安の紆余曲折

古き良き時代の日本を取り戻し、大和心を修理固成す 為に安の紆余曲折を、プライベートから時局問題まで 思いのままに記してみます

2008年01月

一歩一歩

昨日も中央研修、60周年の事につきましてj庁様に
ご相談させて戴き色々ご指導を戴いてまいりました

2週連続のべ4時間も私どもの為に時間を割いて戴き
そして親身にお話を聞いて戴き、ご指導を戴けます事
本当に有り難いことでございます

私自身が時間を使うことは役職として責務であり仕方が
ないことでありますが、それ以外に多くの人達が暖かく
見守って戴いてること、応援している事はできれば役員
だけでなく、会員の皆にわかっていてほしいと思います

会議会議の毎日しかも重要なのが2月4日5日とあります
2月3日自宅に節分祭でご祈祷しますが、いよいよ
本格的に前厄に突入!!

それでも一歩ずつ前には進んでいます
私が頑張ってはいけませんが、下準備の為に頑張りたいと
思います

1月定例会

昨日は1月定例会30名程の参加を戴き開催戴きました
担当の第2教化さんありがとうございます

参加戴いた皆さんありがとうございます

意見交換については皆が思い思いに語り合い有意義で
あったと思います
又引き続き第2教化さんは研修旅行も担当戴くことに
なっており、昨日行程等についても詳細をお聞きする
ことができました
非常に楽しみです(レセプションがなければもっと・・)

あらためて実感するのは「会長」という位置は非常に
微妙であり、どの部、局、委員会とも関わっているの
ですが、深く関われない
ある意味孤独で寂しい面もありますね

中間管理職にあたる副会長、常任理事の時の方がもっと
皆と接することができ話ができ楽しかったですね

会長は「我慢」「頭を下げる」「責任をとる」
これが仕事ですから、楽しさを求めちゃだめですね(笑)

知事

最年少知事誕生

すごいですね、当選された知事も選んだ有権者も
勇気あると思います

今期最年長で会長をお引き受けしました
良い点悪い点色々ありますが、この時にやらせて
戴けるのは、何か意図があって導かれたと前向きに
考えます

私より年下の方が府政を担い、府民を引っ張っていく
素晴らしいことだと思います

しかし、新しければすべてよしではありません、
改革だけが決して正しいわけでもありません

足元しっかり固めた上で前をみすえたいと思います

書きたいことが・・・

余分な長編を書いてしまい・・・

この間に三河地区連絡会、理事会と諸行事も通常に
戻りつつあります

この間にマスコミ界でもいろんな問題が出ているようで
いよいよはじまったかという感です

これは例の占いやスピリチュアルの件である
死んだ人を見ていたら現実には生きていたとか・・・
(言い訳は生き霊とでもいうのかな〜)

まっ我々の世界では輪廻転生がありえず、お亡くなりに
なっても生きてるが間々に霊舎にてお祀りする私達の
死生観では前世なんてこともなく・・・・

ただ一つ「死んだら生まれ変わる、生まれ変われる」
なんて端的に話してしまえば、子供達は真剣に生まれ
変われると思ってしまう、現にその感覚での自殺者が
増加している

たった一つの親から、先祖から、神から戴いた生命を
大切にすること、そして子孫が先祖を大切にする姿を
しっかり伝えていかなければ、非常に危険である

国会のように他人を批判することばかりで何がいいたいか
よくわからない議論のようになってはいけないが、
我々が目指すもの日本人が目指さなければ歩まなければ
いけない道を他と比較しながら説いていく必要はあると思う

これから大変な時代になりそうだ・・・・

教育実習

公開授業を決定しなければならなかったがクラス
はとっくに決めていた
昔から楽をするのが嫌いで自分で邪の道を選択する
損な性格は今も子供の頃もその時も同じである

学校一の評判の悪いクラスであり自分が副担任である
クラスである

宮田先生は「本当にいいのか?」と心配をしてくれたが
代える気はなかった

気を遣って宮田先生はホームルームで「本日の日本史
の授業は公開授業で校長以下多くの先生が見える
安先生にとって大切な授業だから・・・・」と話して
くれた
公開授業は五限目昼食終了後である、今憶えれば緊張
なのか食事もそこそこにクラスへ向かってしまった

そこで思いがけない光景が飛び込んだ
癸韻僚子生徒(言うまでもなく良い方ではない)が
黒板を雑巾がけ、癸韻涼砲篭擬爾慮紊蹐竜軻瓶を片付け
掃除をやらせていた・・・・
「何やってんだ〜」と話しかければ真面目な顔で「先生の
大切な授業だろ、校長達に文句言われないように掃除してん
だよ〜」
正直涙をこらえるのが必死であった・・・

授業中もクラス全員が必死で眠気をこらえコックリコックリ
しながらも一生懸命授業を聞いてくれた

僕の授業のスタイルはやはり金八スタイルであり予備校
スタイルツボにはまればのってくれるものであるが、
それでも前述の通りクラスの三分の二は授業放棄している
メンバーが一人残らず我慢してくれた・・・・

感情がこもり早く授業が終わってしまいついつい語って
しまった

みんなありがとうな、公開授業の選定については他のクラス
でやることを皆から強く進められたけど、どうしてもお前等の
クラスでやりたかった、そしてここでやって本当によかった
ひょっとしたら人生で最後の授業になるかもしれないが、一生
わすれない 本当にありがとう

その瞬間ドラマのように生徒が抱きついてきて輪ができた・

半分謝罪を兼ねて公開授業に参加して戴いた先生に御礼の挨拶に
廻った

最後の校長からは少々嫌みも言われたが最後に
「君の授業はパフォマンスであり、予備校向きだしかし、今の
時代、この学校にはあのような授業も必要かもしれない、勉強
させてもらったと・・・・」

宮田先生からは皆の先生からなんて言われたと聞かれ校長の
話から全て報告した
そして
最後に他のクラスを勧められたは余分だよと笑いながら、あなたは
まだまだ成長する、そして生徒も成長するお互いが発展途上の中で
前を見ているから新しいものが相乗効果として生まれる
パフォマンスでもなんでも生徒が聞いてくれてなんぼ
できればこのままのスタイルで頑張って先生になってもらいたい
と暖かい言葉を戴いた

残念ながらその期待を裏切り教師の道は進んでいないが、この
三話を通じ何をいいたいか、教師も神職も人を育てるという
事ではかわらない職務である その中で人を人間をまっすぐ
みなければいけない、変なレッテルや他人の価値で判断しては
いけない、
最後まで諦めずに前を見据えなければいけない、大人であれ
子供であれ、まっすぐにぶち当たれば、まっすぐに返して
くれる

大人になればなるほど、保身、固定観念にとらわれダルマに
なってしまう

新しいことがすべてよいではない、しかし新しい時代考え方に
対応するには、こちらも変化が必要である

会務も本格的に始動するにあたり自分自身も初心にかえるため
自分の為に思い返してみました

長くなりすいません
明日からは通常です(大笑)

教育実習

授業を始めるには指導要領の作成が必要であり
これが一番の難関である
私の担当が同一授業3コマ×4よって12枚
作成するが本義である

しかし宮田先生は3枚でいいよ
同じ授業をゆったりしたタイムスケジュールに
すれば同じようにできるはず
全く構わないとの事

ほとんどの先生は2週間徹夜徹夜徹夜で要領作成
添削をしてもらうさらに作成している中、私は
たった二日で完成させokをもらった

お陰で放課後は野球部の練習に参加し自分の練習に
指導に明け暮れた
練習が終わる頃まだ他の先生は資料を作成している

1週間が終了し土曜日実習生にて決起集会!そして
温泉にいろんな話ができ非常に有意義であったが
私は日曜日も出勤、練習試合の審判と指導が入って
いたためゆっくりとはできなかった

そんな中
2週目スタート!!
実力テストのためホームルーム終了後試験
監督の先生が見えるが諦めの悪い生徒は教科書と
にらめっこ
そこで「お前ら〜さっさとしろ、先生が見えてるぞ!
諦めが悪い」と一喝してしまい先生からも「今年の
実習生は威勢がいいね〜」と冷やかされる始末

そしてついに授業も始まっていく
予想通り3クラスは普通に授業を行えるが自分の
クラスは3分の1は夢の中、3分の1はおしゃべり
3分の1は聞いてくれる感じであった

先生に相談をし2コマ目は授業というより問題を
解かせる方向でいきたい、15分解説をして15分
問題を解き、15分答え合わせと・・・

先生は任せますよとの事

ここで本領発揮、まずは猿山のボス争いと一緒!
先ずはクラスの中心となる面々を押さえる、そして
どちらが上でどちらが下か(言葉は悪いが)はっきり
させる必要がある

そこで学校一の悪の男女をターゲットにする
ゲーム感覚でもあり寝る者はいない、その男女に
ヒントを与えていく、そして答えを導き出させる

ここで彼らをヒーローにするそして答え合わせで
発表をさせる
クラスで優秀な者よりもしっかりと説明し正解!!

彼らもやればできるということを証明させるそれが
自信に繋がる
それ以降は完全に信頼のおける先生でありダチである

当然できる生徒達へのケアもしっかりとする
その結果クラスでの連帯感が生まれた
自画自賛であるが大成功!!・・・・・・つづく

次回最終回です(笑)

教育実習

教育実習当然の事ながら大学4年の4月・・・
私は野球部でしたので春の大会があり、母校との
連絡もしっかり取らないまま野球に卒論に没頭
しておりました

5月さすがに正式にアポを取るものの社会の
教員はすでに2名おり・・・・
なんとか卒業生との事で無理を言ってとって
戴きました・・・(担当は未定との事で)

通常その間に訪問をするのが常ですが試合の
都合上訪問日が決定できず、3週間前に学校より
電話あり日本史を担当指導教諭に挨拶に来るよう
指示

それでも連絡ができないまま電話にて先生に挨拶
事情を説明すると土曜日の夕方喫茶店でもいいので
渡したいものがあると時間をとってくれた

宮田先生は非常に優しいながら先を見据えたある意味
厳しい先生だった

しかし喫茶店ではわざわざクラス写真、座席表、名簿
そして教科書を戴き多分学校一問題のクラスであること
を教えて戴いた

その辺は全く問題でない私は取り敢えず2週間の授業
範囲を見返すことに集中といっても参加する2日前で
あった・・・・

初日は先生への挨拶(学生時代の先生が半分はお見えに
なり挨拶は簡単に終わらせ)全体朝礼
ホームルームで副担任の旨通達
たしかにやんちゃそうなクラスであった(笑)

次に教育実習同志の自己紹介
ちなみに教育実習の先生は男3名女5名うち同窓生が
4名、しかもその同窓生は一年下の後輩で私の事を
よーく知っている人ばかり・・「野球部の安28会
先輩ですよね〜」と声をかけられ非常に照れくさい
ながらもほぼ自己紹介の必要がないくらいであった

その後校長とのミーティングで事件は起こった
まだ赴任数年の校長であり本校の悪口生徒の悪口
言いたい放題・・・私は机の下で拳をにぎりしめ
我慢に我慢を重ねる

obの我々は控室で大荒れ・・・・イライラのまま
指導教諭との打合せに入りその事についても口に
する

先生は優しく「安先生が生徒をどう思うかが問題、
校長はほっておけばいいよ」と宥められた

ちなみに私は2週間で4クラス3回ずつの授業
計12回 その3回目の授業のどれかのクラスで
テストとなる授業を行うのでどのクラスで実施するか
自分で決めるよう委ねられた・・・・・・つづく

久しぶりにドラマを見た
(次男の高熱によって寝れなかったので・・)

NHK「フルスイング」実在の高畠プロ野球コーチが
高校の先生として新たなる人生をはじめる実際の
話を脚色したものである

昨日高林(役名)先生は「夢」は大切と云われた
私の持論は「夢」は叶わないから「夢」
「目標」をしっかりもってかなえてこそなんぼ
というものである

高畠コーチは「夢」は自分に希望をもたせ、勇気を
与えると云われた・・・
確かにそうかもしれい
「夢」すら持てないこの現代「夢」ぐらいもった
方が・・・

でもやっぱり「夢」は夢の中で見るものであって
絶対叶えたい目標は叶える為の努力と時間を費やす
事によって叶うものと私は考える

今の人達は「夢」すらもてないのでなく、目標を
叶える為の努力を疎かにする、我慢する事をしない

その言い訳として「所詮夢だから」「叶わぬ夢」と
勝手にあきらめすててしまうような気がする・・

第1話は教育実習から採用されるまでであった

明日書くことがなければ私の教育実習のお話を
書きたいと思う(以前に書いたかな・・・・(笑))

厄年2

一昨日車中でガムを食しておりました・・・
数年前から左側の奥歯付近で違和感があり
わざと気を紛らわすのに左で食しておりました

「ガキッ」と音がし、じゃりじゃりと・・・
歯が割れてしまいました

昨日はホテル等の打合せがあり午前中はどうにも
ならず午後歯医者へ

歯を削り神経も抜くとの事

もう本格的ではないにしろバッティング等には
奥歯の噛みしめが大切、この感覚がなくなるのは
嫌ですがそんな事も言っておれません

よくよく考えると平成15年以来の歯医者・・・

歯は大事にしてきたつもりだったんですが・・・

これから一ヶ月は通院です
治療費も馬鹿になりません
(実際昨日は5000円を越えました)

でも忙しい時に悪くならず治療ができるときに
事件が起きることはお護りを戴いてると痛感します

考えられません

今年に入って14件

これは今朝のテレビで見ましたが、
親子間での殺人事件数だそうです

本日16日

日に一件ペース・・・・

他人を殺害することも考えられないのに
我が子を・・・・我が親を・・・

道徳が云々だけではないですが、真剣に各々の
コミュニュケーションの取り方を説いていく
必要があると実感します

自己主義、事なかれ主義、色々問題はありますが
単純に核家族による家庭内の関係の乱れ等々では
ないと思います

個人的には神棚・霊舎・仏壇が自宅にあり、
最低限のお詣りをする事によっていろんな事が
子供さん達に伝え教えられると思い信じてます

やはり我々も良いことはいい、悪いことは悪いと
はっきり伝え、発信しなければいけないと感じます





livedoor 天気
Recent TrackBacks
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ