2018年02月

家族全員病気に侵され、祈る思いで神霊治療を受けた男性。

朝のお勤めの中に携帯が鳴り途中で祝詞を中断することが憚ったので、そのまま勤めを続けていました。今日は夜中から悪霊に取り憑かれ、払っては憑かれ、憑かれては払ってを繰り返しているうちに朝になってしまい寝不足で少々イライラ。飲食店によくたむろする小さなゴキブリのように次から次から押し寄せてくる。組織の親分を見つけて処分するのが一番早いが、下っ端が次々と取り巻くので親分に辿り着くころにはエネルギーも大分消費してしまう。悪霊達のネットワークで安田明峰が怖い、痛めつけられると情報が入っているのにも関わらず、中には任侠な奴もいて、「俺が痛めつけてやる」と向かってくる。痛めつけるのに成功すると悪霊的霊格が高まり子分も増えるし大きな仕事(病気や事故、事件など起こす事)も出来るというわけ。

さ~て、電話の主ですが、30分後くらいに再び携帯が鳴りました。県外からの男の方です。呂律が廻らない口調です。舌が長いのか短いのか大丈夫かなこの人と思いながら話を聞いていました。私も疲れていて少し愛想が悪い返事になっています。まずい。気を取り直して笑顔と微笑とおもてなし。・・・・・・・

 

う~ん。話の内容がだんだんと重くなってきました。彼に地獄霊が入り込んでいるのが解ります。46才の男性、5,6年前から精神不安障害、とても働ける状態ではなく会社も辞めてしまっている状態です。さらに胃潰瘍、肝臓にも異変があるそうで、話の後から後から実は、実は、と病名が出てきます。が、舌足らずな話し方に少し先入観を持ってしまいましたが。この方、大変真面目な方で誠実な感じがします。私の事は、今交際している女性の友人から紹介を受けたそうです。その友人から譲り受けたホームページのパンフレットを片手にいろいろ神霊治療の事、料金の事など細かく質問をされています。

悪霊を取り除けば本当に病気は治りますか?

大丈夫です。治ります。長い間巣食っている割には組織はそう増えてはいません。しかし300体は超えています。あなたの友人から憑依されてしまいました。

時間はどれ位かかりますか?

5、6分位で大丈夫です。

えっ。30分と書かれていますけど?

はい。一年前より私の霊力が日々向上しています。これくらいの霊数でしたらそう時間はかかりません。

実は~私の母も弟も具合が悪いのです。

家族に分霊憑依しています。土地は大丈夫ですが、家の中にも入り込んでいますので家屋も浄霊が必要です。大丈夫です。一気に浄霊してしまいます。

あの~全部で浄霊費用はどれくらいかかるでしょうか?今、私も家族も貧困なんです。

まず家族全員元気になることです。仕事に就ける身体を取り戻すのです。

本当に元気になるでしょうか?

大丈夫です。快癒します。安心して浄霊を受けて下さい。

いろいろ質疑応答を繰り返しながら説明をさせて頂きましたが、費用の問題もあります。家族と相談して一両日に返事をします。と電話が切れました。

二日後、朝、連絡が入りました。

浄霊お願いすることにしました。今、銀行にいます。これから送金をしたいと思います。あのう母も弟も元気になりますね?

大丈夫です。安心して任せて下さい。

その後、送金したと連絡が入りました。

今日、昼、2時から始めます。

働けないでいる彼にとっては浄霊費用を捻出するのは大変だったと思います。大丈夫です。働けるようになって何倍にも戻ってきます。

浄霊中に私の名前を前にして気持ちを合わせて下さい。大神様の神霊力が入りやすくなります。とお願いしました。

治療時間としてやはり5分から6分懸かりました。母も弟も家も一気に浄霊。完璧です。ついでに彼の守護霊も大神様にお願いをして出してもらいました。母方の先祖が付かれました。費用はいただきません。

回復には3か月。結婚も設定されました。

大変ありがとうございました。と舌足らずな口調でお礼を言われ、久々に晴天の爽やかさを頂きました。本当に良かった。

                            安田明峰

 

 

 

 

ネットでクリック、幾つもの難病を抱えた中年女性。

県西部の予約の中年女性、道に迷ってようやく到着。元気が良い笑顔の人です。ネットの占いで検索され私の名前をクリック。霊治療のブログを読んでこれだ。と電話をされたそうです。元気の良い方ですので最初お子さんの相談事かな?と思ったくらいの人でした。浄霊室に案内してどうされましたか?とお聞きしたところから悪霊が私の足に纏わり憑き始めました。これは霊の障りです。

この方、難しい病名のつく病をいくつも抱えているのです。ここで病名を書く事の許可をもらえません。珍しい病名なので紹介すると名前が解ってしまうからです。30年前から婦人病を病み、12年前から難病に懸かり始め、13年前に子宮を除去、3年前からこれまた難しい病名の病に侵されています。

えらいこっちゃ。

もう千体以上の地獄霊が憑依しています。まだ他にも死霊2体います。まだチョロチョロ何かが動いています。千体以上というと生命の危険が伴います。よくもまあこんなに抱えて明るく振る舞えるかと感心します。

まだあります。家のなかの照明がそっちゅうパチパチ音がする。ポルターガイストです。彼女の顔の皮膚がひとりでに左右上下、筋肉移動する、日常生活の中で言い争いが多く失敗ばかりしているなど、波動の荒い悪霊に憑依されているのですから当然と言えば当然です。まあ千体以上になると悪霊は何だってやり遂げます。

さて、この方を元の身体に戻してあげなくてはいけません。

千体以上の悪霊の摘出、

死霊2体

家の中の浄霊。今年正月に寺院からいただいた何枚かのお札に憑りついています。このお札を寺院にお返しして浄霊後に新たに求める事。

水子霊2体います。

家族を霊査しましたが娘ふたりと夫は憑依されておりません。これだけの悪霊が家にいるのに憑かれていないのです。霊に憑かれない体質の人ですね。そういう人はいます。

今まで病院に支払ったお金は何百万を超えているそうです。本当に大変でした。ようやく私に辿り着きました。大丈夫です。快癒します。

さあ、神前に向かい浄霊を始めます。5,6分で地獄霊、死霊の浄霊、家の中を浄霊。次に患部に纏わりついているたちの悪い浮遊霊を細かく浄霊。頭から足の先まで浄霊。すべての浄霊終了10分弱。病気は消滅しました。これから徐々に回復に向かって行きます。完治に半年間。その後カルマの清算があります。あるかもないかも知れません。良かった。良かった。本当に良かった。

珍しい病気なのでブログを書かせて下さいとお願いしましたが、病名が分かると名前がすぐわかってしまうので病名を書かないという事で承認をしてもらいました。このような難病と闘っている人が、まだたくさんおいでになるのです。

神霊治療と縁があればと思うばかりですが・・・・・・・。

雑談後に神殿に移られ、手を合わせて帰られました。回復に向かっていきますよ。本当に良かった。

この方、以前に富山市の神社で除霊をしてもらったそうです。私が以前、ブログで指摘した神社でしたので「またか」と思いました。どうもこの方霊能師ではなく気功師のようです。霊が憑いているからと除霊を勧められ、お願いしたそうです。気功師の方でも相当修行を積まれて力のある方はいるにはいますが、霊界の事は神の領域なので、神の光明をいただいている神霊能力者にお任せいただきたいと思います。非常に危険なんです。身体を虫歯われます。凶悪地獄霊は命も狙います。また自分に憑いた悪霊を施術したお客さんに憑依しかねないのです。

                        安田明峰

↑このページのトップヘ