2014年02月

2014年02月28日

前祝の宴

hako1


1500坪の古民家を改装した蕎麦屋の開店まで あとすこし・・

前祝の宴に 行ってきました

hako2


hako3


hako4


hako5




hako6


hako7


hako8


hako9


hako10


hako11


hako12


hako13


hako14


hako15


hako16


hako17


hako18


hako19


hako20


hako21


hako22




yasuchun at 09:43|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2014年02月25日

たいのたいのたいのたい

ta1


ta2


ta3


ta4


ta5


ta6


ta7




yasuchun at 07:02|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年02月24日

初めての・・

ban1


来週の全国団体戦にお仲間に入れていただくご縁で こんなステキなロケーションで 開かれる合宿に お招きいただきました。

ban2


信州や富山 鈴鹿 全国の ビッグネームや 各会の指導者の方々もこられていて ご指導をいただきながら

地域の方々に 振舞われる商品を 打たせていただくというありがたい1泊2日

ban3


ban4


あの先生の 指導もいただきながら・・

ban5


ban6


ban7


ban8


ban9


ban10


ところが 初日も終わろうかという夕方の時間帯に

”やっさん 更科の見本打ち してくれや・・”


はぁ・・  こんなビッグネーム方々の 前で???


胸が ドッキンドッキン また 不整脈になるわ・・

でも せっかくなので サクラ蕎麦を打たせていただいた。

ban11


ban12


ban13


ban14


そして あのYMKさんからは 朝日村で伝わる ”隅切り蕎麦”の華麗なる技を 拝見させていただいた。


ban15


ban16


ban18


ban19


ban20


ban21


ban22


ban23


ban24


ban25


ban26



ban27


三味線と民謡の歌声を聞きながら 夜はふけていきました。

ban28


ban29


翌日は 強化訓練・・・


本当に ありがとうございましたっ 

ban30




yasuchun at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月22日

大理石に感謝

naka13


naka15


naka16


naka17




yasuchun at 04:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

キレイになって 退院

P1


P2

yasuchun at 04:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月20日

はじめての共同作業

kyo1


kyo2

yasuchun at 07:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月19日

白鳥のように

haku


3月の初めに 全国大会の団体戦に出場します。

二八そば 十割そば そして 更科そばを 三人で打ちます。

”美しい所作”で  見ていただく方々に”おもてなしの心”をもって 三人の”結いのこころ”を表現できればいいなぁ・・ 

ボクは 更科そばを打たせていただきます。

更科粉って 真っ白な その色から 普段 使わせていただいている製粉会社では ”白鳥”という商品名がついています。

白鳥って 優雅に 湖面を 舞っているけれど 水面下では 驚くような速さで 足を 動かしている。


そんな人生が ボクの理想   


優雅に舞っているように見えるけれど

でも 必死に 努力 鍛錬をしている 


そんな人生を歩みたい

真っ白な君に 寄り添って






yasuchun at 08:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年02月17日

待ち遠しい春

ko1


ko2


ko3


ko4


ko6




yasuchun at 08:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月14日

美肌への想い

kero1


kero2


kero3


kero5


kero6




yasuchun at 06:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年02月13日

百歳まで

hya1


hya2

yasuchun at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月12日

そばらしいプレゼント



yasuchun at 11:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月11日

物語があります

so1


前日の蕎麦打ち体験も、楽し・嬉し・美味し。

初めて間近に見る蕎麦打ちは、
粉が麺に変わる様、不思議なマジックを見ているようです。

さらさらの粉が粒々に。

粒が次第に大きくなって、音を奏で出し。

「菊」がやがて、愛らしい「しずく涙」の容になり。

均一の極薄、四角に伸され。

折り目正しくたたまれ。
細く美しい麺に。


思わず、息をひそめ、時に息を止めて見入っている自分がいました。

加水量、タイミング、読み取る感覚、等々。
すべての工程の所作一つ一つに意味があり、
職人の勘と技とセンスが必要とされる、一連の動く芸術のように感じました。

日本文化の「粋」。
物語があります。

手打ちそば、一皿の価格に対する認識が変わりました。
YSDさん、丁寧なご指導ありがとうございました。

yasuchun at 06:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年02月09日

ステキなひとときを ありがとう

mak1


mak2


mak3


mak4


mak5


mak6


mak7


mak8


mak9


mak10


mak11


mak12


mak13


mak14


mak15


mak16


mak17


mak18


mak19


mak20


mak21


mak21-2


mak22


mak23


mak24



mak25


mak26


mak27


mak28


mak29




yasuchun at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月06日

とっても 愛しいよ

sara1


昨日 初めて雪が降りました。

君みたいな真っ白な雪が


清楚なその色が好き

清純なその香りが好き

清澄なその心が好き


ボクの左手と 君の右手

純愛のふたりを 並べました


sara2

yasuchun at 06:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月05日

和食屋の恵方巻きと餃子

gyo1


gyo2



gyo4



gyo5


gyo6




yasuchun at 06:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年02月03日

初恋のような ときめき

sara1


品格 技量とも 未熟者ですが

”二八そば” ”十割そば” ”更科そば”を チームで 戦う全国大会に 出場させていただくことになり その練習会と 前夜の 西日本支部新年会に 参加させていただきました。


sara2


sara3


sara4


sara5


練習会の前に ”神様の見本打ち”

江戸流は もみ手で こねたあと 5分ほど 麺体を 寝かせるという・・

ここが ポイント

sara6


”二八そば” ”十割そば”と 真剣な 競技会を想定した本番練習が始まる。

sara7


sara8


sara9


sara10


ボクは いつもの スタイルで・・・

競技会への願書には こんな風に 自己紹介を 書きました。

そば打ちを始めてから ずっと更科粉に恋をしています。

挽いたときに最初に 生まれてくるその清らかな神秘性 そして真っ白な色とほのかな甘みも 純潔な無垢な花嫁衣裳のようで 初恋のようなときめきをおぼえます。

そのひとめぼれした更科粉に 愛を捧げるように 季節ごとに その時期の風味を練りこんでいく“変わりそば”を 打つのが 私のそば打ちのスタイルです。

大葉、芥子、柚子など先人のオススメの食材も大好きですが 独自に考えた バジル 雲丹 山椒の実 かにみそなどが 更科粉との恋の二重奏として とても お似合いで気に入っています。

これからも 少年のような恋心を更科粉に持ち続けて参りたいと存じます。

このたびご縁があり 仲間に加えていただいて光栄に存じます。
未熟者でございますが 心をこめて 清らかな更級粉に 真摯に対峙して 楽しもうと思います。

よろしくお願い申し上げます


sara11


sara12


いつものスタイル 途中で寝かせない 自分のスタイルで 打たせていただくことにした。

普段稽古している”一番粉”と ”純粋な更科粉”の違いなのか ポットに用意いただいた湯温の違いなのか・・

過水量の失敗・・

少々 固め・・

追加のお湯を入れようとしたけれど うっかり お湯も水も 手元になかった・・

sara13


sara14


この固さで このやり方でを・・ ”神様”に じっくり 見ていただいた。

sara15


sara16


sara17


四つ出しで 麺体の端が 裂けたところで 神様は 背を 向けられた。

カメラを お撮りいただいたやさしい指先も ここで シャッターボタンから 離れた 

sara18


sara19


この粉で この加水量なら 先生のやり方で やるべきだったんですね 申し訳ありません

”あの状態で うまく仕上げたよ 立派なもんだ”

sara20


”冷却の時の 水廻し すばらしかったですよ デキルと思いましたよ” 

お恥ずかしいです ありがとうございます。

あと 1ケ月 心をこめて 清らかな更級粉に 真摯に対峙して 精進します。

sara21




yasuchun at 08:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年02月01日

真っ赤なほっぺ

hoppe


ぜ〜〜〜んぶ手作りの”リンゴのチップ” ”ラフランスのジャム”と”クッキー” を いただきました



yasuchun at 07:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)