2012年10月28日

足や腰の調子はイマイチだが・・・

足と腰に違和感を覚えてはや数年・・・
病院でレントゲンやMRIをとっても異常は見当たらず、
リハビリで通院してもそれほど効果もなく・・・

今は、無理しないように少し走る程度にしています。
昨日は久しぶりにT先生と例の山へ18キロのランニングをしてきました。
山の上まではいけたけど昔ほどの余裕はなかった。かなり疲れやすい・・・

走れなくなって体重は70キロ近くにまで増えているのでやはり体が重い。
まあ、マラソンうんぬんよりも腰や足の痛くならない体が欲しいです。

yasuhara2222 at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月23日

MRI異常なし

腰痛が治らないのでMRIの撮影をしてきました。
検査の結果異常は見つからず・・・

しばらく、けん引などのリハビリをしながら様子をみることに。
 
腰痛を発症してから、ほとんど走れなくなってしまった。
これまではどんな練習をすれば早くなるんだろうということを考えてきたけど、
今となってはこの体でできることは何かということです。
ウルトラマラソンに出るとかフルマラソンに出るとかそういう非現実的なことは考えず、
体をいたわりながら体と相談しながら無理せずできることをやろうと思う。

yasuhara2222 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月01日

初めて行った荒神山の水無月祭

昨日、T先生の伴走で久しぶりに荒神山へ行って来ました。
この時期の気温は暑いので荒神山の頂上まで1時間半ほどかかりましたね。

それから、この日は荒神山で水無月祭というものをしていました。
いつも荒神山へはマラソンのトレーニングとして来ているのでとくに知らなかったけど、
水無月祭というのは荒神山の例大祭として1年で最も重要なお祭りだそうですね。

http://kojinyama.org/modules/kojinsan/index.php?id=7

いつもは、閑散としている神社もこの日はとても賑やかで、
笛や太鼓の生演奏があったり本格的な祈祷みたいなこともやっていました。
また、茅の輪があったのですがそれを8の字に回るといいらしいので、
生まれて初めてその茅の輪をT先生と8の字にぐるぐる回ってみたりしました。
これをくぐると、1年の初めから半年の積もり積もったいろいろな厄災を祓い清め、
梅雨から夏にかけて無病息災に過ごせるようにお参りするとご利益があるらしいです。

この日は、約18キロのランニングで約3時間ほどかかってしまいましたが、
知らずに1年で最も重要な荒神山のお祭りに行くことが出来てよかったですね。

yasuhara2222 at 22:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年06月18日

整形外科に通う日々

腰痛が悪化したので整形外科へ行きました。
骨には異常がないので電気を当てたり温めたりしてリハビリをすることに・・・

今となっては、走りたいというよりも普通の健康な体になりたいです。

yasuhara2222 at 22:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年04月01日

伴走は息が合わないといけません

今日は、久しぶりにT先生と荒神山へ走りに行ってきました。

それにしても、視覚障碍者のランナーの練習には必ず伴走者がいるのですが、
ロープを持って一緒に走るわけですから腕の振りも合わせないといけないし、
走る時の息も合わせないといけないというのは数年伴走をした経験からわかりました。
それと、最近になって意外と難しいと思うようになったのは、
一緒に走るために連絡を取り合うということですね。
視覚障碍者のランナーなら練習するための伴走者の確保であって、
伴走者側の立場からすれば伴走するためにどうやってアポイントをとるかです。
こればっかりは、ランニングクラブの練習日程を見て連絡をとりあうか、
あとは直接相手に連絡をして走れそうな日をあらかじめ伝えて走るかでしょうね。

そういうわけで、T先生に連絡をしたらちょうどお互いのタイミングが合ったので今日は走れました。

しかし、久しぶりに伴走をすると感覚が鈍っていて、
いつも走りながら必ずチェックしていた道路わきの温度計の温度を見落としたり、
あとは走る前にも伴走用の手袋を忘れて借りるなどやはりブランクがあると何か抜けてました。

この日は、荒神山の頂上まで行って家に帰るまでの時間が2時間半くらいでした。

あとは、伴走で一緒に走る時間というのは短時間ではないので、
走っている間にどんなことを話すかとかある程度のコミュニケーションは必要だと思います。
走る人の性格も多種多様ですから伴走相手によって話すことは全然違ってきます。
ちなみに自分がT先生の伴走をしているときは、野球の話をしていることが多いです。

まあ、自分がこうしてT先生の伴走をするようになったのは何年前からか忘れましたが、
こうして今もたまにこうやって走ることが出来るのはある程度の息が合っているからかもしれませんね。

yasuhara2222 at 23:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年03月25日

全然治らない坐骨神経痛

最近は、たまに少しくらい走ることはあります。
ただ、坐骨神経痛の悪化による影響からか足の状態がかなり悪いです。
坐骨神経痛に良さそうなストレッチをしたりしても一向に良くならないです。

それにしても、今となってはまともに走ることも出来ないけど、
自分が走れる時にちゃんと伴走をやっていたことは良かったと思います。
今の自分では1人で走るのもやっとこさで伴走はちょっと厳しいです。
昔、何気なくやっていた伴走も出来なくなってしまった今となっては、
あの時の出来る時にやっていたので良かったなと感じます。
体が悪くなったらそれだけ出来ることも限られてくるからです。
健康のありがたさ、体が動くうちにやれることはやっておいたほうがいいですね。
過去に出場したマラソンのレースも走れなくなってしまった今は懐かしいです。

まあ、体が悪くなってしまった今は、
悪いなりに出来ることをやって少しでも改善させるようがんばるしかないですね・・・

yasuhara2222 at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月22日

あまり体調がよくありませんね・・・

誕生日に久しぶりに少しだけ走ってみました。
いつもの先祖の墓参りも兼ねたランニングで数km程度だと思う。
自分の誕生日に先祖の墓参りをしたのは生まれて初めてです。

最近の体調は、まず坐骨神経痛の影響か臀部と腰のあたりに違和感があります。
また、少し走るとすぐ息苦しくなって少し喘息の発作が出ます。
だから、体調の影響もあってあまり走れるようなコンディションではないです。

自分がランニングを初めて7年は経つと思うのですが、
年齢とともに変わり行く自分の体調の変化というのにもより敏感になりますね。
自分の体にとってどのような練習が効果的で、
どれくらいの強度でどれくらいの距離を走るのが自分に合っているのか、
そんなことも走りながら考えますね。

とりあえず、健康な体を目指して無理なくマイペースで走ろうと思う。

yasuhara2222 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)