2019年1月7日以降、船舶又は航空機で出国する旅客は、国際観光旅客税1,000円を納
める必要があります。1月7日以降、航空券等の予約を行うと、この分がチャージされます。
それ以前に発券ずみなら課されません。旅行会社等が、特別徴収義務者であり、出国予
定の旅客に対して、チケット代に1,000円を上乗せ徴収後、国へ納付です。
非課税対象者は、入国後24時間以内に出国する乗継旅客、外国間を航行中に天候等で
緊急着陸等した者、2歳未満の者などであり、航空機等の乗員、強制退去者等、政府専用
機等も非課税対象です。
海外航空券は、消費税法上、不課税取引であり、出国税も同様です。なお、国内空港施設
利用料、旅行会社の取扱手数料は課税取引なので区分処理が納税者にとって有利です。
実務上、不課税のままとして仕入税額控除をしていない場合が散見されるので要注意です。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/kansetsu/kanko/index.htm