2014年02月11日

皆様、おはようございます。

そしてお久しぶりです。

ソーシャルネットワークの呪中にはまり約3年…

10を知って1を知るといいましょうか…

FB、ツイッター、ミクシィ散々浮気を繰り返し、

おかげ様ブログ復活です。

と、言いますのも、



遠く南国の地より

趣味を通じ大変お世話になっている方から

当時の私のブログに対し、

非常に心温まるメッセージをいただき、

こんなブログが海を越えてる。

ということに

感動してしまいました。



と、言うことで、本日の話題は「ご縁」についてです。



肉体労働を主とする建設業ということもあり、

わが社には様々な野武士が職を求めてやってきます。



大卒とか、

ステップアップ!とか、

世間でいう綺麗な就職とは程遠く、

生きるための手段として野武士が集まってきます。



猫の手も借りたいくらいの繁忙期になると

我が社も生き抜くために彼らをまとめ、現場に向かうのですが、

なにぶん、野武士ですから常識が通用しないことが多いのです。



教育のレベルもいつも常識を超えます。

全身、和アートが描かれている「和武士」や

就業中に居なくなったと思ったら焼き芋屋さんでイモをくらう「食いしん坊武士」

飼い犬が死んでしまったからと、4日間無断欠勤する「愛犬家武士」に、

トレーニングだけが趣味でコミュニケーション能力ゼロの「筋肉武士」

お決まり「借金武士」に「喧嘩武士」、

さまざまな、野武士が流れては野に放たれていったわけですが、

ある日、

ベンツをこよなく愛する「メルセデス亮」という野武士が流れ着きました。


当時19歳

取柄は、

五体満足。

以上。

もちろん条件を満たしてるので採用。



勉強は全くできません。



どれくらいできないかチェックすると、

4年生の算数ドリルで躓きました。

ひっ算ができないので、

物事を順序立てて理解する回路が構築できてなかったのです。

以降二人で毎朝30分早く出勤し、

算数ドリルから始まる一日を半年ほどつづけました。

結局、

当時決めた期日までに目的を達成することができず、

泣いて馬謖を斬る」といいましょうか、

組織の統率を維持するため、

彼はわが社を離れました。



それから4年…



「もう一回働かせて欲しい、算数まで付き合ってくれたのは専務だけでした」

と「算数武士」として名を残した彼がまた漂着。



退社後の履歴を聞くと

水道屋に入社→倒産
四国の独立リーグに入団(野球だけはうまかった)→球団解散
名古屋のダクト設備会社→社長夜逃げ
加古川の空調設備会社→倒産

そして今に至る。

と、「潰し屋亮」と世間で噂になりそうなくらい、

見事なまで立派な経歴を連ねて戻ってきました。

もちろん、社員は大反対。

しかし、これもご縁です。負のオーラをプンプンさせてますが、

無視するわけにはいきません(笑)

請求書、領収書等の簡単なルールを教え、今日から社長になりなさい。

「よっ!社長!」

と、社員ではなく、協力会社として新たなスタートをしたわけですが、


「算数設備」設立するも4日で音信不通に…


事実上の倒産!!!!!!

社長になるも自社を4日で潰すという更なる伝説を残し、

「倒産武士」という肩書を新たに得て、

また野に放たれました。



ご縁に感謝。

あ〜おもろ〜。



1392082065341











yasufukureidan at 10:36コメント(5)トラックバック(0) 

2011年11月30日

お久しぶりです。


毛生え薬をやめて


約一年、



抜け毛でお風呂の排水溝の詰まる周期が


短くなってきた事に、


いよいよだな…と、


風情を感じる今日この頃、


皆さま、


いかがお過ごしでしょうか?


色々な意味で、


冬の到来です。





寒いですね…






さて、


人生には、


上記のように


受け入れていかなければならない


現実があります。




嬉しい現実…


悲しい現実…




でも結局、


日々の変化や現実を、


一喜一憂しながら


過ごす毎日こそが、


人生の潤い…


なのかも知れませんね。







先日、


明石駅付近で


財布を落としました。


給料日直後のお財布です。


カード、保険証、免許証、キャッシュカード、イコカ…


そして免許証の更新はがき…、


とにかく、


フルコースで入っておりました。





5分後に気付いて戻りましたが、


やっぱりありませんでした。





翌日は


免許の更新最終日でした。



僕の誕生日は10月29日です。


その日を逃すと、


失効が待ち受けていました。






とりあえず翌朝、


更新センターへ向かいました。






案の定、警察なんて冷たいもので、




更新はがきナシ

免許証ナシ

身分証ナシ




の、素っ裸の僕に、


優しく対応してくれるわけもなく、


ボロボロの心に追い打ちをかけるように、



「じゃ、あなたは誰ですか〜」



なんて言葉を浴びせられつつ、


公務員奥義


たらいまわしの術


の攻撃をまともにくらい、


フラフラになりながらの更新になりました。





翌日、



会社に一本の電話が入りました。





明石川の下流で


散歩中の親切なおばちゃんが財布を拾ってくれたようでした。





現金は残っていない事や、


ビチョビチョであることなど、


親切なおばちゃんが


電話口でくれる情報を頼りに


母親が


本当にそれが僕の財布であるかどうか、


確認をとってくれたそうですが、




「息子の財布は年中お金が入ってないので、



空っぽなら間違いなく息子の財布です」




「っていっておいたけど、あんたのやろ?」


と、連絡を受けた時は、


嬉しかったのですが、


なぜか母に少しだけ腹が立ちました。






とにかく、


フェイスブックで


「膨れて帰ってくる事を祈る!」


という、友人の励ましのコメントのとおり、


水で

レシートや皮が


パンッパンに膨れ上がった財布が


無事手元に帰ってまいりました。





結局、


現金は戻らなかったけど、


状況は改善したし、


これで一件落着やな!





と、



思いながらふと、


改めて


一喜一憂の原理…


に当てはめてみると、



財布を落として


一憂してるわけなので、






????


あっ!!!!!!!






「次は一喜やん!!!!!



めっちゃチャンスや〜〜〜〜〜ん!!!!!」


と、いう、


驚愕の事実に気付き、


こりゃ仕事どころじゃない〜〜〜〜と、


さっそく大阪の第四ビルの有名な売り場に赴いて、


MA350492


給料日直後の財布を落とし、


ギリシャ級に大パニックに陥ってる最中、




大国もとのり王国は、


PB300259





宝くじを一万円分も購入してみました。





当選確実なので、

財布を拾って川に投げてくれた福の神に足向けて寝れんなぁ




な〜〜〜んて思いつつ、


励ましてくれた皆様に感謝!!!





宴会ね 

持ってても落とすし。















yasufukureidan at 13:04コメント(4)トラックバック(0) 

2011年10月19日

住んでいるところが小さければ 

見える景色も小さく

人の心も小さくなる 

もっと大きい世界に出ようじゃないか




勝海舟






 


魚が、水槽にあわして成長するように、

人も、世界にあわして成長するらしいです。







そう考えると、広くても水深が浅ければ、


結局大きくなれないし、


狭いけど、


深いだけでも、


だめなんやなぁ…と、






言うことで、






今回の、


ビックな男になる為の、


もとのり水槽増築計画。




「水槽の深度を深める。」




で、ある。








昨日、学生時代の友人の結婚パーティーに出席しました。


幸せそうな友人を囲み、


1次会、2次会と続き…


そして解散。





結局、


なんだかんだで、


最後は、同じく出席した旧友と2人で、



いつものゲイバーへ行くことになりました。







友人がなじみ客である為、


彼と飲むときは、


大抵この店が最後になるのです。







店の名前は

「ai」

わかりやすくて好感が持てる。






ここのママ?いや、パパは85歳


40年の歴史を持つ老舗のバーで、



カウンターの中には


60〜70までの蝶ネクタイな紳士達がズラリ。






半世紀以上、


自分のスタイルを貫いて生きている方々の


人生の片鱗に触れながら飲むお酒は、


本当に美味いんです。






すっかり時間を忘れて楽しみ、


終電もなくなって、


さて、


サウナにでも泊るかと、言うことで、ママに問いかける。






僕  「この辺にどっか泊れるサウナない??」




ママ  「カプセルがあるサウナが一件」


    「雑魚寝で寝れるサウナが一件」


    「刺激的なサウナが一件」


    「どこも料金は同じようなものよ。

     さて、どこを案内したらいい??」






さすが大阪。



神戸とは保有している水槽の深さが違う。。






この質問をされて、


上2つを選択する野郎は男ではない。





「刺激的な人生より、平凡な人生を送るほうが難しいんですよ」






学生時代、恩師に諭された言葉が頭をよぎるが、僕の人生はまだ発展途上である。






孫子いわく、「40にして惑わず」


「つまり、30歳はまだまだ、迷子な感じでいいのさ」と、




もちろん3番に興味を持ち、

それについて、情報を聞き出す。




簡単に言うと、



そう、



皆様、


なんとなくお気づきであろう、







ゲイ専門のサウナである。








まったく期待通りの回答である。



大阪には、あるのである。







上等じゃないか!



根性見せてやろうじゃないか!


水槽の深度、


一気に深めてやろうじゃないか!





潜入捜査を心に決め、


その世界から無傷で生還する事を心に誓い、



ルールを必死で覚える。







ママも、


「同じ金額を払うなら、しっかり社会勉強してきなさい。」



「そんな世界を見ておくのも経験よ!」


と、必死で伝授してくれる。



その1
潜入の心構え

(不自然な行動を取ると入場を認めてもらえない。なりきることが重要らしい)




その2
誘われた時の断り方

(これが、一番重要、声に出さずに済む断りのサイン…)





その3
間取り図、及びシステム…





等々、





さまざまな予備知識を叩き込み、


いざ戦場へ






「あなた、ほんとうに泥酔はしてないわね??」


「しっかり意思表示しないと大変なことになるわよ!」



ママが真剣に最後のアドバイスをくれる。







大丈夫、俺は男だ…

いや、あんまり、男をアピールするのは危険だが…。



とにかく自然に、自然に…


事前に説明された道をたどると闇夜に浮かぶ一件の看板が…




111018_0132~0001
※名前は伏せておく







自動扉が開く。


この瞬間から、長い長い夜の始まりであった。





生温かい空気が室内から出て行くのが肌で感じる。



予想通り、フロントのお兄さんが、チェックを入れてくる。




「ここのシステムはお分かりですか?」


(ここで、知らないと答えると、入場できない仕組みだ)





「ああ、もちろん知っている」




毅然と対応し、慣れた感じで鍵を受け取る。





潜入成功だ。



ロッカーに向かうと、


普通のおっさん達が、うろうろしている。


何ら普段の銭湯と変わりはない。

着替え中も目が合うことなどない。






「なんだ、思いすごしじゃないか…普通の人も結構多いやん」





胸をなでおろしながら、いや、少し残念な気分で浴槽へ向かう。





しかし、色々な扉の張り紙を見るうち、

やっぱり普通じゃない事に気がつく事になる。

※かなり、雑な撮影で申し訳ない。


111018_0153~0001

この扉の向こうは、
ブルーゾーン
39歳以上の方は入場できません。





111018_0155~0001

火照った体をクールダウン
しっかり冷やして!



111018_0150~0001


合成ドラッグの使用禁止

始める前に意思確認を









極めつけはコレ…













111018_0154~0001










肛門内洗浄機



こうもんないせんじょうき



コウモンナイセンジョウキ










ああ、踏み込んでしまった…

ディープな世界へ…





「感づかれるな!元則!堂々としておけ!」





テキパキ、入浴を済ませ、


くつろいでる振りもしつつ、


風呂をあがる。






脱衣所をでて、寝床を探すも、


目につく表示は、



お二人様個室直行フロント


大人の迷路はコチラ


ブルーゾーン





等々、危険な香りのする案内表示ばかりで、



身動きが取れない。





さりげなく、店員に



「ゆっくり休めるところはどこかな??」



と、訪ねると、




「今日は4階のミックスルームが空いてて、結構ゆっくりできますよ」



と、いうので、さっさと4階へ。



指示されたミックスルームに向かう。


6
ミックスルーム ホームページから転用(名前は伏せておく)



扉をあける。





真っ暗な部屋に、


薄暗い廊下の明りがふわっと入り、

室内をじんわり照らす。




大きな黒い塊があちらこちらで、


うごめいているのが確認できる。








ん?????









本能的に悪寒が走る…





ぴちゃぴちゃぴちゃ…



おっ、おぅ〜〜〜〜、むふぅ〜〜〜〜〜〜





説明がいようか!


これに説明がいようか!!!







その時、間違いなく、

裏の世界の一番深いど真ん中に僕は立っていた



音のまんまの光景です。



忘れ物をしたふりを演じ、踵をかえす。



とにかく、明るい場所を探し、階段を駆け降りる。



深夜2時、電車はまだない!


あと、3時間…


3時間だ!!!



どこだ、

どこだ、

どこだ、




防空壕を必死で探す。



2階にたどり着くと、


市民広場のような、



シアタールームを発見。





少し明るめの室内に、


大型のテレビがついている。


ほんの数分前、脱衣所で感じた平和な空気が流れている。


座っているのも、普通のおっさん達だ。


「やれやれ、寄りによって一番危険なフロアに行ってしまったぜ」




と、


胸をなでおろし、テレビを見ているうちに


危険を回避し、安全を閣をした安心感からか瞼が少し重たくなる。





テレビの音声が途絶え、瞼の向こうが、暗くなった。


消灯時間なのか、市民広場も闇を迎えた。





10分ほど経過したころだろうか…。




部屋の空気が激しく動くのを感じ、目あける。







会話もないまま、じゃんじゃんカップルが成立し、4階へ消えていく…







絶望的光景である。





市民広場は、ナンパスポットだったのだ!!


そっと体を触ってきたり、


耳に息を吹きかけてきたり、


至近距離で顔を直視されたり、



さまざまなスタイルで、僕にも誘いがじゃんじゃんかかる。





まったく、寝れる様な状態ではない。





サウナから支給されている室内着は、


一瞬で脱げる手術着の様なもので、しかもスカートタイプ(やたら短い)





「寝たら…食べられる…間違いなく…」







それから、始発までの2時間、


レオンのジャン・レノの様に座ったまま神経を研ぎ澄し、


目を閉じては、



足音が近づくたび、目を開き、


触られる前に、


断りのサインを




送る、

送る、

送る、

送る、

送る、

送る、

送る〜〜〜〜〜〜〜







人生で、モテ期は3回来るといわれてるらしいが、


間違いなくここで、


1回使ってしまったといってもよいぐらい、


どんだけくんねん!!!!

と、いう状態でした。






そんなこんなで朝を迎え、



軒並みフッた俺って罪な男だぜ…と、



背中を丸め、

建物を少し振り返り、

明け方の大阪を後にした。


しかし、この経験、


必要やったんかなぁ〜と、深くなった水槽の深度を測りつつ、

ほっさん結婚おめでとう。

いやぁ〜、忘れられないおもひでになったよ。



PA170033








yasufukureidan at 00:33コメント(10)トラックバック(0) 

2011年10月10日









バックナンバーより


古き良き時代…












2010年01月07日

あけましておめでとうございます


みなさん、今年もいっぱい遊んでくださいね〜


ということで、


さっそく、去年大変お世話になりましたあの方々に


遊んでいただきました



それは…



道路でよく見かける緑君


MA350068

















仕事上、路上駐車が多く、


すっかりお友達の彼らが、


さっそく新年のご挨拶に来てくれましたので、


記念にパチリ…って、


オイオイそんなことしてる場合じゃ…と、


ご心配の皆さま、ご安心ください。



1時間製のパーキングチケット。


ちゃ〜んと9時に購入しております


現在12時ですけど


すでに2時間オーバーですけど


でも大丈夫!










窓に貼ったパーキングチケット…











ずれ落ちたふりして貼ってみました



MA350070
















緑君、残念




駐車開始時刻が…







見えそうで見えない!


あぁ〜究極のチラリズム!


微妙なアングルが超セクスィ〜





さぁ緑君!

どうする!

どう出る!


さぁ、自分達の職務を全うしないと!

そこの車は駐車違反ですよ〜

 


でも…

窓にほっぺた付けても見えませんから






陰でうぷぷと観察されていることも知らず、

散々覗き込んでも確認出来なかった緑君。

あきらめて帰って行きました





せっかくなので、とぼとぼ帰る後ろ姿もパチリ。

MA350067












たまには、盗られる側も悪くないでしょ盗撮ですけどw

今年は仲良くしてね〜



去年は大敗したので、

今年は負けねぇぜ…と、



あの手、この手を模索しつつ…

楽しい遊び相手に感謝!

あ〜おもろかった。











そして2011年9月






可愛かった緑くんも進化を遂げる…






MA350307



しかし、緑君、残念。

勇気は称えるが、駐車時間内だ。

ちゃんと確認しないとだめだぞ








さっそく、警察へ…




「こりゃぁ!お宅の緑君どないなっとんねん!!!」






なんて、勇気を持ち合わせてるわけもなく…





僕     「すんませ〜ん、なんか知らんけど…

       時間内なのに切符切られちゃってるんですぅ」



    

警察    「おっ、ほんまやな、時間内やな!ほな取り消しとくわな」




え??




意外にあっさりな対応に少し驚き、






僕     「あのぉ〜、そんなもんなんですか??」





警察    「なにが?」





僕 「いや、確認でけへんのに切符きられてたから…」





警察   「おう、そんな場合はとりあえず貼っとるねん。
    
      自分のも、確認でけへんかったんやろなぁ、

      ちゃんと、貼ってたかぁ???

      ま、今回は証明できたから取り下げたろ!」

    



僕    「ス、スンマセン…」




噴き出す汗を必死で拭い、



ヘルニアの痛みもすっかり忘れ、



深々とお辞儀を繰り返しながら、



急いで退散。






この遊び、


ヘルニアが悪化するので、もうやめよう…


取り下げに感謝。












yasufukureidan at 19:33コメント(3)トラックバック(0) 

2011年08月21日

進化(しんか、: evolution

生物形質が世代を経る中で変化していく現象のことである[1][2]

 ウィキペディアより




今日は、



進化について考える。



孫悟空が、




スーパーサイヤ人になるように、



一般的には、



努力した人間だけが、



その進化の栄光をつかめるようなイメージがあるが、



はたして、そうだろうか…



上文にもあるように、



進化は



「変化していく現象」



とある。



つまり、



私自身、35年という歳を重ねつつある今、




順調に太っている。




これは、進化である。




尿酸値も順調に上がっている。




これも、進化である。




禿げてきている。




もちろん、これも、進化であろう。




つまり、変化を進化とするだけで、




未来が明るく感じるのは私だけだろうか…。




楽しみは多いほうがよい。



長年、変化を、



いや進化することを怠ってきた、




私の語学力を、去年より動かし始めた。



そう、



今回は、



英検3級である。



(もちろん、4級は半年前に合格している。)



3級とは



中学卒業程度の難易度である。





日本の進んだ英語教育のおかげで、




4級の時は、




幼稚園児や、小学校低学年と受験する羽目になり、




かなり恥ずかしい思いもしたが、

(11年1月のバックナンバー参照)




今回は3級である。




中学卒業レベルである。




さすがに幼稚園児も混じってないであろうと、



予想しつつも、




念の為、



少し幼目の恰好で会場に入る。




(中学時代のボンタン風ケミカルウォッシュのジーンズが自宅になかったのが残念だ)





前回、



同伴の保護者と間違えられて、





席に案内してもらえなかった教訓を生かし、





受験票を無意味にちらつかせ、




参考書を掲げながら扉をあける。




案の定、




「受験される方ですね」




作戦、成功である。





さっそく、




着座し、正面を見据えると、





さすがである。




難易度が上がっただけある。




景色が一変している。





幼稚園児は見当たらない。





私の正面には、




スーパーマリオのTシャツを着た4年生ぐらいの少年が準備している。



MA350163





前回の託児所のような雰囲気の中の受験を体験してる私にとって、



この環境は天国である。




おかげで、



終始リラックスムードで試験が終える事が出来た。




そして、もちろん結果は合格である。




しかし、



3級ともなると、これで終わりではない。




2次試験 面接

(明石西高等学校にて後日)




が待ち受けている…




しかし、私は社会人である。



そして、どちらかといえば普段、面接する側の人間である。




全く楽勝を予想しつつも、




慎重派の私は、ネットで英検の面接の極意を調べる。



「とにかく笑顔で明るく…」



「質問に答えた後に目を見てアイコンタクト…」



「ウィンクもいいとか…」



「わからない時はパドゥンと言ってたら受かる!」




など、さまざまな書き込みを頭に叩き込み、



いざ会場へ。




この日は仕事の為、作業服に編上げの安全靴。




今回の受け付けは、高校生である。




完全に、工事のおっさんと、間違われ、挨拶される。




受験する事を告げると、本気で謝られ、




さすがに少し恥ずかしくなり、




「ちゃうねん!好きな女がカナダ人でな!



男やったら口説かなあかんやろ!」




などと、とっさの嘘をつくと、




「うおぉぉぉおおおおおおお!」




「めっちゃかっこええ!頑張ってください!きゃ〜〜〜〜」




と、大騒ぎになり、




戦地に送られる兵隊気分で、教室へ向かう。




教室で、




隣に座った10歳の女の子と、




「緊張するよな〜」




「お互いガンバロな〜」




などと、励ましあい、順番を待つ。




最初が肝心なのは100も承知である。




先日、ある講演で人は合って3秒で第一印象を決める!




という、講義を受けた。



笑顔や!



元気や!



さわやかさやで好印象や!




と、意識しつつも、頭によぎる一つの不安が…




「こんな可愛い10歳の少女の次に、




35歳の作業服のおっさんは絶対ヤバい…」




「第一印象のギャップがありすぎる…」




彼女の面接が終わり




扉が開く…



力を出し切ったのか、



少女がさわやかな笑顔で



「ばっちり!おっちゃんも頑張って!」



と私に答える…



「ヤバいヤバいヤバいヤバい!」





いま、思えば、この時点で試合に負けていた。




始まる前から…




足は震え、




オウムのようにパドゥンを繰り返し、



目をそらし…



ボロボロになるも、




帰りに待ち構える受付の高校生達に、



最後の力を振り絞り、



「好きになった女が外人でも諦めたらあかんぞ!」



と、熱いメッセージを残し、会場を後にした。



車に乗りこみ、



ハア〜〜〜とため息をつく



帰り際、



高校生がくれたハッピーターンは、



いつもよりしょっぱい味がした。




いざリベンジ!





1次の合格通知なくして免除受けれず、また1次から…


進化の過程は長いですなぁ




you-are-pig












yasufukureidan at 21:28コメント(4)トラックバック(0) 

2011年06月04日

皆様、お久しぶりです。





お元気でしょうか?





気がつけば、



すっかり季節は進み、





夏が目の前までやってきましたね。



楽しみですね。



夏といえば、3年前、



山で大量に捕れたカブトムシを、



普段お世話になっている方々に喜んでもらおうと、





「お虫元」





と称し、






品目
「特選!黒毛和虫」



と書いて、発送したところ、



勝手に牛肉と勘違いされ、



パニックになった奥様方に、



お叱りを受けたのを、思い出します。



良かれと思ったことも、





迷惑がられる場合があるもんですね。





(皆様も気を付けてくださいね。)







と、いうわけで、直近の報告をさせていただきます。





※4月

 

友人の結婚式に九州へ車で行きました。





かなり遠いと思っていましたが、





お酒を飲んで、





目をつむって、





目を開けたら九州でした。





(意外と近いもんですね。)





で、






宴会が始まり、2次会、3次会、4次会、5次会…と、







12時間ぐらい飲んだでしょうか…







翌朝、写真を見ると、





なぜか5次会あたりで、





笑顔の友人に顔がゆがむくらい殴られていました。




MA350149





人間、表情の下の隠れた真意というのはわからないものですね。



(皆様も、気を付けてくださいね。)







※また、違うある日、





帰宅すると玄関に缶切りがぶら下がっておりました。





輸入物の缶詰を購入したものの、缶切を持っておらず、





「ずっと食べれなくて、困っている…」

と、訴え続けてました。





それを知っていた友人が購入してわざわざ届けてくれたのです。





早速、その友人達と缶詰パーティーをしました。




約5000円分缶詰を買いあさり、





朝の4時までトランプの大富豪をしました。

でも、最近の日本の缶詰は缶切りいらないんですね。





MA350152


結局、缶切りが必要だったのは、その1ケだけでした。





(大富豪、あれ、おもしろいですよね。)

 








※5月には



兄の7回忌法要もありました。

約20名ほどの酒豪の親族の方々が、




お酒をたしなまれたわけですが、

終わってみれば、





生ビール80杯


焼酎一升瓶4本


日本酒、その他…

法事で死亡事故が起こりそうな勢いの飲み方でした。



(最中なので効率的ですけどね。)ダメダメ…

 

 

 




※ある晩には、




農家の友人にキャベツをいただきました。




とても大きな、みずみずしい立派なキャベツでした。




http://www.youtube.com/watch?v=CYEpfN5GGvg
友人の農家↑

 




半分にしようと包丁で切断したら




なぜかキャベツと一緒に、親指も半分になりかけました。




沢山、血が出ました。




怖くなって、



急いでビニールテープでぐるぐる巻きにして、



なかったことにして過ごしました。



そこから約3週間、



ご機嫌な、時も、




不機嫌な時も




ずっと

MA350100



「いいね!」と親指を立ててた状態で過ごしました。

 

切断から3日後




たまたま、




セラミック包丁を訪問営業されました。




この時も無神経な営業マンの




「よく切れますよぉ〜」




の一言に




「いいね!」




と親指を立てた状態で




ブチ切れたのを覚えています。

(皆様も八つ当たりには注意してくださいね。)

 

 



でも傷害保険で5万円ゲットしました。

 




そして友人の奥さんが見かねてスライサーを買ってくれました。

 

 MA350151

 





※ゴールデンウィーク



両親が旅行に行くというので、





実家の子犬を預かりました。




せっかくなので、




休日の大蔵海岸に散歩に連れていってみました。




予想通り



おっさんも含めて



ギャルに



「かわいい〜〜〜〜」と、



褒められ、



ちやほやされました。

(そこからの恋の進展はまだないですけどね。)



MA350105


味をしめて、



翌週も




子犬を連れて江井ヶ島海岸でバーベキューをしてみました。




やっぱり




おっさんも含めて



「かわいい〜〜〜〜」と




褒められ、




ちやほやされました。

(そこからの恋の進展はまだないですけどね。)

 








※ある大安日、

お世話になっている先輩の結婚式にも出席しました




マイケルになり、バカ殿と夢の共演をしました。




生前はモテモテのマイケルだったので、色々期待しました。


MA350099



(結局、新婦の友人と恋の進展はまだないですけどね。)

 






※連休明け


友人の実家にお邪魔しました。



友人の実家で彼のおかんと二人で夕飯を食べました。



めちゃめちゃ美味くて、最高の時間でした。


(そこでもやっぱり恋の進展はなかったですけどね。)






 

※あるご機嫌な夜




気の合う飲み仲間と、




神戸で明け方までさんざん飲んで、




家に帰ると、





なぜか鞄に大人のおもちゃが入ってました。




MA350101


(使用の予定はまだないですけどね。)






 


そうこう忙しく過ごしているうちに



英検の3級試験が10日後と迫ってきましたので、



そろそろ…と、書店へ足を運びました。



世の中、21世紀ですね。



素晴らしい時代ですね。

10日後に迫り、




まったく勉強していない僕にも、




準備していてくれましてね。

 


MA350148

「7日ですよ!」






3日もフライングしてしまいました。




無意識に焦ってるんですかね、僕。





でも、もう安心ですよね。





結局、なんとかなるもんですね。

 

 




そして昨日、お客様からメールが届きました。


関西電力に紹介されたそうです。


こんなん、




嬉しいですね。



http://www.kepco.co.jp/e-solu/magazine/sr/new.html







皆様


良い季節をお過ごしください。



yasufukureidan at 00:24コメント(6)トラックバック(0) 

2011年04月01日

皆様、お久しぶりです。

年度末、狂ったような忙しさに追われ、

気がつけば一か月以上も更新しておらず、

4月になっちゃってました…

と、いうことで、

私の年度末、振り返ってみました。










森村泰昌という、頭のネジのぶっ飛んだおっさんの美術展にいく。
e78bace8a381e88085e381afe381a9e38193e381abe38184e3828b















気分が悪くなる…














師匠のきくちゃんが、雪山で脱臼する。

F1000312

















奥さんに怒られてボロボロにちっちゃくなってしまった師匠














こーちんの結婚式に出席

MA350020















この結婚式、二人の全く知らないところで企画され、

正装した列席者約50名の中、

私服の二人がフラッと現れた瞬間から

いきなり開始。

そして、約2時間あまり、散々もてあそばれ、

「そろそろ飽きたから終了!解散〜」

の一言で、エンド。

完全におもちゃにされた二人。

















毎日僕の帰りを待ちわびてくれる奥さん。
(たかちゃんの前妻)
MA3500050002


















彼女がネットで2万円前後で取引されている事実を知り、
心がざわつく。(進行中…)

















おっさんは歯が命…

MA350018
















ホワイトニング中、

爆笑されて看護婦さんに盗撮される


















そんなおっさんが絵文字になる

emojimaker_110306_0300~01

















高校受験発表(現場の尼崎高校にて)

MA350038

















懐かしいなぁ〜

あの頃、大変やったよなぁ〜と、

感慨に浸っていると、ふと、

自分が3年後に受験生の親である事に本気でびっくりする

その尼崎高校でサッカー部のマネージャー達と仲良くなり、

小、中、高とサッカー部キャプテンでキーパーやったと

適当に行ったら、指導を求められ

「とりあえず、気持ちで負けんとこ!」と、

メンタル面を指導し、

工期までの残り約20日間逃げ回る日々を送る。

















統一地方選挙

t02200165_0640048011118482754










友人が2期目、立候補するにあたり、

会社の屋上に立て看板を設置させられる。

目立ちすぎ、落選したときが恐ろしい…

















友人のカズが大阪でバーを開店

t02200165_0800060011118482704











開店後2週間で好調の彼は調子にのり、2店舗目をすでに計画。

もう物件探しに入っているとの事。

それなら、おっぱいパブにしよう!ということになり

この日全員で、おっぱい単価の割り出しで、夜が明ける。


t02200165_0640048011118482946










結論は以下の通り

世間の相場30分6000円、女性が3人、

つまり3人=6おっぱい(以降opとする)とした場合


一人当たり10分2000円

一人2opである事から1op=1000円/10分

秒に直すと1000÷600秒=1,7円/秒 (1opあたり)


1opあたり1,7円が相場????

世間安すぎるやろ!

100円はだせるやろ!

と、いうことで、彼の店は1opあたり、100円/秒に決定



1時間フル回転した場合の売り上げは、

100円×3600秒=360000/1op

一人2opである事から360000×2=720000円!!!!!



時給10万円で雇用したとしても62万円残る計算で結論。


長者を確信した彼の将来が楽しみです。















陶芸家の友人、テツが広島から訪問
MA350049



















俗世からかけ離れた彼はお金を持たずに生きている。

この日も自慢の新作を2点持参し、僕の愛車のバギーを持ち帰る。

t02200165_0640048011131831846












なんか割に合わんような気が…

















娘から変な写メが送られる。
110322_1900~01




























思春期は程遠い。まだ、もうしばらくは安心だ。



















息子から変な写メが送られてくる

110330_2130~01





















うちのオカンのボディースーツを着ている。

そろそろ思春期のようだ。

別の意味で少し心配だ。







以上、あっという間の3月も終わり、

日本も僕も、混乱していたようで、

寝言で「ロシア…」と、いってみたり、

「ガリガリくん…」とつぶやいていたらしい。



110221_0651~01
























そして新しい朝を迎え4月1日、

エイプリールフールである。

朝から、落ち着かない。

とりあえずは、

こっそり母の店の時計を1時間早めておいた。



IMGP1209















地震も嘘やったらええのになぁ〜

今日に感謝!



yasufukureidan at 12:58コメント(7)トラックバック(0) 

2011年02月09日




(はと)は、ハト目ハト科に属する鳥類の総称である

平和の象徴、鳥獣保護法に登録されており、保護の対象。









築30年のマンションに移り住み、もうすぐ1年になる。

私が引っ越してくる前から、ベランダには鳩が住み着いていた。

まぁ、長年空き家だった部屋だけに、仕方ないが、

そのうち、出ていくであろうし、どちらかといえば、

私が先住の地を荒らす開拓者なのだから、

領地をお借りする気持ちで同居する道を選んだ。





いざ、生活してみると、

彼らなりに気を遣っているのか、

糞は一定の場所のみとし、

その他へ散らかすことがない。





そして、

休みなく、

夜の7時頃に帰宅し、

朝の5時ごろに狩場へ出かける彼らの真面目さに、

愛着さえ感じだしていた。



MA350016
資料A   
帰宅後の様子








きっとこのまま、

平和な同棲が永遠に続くのであろうと思われたが、

1年が過ぎようとする最近、

彼らの振る舞いは、目に余るようになってきた。




当初より、

夏など、窓を開けて眠りにつくと、翌朝、

彼らがソファーにいたり、

羽をまき散らしたりと…時折、

軍事境界線を平気で踏み越えてくる態度に、

多少、違和感は覚えていたが、

最近になり、

糞を一定の場所ですらしなくなってきた。




まき散らすようになったのである。




とにかく、縄張りを広げようとしてるのか、

我が領地に容赦ない爆撃を繰り返し、

糞でベランダに出られない状態にまでなってきた。



いよいよ戦争である。


MA350009
資料B
窓上が鳩本山である







こちらも、彼らの領地に侵入し、攻撃しようと、

剣山をたて、トラップを仕掛ける…

ここにも…

あそこにも…


MA350010

資料C
室外機に設置された剣山






そして、いよいよ本山へ侵入したところで、



ん…????



右奥に物体が…



何だあれは…??????

MA350011

資料D
鳩本山内部の様子






近づいてみる…











MA350012

資料E
鳩本山心臓部







出産しとるやん!!!!!!!!!







どうする…





どうする…??





このまま戦争を続けるか????






和解か?????





休戦か?????





それとも、





卵を破壊するか???????






一説によると、鳩はよっぽど安心した環境でないと卵をうまず、

また、帰省本能が強い為(伝書鳩が良い例だ)

そこを生涯の地とすると記されている。






どうする…






子を持つ親として、決断がにぶる…







共存か?






それとも、





破壊か?







悩みに、悩み…





考え抜いた結果…






覚悟を決め、






色々な意味で、






声を殺し…






息を殺し…






震える手を堪え…






腕を伸ばし…






静かに…






そっと…







お隣りへ引っ越ししていただきました。

MA350013

資料F
彼らの新居




戦争が終結。

平和宣言。





元気な雛が楽しみです。


明日も明石が平和でありますように…








yasufukureidan at 10:14コメント(6)トラックバック(0) 

2011年02月04日

夜中に帰宅すると、


また、

うちの息子が…

拉致されていました…



記録会の始まりです。

多分、選手は同じ輩でしょう。

今度はどこまで距離を伸ばすのやら…




110131_2200~01



yasufukureidan at 03:01コメント(2)トラックバック(0) 

2011年01月25日

勉強が、嫌いだ。



昔から、ずっと、ずっと嫌いだ。




だからもちろん、成績はいつも最下位に近かった。




中学2年の時、




通知表が1年間全て、オール2という成績を残し、




母親から、




「こんな奇麗な通知表は素晴らしい!アヒル艦隊司令長に任命する!」




と言われたのを覚えている。




中学3年で、





高校に行くため、しぶしぶ塾に通ったが、




頭が悪すぎて周りに迷惑と、




1学年下のクラスに入れられた。




奇跡的に高校に入るも、




カンニングの腕だけが上達し、




追試追試で留年を毎回ギリギリ免れ、卒業できた。




偏差値28という記録も打ち出した。





アヒル艦隊の司令長も、





年を重ね、





この頃には、将軍ほどに出世していた。




とにかく、




こんな僕でも社会人になり、





人並みの生活が送れるようになった今、





ふと、英語に興味がわいた。





興味はあるが、勉強は嫌いだ。





しかし、





時代は変わり、21世紀になった今、





勉強しなくても英語が喋れるようになる教材がある。





音楽のように英語を聞き流すだけで、




突然英語がしゃべれるようになるという石川遼くんのアレである。










さすがに、僕も大人である。




そうそうだまされない。




念の為、保険を…と、




他の会社の教材も購入した。




左右から日本語、英語と交互にながれ、




右脳を刺激し、




英語脳に変えていくという画期的教材である。




どちらにせよ、2教材とも、共通点は一つ。




ある日突然、覚醒する…




購入したのが2年ほど前なので、




そろそろ覚醒しただろうと





先日、英検4級を受けてみた。







中学2年程度の英語である。







受付に並ぶと、前に中学生らしき、女の子が並んでいる。




ライバルか…と、




こっそり受験票を盗み見る…




ん??




2級????




高校レベルやぞ????




こんな中学生が???????





まさかぁ〜




まれに見る天才少女か…




と、




2人目の違う制服の女の子の受験票に目を移す…




えっ?準2級?????




じゃ、




一体、





全体、




4級会場はどうなっとるんや??????





恐る恐る教室の扉を開ける…






言葉を…







失った…





まさかの光景である。





受験生の8割は小学生。しかも低学年がほとんど。






中には、明らかに幼稚園児も…





んなあほな…





教室にいる僕以外の大人は、全て、子供の付き添いである。





「あぁ…」





こんなことなら、





半ズボンはいて、




息子のランドセル持参で変装すべきだった…




と、悔みつつ、





入口に立つが、




もちろん保護者と間違えられてるので、誘導してくれない。





目があった誘導員の兵庫大学の女子大生に





「僕も受験しま〜す!」





と、明るく言うのが精いっぱい…




着席して、周りを見渡すと、





2列ほど前で学ラン姿の中学男子が恥ずかしそうに下を向いている。





少年よ!頼むから胸を張ってくれ!



お前たちが恥ずかしいなら34歳のおっさんはどないなるねん!



と、思いながら、



周りにくらべ頭4つ飛び出て、誰が見ても不自然な光景の中、




子供に語る口調の試験注意事項を聞く。





「あかん…さすがにこの試験落ちるわけにはいかん!」




闘志がメラメラと湧いてくる…




試験開始の合図で、取りかかるが、以外に難しい。




完全に周りと紙をめくるスピード、タイミングが違う…




心が焦る…




大丈夫、俺は覚醒する…




まだか…



まだか…




遼くんまだか…





と、




待ち続けるも、





最後まで覚醒せず試験終了。





俺は、幼稚園児に負けたのか???





と、肩を落としながらも、



日本の将来が楽しみじゃのぉ〜



と思いつつ、会場を後にしました。





とりあえず、結果は後日お伝えいたします。


see you next !

MA350006








yasufukureidan at 03:06コメント(4)トラックバック(0) 

2011年01月18日

くされ‐えん【腐れ縁】

離れようとしても離れられない関係。好ましくない関係を批判的・自嘲的にいう。くさりえん





一見、批判的で、マイナスのイメージがあり、



良い印象は持てないように思えますが、



日本人独特の文化や風情が隠れているように感じてならない。



散々、迷惑を被り、振り回され、



もう嫌!



と辟易としながらも、結局、まわりまわって、



また、出会う…



すっかり諦めの境地で、



こうなったら、



「よっしゃ!もう、しゃぁ〜ないな…とことん付き合ったるか…」



と、いう感情に行き着き、覚悟を決める…



ルールの存在しない



まったく測れない関係。



だって、何しても、切れへんから。



YES、NOの答えのみの外国にはない、



この微妙な距離感に



独特の人情味を感じるのは僕だけでしょうか??








結局、なにが言いたいねん!







ということですが、




盗まれたチャリが、やっぱり盗難先で捨てられてました。




駐車場から500mほど行ったところの路地裏に放置されており、




防犯登録から私の持ち物と発覚し、



警察から連絡がありました。




みなさんご存知のように、



僕には新しい相棒がすでに決まっており、




「なんで見つかるねん!」と、




複雑な心境でしたが、




「腐れ縁」を感じ、しぶしぶ、キャンセル。




キャンセル料360円を増り込み、





まるで、補導された息子を迎えに行くような心境で現地へ…





でも、




放置先で、思わず口元が緩んだのは、



やっぱりチェーンが外れてた事。




結局盗まれても、



素人には1km以上の走行は不可能であることが、立証できたため、



この先も鍵は必要ないな…



と、確信し、またまた、お付き合いが再開いたしました。

MA3500030001










とりあえず、発見者に感謝…

yasufukureidan at 16:19コメント(3)トラックバック(0) 

2011年01月14日

あけましておめでとうございます。

今年も皆さんとの良縁が続きますように。






突然の出会い、別れは日常に訪れます。




悪縁もあると思います。




ただ、どちらにしても、




縁を手放すときに意識しなければならない事は、




「裏切られた」とか、




「嘘を突かれた」とか、





自分の中に





荒々しい気持ちが残っている間は、駄目で、





素直に「もういいか…」と、





思った時に、勇気を持って手放すことができれば、




縁は次につながって行くそうです。




つまりは、訪れた結果に対し、「納得」できるかどうか…




と、いうことでしょうか。




ただ、




日々、突然の出会いや、別れの中で生活する私たちにとって、





どちらもいつ訪れるかわかりません。




結局、




後悔のないよう、




日々、納得して生きないとだめだなぁ〜






と…









先日、




といっても半年ほど前ですが、




僕のマンションから、駐車場まで、少し距離があるので、




自転車を購入しました。




オークションで落札した格安中古品です。




7段変速のおしゃれ自転車です。




オークション説明文には、




ギアに少し癖あり…ノークレームノーリターン




と、書かれていました。




それも個性だろうと、気にせず、落札しました。




商品が到着し、試乗してみると、




特に癖は感じられない…




「神経質な出品者やなぁ」と、





試しに、ギアを1段あげてみる…





ガキッ…




チェーンが外れる…





今度はギアを1段下げてみる…





ガキガキッ…





またまたチェーンが外れる…





すなわち、7段変速中、1段しか利用できない事が発覚。





これは癖か??




病の域ではないのか???




と、思いつつも、




ま、走らない事はないので、




これも個性と受け入れる…




坂道しんどいが仕方ない。




そして数日後、




ちょっとした段差を下りる…

(もちろんギアは固定したままである)





ガキガキガキッ…





またまたまた外れる…




「お前わ、これもあかんのか…」





と、思いつつも、前には進むので、




こ、これも個性と受け入れる…




さらに数日後、




タイヤの空気が抜けている事が発覚。




ここまでくれば完全に完全に悪性だ。




全身腫瘍だらけだ。




しかし、



空気を入れたら少しの期間走れるので、




こ、こ、こ、これも個性と受け入れる…




結局、



ギアが変えれず、




少しの段差を乗り上げるような振動にも耐えれず、




2週間に1回は空気を入れてあげないといけない、




軟弱な箱入り息子との闘病生活が始まったわけです。




捨てようか…手放そうか…と何度も思ったが、




そうすると、



出品者に対し、



一方的なだまされた感、



嘘疲れた感、



などの恨みが残るため、



まだ手放してはいけないと心に誓い、




駐輪所の横に空気入れを常備し、




いつチェーンが外れても良いように




常にタオルを自転車にくくりつけ、




約半年…



すっかり、癖を覚え、



無振動走行技術を習得し、小石を避け、



たまにチェーンが外れても、



30秒で直せるほどのテクニックも身に付いた今、




「コイツとの、本格的な付き合いもこれからやな…」




と、思ってた矢先、




昨日、深夜に帰宅すると




あっけなく盗難…




真冬の寒空の下、




とぼとぼ歩いて、真っ暗なマンションへ帰宅する心情は、




この冬一番の寒さでした。




で、




今朝、オークションを検索すると、




色違いのオレンジを発見。




さっそく入札しました。




手放すタイミングやった、ちゅ〜こっちゃ



でも、もう癖はないほうがええなぁ




赤チャリ!盗難先で捨てられるなよ!


フェンダーフォーム













2代目、もー2号…明日落札予定
pickup_japan_tenri-img600x450-1294801046zsduwb19202

yasufukureidan at 11:33コメント(2)トラックバック(0) 

2010年12月30日


今年も沢山のご縁をいただき、


奇跡的に生きることができました。


後数日で今年も終わりますが、




言いそびれた「ありがとう」はないか?

言い忘れた「ごめんなさい」はないか?




自問しながら、

心の大掃除です。




2010年も縁宴円援…

沢山の「えん」を与えてくれた皆様に感謝!





2010年、今年も無事納めました。

皆様よいお年を!



yasufukureidan at 02:25コメント(3)トラックバック(0) 

2010年12月19日


その世界には…




裏切りという言葉が一切存在せず、





一番安心できるが、一番気を遣い、





一番頼るが、一番最後まで弱音を見せず、






甘えることを許すが、縋りつくことを許さず、





お互いが自立し、





時に優しく、時に厳しく、





どんな時でも、





何も言わず、何も聞かず、





見返りも求めない。






絶対的な信頼関係。





だからこそ、





俺はお前に、





パートナーの礼儀として、





あえて、リハビリ期間を設けることなく、





奇跡の薬で復活したばかりのお前に、





抜けることを恐れず、





生涯、二度と無理とあきらめていた



imageCAG2Y3J3








パーマをあててみた。



これでもてるかな〜
34歳、思春期です。

10数年ぶりに、
髪の毛クリっクリっ



2010年
おハゲ様ブログ 

抜けたり、生えたり、

髪の毛で大騒ぎな一年でしたが、

結果、

ふさふさのクリクリになりました所で、

一件落着。

皆様よいお年を…


髪様に感謝。



yasufukureidan at 21:09コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月01日


先日、



589年に聖徳太子が建築したとされる国宝のお寺、




鶴林寺にて竜王戦が開催された。





写真はその様子である。




20101125-899819-1-N









羽生名人 対 竜王 渡辺棋士








皆様、この写真を見てお気づきだろうか??







この、緊張感の中に




相対するように






流れる穏やかな空気…





なんともいえぬ、温かいぬくもり…






母の胎のような安心感…






なぜ、このような空気が流れるのか…






まさに、







この空気を作り出すために、






築1500年の建物との壮絶な戦いの末、






一人の戦士が犠牲になった。








MA350294
















まるで宇宙船のようだが、れっきとした空調機。






IMGP0733















無数に開けられた壁の内側…





壁の補強用にウレタンが使われた。





万が一、体に付着しようものなら…













MA350300











築1500年の天井裏にて、

眉毛、

半分、奉納してきました。






僕の眉毛に見守られ、戦いを制したのは羽生名人。






終始、この空気に包まれ、


お互い眉をひそめることが、


あったとか、なかったとか…



光栄なお仕事でした。

眉毛よ安らかに眠れ。









yasufukureidan at 15:06コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月28日

人並み以下である。


自分を知ることは大事なことである。


常々、基本的に人と自分を比べる事は必要ないし、


無意味だと思ってるが、


冷静に世の中の基準で判断したとき、


自分は人並み以下である。


自虐的でもなんでもなく、


これは現実であるので仕方がない。


でも、素直に受け止めているので、対策は万全である。


人並み以下の人間が、


人並みの生活を送る為には、


人並み以上にわきまえ、


警戒し、対応、努力すればいい。



それだけだと考える。



簡〜単な足し算である。



普段はそれでカバーできてるが、たま〜にボロが出る。





人並みには理解できない日々の苦労話を一点。



私は、


知る人ぞ知る、


極度の方向音痴である。


方向音痴障害という、制度があれば、


間違いなく重度障害と認定される。


駅で電車を待ってる時も、


必ず電車は、線路を見つめる反対からやってくる。


車の走行距離15万キロのうち4万キロは


間違いなく迷子で伸ばした距離である。


とにかく、語りきれないほど。





迷子の度、「人生はスローライフだぜ…」と言い聞かせ、


見知らぬ風景を日々楽しんでいる。



しかし、


毎回仕事に影響が出るため、3年ほど前に、


最高級のナビを搭載したおかげで、それは激減した。


自己を分析した結果の対策である。


万全である。


そう、車に乗っている時に限り…







先日、朝からとても忙しく、携帯は鳴りっぱなし。


バタバタと、



会話をしながら、運転し、



会話をしながら駐車場を探し、



会話をしながら車庫入れを完了し、



会話をしながら現地に向かい、



お客さんと打ち合わせが終わり、


ほっと一息ついたところで、


冷や汗が…


「車どこに止めたっけ…」



思い出せ!俺!



思い出せ!俺!



と、必死で記憶と戦うも



唯一思い出したのは、





「バックで入れた!」





意味のない情報である。





さがして

さがして

さがして、





今回ばかりは、



「僕の車止めてる駐車場どこですか〜〜?」



と、人に道を聞くわけにも行かず、



「車なくしました〜」


と、警察に紛失届を出すわけにもいかず、



対策がわからない…


五里霧中である。



まさに都会のジャングルに一人ぼっちである。



とにかく、探すしかない!と、



歩いて歩いて歩いて、



約1時間後…



やっと見つけました。



駐車場の名前を見て



なくした理由に納得。



MA350302




ふくろうパーキング




そら、昼間は見つからんわ!



名前が悪い。


都会には危険がいっぱいです。





一般人には理解できん壁に

頻繁にぶち当たりつつも、

俺、めげずに一生懸命生きとるなぁ、と

しみじみ思いつつ、運命に感謝。

おかげで人生忙しい。




しかし、この対策は難しいなぁ。



yasufukureidan at 10:27コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月15日

さかのぼること1か月前…そう、




王子予備軍として華やかだったあの頃…




プリンセスとの夢を熱く友人に語っていると、



 部屋のベランダから見える海を二人で 眺めれたら最高



MA350292




 と、いう話になり、




 ならばさっそく二人用ベンチを作ろうと計画




 その名も LOVELOVEベンチ




 さっそく、設計図を描いていると、




友人が一言… 




 「プリンスになったら二人用じゃ、たらへんのとちゃうんか




おっ




「それもそうやな





ならば、準備はしておこうと、





3人用に急きょ設計変更。




 なんとワイド1800cmの大型ベンチ!





 名前もloveloveloveベンチに改名し、





 これなら彼女が増えても大丈夫





と意気揚々と製作を再開。





 ワクワクしながら、夜な夜な友人の工房でゴソゴソ…




少々ガタつきがあるも、不安定なほうが、




相手がヨロけてちょうどいいのさ




と、妄想も作業も、着々と進み…



MA350288





 先日やっと完成…





設計図通りの素敵なベンチが出来上がりました






で…






設置してびっくり、








いざベランダに出ようと窓を開ければ…






MA350291







ベンチが邪魔でベランダに出られないなんて…





製作中に薄々不安ではありましたが、見事的中。





なんて残酷な結果…





そして、 プリンスにも落選し…







 結局無駄に大きく作ってしまったこのベンチ…






一人用に切断しようか検討中…






皆様、分をわきまえて生きましょう…








 ベランダの鳩、ベンチ喜んでくれるかなぁ〜







 深夜の工作に快く付き合ってくれた

 なむちと、くろちゃんに感謝

 三人で座るかぁ



yasufukureidan at 19:15コメント(2)トラックバック(0) 

2010年11月06日

どうも

明石のプリンスに神戸市民が選ばれた事に、

疑問を感じる明石のキング、もーくんです。

そんな私も、先日お誕生日を迎えました。

最高の仲間たちが、最高の演出で、祝ってくれたので、

ここから先は自慢のみです。






めっちゃ風邪やのに、ホームパーティーを主催してくれた

ケンタくん!

いけっちょ!

たむにぃ!

じょーさん!

そして素敵なgirl’s達

うちの台所に女性が三人も立ってるなんて夢みたい

MA350277




と、こっそり記念にパチリ


201011022330000


みんなありがとう








そして、西区のパティシエ
さなっぺがチーズケーキの差し入れ!!!

MA350282


これも美味かった

さんきゅぅぅぅううううう







そしてそして、

大師匠

我が人生の

羅針盤的存在の名村夫妻&あっきーな&まめ吉主催の、

すき焼きパーテぃぃぃいいいいい

最っ高


の料理の後で、


またまたまた

突然サプライズケ〜〜〜〜キがっっ

IMG_8058

今度は俺の家でおにぎりパーティーな






そしてそしてそして、

俺の運命を自在に操るカナダ営業所、

名誉局長の緊急一時帰国!!!

lrg_10328520

言葉にできん







最愛の娘の手造りビーズ


MA350272


ま〜さんの父である事に日々喜びと幸せを感じとるぞ








自慢の息子からの2分ほどで仕上げたっぽい手紙と似顔絵


MA350285


でも父は嬉しいぞそしてもうちょっと毛多いぞ







姪っ子からあったか〜い手紙、そして

一生懸命作った感がにじみ出ている粘土細工!

MA350284


も〜じは大切にするからな




姉からはメガネのプレゼント!!
MA350283


何でもお見通しやな


それ以外にも、

メールや電話でお祝いしてくれた友人たち!!!

沢山のhappyをありがとう

改めて書き出してみて、びっくりしました。

最高に幸せな34歳の始まりです。

ええやろ〜

仲間に感謝


























yasufukureidan at 21:37コメント(4)トラックバック(0) 

2010年10月24日


王子のおもな活動内容




テレビ、ラジオ、物産展など全国を中心に年40回程度の広報活動。

明石ケーブルテレビなどで、歴史街道チックなレギュラー番組

明石警察の1日署長

その他、行事のマスコット的存在…

賞金10万円…










警察署長になれば

交通違反も大丈夫











マスコット的存在になれば、

もーにゃんと呼ばれ、女子高生に大人気












10万あれば、

マンション購入で税金という名の強盗に奪われた費用が

すべて回収










何より、

プリンセスと年40回も一緒に過ごせば、

ドラマが起こらないはずがな〜〜〜い














この条件に明石中から、


約2万人

元則リサーチ調べ)



の猛者どもが終結し、王座を争った。









約1ケ月にわたる激しい戦いの末、



先日、最終決戦が行われた…



最終決戦に残った猛者達はやはり、



どことなくオーラが違う…










敵は全員20代前半…



「ふ…若造が…」



と、貫禄を見せつけ、余裕で愛想を振りまき、



すっかり控室のリーダー的存在…










王子の器はこんな所でも、



悲しいかな…目立ってしまう。














「楽しんでいこうぜ!」



と、若造に激を飛ばし、いざ会場へ。












審査は4人一組。



まずは、1分間の自己PR










「年齢制限がない時点で


私しかいないと思い参加しました。


他の参加者のような


若さや初々しさは少〜〜〜しだけ、



足りませんが、



でも逆に、


私にしかない、


存在感や空気感で、

(ハゲ治療中は内緒です)


明石中を元気に走り回ってみたいです!

(ヘルニアですが…)


そして、


33年間、


全身で感じてきた明石の素晴らしさを、


市民の皆さんにもっと伝えたいです!!!

(明石に引っ越しして半年ですが…)



明石が大好きなんですうぅぅ〜

(あわててネットで2時間ほど明石の歴史を調べただけですが…)










がつん!






と、先制攻撃をしたところで、


今度は審査員から質問が飛び交う…








明石にはシゴセンジャーというヒーローがいます。

あなたなら、

赤レンジャーと青レンジャーのどちらになりたいですか??







「はい!カレーが大好きなので黄レンジャーになりたいです。

3枚目キャラではしゃぎまわるので、ぜひ作ってください!」








完璧な回答である…










最終審査決定の通知から

今日まで努力されてきたことは何ですか??








「はい!ありとあらゆる知人、


友人にすでに王子になったと言い続け、


気持はすっかり王子気分で今日まで過ごしてきましたっ!!


心の準備はばっちりです。


て、いうか、ならないと少しヤバいです。」









ここでも最高の返答をこなし、


その後も、仕事のことや、即興で明石の宣伝など、


さまざまなハードルを与えられるも、ラクラクこなし、


終了するころには、すっかりスターであった…















そして、結果…





















0.00000000000000000000001点差
(元則リサーチ調べ)








で、超ギリギリの敗北である。






そして、







封筒の中には、








通知書と一緒に一枚の割引券が…









MA350265




















そう、




俺にはピエロがお似合いさ…




みんなの王子より。




ご声援に感謝。




















yasufukureidan at 00:40コメント(6)トラックバック(0) 

2010年10月13日

神人、ゼウス山本を失い早1毛月…





奇跡の薬が底をつきつつある。








急がねば…

急がねば…







先日、20歳で完全に悪魔に毛を奪われ、





病に失せる青年と出会った。





俺は彼に、





「もう大丈夫。君は一人じゃない、今までよく頑張ったな!」





と、手を差し伸べた。





20歳である。





まだまだ、未来があり、





笑いにもできない年である。





話を聞くと16歳から悪魔が少年に近づき、





幸せと引き換え…など、悪魔の契約条件なども無視し、





一方的に毛を奪いはじめたのである。






悪魔の中の悪魔である。






日に当たることを許されなかった






彼の真っ白な頭皮を見れば、






ムれるのを恐れながらも、






世間の理不尽な迫害から逃れ、






暗黒の少年時代を送ってきたことは、





明らかだ。






胸が痛かった…






それを思わすかのように、




彼は泣き崩れ、




俺の手を握り、




「ありがとうございます。ありがとうございます」





と、繰り返した。





「はっ!」と気がついた…





助けを求め、伸ばしていた俺の手は、




気がつけば、




助ける為に差し出す手へと、成長していたのだ。





急がねば…




彼を救う為にも…





と、連日、東西奔走し、




アンテナを張り巡らした結果…





見つけたぜ!!!!!!





その名も、


logo






発毛活動家の江口大先生が運営するこのサイトで、

奇跡の薬が手に入る。

世に散らばった仲間(活動家)達!

みんなで世界を救うぞ!


※20歳の彼、ハゲやのに彼女(女子大生)めっちゃかわいい。
 なんでやね〜〜〜〜ん!








yasufukureidan at 08:49コメント(8)トラックバック(0) 

2010年10月09日


おもしろき こともなき世に おもしろく…


なってきた

なってきた


MA350243
















明石をどげんかせにゃいかんばい!

yasufukureidan at 20:20コメント(4)トラックバック(0) 

2010年09月15日

最近、よく考えます。








人生の、ターニングポイントについて。








それは、事前に予告するもんじゃないし、








また、分かりやすいとも限らないよな…と








そう、たとえば、










ある日










ふと入ったお店のランチに感動し、








料理の道に進む事になったり…








逆に食中毒にあって入院し、








仕事をクビになったり…







でも、






そのおかげで看護婦さんと出会って










幸せな結婚をしたり…










とにかく、









毎日が選択と決断の連続である以上、









こりゃ、











常にターニングポイントなんやなと…






その時は、何も考えずに選んだ







何気ない









小さな決断も、










やっちまった…








と、思った間違えた決断も、









よっしゃ!







と思った成功の決断も、









いつ逆転するかわからん…









結局…







その選択の本当の回答は死ぬ直前まで分からんな…と









そう思うと、人生、







まだまだ可能性で満ち溢れているぜ!








と、思わない????








藤本と優樹菜が電撃結婚したように、








僕も、









薬師丸ひろ子と再婚する可能性もゼロではないと…









そんな僕の可能性を広げるきっかけになった









何気ない小石…








危うく、見過ごしてしまいそうだったが、








たまたま目に止まった…









大切な友人が








「足元に小石おちとるぞ〜〜〜〜」と、








教えてくれた…








僕はそれを手にとり、池へ投げることにした。








この池に投げ入れられた小さな小石の波紋は








少しづつ広がり、








やがて大きな波となり、







必ずや、ひろ子ちゃんを飲み込むであろう







歴史が動き、伝説となるであろう、







一枚のチラシ…






http://yomiren.co.jp/akashikankoutaishi2010/


















俺しかおらんやろ!!!!!!!!


















熱烈な思いでPR文を作成し、速攻でエントリーしました。


来年、明石に


ハニカミ王子…いや、


ハゲカケ王子が誕生します



応援よろしくね





では皆様、ブラウン管で会いましょう




明石タコの宣伝すんのにハゲたほうがええんかなぁ〜





と、葛藤に駆かられつつ…





次回につづく…

c267e86f30302258






yasufukureidan at 01:23コメント(12)トラックバック(0) 

2010年08月21日


ビバリーヒルズ (Beverly Hills)


カリフォルニア州ロサンゼルス郡の西部に位置する都市

大富豪など多くの邸宅が立ち並ぶ全米有数の高級住宅街











聖域せいいき)(英:sanctuary)


神や聖なることに関連する場所で、

神奇や神の気がおきたり、神がいる場所












難民(なんみん、: refugee


住む場所を追われた人々を指す。

住む場所を追われた者が難民もしくは流民















現代の日本に、





志高く、





聖域を作ろうとした我が神が…





ハルマゲドンにて、





聖戦に敗れ…





この地を突然去りました…




そう…




夢のビバリーヒルズクリニック…






突然の閉院






理由は分かりません…






ただ、





あんなに力強く俺達をハゲましてくれた、





世界一ふさふさな神、●●先生に





もう会えないなんて…





とにかく、





俺達の聖域がなくなりました。






神の作る奇跡の薬の入手先がなくなりました。





まさかのハゲ難民です





住むべき聖域と、頼るべき神を失った俺達の心には、




暗黒の闇が押し寄せ、




絶望感と悲壮感が交互に襲い、




抜け毛を誘発する魔のサイクルが確立する。




あぁ!恐ろしい!!!!






ただただ、祈ること…




散々色々な角度から撮影された、


俺の頭皮の写真が、カルテが、


きちんと処分されていますように…




い●っち!

そ●やん!

り●う!

早くノアの方舟探そな!


俺達には時間がない!
250PX-~1

yasufukureidan at 17:04コメント(8)トラックバック(0) 

2010年06月20日

先日、友人のI君と


男の散り際について話をしていた所、


満開の彼が


3年前から投薬治療をしている事実を打ち明けられた。


衝撃であった。


以前にもブログに書きましたが
バックナンバー「受け入れる」参照


先天的な遺伝子の活動が


いよいよ活発になりだした時から、


俺はすでに散り様を決めている。


そう、


男子たるもの、


死して不朽の見込みあらば、いつでも死すべし。

(死ぬことによって、世の為になり、その魂が永遠に受け継がれ、心に刻まれるなら、
潔く死を選ぼうぞ…と、いう意味)



吉田松陰先生のこの言葉を胸に、


現実を受け入れ、覚悟を決めていた。


皆の心に刻まれるであろう潔い死を決めていた…














出来たのである…






21世紀には存在していたのだ







夢の薬が









葛藤した…









救える方法がある事を知ったのに救おうとしない事を…

男子が一度決めた死生観を覆す事に…






俺は、そんな俺を許すのか??と。









しかし、松陰先生の言葉には続きがあった…







生きて大業の見込みあらば、いつでも生くべし。

(生きることによって何か大きなことが成し遂げられると思うなら、手段選ばず、とにかくどこまでも生き続けなさい…と、いう意味)














……







………







いよっしゃ〜〜〜〜〜〜!

一本残らず、俺が救ってやる

お前にはまだ未来がある

生き残り、次の世代に夢を与える義務がある








と、


そんな決意表明をハゲ仲間のSに、していたところ、彼も賛同。


同士が増え、これ以上無駄死にさせまいと、さっそく予約し、


仕事を切り上げ、いざ、大阪のクリニックへ…


MA350151



問診票にうれしそうに答えるS…

数分後、

ハゲの治療に来ているにも関わらず、

先生に

「いやぁ〜禿げてますね〜」と、

公式機関から

正式にハゲのライセンスを発行され、

ショックを受けて、本気で落ち込むことになる…

そう、ハゲかけのおっさん達は、

まるで恋する乙女のような繊細な心の持ち主なのである。





そんなこんなで、乙女二人は、

先生の一言一言に一喜一憂しながら、

カウンセリングを受け、

いよいよ終わりに近づいたころに、先生が一言…











「確実に効きます」

「効果は出ます」












おおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉおおおお!!!!





すげえ




この人、すげえ



はっきり言い切った



まっすぐな目で



そして、ふさふさの頭で



惚れそうになった



間違いないと、思った



信用できる



この病院、いや、この先生、



器が違う



志が違う



日本に収まる器じゃない



世界の器である




そう、




だからこそ、





病院の名前も





夢いっぱいの




MA350152




ビバリーヒルズクリニック


S!さぁ、俺たちの青春白書が始まるぜ

MA350156






※そしてその後、遊び仲間のま〜ちんに呼び出され、パーマを施術。
俺も夢が膨らむぜ

MA350155





















yasufukureidan at 23:46コメント(10)トラックバック(0) 

2010年04月07日

春である。

冬を乗り越え、

待ちに待ったはずの春である。

木々は芽を出し、

小鳥はさえずり、

動物たちは冬眠から目覚める…

そう、春である…

色のない世界から一変、桜が鮮やかに空気を染める。


先日、

運転中に、突然、花見会場に招かれ、

なぜか、用紙を手渡されました。

向かい合う

相手の帽子の額部分に落ちた桜の花びらを眺めながら、

左手一人差し指を赤く染めつつ、

春ですな…と、

つかの間の花見を楽しんだ。

MA350108





そんな花見も、

いとおかし?

合掌…


















yasufukureidan at 01:00コメント(0)トラックバック(0) 

2010年03月28日

本日より心を入れ替えます





今度こそ、入れ替えます





もう、二度とこのご恩は忘れません





ないがしろにしません






何度も


何度も


何度も


何度も





途中で勝手に放棄しながらも、





結局毎回、






照れくさそうに半泣きで助けを求めに来る僕を





大きな器で見捨てることなく必ず救ってくれるヒーロー…





生活のすべてを一瞬にして闇に変え





生きる全ての楽しみを奪い





眠ることすら許さず





食事をとることも許さない…





そして…





時間、感覚問わず容赦なく攻撃を仕掛け、






完全な精神破壊をもくろむ…







すさまじかった…





3490892048_08d31241cf






今回も我慢できずに飛び込んだ…





おもわず、ヒーローに泣きついた





「もう、ここ一週間、つらくてつらくて何しても楽しくないんです…」






すっかり毎度のこの会話に慣れたヒーローは笑いながら…いや、






正確には笑った様子で、こう言った…

(ヒーローはいつもマスクをしているからだ。)






「今回もえらい大げさやなぁ〜」と






余裕の様子で、






今回も憎き悪魔を一瞬で撃退してくれた
1







さすがに、今回は思わず「凄ぇ!」と叫んだ







ひらいで歯科院長に最最敬礼




次回予約は4月5日金曜19時!

今度こそ今度こそ

この痛み、忘れることなく、

3年越しの完治を目指し、予約を厳守することを誓う。

2010年3月27日

安福元則





歯科助手さん、みんな若くて超〜キレイ!男性陣オススメ

歯が浮くセリフを用意してGO〜〜〜〜

http://www.hospita.jp/1064166/



yasufukureidan at 00:18コメント(2)トラックバック(0) 

2010年02月23日


同じ日に現場で切れた安全靴の靴ひも…


MA350097
















僕ってやっぱり流行に敏感

yasufukureidan at 07:29コメント(3)トラックバック(0) 

2010年02月08日

防ぎようのない天災…









そう…









ゲリラ豪雨…










先日、私の頭皮を盗撮した友人が








データごと携帯を落としました。








ハゲが世間に流出しました。











ただただ、嵐の空を見上げ切に願う事…








あぁ…








せめて大好きな長澤まさみちゃんが拾いませんように…








友よ…元気出してね。

見つかったら今度こそ消去してね。

images




















yasufukureidan at 21:17コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月03日

地球で生きる者にとって、避けては通れぬ現実。






天災…







豪雨が予定を狂わし…





突風がさまざまなものを破壊し…






日照りが命を奪う…







とにかく、






こういったものは、逆らわず、受け入れるしか方法がない。






もちろん、






事前に情報があれば、






傘を準備してみたり、蓄えをしてみたりと、






準備をすることは出来るが、天気が変わるわけではない。







つまりは、







その現実を受け入れる準備が出来ているか否か…







ということである。







今日、親しい友人より、







「私の頭が薄くなってきている」






と友人の間で噂になっていることを告げられた。






言いづらいことを、





少し笑っていたような気もするが真剣に伝えてくれた。






私の頭皮が盗撮され、友人の間で流出していたようだ。







そう、まさしく、天災が私のところにもやってきたわけである。






受け入れなければならない時が来たのである。






もちろん、準備を怠ってきたわけではない。






覚悟を準備というならば、






私は最大限の準備をしてきたといえるであろう。






周りを見渡せば親戚は全員20代で彼らと別れを告げ、






決して特別ではない私にもその時が来るのは判っていた。






予防策も考え、彼らを労わる事も考えたが、






元則桜は散ることを恐れない。







悔いのないよう、規則をも無視し、






パーマ、毛染め、ロン毛、と、






季節関係なく葉を変え色を変え、






満開を楽しんだ。






両親もそんな私を切なく見守ってくれた。






そんな満開桜の大木も






いよいよ散り頃を迎えつつあるようだ。






大丈夫、準備は出来ている。







延命治療はすまい。







色褪せ、やせ細り、






はらはらと散る彼らを見るのはあまりに忍びない。





さあ、長い友、髪よ…





たくさんの思い出とともに、終末医療に入ろうか…





もう、お前を傷めるようなことはすまい。





ゆっくり、残された余生を楽しめ。





そして、





お前の気に入る季節の風で散るがよい。





お前の気に入る季節の雨で流れるがよい。





お前の好きなタイミングで逝ってくれ。




あぁ…




散る髪よ… 残る髪も… 散る髪よ… 





合掌…





髪に感謝。




皆さま…




僕、そろそろ一皮むけます。


photo006













yasufukureidan at 17:16コメント(6)トラックバック(0) 

2010年01月27日

生まれて初めて携帯をなくしました!

皆さまの

個人情報が漏れる可能性があります。

こんなおバカな僕に

個人情報を教えた自分を恨みつつ、

これも運命と諦めてください。

いや、

もしかしたら

そこから

あなたに素敵な出会いが広がるかも…

可能性は無限大♪

当分、

僕の携帯からの着信に胸を躍らせてください♪

ただし、

僕を装ったも〜も〜詐欺にご注意を!

人生、色々ありますねぇ〜

生きるって大変!

さっ、新しいの買いに行こっと!


とりあえず本日「購入するので、明日以降、下記三点ご記入の上、メールお願いします。


お名前

電話番号

僕に励ましの一言。

安福元則
111pm@ezweb.ne.jp
090-9626-0879

栄光のアドレス登録NO、001は誰の手に!



yasufukureidan at 05:48コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月21日

ここ最近…





あまりにも天気がよろしいので…





おもわず…






愛車の電子キー






洗濯しちゃいました






ルンルンでボタンを押すと…





我が愛車…

 

 

めでたく反応してくれました





さすがうちの子そうでなくっちゃ

 

ピカピカのカギを手に取り、

MA350357













これがほんまの…





洗車キ〜



あ〜よかった


復活に感謝


ちなみに2回目…コイツすげぇ…超タフ





yasufukureidan at 07:13コメント(2)トラックバック(0) 

2010年01月09日

失って気づくもの…








俺わ、決してお前を好きであった訳でわない。








しかし嫌いでもなかった…








いや、もしかすると、いつでも其処にいるのがあたり前で、








その存在にすら気づいてなかったのかも知れない。








確かに、先日より、若干、違和感わあった。









俺の呼びかけに時々無視をするようになったお前…









俺わ気のせいだと言い聞かせていた…










しかし、こんな時が突然くるとわ…










失って気づいた。









俺にとってお前がいかに大切だったか…









こんなことになるのなら








もう少しかまってやればよかったのかも知れない…









この先、お前がいない状態で、









現状の生活を、精神状態を、維持できる自信がない…










イライラが俺の心を占領し、










不安が襲い、










不満を感じ、










それわ仕事にも大きく影響し、










毎日が不安定な日常となるであろう。










あぁ…










愛しの…












エッチよ…


MA350075















出来ることなら


俺の声にもう一度答えてくれ…


俺の触れる指をもう一度感じてくれ…


きっと俺の指からこぼれた些細なごみが


お前の体をジワリジワリと蝕んでいたのだな…

許せエッチ…そして安らかに眠れ…




さっ、

新しいの買いにいこ〜っと


物神様に感謝!


※わ わ文章中にエッチが使えないので使用しました
 読みにくくてすいません。




yasufukureidan at 01:11コメント(6)トラックバック(0)