7年間の病気を遠隔治療でシャットアウト。

平成23年7月頃から右半身の違和感があり、右側の頭重感、右首痛、右肩痛、右側肩甲骨と足先まで違和感や痛みあり、逆流性食道炎、婦人科も不調。すぐに病院にも行ったそうですが特に異常なしと言われ、その他、倦怠感や疲れ、頭が回らないなどなど、まだあります。何かが右肩甲骨から入り首を伝って頭に上り頭の中をグルグルと回る感覚もある。丁度その頃、色んな霊能者やらに視てもらったけれども、原因もハッキリと分からないので治るも何も分からずじまい。浮遊霊とか動物霊とか生霊とか言われて祈祷やお祓いなどやってみたけど良くならなかった。という主旨のメールが4月半ばに届きました。埒があかずネットで検索中、私の記事に縁を感じてメールを発信して下さった東北在中の女性の方です。

彼女とは治療まで何回となくメールのやり取りをいたしました。実は全メールのやり取りをブログ記事に乗せたかったのですけれど、残念ながら承諾を得られませんでした。がしかし治療に至るまでと、その内容等を掲載した方が今、神霊病気治療を迷っている人の参考になると思い、個人情報に触れないように気を付けながら記事にさせてもらいました。 

明らかに、この症状は霊障です。悪霊の障りだと察知された事は正しかったのですが、残念ながら病気を治療できる霊能者に巡り合えなかった事、7年間もお苦しみになった事は不幸でした。しかしこれには因果律の働きがあったかも知れません。それと霊能者といっても皆、能力が同じではなく、神仏の導きをいただく者にも神、仏の神格や得意分野があり、また霊団として霊能力者を支える組織があるものとそうでないものもあり、霊処理を扱えるものと扱えないものがあるのです。そう言った事は一般の方にわかるはずもありませんから、あとは縁を結んでもらうしかありません。

さて、この方の背負っている病気症状はすべて神霊治療によって完治できます。霊査内容をメールで送信しました。

*メールを読みました。大丈夫です。半年で完治いたします。安心して下さい。あなたの身体に、地獄霊が千体以上憑いています。悪霊の障りがあなたの病気を引き起こしています。これは外から悪霊の憑いていたものを家に持ち込んでいます。現在家の中に居座っています。仏像らしき物に親玉が憑依していますから恐らくこの仏像が原因かも知れない。

家族には憑依されている人はいませんが一緒に住んでいる訳ですので当然、影響を受けます。

まず、遠隔除浄霊します。あなたと家の中をきれいにします。仏像も除霊いたしますが憑いた痕跡が残りますので別の悪霊が入り込む可能性がありますので処分をしてください。

後に電話があり治療の方法、内容とかを説明させていただきました。浄霊時間に5、6分位、千体を超えていますのでもっと掛かるかも知れません。2,3日経って神霊治療の料金を送金しました。とメールが届き、そして3日後、朝11時に治療することになりました。彼女には、まず白い紙に私の名前、安田明峰と書いてそれを見つめて、念を私に合わせるようにしてほしいとの事をお願いしました。大神様の神霊エネルギーが入りやすく治療がスムーズにいきます。

さあ当日、今から取り掛かりますと電話をかけ、神殿に向かいました。自分に気合を入れ一気に除浄霊。時間にして10分程で家中、彼女の身体から地獄霊を追い出す。除浄霊中に彼女の顔姿が脳裡に現れました。次に患部に纏わり憑く浮遊霊を一気に浄霊、頭から首にかけ背中、胸腹部へそして下半身、腰から足へ浄霊。浮遊霊と言えども地獄霊に近い悪霊達。私の身体が急激に左右に上下に動きます。時間にして3分程。さらにもう一度頭から辿って足のつま先まで再浄霊と検査。もういません。完璧です。病気は消滅いたしました。もう二度と悪霊は彼女の身体に入り込みません。彼女へ電話。終わりました。完璧ですと。

身体が軽くなりました。と返事をいただきました。よかった。良かった。

私は神霊治療に頭が集中していて大事な事を見落としていました。この方丁度お誕生日月だったのです。おめでとうございます。良いプレゼントさせてもらいました。重ね重ね良かった。

私の記事、ブログを読んで神霊病気治療を迷っている方々へ。霊査だけでもしてみて下さい。原因がわかれば希望が出てきます。  

安田明峰