海外出張経費、たとえば、航空運賃、海外での移動費、海外滞在費、通信費、日当等
の消費税等は、不課税取引ですが、次の課税取引と区分します。
ア)航空運賃:海外往復航空運賃 ⇒不課税取引
            空港使用料        ⇒課税取引  例:中部国際空港 空港使用料2,570円
           :取扱手数料等      ⇒課税取引
イ)海外日当:行きと帰りの国内分  ⇒課税取引
           :海外日当           ⇒不課税取引
ウ)通信費  :携帯電話海外通話料⇒不課税取引又は免税取引
細かいですが、新規先の顧問先でヒアリングすると結構、間違っています。