中島康晴のやすろぐ@キナンサイクリングチームの眼鏡

『キナン サイクリングチーム』所属 「チャリとメガネ」で日本の素晴らしさを世界に伝えます♪

PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市

9月3日に愛知県新城市の奥三河地域を舞台に開催されたペダルマーク
加藤GM・阿曽選手・中島の3人でゲスト参加させていただきました。
image

事前情報だと…チェックポイントを回る…新城市を走り回れるイベント…かなくらいで思っていたこのイベント。
いざ説明を聞いて、スタートするとめちゃくちゃはまる素敵なイベントでした。
(のめりこんだ結果GMに全力で自転車を漕いでいただくことになりました笑)
今回自分達は、6時間…80km弱走行し、23箇所のチェックポイントでたのしく写真を撮影&満喫しました。
image

大会当日の朝。
6時30分AM。受付~。
まだ見てはいけないと言う謎の大きな紙達をゲット。どーやら地図らしい。
同封されている食事券。aacaカップでもお世話になっているブチョーコーヒーのモーニングセットを食べながら優雅に大会のスタートを待つ。

7時15分…
大会説明が始まる。ここで選手2人でGMをちぎる作戦を公表。

このイベントではポイントの写真を同じ構図で選手をいれて撮影する、
場所毎に設定されたポイントが獲得できる、
1000円買い物20ポイント(コンビニを除く)という大人な地域振興を目的としたポイントも存在笑。

笑っていられたのはここまで。
image


7時30分。
配られた地図を見て作戦会議開始。
どのルートが効率よく点数を取れるのか…チームメンバーで相談開始。
地面に地図広げて、電卓&マップ機能を使いガチで考えます。

8時。スタート可能時間に。
次々にチームがスタートし始めて焦る…がしかし作戦が大事なのでスタート可能時間(8時半まで)のギリギリまで粘る)

新城市の東を中心に回る作戦で決定。

8時26分スタート。最終スタートになった。
制限時間は6時間。14時26分に帰ってくる必要がある。

まずは郊外に向けて攻めていく。構図を確認しながらパチリパチリと撮影をしていく。
image

飯田線沿線の風光明媚な道路を走る。本数が少ないだけに列車が来てテンションがあがり、チームメイトを困らせる。
image

地元の方との交流も。

ダムのほとりで写真と同じ構図が発見できず悩むことも。
今大会最大ポイント100点の場所は遠い&山の中で、さらに直前に何箇所か交差点があり手前で別のチーム方と、曲がる交差点はココですか?という話で盛り上がる。
image

image



12時半。
夢中になって駆け回った結果、疲れすぎてスタートゴール地点に一度帰る。
昨年の優勝者獲得ポイントを聞いたところ900点台だったとの情報。この時の自分達は500点台。
これは休んでいる場合じゃない行くしかない!というわけで。西側近場で点数を集めに向かう。
image

image

時間もあとわずか。ダッシュで移動したり、疲れもあったり、
とんでもない階段を登ったりしているうちに、謎のテンションが上がりはじめ…
&この頃から上りのトルクがかかり始めて、阿曽選手と上り練習が始まる。そしてGMを困らせてしまいます(笑)

GMもポケット補給食アスリチューンを投入。前日のaacaでは新作が発表されて楽しみ!(新作はオレンジ味。さっぱりしてて飲みやすい!)美味しかった!

もっくる新城(道の駅)に到着したのは、制限時間の45分前。遅めのお昼を食べて、お土産も買って、時刻は14時前。

さらにここから欲張って2箇所回りゴールしたのは、
14時20分。
image

朝は温かいうどんが美味しかった会場も、冷やしうどんが美味しい暑さに。ブチョーコーヒーさんありがとうございました!
image


初体験のサイクルロゲイニングでしたが、これはおもしろい!とハマるものでした。新城市の広大で風光明媚な環境があるのはもちろんですが、ポイント設定やスタッフの皆さんがさらにそれを盛り上げてくれました。

結果は全体でもっと多い934点を獲得して、ゲスト参加の維持を見せました。※頑張りすぎましたすみません(笑)

それくらい楽しかった訳で!

これいつか地元でやってみたいです!
その時は是非みなさん遊びにきてくださいね!まずは次回のペダルマーク開催を楽しみにしています!参加させていただきありがとうございました!

ペダルマークHP
photo・Kikuzo さん(大会公式フォトグラファー)

aacaカップ第9戦in木曽三川公園

image
キッズ限定フリーラン。

9月2日(土)
aacaカップ第9戦が木曽三川公園(岐阜県海津市)にて開催されました。雨乞選手が優勝、自分は6位あたりでゴールしました。

image
スキルアップ講座・今回は実践形式で〝コーナーを攻略する〟がテーマ。

102km(5.1km×20周)で争われた第9戦。全10戦で争われるシリーズランキングでは、5人が同点でトップという状態。そのうち4名がキナンの為、今回は各々でチャンスを狙うこととなった。

正午にレースがスタート。
ランキングに縛られていない中西選手と自分は自由に攻撃をして行く。

序盤は逃げと吸収を繰り返し、中盤にかけ て自分も水野選手(インタープロ)と2人で飛び出す。
image


その後、4名が合流しインタープロ3名vsキナン3名という構図になった。お互いなんとなくローテーションは回っているが様子見な感じ。ペースが上がり切らず、後続に吸収された。
image


断続的にアタック合戦は続き、
あとあと不利な展開にならないように立ち立ち振る舞う。


終盤に差し掛かる頃、大きな逃げが吸収されカウンターで飛び出す。スキルアップ講座で話をしていたコーナーを使って行く。
image

するとまたも2人逃げに。
しばらくすると追走が追いついてくる。

山本選手や椿選手がさらにアタック。
2人の逃げ切りを含めて、有利な展開にするべく他のチームに追走させる。

残り1周。前の2人はが吸収された。
先頭は約10名。
中西選手がアタックする。

吸収とアタックを繰り返しながら残り3km。さらに中西選手が飛び出し、インタープロ水野選手が先頭固定で追走開始。

このままゴールに向かうよりは…
出来れば人数を減らしたいと思い、アタック。後続がつながったので、今度は自分が先頭をひく。今度は山本選手がアタック。
ここで自分はお役ご免。

さらにアタックがかかり、
優勝争いは3人に絞られた。

圧倒的なスプリントで、雨乞選手が優勝。
ツールド北海道(9月8〜10日)に向けてチームにとっても良い勝利になりました!
image



自分も逃げの途中で周回賞をゲット!
ノースウェーブ特別賞をいただきましたー!
image


image
チームのウエアにもロゴが入っているノースウェーブ様。オリジナルソックスは薄めで、ダイレクト感があります!

都道府県ロード(福井国体プレ大会)

image
8月26日に福井県大野市で開催された都道府県ロードで女子の中村選手と共にW優勝。
たくさんの応援をいただく中で勝利は幸せでした!

この雄大なコース設定を可能にしてくださった関係者の皆様、
開催地大野市、そして沿道&中継で応援していただいた皆さん、
大きな力を与えてくださり本当にありがとうございました。

出場にあたり支えて下さった KINAN Cycling Team.

チームふくい のサポート&強化があったからこそです。
地元でこのメンバーで勝つことが出来て幸せな1日でした。
image




大野市の真ん中…越前大野城の麓にある〝結ステーション〟発着で六呂師へ向かい、小周回(15km)を5周する93km。全体距離は短いが小周回には高低差300m弱登りが含まれていて、厳しいコース設定。約15分程の登りは、後半に向けて勾配が上がっていく。

昨年優勝した水野選手擁する山梨県チームは少年も強く注意。阿曽選手(三重県)は山が強い。
image

朝8時にスタート。
道路をお借りしているだけでなく多くのボランティアの方、沿道からの応援を感じながら大野の中心部をパレード走行。嬉しさがこみあげ、気合が入る。石川代表の広瀬さんと話をしたりする。阿曽選手は試走する時間がなくコースレイアウトの話をする。

リアルスタート直後にアタックが始まり4名が逃げていく。
追走の動きがあり、あまり大人数になると後々追走が厳しくなるので自分も動く。

約10km走り、小周回の登り口に到達。
アタックがかかるが、最初から動くと後々響いてくるので様子見…。
と、思っていたら阿曽選手がアタック。コース知らないはずなのに、この勇気。
まじか…と思いながら反応。これも活かそうと思い自分もペースを上げる動きをする。

がしかし、思ったより集団は小さくならない。
登りの前半は勾配が5~7%、中盤一旦緩くなって、後半8~10%…
中盤まではついて行くだけなら有利な感じで、多くの選手が残っていた。

平坦区間で飛び出すと福井の斉藤選手が着てくれて6名ほどになるが、登り中盤までに吸収されたため
2周目は落ち着いて我慢。

3周目に入る頃、先頭3名とのタイム差は約2分。
登りでペースを上げるものの、平坦で休みたい選手が多く差が縮まらない。
このままでは追いつかなくなる可能性が出てくる。

可能な限り小数精鋭の追走を作る動きを考える。

登り前半は淡々と行き、後半からペースを上げていく。阿曽選手も同調してくれて、
阿曽選手、藤田選手(岡山)、中田選手(長野)、山本選手(山梨)、中島の5名追走となる。

頂上で先頭と30秒差に。

4周目の登りに入り、山本選手が後ろへ帰っていく。
彼が戻ると山梨に追走される…と考えるが、勝負を分ける部分だと思いプッシュしていく。

女子の中村選手(福井)が優勝したと補給所で聞く。自分も頑張ろう!と力をもらう。

登り前半で先頭を捉え、後続を引き離すべく後半に向けてペースを上げる。
頂上を越えるときには、
阿曽・藤田・中島の3名に。→メイン集団までは40秒ほど。追走が追ってきているのも見える。
下りから平坦にかけてハイペースを刻む。
image

5周目。
3人よりも少ない人数にしたい…追走されるリスクを考えると1人ずつ減らしたいが、
淡々と行ってもダメだったので、要所要所で登りのペースを上げる。

すると藤田選手が遅れ、阿曽選手と2人になる。

阿曽選手はハイペースで登りを刻むので、このまま2人でゴールへ向かいスプリントすることに集中。

頂上を越え、下り&平坦区間へ。

残り5kmで後続と1分ほどのタイム差。
逃げ切りを確信して、スプリント温存のためにややペースを落とす。

ゴールまで残り500m。
コーナーを使って加速する。

スプリントなら勝てる!と思っていたが、阿曽選手強い。
まじかーーー!と思いながらも地元の地の利を活かして、
クネクネ曲がった道を最短で突っ切っていく

最後までわからなかったけど、残り20mで勝利を確信。
手を上げて先頭でゴールすることが出来ました。

なんとか勝てたけど、藤田選手は強かったし、阿曽選手はめちゃくちゃ強かった。
来年の本大会(福井国体)に向けてまだまだ頑張らないといけない。そう感じたレースでした。

メイン集団では水野選手が3位。山梨恐るべし。

image

ゴール後は、多くの関係者、高校時代からお世話になっている皆さん、
先生、応援してくださった大野の皆さん、わざわざ遠方から応援に駆けつけてくださった皆さんに
良い報告をすることが出来ました。

この厳しいコースに向けて春から強化合宿をさせていただいたり、
この夏はきつい練習をたくさんして、身体を絞って挑んだこのレース。結果を残すことが出来てよかった。

キナンのウエアでまだまだチームに貢献できていないので、シーズン後半戦頑張っていきます!

9月2日のAACAカップin木曽三川公園
9月3日には阿曽選手とともにペダルマーク(愛知県新城市)にお邪魔します!
よろしくお願いいたします!

image

翌日の朝刊2紙。一面と中面に大きく記事に!
ヨネックス カーボネックスHR&フルクラム40Tホイールは最高でした!

ペダルマーク参戦!

9月3日開催される
pedalmark(ペダルマーク)in愛知県新城市
https://pedalmark.jimdo.com
に参加させていただくことになりました!

阿曽&中島の告知動画です!
是非見てくださいー(笑)

というわけで、新城市を1日満喫出来る予感!廃線跡も行けるらしくめちゃ楽しみです!!!


特別に再エントリーが始まってます!
8月28日までです!是非一緒に走りましょう!

鈴鹿ロード2017

8月20日に鈴鹿サーキットで開催された夏のお祭り。シマノ鈴鹿ロードクラシックに出場しました。
image


午前中は、ウィーラースクール(自転車教室)にお邪魔させていただきワイワイ。子供の達の気を引こうといろいろ繰り出すもダダ滑り(笑)でしたが、可能な限り全力を尽くしました。
image


午後は大人のウィーラースクールも!
image



そして、いつも大変お世話になっているサプライヤー様へご挨拶も。2018新製品情報をお聞きしたり使用させていただいている製品のフィードバックをさせていただきました。
image

image

image

image

image

image

image

image

image


そして夕方15時にいよいよレースがスタート!

序盤からハイペースで展開していく。時折決まる逃げにはチームメイトが必ず乗ってくれる。
image

暑さの中でみんな良い動き。中盤を迎えると徐々に集団から逃げが決まりそうな空気が漂い始める。過去に鈴鹿で何度も勝っている畑中選手も前で展開し10名程が飛び出していく。キナンはここに乗せて居なかったので、単独で追走。ギリギリ追いついた。

なかなか豪華なメンバーでとりあえず息を整える。しばらくすると追走がやって来て、キナンからは椿&山本が合流。
25名ほどになった集団には強いスプリンターも多い。このままでは勝率は低いが…どう動くか。かなり控えめに走るものの、逃げは要所要所でペースを上げる。タイム差が開き…1分差。
image

山本選手は苦しい!と訴えながらも全力で逃げを潰し、椿選手もラスト4km…ここしかないというタイミングで飛び出していく。スプリンターが居ないチームが協調すると思ったけど…得られず単独。粘るもののラスト500mで吸収されてしまう。

さぁ自分の出番だ頑張ろう!と意気込む。

最終ストレートは追い風。集団前方でラスト300m。ここで集団が一旦緩んでしまった。後ろから土井選手先行で吉田選手がやってくる。そこの後ろに着きにいくが加速していかない。後ろからどんどん勢いよくやってきて踏み直す。その後横の選手とハンドルがあたり完全に失速してしまいレースが終わりました。
image

チーム全員の動きが良かっただけに、最後に自分が焦ってチャンスを逃してしまったことが凄く悔しかった。いま冷静に考えれば位置取り含めていろいろ出来たんじゃないかとか考える自分が悔しい。その場の判断で出来なかったら意味がない。

あーーーーー!といろいろ思いますが。
そもそも自分が弱かったです!
またチャンスをものに出来るよう努力します。

たくさんの応援。本当にありがとうございました!

aaca第8戦in長良川

8月5日
KINAN Cycling Teamがホームチームとして走る〝aacaカップ第8戦〟が木曽三川公園(岐阜県海津市)で開催されました。

椿選手が独走優勝、自分は3位でした。
image


この日、KINAN Cycling Teamはスキルアップ講座で公開ミーティングを実施。
7名は3班に分かれて戦うことに。
雨乞班・雨乞&野中&阿曽
椿班・椿&山本&中西
中島班・中島。

自分は復帰戦…どれくらい走れるかわからないので単騎で走らせてもらいました。
image


今回からコースが変更され、これまでの登りゴール&Uターンあり→平坦ゴール&狭めの〝コ〟の字コーナー に変わった。さらにこの日は追い風でこのコーナーを通過することになったため、通過後立ち上がりで加速すると逃げが決まりやすい状態になった。

2周目の立ち上がりで加速するも決まらず。

3周目で加速すると抜け出しに成功、さらに数名が追いついて6名になる。椿チームの中西選手を含む良いメンバーが揃い淡々と進む。

乗せれなかった雨乞チームに力を使わせる事に成功。

途中4名になってしまうが、阿曽選手を含む追走3名が追いつき7名に。

レースは中盤戦。

こうなると逃げのまとまりがなる。

徐々にペースが落ち
追走が追いつき、集団も追いついてくる。

もう一度飛び出すが、吸収された。

レースは残り4分の1。

ここからは、アタックの撃ち合いになるが回復に努める。

一息つきたい。

がしかし、アタック合戦の中、椿班の椿選手が先行していた水野選手(インタープロ)目掛けて飛び出していく。

これはやばいーと思い全力で追走!

がしかし、一気に追いつけず別の水野選手(インタープロ)に追いつかれ、後ろに迫った追走集団に引き戻される。

先頭2名・約6名の追走。

追いつきたいが、灼熱のaaca夏の陣。後半はみんなきつい。追走には、もう追いつかない雰囲気も出始めて一か八か単独追走する事に。

前が近づいてくる…と思ったら…
先頭も割れていて、椿選手が独走。水野選手が2番手。

水野選手まで追いつきたい…!
が、前半から全力プッシュしてきたせいであと少しが遠い。

結局3位でゴール。
image


3位は悔しかったけど、復帰戦で不安も多かっただけに、最初からプッシュして最後まで走りきれて良かった。


暑い日は、夏は日焼け止めにめちゃくちゃ助けてもらってます。アグレッシブデザインの日焼け止め おかげで日焼けして疲れることもなく毎日走ることが出来ています!
image


次のaaca第9戦in長良川は9月2日開催。ランキング争いは5人が同率1位という面白い展開です!

快汗!自転車ライフ福井編に出演(8月3日から放送)

安田大サーカス 団長の番組、アクトオンTV 快汗自転車ライフ 福井編に出演。
2部構成の前編が8月3日より全国で放送されます。8月は15回放送予定。

【番組名】 ・快汗!自転車ライフ福井1〜鯖江と龍双ケ滝〜名水を求めて!
【放送局】  ・アクトオンTV
【WEBページ】・http://www.actontv.com/contents/resort/index.html#1610bicycle

image

200%の覚悟でご覧くださいby小野田一課長(団長)

コメント
全国各地の自然や町並み、史跡、ご当地グルメなどを、安田大サーカスの団長安田さんとサイクリングしながら魅力を再発見する番組の福井編に出演させていただきました。ロケは2日間行われ初日は鯖江市をスタートし、越前市・池田町・大野市を巡りました。

サイクリングだけではなく、グルメや様々な体験や遊びも詰まった番組になっています。

団長は終始素敵な方で、収録も終始全力。自分も負けじと自転車走行はもちろん、それ以外の部分も全力を尽くしたので、普段と違う姿が見れると思います。

もちろんキナンサイクリングチームウエア×ヨネックスバイクで出演。団長を苦しめるために、山も平坦もイケイケな最速フルクラム決戦ホイール スピード40Tも投入しました!(笑)

福井を知っている方はもちろん、福井を知らない方もこの夏サイクリングしたくなる番組です。
初回放送は8月3日!是非ご覧ください!
アクトオンTV・放送番組一覧にも紹介していただいています。
http://www.actontv.com/contents/resort/index.html#1610bicycle

image

#越前市ふるさと大使 #パピルス館 #和紙の里 #越前市 でも遊びましたー!
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • aacaカップ第9戦in木曽三川公園
  • aacaカップ第9戦in木曽三川公園
  • aacaカップ第9戦in木曽三川公園
  • aacaカップ第9戦in木曽三川公園
  • aacaカップ第9戦in木曽三川公園
  • aacaカップ第9戦in木曽三川公園
  • aacaカップ第9戦in木曽三川公園
  • aacaカップ第9戦in木曽三川公園
  • 都道府県ロード(福井国体プレ大会)
  • 都道府県ロード(福井国体プレ大会)
  • 都道府県ロード(福井国体プレ大会)
  • 都道府県ロード(福井国体プレ大会)
  • 都道府県ロード(福井国体プレ大会)
  • 都道府県ロード(福井国体プレ大会)
  • ペダルマーク参戦!
  • 鈴鹿ロード2017
  • 鈴鹿ロード2017
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ