠くから見れば点でしかない
点にもならない
極めた道のその先は、きっとなんにもない

僕は価値観を固定できない
いつもグラグラしている
なんだかんだブレブレです
そりゃあ何にしろ、捉え方は無数にあって、それぞれ変化もします

よく自分の意見が正論だ、正解だといわんばかりの人がいる
大した内容でもないのに、わざわざ小難しくしつつ、どうだ、わからんのか、そんな勢いで言い切る
「いやいや、アンタの物差しが標準みたいに思わんでくれ」
僕はそう言いたいけど、どうせ聞く耳がないだろうし、面倒くさい

音楽でも、「この人はこの先にまだまだ変化を起こす」
そう思わせる人もいれば
「この人は今もう答えが出ちゃってる、完結しちゃってる」って思わす人もいる

見ていて、何が凄いと思わせるのかって
演奏技術、歌唱力はもちろんそうだけど
予測が出来ない魅力っていうのかな
探っていけば色んな魅力がありそうだと思わせる人は
いくら不完全でも下手くそでも、それが味になってる
今日本の音楽界、僕はそんな存在感のある人を求めてしまいます
何を聴いても同じで、完全でなければ許されないような音楽が、大量の冷たいゴミのようにあふれています

バンドそのひぐらしと初対面の日、のんだくれギターが
「安兵衛には伸びしろを感じる」って言ってくれたの今でも覚えてるよ
僕はその時すでに40歳か41歳
米屋のおっさんの伸びしろは、伸びしろ自体が伸びているのか
情けない事にますます落ち着かない
前は、「追求する」って意識があったけど
今は原動力が何かすらわからない
自分の意思での事なのか、なんだかはっきりしないまま、それでも没頭できたりします

たまに山を下りて、歌わせて頂きありがたい
確認してまた山に戻ります
山ごもらーなので


25日(土)夢擂屋(むずりや)かねとうかずライブ ¥1500 19:00〜
僕は前座で、5曲くらいやらせてもらおうかな

26日(日)ヴィマーナ歌会
19:00〜むらしん
19:20〜つっちー
19:40〜斉藤
20:00〜池谷
20:20〜安兵衛
20:40〜おさるさんず
21:00〜杉山二郎
21:20〜James
21:40〜キヨシ
22:00〜JRE
22:20〜M&BALD
22:40〜FREE BYRD
  
Posted by yasube3yasube at 22:15Comments(0)TrackBack(0)