好奇心も手伝って、V911-1を入手してしまいました(^^;
IMG_0205IMG_0207




プロポに興味が有ったのと、以前にV911-1の機体のみを手に入れていたのですが、テールローター不調で、まともに飛ばせなかったので、もしかしたらプロポが、それ用なら何か改善するかもと期待したからです。

まず、先にV911-1の機体のみにバインドさせ、飛行させましたが、症状は全く同じで改善せず(T,T) まぁ、予想通りでした。むしろ、上手く飛んだら飛んだで、謎が発生するだけの話なんですけどね(^^; (そういえば、最初のバインドは、なかなか上手く行きませんでした。コツとしては、プロポの電源ONと機体へのバッテリー接続を同じタイミングにすると上手くいくようです)

で、一番気になるプロポの使い勝手ですが、現時点では電池が4本で済む事と充電池が使える事だけがメリットです。右スロットルにクリック感が有るので、ちょっとだけエルロンが操作しやすくなったかな。
IMG_0209




今までのプロポより、二まわりほど大きくて重いので、持ち運びが大変になり、持っていて疲れそうです。
IMG_0215



お手軽お気楽で、本格的動作のV911には、むしろ、持ち運びやすさを重視して、もっと小さくて軽いプロポが設定されてもいいのではと、個人的には思っています。
V911-1のプロポ:450g(充電池4本入りで566g)
V911のプロポ:210g(充電池6本入りで384g)

これだけ大きいので、操縦においては、微調整出来るような気がします。また、確かめてはいませんが、操縦電波は遠くまで届くのかもしれません。
IMG_0207



早速、機体のホバリング調整をして室内フライト出来るようにしたのですが、今までに無い症状に???となっています。それは、エルロンを右に操作すると右前に飛行してしまうのです。それも前に進む成分が多いんじゃないかっていうくらい。左へ操作すると、ほぼ左にしか行かないのに右だと右前…困ってしまいます(^^;

話は変わって、ちょっと自慢に聞こえてしまうかもしれませんが、ここ最近、全く機体を壊さなくなりました。勿論またいずれ、やらかすに決まっているのですが、やはりその頻度は、少ないと思われます。で、何が言いたいのかというと「スペアパーツ買い過ぎた~~~」です(^^;

要は、ホバリング調整が出来る人が予備に揃えておくものは、バッテリーとメインギアくらいで十分だという事です。あとは、プロポの電池くらい。

私の場合は、最初だけコネクトバックルを無くす事が多かったので、外で振り回すように飛ばす人は、コネクトバックルとメインローターブレードを買っておけば間に合いそうです。あと、テールモーターの配線が切れやすいので、予備機を持たない人は、それは揃えておいた方がいいかもしれません。

おそらく、そこそこ飛ばせるようになるまで、何機か壊してしまうはずなので、それが部品取りとして役に立ちます。どう転がっても、多量の予備部品は自己満足を満たす以外の役に立ちません(^^;

個人的な状態ですが、
フライバー(バランサー):まず壊れません。
キャノピー:色が剥げても、割れる事は有りません。
テールロッド:折れたりしません。力ずくで抜く時、テールモーターの配線は千切れてしまします。
メインフレーム(シャーシ):壊れません。
スキッド:壊れそうで壊れません。
メインシャフト:壊れません。
テールローター:壊れませんが、無くする事は有ります。
ローターヘッド:壊れません。
リンケージロッド:壊れません。
スワッシュプレート:壊れないですね。
テールフィン(垂直尾翼):以外と長持ちします。固定が外れたら必ず固定すること。

メインモーターが消耗するらしいのですが、消耗するほど長持ちさせられるようになるのも、それはそれで先の話です(^^;;