2020年12月

2020年、令和2年も残り少なくなりました。

一時沈静化した新型コロナウィルスが師走に入って、また舞い戻ってきました。メデァ報道に首をかしげる所もありますが、しっかり自己管理をしていきましょう。アメリカ大統領選の結果が新聞やテレビニュースがネットとは百八十度違った報道に、私も毎日釘づけになっています。師走に入ってあれこれと騒がしくなっています。体調管理に気をつけましょう。

2021年、令和3年は皆様にとって実り多い良い年になりますように祈願いたします。

年末年始の開院案内です。

@年末29日まで仕事をしております。

@30日から正月3日まで休みを取ります。

@瞑想呼吸法もこの期間はお休みといたします。

                    安田明峰

 

針の刺さる痛みに耐えてきた老夫婦。

師走に入り時の速さに思わずため息が出てきてしまいます。今年もコロナ禍の中、呉羽の治療院にはたくさんの人が来訪されました。外国からの閲覧も多いとホームページを作成してくれた業者さんが言っていました。しかし外国からメールが届いたのは一件だけでした。重い病気を患わっている人もいましたが残念ながらその数名の方が治療を受ける許可が下りませんでした。まだ神霊治療を受ける心の魂の準備が整っていなかったのです。

関西の患者さんで家出を繰り返した中年女性が霊的治療受けてから3年間のカルマが解かれ完治しました。家族も私も24時間振り回された3年間でした。目を離した途端いなくなるのです。夜中でも平気で出て行きます。悪霊に脳幹神経を触られ誘導されて関東や東北などへお金も持参せず電車に乗ってしまう。そのたびに電話が入り遠隔治療で引き戻すの繰り返し。ご家族の苦労、とくに高齢のお母さんの苦労は大変で娘への愛情と気丈さには平服しました。私の必ず完治します。の言葉を信用して乗り切ったそうです。彼女と悪霊との戦い事は一冊の本にもなりそうな経験をしました。

また、若い時から霊の障りに苦しみ、何十年もあちこちの霊能者や行者さんを渡り歩き宗教団体にも入会して何回も治療を受けたが一向に快癒せず、48才になってやっと私に辿り着いた男性もいました。何度も死のうかと思ったそうです。たくさんのお金も使ったそうです。今、元気に社会復帰しておられます。

霊能者だからと言っても誰でも霊処理が出来るわけではなく、それぞれ霊能者としての役目が与えられています。新しい宗教を起こす役目の人や、法を説き人を導く役目の人。よろず相談事を受け持つ役目の人、霊を専門に扱う役目の人などです。神仏様の指導を受けている人はある程度の霊処理は出来ますが地縛霊や自縛霊など不成仏霊などでしょう。霊力がある人でも地獄霊300体の処理が限度でしょう。重度の病気や事件事故を起こす凶悪凶暴な悪霊は、霊を専門に扱う役目を持つ神霊能力者が必要となります。霊処理には霊的な強いエネルギーが必要なので、それに耐えれるような体力と精神力と霊力を保つには毎日の修練は欠かせません。神霊能力者は身体が資本なのです。

 

夫の定年を機に十年前に愛知県から富山に引っ越しをしてきた夫婦です。富山に来る五年程前から変な事が出始めたそうです。ご主人が難聴にかかりどこからか耳元から音楽が流れ出て、どこから流れ出ているのか音源を探しまくっても見つからず、挙句に奥さんの携帯にイチャモンをつけ喧嘩になったこともあったそうです。また家の中の戸や冷蔵庫からも変な音が聞こえていたそうです。さて、富山に来てもこの現象が続いて電気製品等からドタンバタン、トントン、バキバキなどの音やさらにポルターガイストなどあり、さらに奥さんは身体の頭から腹、手足までが締め付けられて筋肉が硬くなってくる症状。また、手足の付け根に針を突き刺さったような痛みが走る、さらに頭が痺れ、物忘れ、言葉が出てこないなどの症状も。それもだんだんエスカレートしているそうです。もう毎日が嫌になり死んでしまいたいような気持ちになると、本当に話を聞いているだけでも気の毒になってきます。

私の事は行きつけの美容院の店長さんからお聞きになったそうです。この店長さん、霊感があるらしくいろいろ霊的な知識も教えてくれたりもしたそうです。霊界大好き人間かもしれません。

さて、この苦痛の原因は、夫が病気療養中の友人を見舞った時に、悪霊地獄霊に憑依されてしまったのが苦痛の始まりでした。そして愛知県から持ってきた2千体の悪霊が富山の家に貼り付きあらゆる苦痛を与えていたのです。こういった憑依例は日常茶飯事の事で霊的感受性の高い人は防ぎようがありません。また何年か前に奥さんは脊髄の手術も受けられたそうですが治癒していないそうです。これも悪霊の仕業ですので何回手術しても無理ダメです。

さて、悪霊を始末してしまえば病気は消滅しますが、ただ、発症憑依された時から10年以上も経過しているので治癒には時間がかかりそうです。それと年月が経てばたつほど脳神経細胞に悪霊の痕跡(オーラ)が強く残り、それを目当てに浮遊している悪霊達に神経細胞を刺激されたりイタズラされて治療前と同じような痛み症状が出てしまいます。病気は消滅してしまいますが脳幹や傷ついた細胞が浄化されるまで症状は消えません。これも個人差があります。やはり発症から5年以内の治療がベストです。

すべての浄霊を済ませ、奥さんに傷ついた神経細胞の機能回復に時間がかかる事を説明し、上記のような後遺症があるかも知れないその時はすぐ連絡をして下さいと申し上げておきました。  
                                      安田明峰。

 

 

 

 

↑このページのトップヘ