安い自動車保険を一括見積もり<見直し・更新・継続>

安い自動車保険の一括見積もりに『保険スクエアbang!』!5分で簡単、無料申し込み!口コミ評判の安い保険料を徹底比較しよう!さらに事故対応サービス、保険料などの比較コンテンツも見逃せない!自動車保険に更新・見直し・継続に便利!

もらい事故って自動車保険では対応できない?

自動車保険の盲点としてあるのが、保険加入者に全く責任の無い自動車事故には自動車保険で対応できないことです。被害者である保険加入者の代わりに保険会社が示談交渉できないわけですね。これに対応させるために『もらい事故』に対応した『弁護士費用特約』などが用意されていることがあります。特に『もらい事故』の場合、相手が過失を認めなかったり、賠償する気がないことがあります。こんな場合、自分で対応するのは面倒です。できれば特約を追加しておきたいもの!特に一番安い自動車保険だと対応していないので注意したいですね。個人的には、弁護士費用特約は必要かなと思っています。

自動車保険でスキー・スノボのケガに対応!?便利な特約が増えたね!

最近の自動車保険は、自動車で移動した先で起きたアクシデントに対処する補償がありますね!ソニー損保の場合、『おりても特約』と呼ばれ、例えばスキー場で転んでケガをした場合、スノボで他人にケガをさせてしまった場合などには対応できるようです。車でレジャー派にはオススメの特約かもしれませんね!自動車保険 一括見積もりの時には参考にしてみてください!また主婦が来るまで買い物をする方にもオススメかも!女性 自動車保険 一括見積もりの際にはチェックしてみるといいです。最近の自動車保険の特約は、幅広く補償できるものが多くなりましたね!

対人賠償保険の見直しは補償を厚く!免責・無制限で加入したいね!

自動車保険の中で無制限で加入しておきたいのが対人賠償保険。なお対人賠償保険は、無制限で加入することが当たり前になっていることもあり、免責金額(自己負担額)を設定しないことが多いですが、ですが調べてみると対人でも免責を設定できるみたいですね。

そもそも対人賠償保険とは、自動車事故を起こした際に歩行者や自動車に乗っている人に対して死傷(死亡・怪我・後遺障害など)させてしまった場合の補償です。例えば自動車事故で相手が死亡してしまった場合、その損害賠償額は3億~4億ぐらいになるケースが多い感じです。また後遺障害でも同じくらいです。

すると自賠責保険では3000万円(死亡の場合の限度額)、そして後遺障害の場合はランクによって異なりますが、最大で4000万円まで補償します。これを考えると自動車事故を起こした場合のリスクを考えれば対人賠償保険は、無制限で加入しておくに限るわけです。

さらに対人賠償保険は全てのケースで利用できるわけではなく、補償できない場合もあります。それば故意の事故の場合や、ドライバー(保険契約者)の配偶者・父母・子供なども補償外でになります。さらに地震・台風などの自然災害も補償されません。補足として、ガードレールに追突して搭乗者がケガをさせた場合も補償されません。これは搭乗者傷害保険の範囲になります。

また対人賠償保険の見直しのパターンとして多いのが、年配になるにつれて補償を厚くする傾向が高いそうです。今まで車両保険や搭乗者の保険をかけていたのを止めて、対人の補償を厚くするそうです。

安い自動車保険を探すなら『保険スクエアbang!』で一括見積もり!

安い自動車保険の一括見積もり『保険スクエアbang!』『保険スクエアbang!』は17社の自動車保険の取り扱いがあるので、安い自動車保険の一括見積もりにはもってこいです!特に10社以下の取り扱いしかない一括見積もりがありますが、意外と比較がしにくい傾向があるんですよね!

せめて10社以上の自動車保険の取り扱いは欲しいところです。なお『保険スクエアbang!』には、保険比較に役立つコンテンツが充実していることも見逃せません!特に保険料比較や事故対応サービス比較は参考になります。また自動車保険に詳しい方には、特約補償プラン比較も使えますね!

とにかく一括見積もりする前に、口コミなどで得た知識をこれらのコンテンツで見比べてみるといいです。思わぬ収穫があることがありますので!

●保険スクエアbang!が取り扱える自動車保険(17社)
あいおい損保、アクサダイレクト、アメリカンホーム・ダイレクト、イーデザイン損保、AIU、SBI損保、共栄火災、セコム損保、ゼネラリ、ソニー損保、そんぽ24、チューリッヒ、東京海上日動、日本興亜損保、富士火災、三井住友海上、三井ダイレクト損保

管理人の自動車保険選びの意ポイント!


管理人は、交通事故で自動車保険の会社に嫌な思いを経験したこともあり、特に『保険スクエアbang!』の事故対応サービスに関する部分は参考になりますね。やはり口コミ評価の高い会社が上位にきていることから、本当に評判がいいのが分かります。

なお『事故対応満足度ランキング』で一番参考にしているのが実は『事故関係者との交渉』なのです。別に報告や1事故1担当というのは当たり前と思っているので、さほど気にしないんですね!ただ以前、自動車保険会社と交渉したことがあるのですが、管理人が被害者にも関わらず高圧的な態度で交渉してきたことには、さすがに腹が立ちましたね!

せめて加害者側ならそれなりの態度で挑むべきですが、自動車保険会社の中には単に事務処理として対応する会社があります。これでは評判も悪いですよね!こんな経験がありましたので事故対応能力の高い会社は徹底的に口コミなどを調べますね!そこで納得できればOKという感じです。

皆さんも単に安い保険料だけで自動車保険を選ばないようにしてくださいね!

保険スクエアbang!