地獄霊に人生航路を曲げられた40代の男性

一週間前に予約をお入れになった男性の方、その時での電話のやり取りで八尾の某神社で除霊を受けられたそうです。私が以前に指摘した問題の神社です。30代らしき女性の霊能師?だそうですが、動物霊やらいろいろ悪霊が憑いていると言われ除霊を受けられたそうです。某神社の宮司さんを師匠とお呼びになっていたそうですから、やはり除霊行為を指導?している神社と思われますが、不思議です。天照系神社では霊は扱えないはずです。祈祷はいたしますが霊を処理するのではありません。病気平癒や交通安全や五穀豊穣を神様に祈願する行為です。お祓いはお浄めの行為であり霊を祓うのではありません。

この男性除霊をしてもらったけれど、何も変わらず疑問に思って私を頼ってきたのです。席にお座りなって事情をお聞きしましたが、もう私には地獄霊が憑依している事が解りました。相当、数がいるようです。かなり重いのです。30代の年齢では自身の霊体がまだ未熟で霊力が発揮できないでしょう。当然何もなされてはいませんし、この方、霊視してみると神仏のご指導も光明もありませんし、霊能もありません。困ったものです。しかし以前は男性の気功師だと聞きましたが今回は女性です。まだ沢山の方がいて除霊行為をしているのでしょうか?一般の人が尊信している神社という名を借りての除霊行為でしょうか?

真光系宗教団体では手かざし、レイキと言われる治療法があるようですが、そういう類でしょうか?人生に於いての相談事や霊知識の勉強会は結構な事ですので問題はありませんが、除霊行為はなさってはいけません。神仏様のお導きなくしての霊界への踏み込みは後々罰を受ける事になります。一番問題なのは悪霊の名前を出し除霊をするとうたっている事、神気治療とうたっている事です。

さて、この40代半ばの大工の仕事をなさっている男性、7年前から人生思うようにいかず苦戦している事。

あなたは10年前から悪霊に憑依されていたんですよ。友人から貰っています。

そうなんです。そのあたりから性格が変わったような気がします。と

さらに自動車事故にもあってむち打ち症状もあるそうです。今、親方のもとで仕事をしているが、このままでいいのかも不安に思っているそうです。自信があった仕事のコンペにも落選してしまい、尚の事心配が募ったのでしょう。

長い間憑依されて人生の航路が逸れてしまっています。結婚もパスされてしまい、今、独身の身。これも地獄霊の仕業です。悪霊に憑依されて一番困るのは自身の人生航路がそれてしまう事です。大きな人生のロスです。守護霊も働いておりませんので彼の仕事柄、必要でしょう。

彼は浄霊を決断されました。承諾を得ましたので地獄霊を一気に浄霊します。同時に守護霊も入れます。時間にして3分程度で終了。地獄霊のリーダーは女でした。足に纏わりついていましたので強い嫉妬心、執着心が悪霊化させたのでしょう。浄霊中に暴れまわっていました。もともと女性の悪霊は浄霊するのに手間がかかります。本能的に我慢強いのです。それから大事な仕事の事があります。いまの親方から離れて会社組織の中で働くようにする事。新しく人生航路が再設定されました。結婚は1,2年でまとまります。本当に良かった。守護霊は胸にいます。無言での会話で結構。いつも話しかけてともに進化してくれることを願います。

この文を執筆中に、またしても八尾の某神社で除霊された?方がお出でになりびっくり。この人に霊など初めから憑いてなんかいません。この霊能師?恐れ多くも神様の名の一字を平気でペンネームにしている。  

                         安田明峰