7月4日(土)

安田明峰です。おはようございます。先日初めてのブログ記事を書かせていただきました。

さっそく、珍しい治療をしたのでお知らせをと思いましたが大神様に叱られました。やはりお知らせできるものと出来ないものがあります。

さて、お知らせです。

県内で活躍されている占い師の方、その中で数名の人に神様が指導したいと言っておられます。女性の方です。霊感のある方なんですが残念ながら悪霊に憑かれているため神様が指導できません。霊能を授けたいそうですのでこのブログを読んでピンと感じた人、安田明峰へ連絡するなり、事務所に来店して身を浄化してください。

私は名前は知っているのですが、決まり事ですので直接連絡はできません。  安田明峰

 

この度、安田明峰はブログを開きました。私は富山県の霊能力者です。京都伏見稲荷大明神、宇迦之御魂大神様の御光明を授かり霊界に関わる仕事を富山駅前の事務所でしております。以前は明峰会を主宰していて、ひと月毎に会報を配布していましたが、自身の負担が大きく手が廻らなくなったため10年たったのを機会に会を解散させてもらいました。その頃、私は占い師から霊能者へ転換し始めた時で、霊との交流が頻繁に起こり身体も精神もクタクタの状態でした。悪霊やら先祖霊やら神様やら仏様やら何が何やらどれがどれやらまるっきりわからずまるで手探り状態でした。私は平成25年6月1日に大神様が私の身体にお入りになられました。富山県では私一人だそうです。実は私がその事を知ったのがひと月後の7月に入ってからなので当時の身体の混乱ぶりが判ります。今、名前が変わりまして豊受稲荷大明神、宇迦之御魂大神様になっております。救われない霊の救済、また、憑りついた霊のために病気や人生の苦難に直面している方々をお救いなさるために大神様の手足、道具となるため私が選ばれました。いわば大神様の使い走りです。道具です。私が役に立たない、使い物にならないと判断されれば即、身体から離れられます。過酷な下、体力勝負、身体を張ってかんばっている安田明峰です。元々、私は霊感の持ち主ではありません。各地の神社や仏閣にお参りしてから徐々に手が痺れる、身体が震えるなど霊感と言えるほどのことかどうかわかりませんがそういう感覚で霊道が開いて行ったのかもしれません。今、光明をいただいてから2年が過ぎ霊能力者として神仏様との交流、霊、先祖霊との交信、霊媒、霊の浄化除霊などあらゆる霊界の仕事を携わるに必要な霊力が一段と向上しているのがわかります。霊能力者と呼ばれる方、富山県に十数名いるようです。中には自身で宗教を起こされた方もいるようです。霊感者、霊能者は巷にたくさんいますが霊能力者は神様、如来様の光明をいただかなければ活動できません。目標がはっきりとちがいます。いろいろ難しい事を書き並べましたが、これからおいおいと神霊治療のことなどお話していきたいと思います。すごく楽しみです。

URL http://yasuda-meihou.com   メール meihou1@outlook.jp  





























 


 


 


 


 


 


 ブログ http://blog.livedoor.jp/yasudameihou1/

↑このページのトップヘ