中島康晴のやすろぐ@キナンサイクリングチームの眼鏡

『キナン サイクリングチーム』所属 「チャリとメガネ」で日本の素晴らしさを世界に伝えます♪

【募集開始 じーなか蕎麦の会2017】12月3日開催

今年久しぶりに、12月3日(日)に開催します!
第6回になりました♪

「じーなか蕎麦の会」

みんなで、そば打ち体験を!という企画です♪
福井県のアンテナショップ、南青山291にて開催されている、
「ふくいそば打ち講座」に便乗する企画なので安心です。笑

初めての方でも安心してそば打ちの体験ができ、打ちたてのそばの試食が楽しめるコースです。

当日は、エプロン・三角巾(バンダナ)・上履き(スリッパなど)の用意だけで参加出来ます。

越前おろしそば


【日程】
12月3日(日曜日)14時30分~(約2時間を予定)14時受付開始

【場所】 
ふくい南青山291
東京都港区南青山  グラッセリア青山内
※東京メトロ千代田線・銀座線・半蔵門線 「表参道駅」B3出口より徒歩3分

【参加費】
1500円/1人 (小学生以下は無料)

【募集方法】
メールにて募集します。
Gメールです。
event.nakaji@gmail.com

もしくは
facebook(中島康晴個人)宛のメッセージ

●11月28日(火曜日)まで受付。

●書いていただきたい内容です●

タイトル
「じーなかそばの会」

【お名前】

【当日連絡できる電話番号】

【住所】
(都道府県&市町村名までで大丈夫です)



この4つをメールにお願いします。
さらに小学生以下の方の、人数も追記で教えてください♪

楽しく行きますーーー!


※じーなか蕎麦の会
2009年に初めて開催したファンイベント。

#南青山291(福井県アンテナショップ)
#福井県農林水産部
#越前おろしそば

今年の体験後には、名人の打った「越前おろしぞば」の試食もあります。
自分が打ったものは持ち帰り!是非お楽しみに♪

記事更新中

10月下旬・ジャパンカップ~11月中旬・ツールドおきなわ の記事を更新中です。

ツールドおきなわ2017

11月12日
ツールドおきなわ(沖縄県名護市・UCI2.2・国際レース210km)が開催され、
ジャイが4位、自身は7位でゴール。

国際レースは2017シーズン最後のレース。
たくさんの応援ありがとうございました。
image


ツールドおきなわ210km。
シーズン最終戦で、アップダウンを越えて皆が限界で最終局面に突入するこのレース。
自分の得意なシチュエーションになれば結果を残す!そんな思いでスタートしました。
image

image

最初の6名逃げが行く。
国内有力と呼ばれるチームが乗せて居なかったので、
ある程度安心してタイム差が開いていくのを見ていた。

先頭とのタイム差は15分を越え,
昨年覇者の増田さんが声をかけて、
各チームから1人ずつ選手を出して追走を開始。

キナンサイクリングチームからは
雨乞選手が追走役を務めてくれた。

一時は17分差ほどまで広がったタイム差も瞬く間に縮まる。

image

※キナンのチームカー

残り90km。

二回目の普久川ダムへの上りも雨乞選手が良いペースを作ってくれたおかげで
前で登ることが出来、ペースアップにも耐えることが出来た。

ここからが勝負。
一旦下った後の通称〝小学校(安波小)の登り〟2km弱だけど、
勝敗を分ける集団分裂が起こりやすい場所。

ジャイ達が先頭でペースを上げながら、自分はギリギリ集団がつながる位置で通過。
きつかったけど、越えれて良かったと安心。

ここからアップダウンでのアタック合戦が始まる。
ジャイ&中西選手&山本選手が反応してくれるので、
集団で待機しながら進める。

何回か登り返しを繰り返すうちに、徐々に周りの足色が変わっていくのが分かる。
自分にはまだ余裕がある。

もうすぐ東村に出る…というところで集団割れる。
ジャイ&中西が乗ってくれて安心だったけど
追走がかかって良いメンバーが前に追いついていく。

これはまずいーーー!と全力で追走。
これはもう諦める…くらいギリギリだったけど、追いついて安心。

20名強の集団。
しかし牽制が入り、皆が追いついてくる。

レースは残り40km。
ここからは地味に長くきつい登りが連続して現れる区間に突入する。

登りを前に何名か飛び出し、のぼりに突入してからも追走がかかり
前には10名ほど。

前に見えているけど追いつかない。
こちらの登りのペースも限界で、何度も心が折れそうになるが、
10名強の第2集団で登りを通過。

下りからの登り返しで牽制状態になっていた前に追いつく。
25名程の集団。ほとんどの選手がパワーがなくなっているが分かる。

前半が単調だっただけに、後半の東海岸アップダウンでみんな疲弊している。


最後の勝負どころ羽地ダムまでみんな息を潜めている状態になった。
最後の登りを前に、この集団はジャイと自分。
ジャイが登りで反応するから、自分はスプリントに向けて動こうという話をもらう。

どんな登りのペースになるか怖いが、やるっきゃない。

羽地ダムへののぼりへ突入。
アタックがかかり、ジャイが5名ほどで前に。

こちらはペースで淡々と登る。前もペースが上がりきらず、登り終わりで差は5秒ほど。
アップダウンで追いつき、下りに突入前の上りでもアタックがかかるが、
集団はひとつ。


ヨネックスバイクのおかげでだいぶ登りを楽に越えることが出来た。
あとはやるだけだ!


残り10km。4名揃えるBSの石橋選手が断続的にアタックし、
カウンターでBSがアタックする。

しかしどれも強烈なものにならず、
20名程で残り5km。

同じく4名を揃えるチーム右京の平井選手がスプリントへ向け献身的な動き。
それでも攻撃が起こると、平塚選手(昨年までのチームメイト)がカウンターでアタック。

自分も本来そういう動きが大好きな選手なのでうらやましいが、スプリントに向けて我慢。
スプリントに強い、鈴木龍選手・畑中選手・吉岡選手を見ながら集団前方で陣取る。

残り1kmをきって散発的にアタックがかかる。
いよいよスプリントへ!というところだったが、
残り600m
スプリンターが多く集まっていた集団左側が牽引役を失い失速。

そのタイミングで優勝した佐野選手が右側最短を突っ切っていく。
向かい風で誰か続くかと思っている間に差が生まれ、
さらに右側の集団が伸びはじめ左側が埋もれる。

よけながら必死に加速するも7位でゴールとなりました。

右側からもがいてくれたジャイが4位。
もっと脚を残してあげれたら…
自分のためにパワーを使ってくれたのに
自分が結果を残せず本当に申し訳なかった。

そして同じ左側に居たにも関わらず畑中選手は3位。吉岡選手は5位。
さすがだなぁーと。


今季最終の国際レースで結果を出して、みんなで笑いたかっただけに、
凄く悔しかった。
image

皆のおかげで走りきれた1年。

チームメイト・スタッフ、関係者・サプライヤーの皆さん、
そしていつも応援していただける皆さんに
感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

また一から精進して行こうと思いますので、これからも応援よろしくお願いいたします。

中島康晴
photo Syunsuke Fukumitsu

JAPAN CUP 2017 チームプレゼンテーション

10月20日
夕方から宇都宮市内でジャパンカップサイクルロードレースのチームプレゼンテーションが行われました!
image
あいにくの天候にも関わらずたくさんの応援ありがとうございました!
image


久しぶりのジャパンカップ。またこの場に立てて嬉しい。と噛み締めながら舞台へ。地元宇都宮ブリッツェンのあとで盛り上がるか心配でしたが、そんな心配は不要でした!マルコスのスペイン語をフランス人トマが英語に翻訳するという…のも楽しかったです(笑)

今回の相部屋はマルコス&トマ。部屋では英語とスペイン語、同じラテン系のイタリア語、フランス語、日本語が入り乱れてます。

明日は夕方から宇都宮駅前でクリテリウム!楽しんできます!
チームのスプリンター雨乞選手への応援よろしくお願いいたします!
image

いなヴェロ 2017 その③

追い風&下り基調の道で気持ちよく走って到着したのは、

pâtisserie GHIBLI (パティスリーギブリ)
三重県いなべ市北勢町東村1339-2
ウェブページはこちら
image

オシャレな外観と、自転車乗り憧れのディスクホイールの名が店名になっているギブリ。オーナーパティシエは学生時代自転車部だったそうです!

自分達がいった時にはなかったけど、低糖質のパウンドケーキをこの日のために開発提供してくださる…美味しい&自転車乗りも気軽に食べれる素敵なお店!

タイミング良く時間限定の
フレッシュフルーツひとくちロールパン&カップパスタ(クリームソース)が提供されていました。
image

パティスリーのロールパンはケーキ仕立てで、当たり前ですが…さすが洋菓子店でクリームがめちゃ美味しい。パン&フルーツ、そしていただいたコーヒーとの相性抜群!

えぼしでは和菓子をいただき、今度は洋菓子!美味しいし食欲も止まりません(笑)

パスタはアボカド&サーモン入り。洋菓子店のつくるパスタ…どんな感じだろうと思っていたけど、クリームソースは濃厚で具材との絡めていただいて幸せな味でした。

パスタを作ってくださるあたり、さすが自転車乗りのオーナー!美味しかったです!

いただきながら、野中選手と作戦会議。自由きままに走れる、いなヴェロならではの光景。
次はいなべ市南東にある、うりぼう を目指します。




image

ふれあいの駅 うりぼう
三重県いなべ市いなべ町大泉2517番地
ウェブページはこちら

13時限定の 茶っぷりん や新米おにぎりを目指すもの、見事に売り切れ(笑)エイドのお父さんにもうちょっと早かったらーと声をかけていただき…残念がっていると大丈夫!といろんなものを持ってきてくださいました!
梨やトウモロコシ。めちゃ甘い!この部分美味しいよーなんて会話が弾んだり。
今度は果物だーーー(幸せな叫び)!作りたてだったり新鮮だったり。幸せなイベントです。


お餅好きとしては、
いばら餅 も気になっていただきました!

熊本名物いきなり団子のようなしっとりほのかに甘いお餅にさっぱりした餡子が中に入る。

この日、様々なお餅をいただきましたが、同じものはなくどれも食感は違うし、お餅の奥深さを感じました(笑)
image

うりぼう ではジェラートも有名!
中継班のボスからプレゼントしていただきました!

お茶のジェラートは、香りが口の中で一気に広がっていきました。動画で野中選手とと共に食レポ頑張ってますので、そちらもどうぞ!FRESH!いなヴェロ 中継動画
ギブリは4時間40分付近
うりぼうは5時間30分付近です!

スタートから6時間。あっという間に残り2時間。次はメガネ橋を目指します。

いなヴェロ 2017 その②

川原自治会からTOJコースを下り
続いてやってきたのは…

サンクチュアリ
三重県いなべ市藤原町山口1872
ウェブページはこちら

フィッシングエリアということで、
野中選手が最初に向かうと決めていた場所。早速野中選手に出会う!
湧き水の氷から作ったカキ氷を食べる中西選手にも出会ったので、まずは一緒に食しました。氷がしっかりしてるー!

その間に野中選手が、
image

釣り人に(笑)

image

あっというまに釣ってくれました。
そのまま係りの方に持っていくとさばいてくださり…そしてセルフ焼き台へ。
11分焼いて出来上がり!!!

あまりに美味しかったので、写真がありません。詳しくは、動画を是非(笑)2時間過ぎあたりです

普段でも1000円くらいで釣って食す体験が出来るのですが、今回いなヴェロでは先着30名の限定体験として提供されました。

このイベント楽し過ぎる(笑)

サンクチュアリを後にして目指すは、えぼしさん。その前に峠を征するべく登り口へ。再び野中選手と合流し登ろうかと思ったけど、
image

11時半から餅つき大会! の文字に心が踊った自分たちは山に一礼して、えぼしへ。

image

えぼし
三重県いなべ市藤原町古田1152-1 
ウェブページ

草餅えぼし という看板があってずっと気になっていたこのお店。ついにやってくる事が出来ました。地域の方が担当してくださっているエイドゾーンで草餅をゲット!

滑らかな舌触りのお餅は、しっかり伸びる弾力を併せ持つ。上品な甘さの餡子との合わせ技でハマりました。

反対側には実店舗があり、イベント期間中もたくさんのお客様が。社長と奥様にお話を伺い、いよいよ待っていた餅つき大会がスタート!

貴重な体験であること。目の前のお餅が美味しそうでテンションが上がります!
image

※是非動画をご覧ください。はしゃいでいます(笑)3時間半過ぎ

そしてそのままつきたてをいただきました。きなこ・あんこ・おろし大根・大根の葉…思い出しただけで食欲が増します!

たぶんえぼしさんだけで、お餅20個近くいただきました。
image

走ればお腹空くっしょ!というわけで、このまま野中選手にレポートの助っ人になってもらい、いざ次なるエイドへ。

いなヴェロフェスティバル2017

9月23日。
三重県いなべ市を舞台にいなヴェロフェスティバル2017 with KINAN Cycling Team が開催されました!

タイトルの通りKINAN Cycling Teamからは選手5名が参加。いなべ市で走って食べて走って食べて食べて食べて満喫してきました!めちゃんこ楽しかったです!
image


市内全域に設置されたチェックポイント6ヶ所(今回は岐阜県大垣市にも)&食べ物が振舞われるエイド&チェックポイントが6ヶ所。
合計12ヶ所を制限時間8時間以内に回ると完走となる。総走行距離は100kmを超え、さらにエイドでは時間限定で提供されるものもあったり、回る順番を考えるのも面白いイベント。

8時間もあれば余裕ですよねー!といってスタートしたのが大間違い(笑)計7ヶ所で食べて食べて満喫していたら、最後は全力走でスタート&ゴールの梅林公園へ帰る事に。あっという間の楽しい時間でした!
image


今回スタートからFRESH!の中継に同行していただき、各エイドの様子をレポートする大役も努めさせていただきました。その時の様子はこちらから→FRESH!ログイン不要の動画配信

8時にスタート。参加されるみなさんを見送って選手同士で作戦会議。
自分はTOJいなべステージの激坂KOMポイント先にある『川原自治会』のエイドステーションへ。
image


到着すると長蛇の列。お聞きしたところ皆さん坂を越えてきたそうで、相方が登り速いから休めて良かったなんて声も。家族での参加もあったり皆で楽しめるイベントなんだと早くも実感。

さぁエイドにやってきたからには食べます!見ると食欲が高まりそうな食事がたくさん用意されているではありませんか!

一見普通のおにぎり。地元で作った新米だそうで、それだけでも幸せな響きですが、おにぎりなのに中の米粒はすごくしっかり弾力ありもうほっぺたが落ちそう。

松葉ピッグファームのさくらポーク一口メンチカツは、たぶん人生で一番美味しいメンチカツでした。
しかも目の前で揚げたて。
image
(揚げたてをいただけると聞いて喜んでいる図です笑)

帰りにもう一回寄ろうと心に決めて、次なる場所を目指します。

みなさんにいろんなお話を伺ったり、食レポをいただいたり(笑)ありがとうございました!

続く。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 【募集開始 じーなか蕎麦の会2017】12月3日開催
  • ツールドおきなわ2017
  • ツールドおきなわ2017
  • ツールドおきなわ2017
  • ツールドおきなわ2017
  • ツールドおきなわ2017
  • JAPAN CUP 2017 チームプレゼンテーション
  • JAPAN CUP 2017 チームプレゼンテーション
  • JAPAN CUP 2017 チームプレゼンテーション
  • いなヴェロ 2017 その③
  • いなヴェロ 2017 その③
  • いなヴェロ 2017 その③
  • いなヴェロ 2017 その③
  • いなヴェロ 2017 その②
  • いなヴェロ 2017 その②
  • いなヴェロ 2017 その②
  • いなヴェロ 2017 その②
  • いなヴェロ 2017 その②
  • いなヴェロ 2017 その②
  • いなヴェロフェスティバル2017
  • いなヴェロフェスティバル2017
  • いなヴェロフェスティバル2017
  • いなヴェロフェスティバル2017
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
  • PEDAL MARK~サイクルロゲイニングin愛知県新城市
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ