アメリカに移住する子に、日本在住の親が、金銭等を贈与した場合、原則、贈与税は
かかります。検討すべき点は、次の通りです。

1)日本で贈与税がかかる場合

 ⇒日本在住・居住者の親から、日本国籍がある米国居住者となる子へ贈与する場合、
  110万円超なら、財産の所在国がどこにあっても、日本で贈与税が課税。
        ↓
  納税管理人の届出を出して、日本で贈与税を申告

2)日本で贈与税がかからない場合

 ⇒受贈者が米国籍保持者であり、日本国外財産の贈与ならば、日本の贈与税は対象外。

3)米国で贈与税がかかる場合

 ⇒納税義務者は贈与者。米国の贈与税の対象は、贈与された財産の所在国がどこで
  あったか、その財産の種類が何であったかによる。

 ⇒贈与税がかかるのは、財産の所在国が米国であった場合だけ。 
 ⇒日本など米国外であった場合には、納税義務者(贈与者)である日本在住の親は、
  課税対象にはならないので米国での贈与税はかからない。米国国内財産の移転であ
  っても、財産の種類が有形資産であれば課税され、無形資産なら課税されない。
  ①有形資産(課税):不動産、自動車、現金、宝石貴金属、美術品等。
  ②無形資産(非課税):株式、債券、有価証券、手形、著作券等。