blog★安大吉の「世界で一番卑猥なむさぼる日記」

花の都に憧れて‥ 飛んで来ました一羽鳥‥ 縮緬参酌ぱらりと散って‥ 鼻のあたまに安大吉‥ <誹謗中傷などのコメは止めてね、股間にひびいちゃうから(≧∇≦)>

GUCHI7

本日桜が開花しました。

先日ある撮影にいってきましたがその現場は男優にマスクを被らせ、3人で人妻設定の女優さんをカメラワークに従って犯すという設定でした。

別にこちらの現場も女優さんも設定に従い一生懸命やっておられましたし、こういう作品が好きな方もいらっしゃると思います。

ただ私はその時、「もう2度とやらないだろうな」と思いました。

こういうとき決まって仕事を選り好みするなとか、それではプロじゃない!とかいう人がいますが、

そう思ってくれて結構です。

むしろ逆にプロになどなりたくもありません。

セックス描写が、撮影の為の絡みなどつまらないと思っています。

いかに女優さんの体を隠さずに無理な体勢でハメシロを撮っている映像にエロさを感じません。

それだったら写真とそんなに変わらないじゃない。

綺麗な女がハメ倒されてる所を延々に見る事に飽きています。

特にドラマ物でストーリー展開の所を見ていざ登場人物の絡みに入ったら途端にただのAV女優とAV男優の絡みになってるのに全く私はエロさを感じません。

なんのための演出なの?

もうずぅ~っと前から思っています。

私は自分の好みで今書いています。

極論を言えば裸にならなくてもエロさとかは出ていると思います。

小説だったら文章の言い回しだったり形容の仕方だったり言葉の使い方だったり、それが読んでる人に想像力を与えたりして、映画なら映像という空間でのカメラの捉え方や音楽、台詞、間の取り方等に説得力や想像を働かせてしまいます。

自分の絡みを文章にすればどうなるんだろうか、
たまにそんなことを考えてしまいます。

ちっぽけな自分はそれが出来るかいつもビクビクしています。

今はまだまだ出来ちゃいないけど、いつか表現したいと思ってます。

「タクシードライバー」のように


d7441316.jpg





62b64dca.jpg

GUCHI6

image


image


image








遅ればせながら明けましておめでとうございます。

昨年も様々な出来事が世界で起こりました。

ラグビーワールドカップで日本の大躍進など希望か灯る事もありましたが、悲しい出来事、眼を覆いたくなるような事件がどうも私は心に残ってしまいます。

その度私は思ってしまいます。人生は不公平で残酷なんだと。

じゃあ、どうすればいいの?

すべて受け入れる事だと思います。

人生、死ぬこと以外はかすり傷。

そんな気持ちで今年も頑張ろうと思います。

昨年から本格的にハメ撮りもやらせていただいてます。
冠ページも持たせてもらい、又メーカーさんからも時々男優の仕事もやらせてもらっています。

自分からしたらほんと上出来であり、まずそこに感謝をし、今年は去年残した足跡をさらに深く踏み込み、くっきりと残したいと思います。

今年はそれに拘り、よりエロくて面白い作品をお見せ出来る様、精進します。

人生とは生きる事。

生意気盛りですみません。


本年もよろしくお願いします。

平成28年 申年、安大吉












~向日葵の花~「別冊本当にあったHな話」(ぶんか社)撮影日記、女優さんは川上ゆうさん(^-^)。

image


image


image


image


image


image



いってまいりました、「本当にあったHな話」撮影。

ぶんか社さんは以前ドラマ物の撮影で何回か使っていただいてまして、久しぶりに呼んでいただいたのですが、な・なんと女優さんが川上ゆうさんではありませんか!!

この話、2日位前にいただいたのですが、めっちゃ嬉しかったなぁ(あ~ヒマ男優でよかったぁ)
\(^o^)/

今回の撮影の詳しい事はご覧になってのお楽しみにさせていただきますが、一年ぶりに会ったゆうちゃん、

キュートな姿や雰囲気がホント全然変わらないなぁ、と思ってました。

撮影は外ロケがあったのですが、夏の陽射しがまぁ、スゴい事スゴい事(。>д<)。

そんな中でもゆうちゃんは日傘を持って笑顔で応えてくれます。

そんなゆうちゃんを見てるとスタッフさん初め皆さんが猛暑を忘れて明るくなります。

まるで太陽の陽射しや空気、木漏れ日のシャワーを前身に浴びて輝きを放っている一輪のひまわりの様なんです。

その情景はゆうちゃんの笑顔という花が咲き乱れている、まさにそんな感じです。

昔の唄の歌詞に

「誰のために咲いたの、それはあなたのためよ・・♪」

こんな言葉を言われたら、男はたまらんだろうなぁ・・

そんな夢の中のような撮影でした。

「別冊本当にあったHな話11月号」は9月16日発売です、太陽とゆうちゃんがいっぱいです!

どうぞ皆様お楽しみに<(_ _)>。








「極撰人妻ものがたり」(ワイレア出版)に白石茉莉奈さん登場(^-^)v!

image


image


image


image


今号の「極撰人妻ものがたり」(ワイレア出版)は6月20日全国有名書店、コンビニで発売予定!


いってまいりました「極撰人妻ものがたり」(ワイレア出版)表紙&グラビア撮影!

ワイレア出版さんは熟女という魅力に絞って誌面、文字構成や付録DVDで様々な大人の女性を表現し、読者にお届けしている出版社さんで他に「花と密」「五十路密会」等が発行されていまして今回は「極撰人妻ものがたり」の撮影ですが、この「極撰人妻ものがたり」という雑誌をリニューアルして更に幅を拡げていこうという狙いで挑みました。

そんなコンセプトを持った撮影で選出されたのが白石茉莉奈さん事、まりりんなんです。

今回私は撮影のお手伝いで参加させてもらったのですが(いつもは男優としてか、安大吉ハメ撮りシリーズとしてページをいただいていますが)、白石茉莉奈さんの撮影という事で、興味を持ちながら参加させていただきました。

「単体女優さんだし、さぞかし綺麗なんだろうなぁ・・」

単体女優という事にそんなに興味がなかった私はそれくらいの感覚でした。

まずは挨拶をして滞りなく現場が進めばいいだろう、手伝いだしオレ、的な感じだったんスけどぉ・・

事務所さん、バンビさんだし以前メーカーさんでやらせてもらってたシリーズ物でお世話になっててマネージャーさんも知ってるし、あぁ~よかったぁ、なんて思いながら気やすくご本人やマネージャーさんに写真撮影(雑誌宣伝の為ですけどね)の承諾を得ちゃいました<(_ _)>。

そんな私ごときにもめっちゃ気さくで笑顔のまりりん。

いやぁ、撮影前からすでにオーラが出てましたねぇ・・

そんな感じで始まった撮影合間のメイキング写真。

まず一発目の撮影は表紙候補として屋外での撮影。

その出発前にメイクルームでパチリ(o^-')b 。

写真でもお分かりの通り、セクシーとキュートの融合が画面いっぱいに溢れちゃってます\(^-^)/。
外は映画のタイトルじゃないけど、まりりんに太陽がいっぱい。

本日二回目のパチリ。

満開の花が太陽を浴びてる姿、まさにまりりん(満開の花)と日射し(未来)の融合でまたも画面がいっぱいに\(^-^)/。

レフ板を持ちながらまりりんを見ていたのですが、たまに通る通行の人が二度見する勢い。
そしてお日様も楽しそうに温かくまりりんに日射しという目線を送っています(o^O^o)。

この撮影で表紙もバッチリ!編集長も太陽のようにニコニコ顔。

そして撮影は室内へ。

コンセプトは「人妻」。

「人妻」とは、人の妻という意味だけではなく10代にはない大人としての人生の喜びや哀しみというキャリアが内面からも放たれていると思います。
「極撰人妻ものがたり」はそんな人妻(大人の女)のストーリーを描いていこうとされているのではないでしょうか。

ちょっと地味で控えめな人妻衣装。
でもそんな人妻まりりんの姿が意地らしくて男心をくすぐる!

ここでまた撮影合間をぬって三回目のパチリ(^-^ゞ。

こうやってメイキング写真やカメラマンさんの試し撮りでは、笑顔やおどけてみせてくれるのですが、本番になった時の集中力はハンパない!

撮影はまりりんの下着姿から裸へと進むのですが、そのギャップが更に凄い!

洋服着てても充分可愛くてセクシーで輝いているのに全裸の姿はビーナスのような神々しささえもを感じちゃったかな(≧▽≦)。

これは私の持論ですが、清楚感やキュートさがバツグンにあるとセクシーな部分がある意味ボヤけてしまうことがあるなと思います。

それがまりりんには感じられません。

うわ、可愛い!って思って見てたらそのセクシーさがすぐ脳裏に襲いかかってきます。

キュートとセクシーの融合が、時にエロという後ろめたくなる感覚を私に正当化させてしてしまいます。

地上波や音楽にライブ、イベントなど各方面でも大活躍のまりりん。

伝える、伝わる何かが凄くあるのだと思います。

初めお会いした時は有名な単体女優さんかなと思ってましたが大間違いでした。

そんな枠を越えた本物のエンターテイナーです。

カメラマンさんも、出版社の方もメイクさんもみんなが楽しかったと思える事ってなかなかありません。

エロ業界なんて・・

冷ややかな目線を受けがちです。

でもね、

本物に触れると

理由なんかいらない、


いい物はいいんです。




















ワイレア出版さん

image




もう、かれこれ四年は過ぎるでしょうかおつきあいさせていただいて。

ワイレア出版さんの「極撰人妻ものがたり」「花と密」「五十路密会」などで出演させてもらってるのですが、初めての撮影は、澤村レイコさんとのグラビアでの絡み撮影でした。

その後しだいに付録DVDでの絡み撮影にも出させていただきましてワイレア出版さんの編集長には、自由に泳がせてもらってる感じがしてとても感謝しています。

私にとってはながえスタイルさんとワイレア出版さんがメインの活躍の場であり、そして成長をさせていただいていますので拘りを持ってやらせてもらってます。

こうして堂々とブログにも宣言できるほどです。

雑誌ってAVメーカーの素材を借りての誌面構成がほとんどとかで、付録DVDもメーカーのサンプル映像やメーカーさんの真似事みたいなのをちょこっと付録にくっつけてるだけのイメージがあるかも知れません。

こちらのワイレア出版さんの熟女を取り扱った雑誌はまったく違います。

メーカーさん紹介のページだけではなく表紙はもちろん撮りおろし、そしグラビアページ、一般熟女とのハメ撮りがふんだんに掲載されています。

誌面の楽しみ方、そして映像(AVメーカー)と違った楽しみ方として私は思うのですが、それは熟女の魅力的な写真だけではなく、

文字だと思います。

掲載されてる熟女の魅力的な姿と同時にそこにはいろんな形で文字がついています。

キャッチコピーだったりポエムだったり、写真に載ってる熟女の心情が言葉になって書かれています。

それを眼で読んでいく内にその写真の熟女の息づかいや、鼓動、肌のぬくもりを感じてしまいます。

そして企画コーナー。

「セクシー写真館」「パンティ女子会」「安大吉のおやじ素人熟女ハメ撮りシリーズ」「ナンパ身体測定」「団地妻」「ミニドラマ」など・・

これらの企画は誌面で、付録DVDで映像として楽しんでいただきたいです。


そして、それらの構成を、あらゆる熟女という素材で誌面構成。

例えばAVメーカーさんで活躍されている熟女女優さん、一般素人熟女さん。

美熟女、ぽっちゃり、スレンダー、巨乳、様々な熟女をグラビアで、企画で、ハメ撮りでいろんな構成で楽しんでもらえます。

そんな内容盛りだくさんの雑誌の価格が、

約670円!

そしてコンビニなどで手軽に購入出来る!

まさにエロ業界の価格破壊だと思います。

どうぞ皆さん、ワイレア出版さんの熟女雑誌で2次元(グラビア)と3次元(映像)そして、ペンの魅力を味わってみてください。

















livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ