2017年11月16日

干し柿。
今年も作りました
毎年作るんですが・・・
上手く出来たり出来なかったり
今年は寒いからカビも来ず・・・
いい仕上がりになりそうです
残念なのは、今年は柿が少なくて、沢山は作れませんでした
でも、その分、実が大きくて見た目は良いです

『つるし柿』(紐に吊るして干すので・・・)と私たちは呼びますが
所によっては・・・、
『干し柿』コレは一般的。
『串柿』紐ではなく、串に指して干す地域ではこう呼ぶらしい。
ほかにも、おみやげ物用などに人気の・・・
『市田柿』
『あんぽ柿』
とかいろいろ・・・

とりあえず、100個作るのが基本
『夫婦、仲むつまじく百までも』
と言う意味で・・・
夫婦:両脇に2つづつで4個。
仲むつまじく:中に6つ。
上記の10個を一本の紐(本来は串に刺す)につるして1連と呼び、
10連一組みで、柿の数は計100個

なるほど・・・
で、

お正月に飾るのは1本ですが、
コレにも意味がありまして・・・

鏡餅:ヤタの鏡
みかん(ダイダイ):ヤサカニのまが玉
干し柿1連:草薙の剣(アメノムラクモの剣)
を現しているそうです

へえぇ・・・
おじいちゃんおばあちゃんの話って聞いておかなくちゃいけませんね

今までは軒下に干していましたが、そろそろ、屋内(うちでは縁側)に入れてしばらく干して白く粉が噴いてきたら吊るしたまま束にして新聞紙でくるんで出来上がり

今の時期の干し柿は、中も半熟でやわらかくて、甘くて最高のお茶受けです

ちなみに、我が家では、干し柿を使ってさらにワンランク上?のお茶受けを作ります

作り方は超簡単
まず、包丁で干し柿のヘタの部分を切り、さらに縦に切れ目をいれて実を開き、種を除きます。
次に、柚子の皮を千切りにして実の開いた部分に乗せます。
後は、ラップの上に実(柚子の皮を乗せたまま)をおいて手巻き寿司のように巻きます。

『巻き柿』完成

中に柚子風味の白餡を巻いたり、開いた干し柿を沢山並べて巻き寿司のようにすのこで巻き、食べるときに切り分けるととさらに本格的

私は、オウチャクなので、一個ずつラップで巻いて出来上がり。
白餡も良いけど、柚子の皮だけのほうが、あっさりしていておいしい
し、なんと言っても風味が豊かで、簡単です

コレをお正月に出すと、ご年配の方にもほめられます

主婦度アップな逸品。

それに、干し柿って結構甘いので、他の調味料も要らないし(白餡をまくなら話は別ですが・・・)
簡単に出来るから、子供たちと一緒に出来るし(包丁は気をつけますが・・・)
干し柿ってお正月を過ぎてみると・・・結構余ってたりするし、
巻き柿にするとラップのまま冷凍して保存も出来るし(食べるときは自然解凍!)
なんて良いアイデア

実は、結婚して最初のお正月に主人の実家で食べてヤミツキになり、お姑さんに作り方を教えてもらったのでした
以来うちでは、毎年巻き柿を作ってお正月など、お客様の多いときのお茶受けにしています

皆さまもおひとついかがですか

yasuda2007 at 10:53コメント(0) 

2017年11月15日

秋になって、寒くなってくると、
温かい飲み物が欲しくなったり、
味の濃いものが食べたくなりませんか

まあ、温かい飲み物が欲しくなるのは、そのまま冷えた体を温めたいから・・・
なんですけれども・・・。

なんで味の濃いものを食べたくなるのかと言うと・・・
これは、自然の摂理だそうで、人の身体は寒くなるにつれ体温を維持するために多くのカロリーが必要となり、摂取が必要な最低限のエネルギー消費量を基礎代謝量といいます。
各国のカロリーの摂取量を見ると一般に寒い国ほど摂取量が多くなっています。
これはまさに、寒いと味の濃いものが食べたくなる証拠ですね

身近なコンビニで例を挙げると・・・
スイーツ関係であれば、夏場まではさっぱりしたゼリーが非常によく売れています。
しかし、秋になって気温が下がると嗜好の変化もありプリンが売れるようになるんだそうです。
特にカラメルソースがたっぷり入った濃厚なプリンとか、濃厚杏仁豆腐とか・・・
また、飲みものでも、夏場はお茶や炭酸飲料や薄味のスポーツドリンクが、人気で、
肌寒い時期になってくると紅茶が売れます。
特に断然売れる紅茶はミルクティーだそうで、コーンスープとかもよく売れるようです。

お茶の世界も同じで、
夏はさっぱりとした麦茶、煎茶などが人気で、秋になると、抹茶入りの濃い味、濃い香りのものが人気になります。
健康茶でも、しっかり煮出す。
という方もいますね

実は、ストレスを感じても味の濃いものが欲しくなるそうで、
ストレスに対し、リラックスできず、身体がリラックスを求め、より強く本能的な欲求を満たすように訴えます。
五感の中でも一番わかりやすい味覚は、その体からの信号をいち早く受け止め、その欲求を満たすようにしているのではないでしょうか。
そして体が自然と求めるものが、より味覚に強い刺激を与える『濃い味』です。
ストレスが溜まると、味覚的満足度の高い『濃い味』を求めるのは『本能』なのです
寒いと体も縮こまって、リラックスしづらいですもんね
そして、年末も近くなり、なんとなく気忙しくストレスがたまりやすいのかも知れませんね

そこで、この季節にオススメのお茶

抹茶入り玄米茶-抹茶入り-玄米茶

内容量:100g
価格:540円
内容量:1kg
価格:2,480円

 こんがりと炒りあげたとっても香ばしい玄米茶に、コクと甘味の抹茶を配合しました。
 美しい緑色で、濃厚な旨味と香ばしい香りが絶妙です。


ホッと一息、香り豊かに落ち着く味です



yasuda2007 at 10:54コメント(0) 

2017年11月09日

紅葉の秋
も、その一つですよね

皆さまのお家の近隣ではいかがですか

当店のある、岡山県の鏡野町は、紅葉の名所が多くあります

○越畑ふるさと村周辺
○奥津渓谷周辺
○岡山県立森林香園
 ・・・などなど。詳しくはこちら

特に、奥津渓谷の周辺は有名で、今の時期には夜間のライトアップも楽しめます
今は、真っ赤に染まった紅葉ちょうど見ごろ
先週末から、今週末にかけて、来客の多い町になりそうです

奥津渓谷は、川べり(川床?)の岩盤にできた甌穴は全国的にも有名で、
中には50万年前に形成されたものもあるという大きなのもあって、東洋一の甌穴と言われています。
秋の紅葉は目がさめるような美しさで、のんびり散策しながら景観を楽しめる遊歩道もあります
そして、途中には大釣り温泉や、般若時温泉なんかがあって、
温泉に入りながら、紅葉狩りができるという、贅沢スポットもあります

ぜひぜひわが町、鏡野町へお越しください





yasuda2007 at 14:44コメント(0) 

2017年11月07日

秋と言えば・・・
実りの秋

お野菜、果物、海産物・・・
なんでも、おいしい季節です

ちなみに、今日は鍋の日なんだそうです。
めんつゆ、おだしで有名な『ヤマキ』さんの制定だそうで・・・
冬に向かい鍋物がよりおいしくなる季節のアピールと、家族で鍋を囲んで団らんを楽しんでもらおうとの願いを込めて。

日付は、この日が立冬となることが多いことから。
なんだそうです
確かに、寒くなってきて、お鍋がおいしい季節ですね
ヤマキさんから、沢山の鍋つゆの素も出ています

定番のお鍋でも、変わり種でも、そして、おだしもいろいろ選んでの楽しみもたくさんあります
石狩鍋、キノコ鍋、みぞれ鍋、豆乳鍋、カレー鍋、すき焼き、しゃぶしゃぶ・・・
いろいろありますが、

おすすめは、ぜひ、緑茶を使ったお鍋にしてみてください
お水と、お酒を半分半分入れるとおいしいそうですが、できれば、そのお水を煎茶で淹れた緑茶で
ポイントは濃いめに淹れること。
少しさっぱりとして、風味も豊かになり、オススメです

特に、しゃぶしゃぶなんかは、絶品です
うちの子供たちは、レタスが大好きなので、焼き飯にも、スープにも入れますが、
豚肉との相性もいいので、しゃぶしゃぶにも入れます
例えば・・・
濃いめに入れたお茶で豚肉とレタスをしゃぶしゃぶして
子供たちは、ゴマダレで・・・
私たち大人は、たっぷりの大根おろしとポン酢で
これがホントにおいしいんですよ

おやつとして、サツマイモを、緑茶で炊いてもおいしいです
サツマイモを一口大に切り、お鍋に入れて、かぶるくらいの緑茶で炊きあげます。
サツマイモが柔らかくなってきたら、お好みで、オレンジマーマレードか、ゆず茶を少しだけ加え、全体に味が周ったら完成です。
(味加減はお好みで)

牛すじ煮込みなんかも、濃いめに淹れた緑茶を水の代わりに使うと隠し味にもなるし、普段よりさっぱりと仕上がります

カテキンが風邪予防にもなりますので、特に今の季節にはおススメです
ぜひぜひ試してみてください



yasuda2007 at 14:34コメント(0) 

2017年11月06日

秋と言えば、読書の秋ですね
実は、私は、読書が大好きです

でも、オウチャクなので、
夜の寝る前、ベッドの中で寝転んでゆっくりと読むのが大好きです
ソファとかあるような、おしゃれなお家ではないので。笑

なんで、読書の秋と言うのかと言うと・・・

「読書の秋」が日本で普及したのは、実は毎年秋に催される「読書週間」が由来とされています。
現在、読書週間は文化の日(11月3日)を中心にした2週間の10月27日〜11月9日に行われています。
全国の図書館を中心に日本各地で本に関する様々な催しなどが行われています

『読書の秋』の由来は、古代中国の唐時代の詩人、韓愈(かんゆ 768-824)の漢詩にあったいう説が有力とされています。
それは韓愈の息子の符(ふ)に学問の大切さを詠んだ「符読書城南詩(ふ しょを じょうなんに よむ)」という詩の中にあります。

その詩の一節に「灯火(とうか)親しむべし」というところがあります。
その意味は「涼しく夜の長い秋の夜は灯火の下で読書をするのに適している」という意味だそうです。
なんだか、ドラマの一場面にもなりそうな、父子のお話

ちなみに、あの有名な夏目漱石先生が「読書の秋」を広めたという由来があります。
それは、1908年(明治41年)に朝日新聞に連載した「三四郎」という小説の中にありました。
「そのうち与次郎の尻(しり)が次第におちついてきて、燈火親しむべしなどという漢語さえ借用してうれしがるようになった。」と韓愈の詩を取り上げたのです。

それから、日本では「読書の秋」ということが広く知られるようになったともいわれています。
多くの人が読む新聞に載ったので、その影響力はすごいです
ちなみに・・・
「三四郎」とは、九州の田舎から都会へ出てきた小川三四郎がさまざまな人との交流から得るいろいろな経験や恋愛模様が描かれています。
ちょっと、「ひよっこ」(先日までやっていた朝の連ドラの・・・)みたい
な、お話。
古代中国の唐時代の詩人、韓愈(かんゆ 768-824)の漢詩を、夏目漱石先生が「三四郎」という小説の中で取り上げたことから、秋は読書に適しているということが広く知られるようになりました。

そして、当初「図書週間」としてはじまり、「図書館週間」と改称され、戦後「読書週間」として復活して、爆発的に「読書の秋」が普及していったのです。

それから、秋は読書にふさわしい季節であるというイメージになったといわれています

「灯火親しむべし」
とは、
お父さんが息子に、学問には読書が一番であり、読書をしなさいという意味を込めて作った詩だそうです
私も親から見れば、確かにそう思います。
ちなみに、私の母も、私が子供のころ、本だけは、『欲しい』と言えば、大抵のものは買ってくれました
今も、孫たちによく本を買ってくれます。
・・・今は主に図鑑が多いです
姉妹ばかりだった私たちの時とは欲しがる本が全然違う・・・と言ってました。
ちなみに、私たちは、小説などが好きでしたね。
マンガは、もちろんなので、置いといて・・・笑
子供でも、やっぱり男女の好みは別れるんですね

うちの子は漫画ばっかり見ていますが、まあ、私の子供のころもそんな感じでした。笑

夏から涼しくなり、本を読むのにはいい季節になってきました。
実際に、人間の脳は温度によって能力が影響されやすく、涼しいと感じるほうが脳は活発に動きます。
だから、本を読むのにはちょうど適した季節というわけです。
脳科学者・茂木健一郎先生も「本を読むと頭が良くなる」と語っています。
そして、読書をしている最中の適度な集中力が、脳をリラックスさせ、緊張をほぐす効果があるため、ストレスを軽減できるといいます。
正確には、頭の方は15℃、足元の方は18℃くらいが特に適温だとか・・・
ちょっと寒い気もしますが、肌寒いくらいがいいということですかね
この秋、ぜひ読書の秋に積極的に本を読んでみませんか

そして・・・
うま味が多く、味も濃いめの『白折』などが、読書のお供にオススメです
ぜひお試しください



yasuda2007 at 11:01コメント(0) 

2017年11月02日

秋と言えば、スポーツの秋
秋は、体を動かすのにも最適ですよね
暑くもなく、寒すぎず・・・
しかも、農閑期に入り、比較的お天気も良いですし、運動会も秋が多いですし
あ、最近は春の運動会も多いですが
10月10日は体育の日(2000年から10月第2月曜日に変更ですが)ですしね
アジア初、東京オリンピック大会開催されたのが10月10日
東京オリンピックでは日本は史上最多の16個の金メダルを獲得しました

私は、週に2回バドミントンしていますが、暑すぎず、冷えすぎず・・・
やっぱり秋はいいなあと思います。

そして、私は、バドミントンに行くときは、今までは麦茶を持って行っていました。
暑いので、体を冷やすように・・・
と思っての事でしたが、そろそろ暖かいお茶にしようかなと・・・

今年は、生姜番茶にしようかと
あっさり飲めるし、体育館は冷えるので、生姜で温まるのもいいし
ちょっと濃いめに入れて、はちみつをプラスすると、まさにあったかスポーツドリンク

痩せそうにないですが・・・
ダイエットのために始めたバドミントンだったのに・・・


yasuda2007 at 10:54コメント(0) 

2017年11月01日

秋と言えば、食欲の秋
近頃は、秋らしく、空気も澄んで、空も美しく見える今日この頃。
まさに、
『天高く馬肥ゆる秋』
ですね

そんな秋にオススメのシフォンケーキレシピをご紹介します

秋らしくほうじ茶を使った
肥え無いように、ヘルシーな
ほうじ茶で作るシフォンケーキです

〇材料
・たまごM玉・・・・・3個
・砂糖・・・・・80g
・ほうじ茶・・・・・濃いめに入れて冷ましたもの80cc
・薄力粉・・・・・70g

〇作り方
1.たまご3個を卵黄と卵白に分けます。
2.卵白に砂糖40gを加え、メレンゲを作ります(しっかり角が立つまで)
3.卵黄に残りの砂糖40gを加え、白っぽくモッタリとするまでしっかり泡立てます。
4.3に、ほうじ茶を加えてしっかり混ぜます。
5.2回ほどふるいにかけた薄力粉をさらに、ふるいにかけながら薄力粉を4に混ぜ合わせます。
6.5に2で作ったメレンゲを3回づつくらいに分けてふっくらを混ぜ合わせます。
※泡をつぶさないように、かつ手早く切るように混ぜ合わせるのがポイントです!!!
7.18センチくらいの形に入れ、軽く空気抜きをして170℃のオーブンで40分ほど焼き、冷めたら完成

ふわっふわで、ほうじ茶の香る、おいしいシフォンケーキの完成です

ぜひぜひお試しを


yasuda2007 at 11:03コメント(0) 

2017年10月25日

今年も、スーパーで、秋刀魚をよく見かけるようになりました
なんか、イマイチ高いんですけど・・・

今年は夏から秋になるのが早く、すっかり涼しくなって、
突然秋がやってきた感じです
秋っぽいものを多く見かけるようになり、食事の内容も、秋へ変化
キノコ類もすっかり安くなり、私のキノコ好きには嬉しい季節

それにしても、サンマっておいしいですよね
アジや、鯖も最高
青身(赤身?)の魚って脂が乗っててめっちゃめちゃおいしいですよね
我が家は子供達も魚好きで、食べることに関しては、誉めるところの多い子供達は、
お魚でも上手に骨をとることが出来ます
小学2年の三男も、サンマを上手に食べます
食べ物の好みはあるけれど、「『嫌い』と言って口にしない」ことがないのが、褒めるところです
おかげさまで、日々元気に成長いたしております
スポーツもよくするし、毎日元気でいいんですけども、
全く勉強をしないのが悩みで・・・・

あ、話がそれた・・・
元に戻して・・・

サンマっておいしいですよね
アジや、サバも・・・
でも、青みの魚って、ちょっと臭みがあるのも特徴・・・
それはそれでおいしいんですが、
中には嫌う方もいますよね

そこで・・・
茶殻を使って焼くとおいしいですよ

グリルの、受け皿の中に使った後の茶殻(湿ったままで)をしいて焼くとなんともいい感じに焼きあがります
ただし
茶葉が燃えないように十分気をつけてくださいね

せっかくのおいしい高級なお茶っ葉、
茶殻になってもただ捨てるのはもったいないですもんね


後は、茶葉を使って炊き上げた『茶飯』に、焼きサンマの身をほぐして混ぜ込んで、『サンマご飯』にしても美味しいです
我が家では、大人数の家庭ですので、サンマの数が足りない時によくします
『茶飯』を焚くときに、梅干しも入れて『梅茶飯』にすると、もっとさっぱりしてて、おいしいです


うちの子供たちは、
このおかげで魚が好きなのかな・・・
鯖、秋刀魚、鯵・・・大好物の子達です

もっとおしゃれに使うなら・・・

魚の切り身の上に、
茶殻・パン粉・味塩コショウ・粉チーズ(マヨネーズをプラスしても)などをお好みで混ぜて、
乗せるように塗ってオーブンでチン

これまた激ウマです
酒の肴にもオススメだし
秋の夜長にご夫婦で、またカップルでいかがですか


ぜひぜひ試してみてくださいね


yasuda2007 at 11:00コメント(0) 

2017年10月24日

ご無沙汰いたしております。
なかなか更新できず、申し訳ございません

ところで、近頃、寒くなりましたね
一雨ごとに寒くなる・・・とは言いますが、
それにしても、今年は一気に秋が来て、冬が近づきました
手足の冷えが気になる今日この頃です。

当店には、お風呂にも使えるお茶を販売しています

最近、お風呂に入ってもすぐに冷えてきて、寝る頃には・・・寒い
ところが、このお茶を入れると・・・
結構長くほかほかして温泉に入った後みたい
しかも、お肌もしっとりつるつる

いわゆる・・・
『薬草風呂』ってヤツですね

薬草風呂にすると、お湯が和らぐそうで、特に敏感肌の人には優しいみたいです
もともと、薬草風呂って健康ランドなどでも見かけていたので、
「カラダにイイこと間違いない
って感じですね

HPでもお求めいただけるようアップしました

こちらです。
商品は・・・
新・神農茶お風呂ちゃん-新・神農茶(薬草風呂の素)

価格:430円
内容量:20g×5p
原材料:ドクダミ、よもぎ、はと麦、はぶ草、クコ葉、あまちゃづる、キダチアロエ、とうもろこし、浜茶

 もちろんお茶として飲んでもおいしいのですが・・・
たっぷり入った大容量のティーパックですので、お風呂に入れてみてはいかがでしょう!?
 もともと、薬草風呂は体が冷えにくく、お湯がやわらかくなるので、敏感肌の方、お子様、ご年配の方に特にオススメです!!!

これからの寒〜い季節、
冷えやすい・お肌の乾燥が気になる・なんとなくお風呂のお湯がきついなど、お悩みの方にオススメです

お風呂にお湯を汲むとき、沸かすとき、1p入れてください
色がよく出なくても、お湯はずいぶん軟らかくなります

さらに・・・
このティーパックで、お湯に浸かっている間優しく肌をなでるとさらに効果的
(肌が荒れているときはは、ティーパックの紙がこすれると痒いそうなんですが)

私も、最近お肌が乾燥気味なので、これからの季節、薬草風呂に入りたいと思っています

ほかにも、この薬草風呂以外にも、普段飲んでいる健康茶で、お試しいただくのも効果的かも知れません。
私は、ケチなので、健康茶は色がでるまで何煎でも飲みます。
(大体3煎目くらいまで・・・)
それを1煎目だけにして、うちは、8グラムの『素楽麗茶』なので、2〜3パックをお風呂の湯船に入れます
あまり色はでませんが・・・
家族にも好評です

薬草風呂のするとお風呂の残り湯は洗濯には使えませんので要注意です


皆さんも、これからの寒い季節にいかがですか

yasuda2007 at 10:54コメント(0) 

2017年10月05日

IMG_2331昨夜は中秋の名月でした
鏡野町では夕方から、真っ白い月が大きく現れ、だんだんと色が濃くなり、美しい黄色のお月さまへ・・・
夜にはうっすら雲がかかっていましたがキレイなお月さまで、雲がかかっても光が幻想的に見えました。



『中秋の名月』は『十五夜』とも言われ、昔から月見をするにはもっともよいと言われて来ました。
暑くもなく、寒すぎず、涼しくて、空気も澄んでいて本当にきれいに見えます



月見の習慣は古く、9世紀ごろに中国から伝来したと言われています。
以来、日本では月を見て詩歌を詠んだり、祈りを捧げたり、月を愛でる風習が現代まで続いています。



12_moon_01
ところで・・・
当然、中秋の名月=満月と思いがちですが、実は満月であることはまれで、昨夜も少し欠けているお月さまでした。
でも夜になると、光も強く、ほぼ真ん丸に見えたような気がします


旧暦では、月の満ち欠けを基に暦をつくりました。
旧暦の1カ月は、月が地球の周りを1周する日数と同じです。
そのサイクルが約29.5日であることから、旧暦の1カ月は29日か30日と決められており、その半分である15日の夜の月は、満月=十五夜と、呼ばれるようになったのです。
ただし、月のサイクルは30日ぴったりで地球を一周するわけでないことや、月の軌道が楕円であることなどにより、実際の満月は1日か2日ずれることが多いのです。


と、言うわけで・・・
今年の場合、実際の満月は10月6日だそうです
昨夜見逃した方はぜひ
と言っても、お天気はイマイチの予報ですが・・・

12_moon_02
満月のなかでも中秋の名月が特別なものであるのは、やはり暦と関係しています。
旧暦では、7月、8月、9月が秋にあたり、その真ん中(中秋)にあたる8月は、ちょうど稲の収穫前後。
月の満ち欠けをカレンダーにして農作業を進めてきた日本人にとって、月は祈りを捧げる対象であり、また満月は豊穣の象徴とも見立てられました。
お団子やその時期に収穫される里芋などを備え、今年の実りに感謝したのも、自然の流れと言えるでしょう。




また上記にも書きましたが秋は、
「天高く、馬肥ゆる秋」
と比喩するように、空気はとても澄んで、空が高く見えます。
これは夏に比べて湿度が低いため、水蒸気が少ないことが理由のひとつ。
冬の空気も澄んでいますが、地球から月を見る冬は高い位置にあるうえ、気候的にも寒いし観賞向きではありません。
秋の満月は観賞するのはとてもよい条件であることも、現代でも月見が親しまれる理由と言えるでしょう。


12_dango_01ちなみに・・・
十五夜では、これからの収穫を祈り、お米の粉で作った団子を供えたのが月見団子の始まりといわれています。

本来、月見団子とは「真っ白な白玉だんご」で、月は霊力を持った真珠のようなものと信じられていたことに由来するとか

その後、そのお供え物をいただく事で月の力を自分にも分けていただき、健康と幸せを得ることが出来ると信じられていました。


また、ぶどうなどツルのあるものをお供えしてそれを食べると、お月様との繋がりが強くなるとも言われているようです

・・・食欲の秋ですしね



yasuda2007 at 10:55コメント(0) 
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード