2015年10月

10月22日(木)奇病ヘルペス病の神霊治療

 

下半身全体に痛みが走り動けず、車椅子生活が5年間の77才の女性。以前、私の治療を受けた方の親戚の叔母さんです。病気名ヘルペス病。大変な病気です。凶悪な悪霊が憑依して身体全体を蝕んでいる。顔色も血色がなくうつむいたまま、大丈夫ですよ。直ります。あなたの病気は医者にかかっても治らない現代医療ではどうしようも出来ない霊の障りから来ているのです。痛みも取れますので安心して下さい。虫の鳴くような声でお願いします。と一言。

無理もありません。足も痩せて細く気の毒なくらいです。さて、どこからどのように憑依されたのか源を探らなくてはなりません。ああ、土地から来ています。昔、お墓のあった場所に自宅が建っているのが原因です。お墓の所在が戦国時代まで遡ります。勿論、墓所の影も形もなくお骨も何も残ってはいませんが、魂がその土地に眠っているのです。成仏している魂はそこにはいませんが不成仏の霊魂が安住の場所を荒らされ、騒ぎたて人に憑依して災いを起こします。まあ、こういう例はお墓の問題にも同じような事があります。成仏しているご先祖はお墓にはいませんが成仏の出来ていない血族の先祖や親戚の先祖は休まる場所がないので縁のあるお墓に群がる。それがお墓が古いだの欠けているだのと何だかんだ言って子孫に障りを起こすのと共通しています。

 

悪霊は家にも入り込み神棚の神札に憑依している。また、初詣で購入して来た縁起ものにも憑依。そのほかお守りなど憑依できるものあるとあらゆる物に入り込んでいる。土地の浄化、家の浄化。それから本人の治療が始まります。一日一体の浄化ですので少し日にちが掛かります。本人が事務所においでになる前に土地の浄化を済ませていましたのでさっそく治療を始めました。凶悪な悪霊との戦いが休憩を挟んで2時間以上かかり通常の倍以上の時間が必要でした。終わった後この女性、喋るわ喋るわ。私もびっくり付き添いの人もびっくり。そして車椅子から離れて歩きだそうとしました。さすがにバランスを失いかけて付き添いの人に抱えられましたが、自分で歩きだそうとするくらい回復しているのです。痛みはまだ少し残っていますが徐々に取れていきます。このまま順調に下半身のリハビリも兼ねていけば3ヶ月で全快すると大神様が仰せでした。

私も疲れてクタクタでしたが霊力を授けていただいて、このような仕事が出来ることに感謝と充実感を味った一日でした。  安田明峰。

 

 

 

 

 

10月6日(火)霊能力者と霊能者との違い。


埼玉県さいたま市から電話が入りました。私の知り合いの方の紹介です。息子さんが殺人脅迫罪で警察に拘留されたそうです。聞いてみますと別れた奥さんとケンカになり携帯に何回となく殺すと脅かしていたそうです。ついに家から包丁を持ち出したところを母親が警察に通報したそうです。まるで最近の新聞記事によく出てくる話。今回だけではなく何回となく警察のご厄介になっている40才近くの息子です。昨年だったでしょうか、いくつか霊の障りがあるので近くの霊能力者に観て貰いなさいと、この母親に言ったことがあります。さっそく知り合いの友人を通して、悪霊を上げてもらってしばらくは息子さんも安定していたそうですが、また元に戻って同じことの繰り返し。話しを聞きますと何か龍神さんが降りている霊能者にお頼みになったそうです。

ああ、やはりそうか。多くの人が霊能者と霊能力者との違いがよく解らないのです。霊能者は霊視したり霊聴、臭覚など霊的感覚器官を通して予言など出来ます。あるいはお不動さま、龍神さまなどから霊言いただいたりして諸問題を解決する事が出来ます。しかし神霊格の低い神様は、霊言、透視などしてくれますが霊を動かしたり、悪霊を処理したり浄化する事は出来ないのです。たまに霊能者自身の霊力で除霊の行為はしていますが、天上界に上げる事は出来ません。たとえ除霊できても悪霊は一時的に離れたように見えますが、まだ本人の傍にいて、ほとぼりが醒めるのを見計らってまた憑依してしまう。この繰り返しになります。凶悪な悪霊では除霊も出来ません。霊能者の方でも沢山の修行を積み非常に霊力のある方がいらっしゃいます。和鎮(なごしずめ)といって悪霊に説法で諭し成仏させている方もいます。しかし本当に成仏したかどうかわからないのが本当でしょう。

霊能力者とは神格の高い神様の光明を授かっている方。仏様では如来様以上の格のある仏様の光明を授かっておいでの方。霊界のすべての諸問題に光明の輝く高い神格の神様、仏様の力で解決できる役目をいただいた人の事をいいます。役目が違うのです。


皆さんには悪霊を除霊、浄化しなければならない時は、どんな神様のご光明をいただいているか、どんな如来様なのかしっかり確かめてからお願いしてください。菩薩様、お不動さま、龍神さまは神格が低いので悪霊を浄化させることは出来ません。しかし霊能者を通して我々を霊言御徳でお導き御救い下さっている事は間違いありません。先ほど説明したとおり役目が違うのです。

 

さて、この息子、凶悪地獄霊を一体(おそらく500体の組織がある)抱え、住んでいるマンションの土地に自縛霊を抱え、更に部屋の中に自身の地獄霊が入り込み、毎日凶悪地獄霊と一緒に生活を共にしている人。原因はマンションの土地にいる死霊。話しを聞いてみるとマンションの部屋がたいぶん空き部屋になっているとの事です。本人が富山に来なくても遠隔で処理できる事が多いのですが、この悪霊は凶悪で本人が来なくては処理出来ないのです。はて、来てくれるかどうか疑問です。10月15日頃に拘留が解かれますので近くに縁のある神社があります。お酒を献酒して祈祷を受けて下さい。と大神様。彼が浄霊を受けに行くようになります。と仰せでした。  安田明峰。

 

 

 

 

 

 

 

↑このページのトップヘ