食道がん、リンパ節腫瘍の神霊治療。

昼過ぎに女性から携帯が入りました。今日、相談に来たいとの問い合わせです。ずいぶんと前に一度CiCで相談を受けたようです。急いでいるような話でしたので、3時過ぎで良かったらとお伝えしました。何かピンときたのでCiCは引っ越しましたよ。えーっ。どこへ行けば? 呉羽町の48の48ですが、車ですか?はい。ナビはありますか?はい。途中で迷ったら電話をして下さい。こんなやり取りをしましたが、もしCiCへ行っていたら大変でした。占い相談かも知れない。と思いつつ待っていました。時間丁度に治療院にお入りになられました。良かった。

さて、相談事ですが、突然、何の相談もなしに息子さんが嫁の実家の横の敷地に家を建てると言うのです。「良いではないですか。何か問題でも?」長男ですので家を継いでほしいし私たちの面倒も見てほしい。主人もお婿さんなのでお婿さんはいろいろ大変でしょう?と。それで何とか止めるようにならないかと思って。と、まあこのような話でした。あれこれ話しているとお母さん、最近本当に良い事がなくって困っているんです。それと主人も病気なんです。えっー何の病気です?5年前に食道がんを患い退院しましたが、それがまた再発して今度リンパ節で入院しています。

えっ―えっ――お母~さん。息子の話より主人の方が先でしょうが。・・・・・・・

さあ、えらい事になりました。急転直下、霊査を始めました。あらら、お父さん悪霊に憑依されています。地獄霊2千体、死につながる重さです。身体に巣食っています。これが癌の原因。手術しても悪霊が身体の中を移動して様子を見計らってまた出てくる。病院では治りません。霊医療の範疇です。

何処で憑依されたのでしょうか? 自宅の土地に問題があります。家の中には入り込んではいないようですが、やはり住んでいれば陰の気の影響を受けます。実はお父さんが庭の木を切ったとき嫌な気持ちがしたそうです。そうなんです。その木が原因です。どうも宗教儀式に使っていた木か、あるいは信仰の対象神木だったか。何らかの宗教的な影響を受けていたその木に悪霊が繋がっていたのをお父さんは切ってしまった。その残木木片が未だに庭に残っているのです。

お母さん。綺麗に浄霊をすればお父さん治癒しますよ。その悪霊が息子に憑依してさらにお嫁さんにも転移しています。住宅、お父さん、息子夫婦を一気に浄霊すればお母さんの悩みはすべて解決しますよ。

お願いします。お願いします。とお母さん。一週間後に主人が退院しますので連れてきます。

さあ当日、がん患者らしく身体がやせてスキンヘッドンのお父さん。抗生物質を大量に飲まされたのでしょう。病気の原因、霊的な知識を一通り説明して浄霊に入りました。これで病気は回復に向かいます。抗がん剤はもう飲んではいけませんよ。病院からの薬はしっかりと選別しなければいけませんよ。お父さんにはすべて素直に受け止めていただいたので神霊光が身体の隅々まで通ったに違いありません。快癒が早いでしょう。

さて、もう一つの問題があります。お母さん。息子さんは嫁の実家の土地に家を建てません。大丈夫です。安心して下さい。原因はもちろん悪霊の誘導。お母さんは蔓延笑みを浮かべておられます。そしてお父さんと神殿にお詣りされお帰りになられました。 本当に良かった。    安田明峰。